お昼

三ツ輪食堂

大国町徒歩3分。木津卸売り市場内にある40年以上前から私が通う表記の食堂に北海道の友人を連れて11時頃に訪問。隣の天ぷらカレーで有名な大和はすでに15名くらいの行列。こちらの食堂の先代が作っていた頃から父に連れられてきた記憶がある。市場が改装されて今は綺麗な感じのファザードと内装になってはいるが昔は強烈なインパクトのあるテレビでよく見るアジアの食堂のような感じだった。

店はカウンタ−12席のみ。昼間からビールや焼酎を飲んでいる客も多い。店に入ると「ビールにしますかお茶にしますか〜」と尋ねられる。早朝は主に市場関係者に利用され、8時から昼頃までは外からの客で埋め尽くされる。木津市場で仕入れた新鮮な魚や肉を使った普段着のおかずが有名で入店したら「今日は〇〇が入ってるよ〜」とか「〇〇のお造り美味しいよ〜」といって奨めていただける。

この日は「焼豚の焼きたて美味しいよ〜」との事なんで迷わず所望する。熱々の焼豚は肉汁たっぷりで辛子をつけて頂くとご飯がいくらでも食べる事が出来る。

お店を仕切るのは推定年齢70才のマスオ君で若いときはお父さんに「マスオ!早く片付けんか〜」「マスオ!!野菜仕入れ忘れとるやないか」と毎日ボロクソに叱られていたのを思い出す。兄の邦夫さん(推定75才)と一緒に兄弟で切り盛りされている。邦夫さんの作る料理は当時のご主人(お父さん)の味を完璧に再現された大阪らしい深みのあるしんみりした味をつけられる。

一度来た客の名前もしっかりと覚えていて「〇〇のお兄さんいらっしゃーい!」と挨拶をされる。又、料理提供のときは吉本新喜劇ばりに「おまっとーさーん」と言いながら出してくれる。客が前回に何を食べたかも記憶していて「前は〇〇食べはったけど今日は××どうですかー」と奨められる。

こちらのお店の名物の肉巻800円(定食にしたら1200円)はふわふわの玉子を割ると、甘く炊き込まれた柔らかい和牛バラ肉が溢れ出る。これも熱いご飯の上に載せて頂くと至福の喜びを感じる。新鮮なアサリがたっぷり入った貝汁の美味しさも有名で年季の入ったいい味を作られる。

天ぷらの盛り合わせはちゃんと人数分揚げてくれる。この日は背開きにした海老、新鮮な紋甲烏賊、走りの鱧、茄子の4種盛り。天だしをたっぷりつけて頂く。ビールが欲しくなるが昼間なので我慢。このあと若牛蒡の炊き合わせを頂く(写真なし)。サービスで新ジャガの炊いたものをサービスで出してくれた。。

台の上には旬の野菜を炊いたものや高野豆腐なども大鉢に入っていて好きなものを選んでいただくのもお薦め。注文してから出てくるのが遅いとかすぐ忘れるとか店が散らかってるとかいくつかの問題はあるが美味しいから気にしない。

敷地内にコインパーキングもあって使いやすいお店です。 お昼時を少しだけはずしていくのがコツ。

4月から某大学で講義をしています。終わってから食堂でカレー蕎麦を食べるのが楽しみ。今日はコロッケをトッピング。会計は290円でした。

過去の三ツ輪食堂はこちら

大阪市浪速区敷津東2-2-8木津卸売市場内
営業時間3:00~13:00
定休日日曜、祝日、第2第4水曜


カテゴリー 大国町, お昼, 和食, その他料理 |

大阪トーフスープ

以前産經新聞夕刊に掲載されていた表記のお店を訪問。
店主が構想10年(長過ぎる・・・)かけて作り出したおぼろ豆腐が入った石鍋に入ったスープらしい。

店主は泉州出身らしく地元のポン酢や食材の紹介が壁に貼られている。ランチメニューは、元祖大阪トーフスープ、カレートーフスープ、ちゃんこトーフスープの3種類で元祖は単品で500円、ライスセットで550円。
リーズナブルなのが嬉しい。

とりあえず元祖のライスセットを所望する。

2015-03-28 13.04.34

土鍋に入ってぐつぐつしながら登場。キムチがしっかり入っていて見た目は韓国料理のスンドップのような感じ。
結構具沢山でネギ、白菜、ニラ、もやし、豚肉、ホルモン、生玉子が入る。野菜がたっぷりなのが嬉しい・・
1人前に豆腐半丁くらい使用している。ふわふわして柔らかいけどスープが尖っているために一体感に欠けるのが少し残念。
ベースは和風の鰹と昆布系の出汁なんだけどキムチの発酵した香りと辛みが強くてよくわからない。。。やっぱりキムチは扱いが難しいな・・・
夜はコース料理とかもあって仲間とワイワイと食事するのに良さそう。。飲み放題3000円のプランもあったな・・・

大阪市大正区三軒家東1-14-7
電話:070-5663-0141
営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00

大阪トーフスープ居酒屋 / 大正駅芦原町駅汐見橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 大正, お昼, その他料理 |

つくも食堂

連休は青年会議所時代の先輩とともに高野山にランニング合宿。知り合いの櫻池院という宿望でお世話になりながらロードを走る。特急「天空」の時間の加減で集合時間より少し早く到着したので大門横の有名な釜飯の店で昼食をいただく。

2014-10-12 12.11.43

どこの観光地にもある昭和の食堂なんだけどお店は満席状態。時間がかかるだろうと思い躊躇していたがまあいいかと思いながら入店。

2014-10-12 12.13.13

メニューはうどんや丼、カレーライスもあるようだけど店の方から釜飯を薦められる。実際店内の客のほとんどが釜飯を食している。

釜飯は山菜・ぶなしめじ・地鶏・じゃこの4種類が1400円と季節の釜飯の「松茸釜飯」が2800円というラインアップ。地鶏釜飯を所望する。

2014-10-12 12.25.40

しばらくして出てきた釜飯はほかに胡麻豆腐とみそ汁、お漬け物つき。横の客は同じものを注文して40分待ちと言われていた。

釜飯はかなりねちょねちょべちゃべちゃしている。完全に水が多くて蒸らし足りない・・・
味はしっかりとしみ込んでいて香ばしくそんなに悪くないが醤油が不足している気がする。

2014-10-12 12.13.18

食事の前に見学した「大門」は奥の院や中心部からは少し離れているけど一見の価値あり。工事中だったが門自体も立派で門の向こうの景色も素晴しい。

この店は炊きあがりの時間を考えて適当にいろんな釜飯を順番に炊き上げまくっている感じ。。だからすぐに出てくる釜飯と以上に時間のかかる釜飯があるという事に納得。

別の客はおばちゃんに「ちょっとお焦げが多くなってしまった、400円引きでいいから食べますか?」とよくわからん説明で失敗釜飯を食べておられた。また別の客は注文して1分で提供。。ファストフード並みのサービスに驚いていた。

釜めしはお茶碗3杯分くらい入っている。釜底のお焦げは美味しかった。テーブル歩の端にお持ち帰り用のラップやジプロックが置かれていた。

全体的には価格は内容の割りに少し高いかなと感じたがそれは人それぞれ。高野山らしく胡麻豆腐が付いていたがこれはかなり美味しい。聞くと有名な角濱ごまとうふ総本店から出来立てを仕入れていると聞いた。これは食す価値ありでした。

和歌山県伊都郡高野町高野山243
営業10:30~16:00
木曜日定休

つくも食堂釜飯 / 高野山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 和歌山県, お昼, 和食 |
1 / 2312...20...最後 »