本町

明元

本町界隈に所用がありその前に標記の店で1人ランチ。本町で麻婆豆腐と言えばこの店と言われるオフィス街の有名店。ビルの2階だけど予想通り長蛇の行列。。15分くらい並んだあとやっと入店。店内の麻婆豆腐注文率7割くらい。特に女性グループが多いのにビックリ。

厨房には4名の若い調理人で鍋の扱いと手の速さにビックリ。活気のある店内は美味しさをさらにサポートする。麻婆豆腐定食1000円を所望すると5分くらいで到着。

深めで大きな丼に入って登場の真っ赤なラー油で輝く麻婆豆腐はひとくち頂くとガツンとくる辛さはそれほどでもない。塩分は少し強めで花椒などのスパイスの香りと味わいもあり痺れながらも豆豉や挽肉等の旨味も充分感じる事が出来る。

ザーサイや卵白身のスープもまずまず。13時を過ぎたらあっという間に客が引いてしまうのも本町ならでは・・・・

大阪市中央区南本町3-3-19 森一ビル 2F
06-6241-9090


カテゴリー 本町, 中華料理 |

華都飯店 本町ガーデンシティ店

最近よくランチで利用する表記のお店で会食。5人だったけど個室を無理言ってお願いする。セントレジスホテルの地下にあって本町駅7番出口から直結なのでとても利便性がいい。大手企業が運営するようになってからサービスの質とコスパが断然良くなった気がする。

総席数105席の大箱店で個室はテレビがある部屋やソファーのある部屋など色々。大阪マラソンをテレビで見ながらトップランナーが前を通る際だけ応援しに行く・・・という使い方も出来るしどうしてもみたいテレビがあるときはとても重宝する。

かなりハイセンスな店内は鏡張りで森をイメージした装飾が品よくされている。照明もすべて間接で薄暗く在阪の中華料理店では一番いい空気感があると思われる。この日は最も廉価なコース料理の6000円のものを所望する。

前菜は好物の海老を甘辛く炊き上げたものだけど普通のものとは調理法が異なるであろう食感。その下には生野菜を湯葉で巻き上げたもの。低温調理された蒸し鶏にピリ辛ソース、スジ肉の煮こごり、さつま芋の蜜煮、くらげの酢の物、皮付きのアンコウの揚げ煮など・・・どれもがワンランク上の味わい。。

スープは蟹肉とフカヒレ。上湯が上質でさっぱりした味わい。この手のスープにありがちなグルタミン酸ナトリウムの味がしなかった・・・

牛肉の甘味噌炒めレタス包みは担当のお姉さんがひとつひとつ丁寧に包んで盛りつけていただける。肉の柔らかさと深みのある味付けにビックリ。紹興酒が進みまくる・・・・

揚げ物は手羽先と春巻。一見なんてことのない料理に見えるが手羽の中には海老のすり身が詰められていて高温の油をかけて仕上げているので(と思われる)手羽の皮はパリパリですり身はふわふわの高レベルの技術を使った逸品。春巻は玉子とザーサイが入っているので口直しという位置づけであろう。

海老の酢豚風というよくわからない料理なんだけど揚げた海老を野菜と甘酢で絡めた料理ということらしい。普通に美味しい・・・

〆は名物の馬家麻婆豆腐登場。この日の会食ははこれを食べるのが目的。日本人の口に合うように改良されていると言っていた。味にしっかりと深みもあって豆腐の質もよくご飯と一緒に食べるとより美味しく感じた。香辛料は本場のものを使用しているので香りがとても良くて豆板醤がいいパンチを加えている。途中で「しびれ」とかかれた中国山椒を入れると脳幹に刺激が走り頭皮の毛穴がひらくのが実感出来る。

日本語は辛さを表現する言葉が少ないのでこの麻婆豆腐の美味しさを表現するのは難しいけど中国語では「香り高い辛さ」「酸味のある辛さ」「甘味のある辛さ」「旨味を含む辛さ」「香ばしさのある辛さ」「漬け込んだ唐辛子の辛さ」「痺れる辛さ」など辛味の表現がたくさんある。これぞ「食は文化」といえる一例である。

甘味は杏仁豆腐。これを頂くと口の中の辛味が一掃するのが不思議。舌の甘味を感じる受容体のほうが辛味よりも多いためか分子間総合作用が働きより甘く感じるのかは不明・・・ということを考えていたらすでに2時間半が経過していた。。

前回の華都飯店はこちら

大阪市中央区本町3-6-4 本町ガーデンシティB2F
06-6120-3322
営業時間:11:00-15:00
17:00-23:00

 


カテゴリー 本町, 中華料理 |

味吉兆 ぶんぶ庵

本町で所用があり、その後でセントレジスホテルの地下にある表記のミシュラン店を訪問。11時過ぎで一番乗りの貸し切り状態。暖房が効いていないということだがそれは仕方がない。地下鉄改札直結のビルの地下なんだけど小さな庭もあって綺麗なしつらえが嬉しい。こちらのお店で「せきまえ」と呼ばれる昼限定のお弁当3000円を所望する。待っている間にお店の中を個室を中心にスタッフの方に案内いただく。接遇のスタッフ同士が「今日はヒマな日らしいで〜」と大声で話しているのも大阪らしくていい。レジの姉さんはダウンパーカー姿・・・

2017-03-09 11.09.19

先付けは花山葵と独活と菜の花のお浸し。器、盛りつけ、出汁醤油の塩梅など文句なし。こちらの吉兆さんは創業者に学んだ職人さんのご子息が経営していて大丸百貨店にあるレストランと堀江の料亭、セントレジスホテル開業の際に出来たこちらのお店の3店舗を現在営まれている。

2017-03-09 11.14.04

お椀は玉子麺と新若布。簡素なものだけど伝統的な吉兆ならではのしっかりと引かれた強めの出汁にとてもよく合う。若干、化学調味料の味がしたのは気のせいかも知れない・・・

2017-03-09 11.19.47

松花堂仕立てのお弁当は刺身に細かく目を入れた剣先烏賊、口取りは春野菜を拍子に切って辛子の効いた胡麻酢で和えたもの、ふわふわのカステラ玉子、高野豆腐、粟麩を揚げたものを照り焼きにしたもの、ミニキャベツ、スモークサーモンにアロエとタスマニアマスタードが2粒鋳込んだもの、卵の黄身とクリームチーズを合わせて丸めたもの、雷蒟蒻。。どれも伝統的な吉兆の先付け・八寸で丁寧に手作りされたものばかり。お酒が欲しくなるが昼間なので我慢する。

煮物は新筍と蕗、ほうれん草の煮物。しんみりした味わいがとてもいい。揚げ物は海老のパリパリした食感の「ぶぶあられ揚げ」と「蕗の薹の素揚げ」。海老の火入れも完璧でかなり美味しい。ご飯は当然のことながら炊きたてでお代わりしてしまう。香の物も上質。

2017-03-09 11.33.28

デザートは伊予かんとはっさくのゼリー。酸味とほのかな苦味が中年親父には嬉しい。夜の献立は8000円から。別途税金とサービス料10%がかかる。座敷は1室2000円の別途の部屋料が必要。立地も良くて座敷も椅子席なので外国人とゆっくりと話をするにはぴったりのお店だと思う。

大阪市中央区本町3‐6‐4 本町ガーデンシティ B1F
月曜日定休


カテゴリー 本町, 和食 |
1 / 812...最後 »