桜ノ宮

火鍋 成都

最近知人のインスタでよく見る表記の火鍋専門店を訪問。桜ノ宮駅から徒歩5分。帝国ホテル大阪の北並びにある。東京にある繁盛有名店の2号店とのこと。

店に入るやいなや麻辣の混ざった匂いが立ち込めていていきなり臨戦モードになる。メニューは鍋をメインにしたコース主体で具材の内容で3800円・4800円・5800円の3つ。今回はスタンダードな4800円のコースを所望する。

最初に2色のスープ登場。そのまま飲める高麗人参や干しエビ等を使用した濃厚で白濁した白湯スープはクコの実が浮いていて野菜やきのこと相性がいいらしい。

20種類以上の香辛料を使用した真っ赤な麻辣スープは表面に数種類の唐辛子と底には多数のホールの花椒が沈んでいてこれが強烈な刺激で舌を刺す。つけダレにするとき白湯9に麻辣1を加えて食べるのが良いとのこと。

具材は小皿で一皿ずつ運ばれる。まずは天使の海老、カンパチ、コウイカの海鮮トリオ。麻辣スープでしゃぶしゃぶしていただく。続いてのフカヒレ麻辣スープで5分くらい炊き上げていただく。麻辣の効いたフカヒレは初めての経験。

野菜の盛合せは白菜、小松菜、南瓜、紅さつま芋、ヤングコーンなど、きのこ盛合せは本しめじ、エリンギ、アワビ茸、ブラウンえのき、白舞茸、たもぎ茸これらは旨味豊富な白湯スープでいただく。

続いては木綿豆腐を本当に凍らせた凍り豆腐で鍋に入れると普通の木綿豆腐に変身の巻。牛タンも普通に美味しくいただいた。

続いては牛バラ肉、豚バラ肉、羊肉、鶏肉の4種盛りを麻辣スープでいただく。この頃になると舌はヒリヒリと痺れまくって頭皮から汗が流れ出す。羊肉がとてもよかった。

火鍋の店は大阪でもあちこちにあるけどこの店のクセになる容赦ない辛さと旨味の深さは突き抜けたものがある。食べ進めると肉や魚介の味が溶け込んでより滋味深い味となってくるのがよくわかる。

具材の追加を豚バラと鶏肉、ハチノス、白味魚のすり身、キノコなど中枢神経さえも痺れたかのように注文しまくる。この時点でレモン酎ハイのおかわりは10杯を超える・・・・最後に中華麺を投入。。私は糖質制限中なのでパス。

最後はトロトロの杏仁豆腐でフィニッシュ。この店は多分癖になる。。。店内ほぼ若い女性客。。スタッフさんの接遇もとてもよくて丁寧に料理の説明もしていただける。早い時間帯に行くのがオススメです。

帰りは難波でボヘミアンラプソティ2回目見ました。。。何度見ても感動・・・

大阪市北区天満橋1-8-68
06-6881-6698
年中無休
17:30〜


カテゴリー 桜ノ宮, |

帝国ホテル大阪

会合で表記のホテルでディナーを食す。ホテルの宴会料理はこのブログではあまり掲載しないようにしているが備忘録を兼ねて少しだけ記す。

2014-11-18 19.09.21

最初の料理はマグロのミキュイのジュレ添えなんだけど僕がマグロ苦手なので手をつけずに下げて頂戴とお願いするとマネージャーらしき方がやってきて別の料理を出してくれたのは少し嬉しかった。オマール海老のゼリー寄せで普通に美味しかった。

2014-11-18 19.20.04

フォワグラのムース杏とトリフの風味香草サラダとともに。という前菜はこの日一番美味しかった。軽く仕上がったフォワグラのムースと甘酸っぱい杏の取り合わせはかなりいい。もう一方のトリフが乗っかったのもかなり美味しかった。

2014-11-18 19.33.44

「コクのある玉ねぎのコンソメスープ」。帝国ホテルのコンソメは昔から大好きなんだけどメニューにこんな感じで書かれたら少し興ざめ。でも水臭さや肉の臭みなど全く感じられない重厚でかつ軽やかな定石通りの美味しいコンソメスープでした。

2014-11-18 19.41.52

魚料理は真鯛のポワレ。バジル・オリーブ・トマトのアンサンブル。低温のスチームコンベクションで調理しているので身はしっとりしている。皮はぱりっと仕上がっている。三色のソースのコンビネーションなんだけど、でも特別どおって事はない。

2014-11-18 20.17.11

牛フィレ肉のグリエと温野菜。粒マスタードのソースはかなり美味しい。牛肉はオーストラリア産。旨味はかなり少ない。

デセールはモカコーヒーのムースと牛乳の泡ゼリーキャラメルチョコレートソース

2014-11-18 19.55.16-2

聖子ちゃんの歌もあって楽しいディナーでした。。


カテゴリー 桜ノ宮, 南森町, その他, フレンチ |

雲鶴

天満橋にある完全予約制の表記の懐石料理店で会食。カウンター3席のみの特等席を貸し切りにさせていただきゆっくりとお任せの食事を頂く。谷町筋の2筋東にある小さな看板が目印のひっそりしたファザード。知り合いの紹介で予約を取ってもらった。

2014-04-23 11.38.00

ビールで乾杯をして先付けの翡翠茄子。。いわゆる焼き茄子状態で綺麗に皮をむいてお浸しにする。塩分控えめでとても上品な塩梅。とろろ芋をかけて上質の雲丹がのっかってかなり美味しい。とろろの紫の部分はなすの皮を使っていると言っておられた。

2014-04-23 11.47.32

煮物椀は帰りに頂いたパンフレットに最高級の北海道産の昆布と枕崎の一本釣りの本枯れ節をその都度削る鰹節を使用との事。ご主人の流れるようでかつ丁寧な所作はとても美しい。

2014-04-23 11.57.23

お椀も上質な漆でとても美しい。蓋を取ると綺麗な絹揚げと旬のアブラメの葛打ち。上質な魚の脂も相まってとてもいい真昆布の出汁が身体に沁み渡る。

2014-04-23 11.57.43

旨味がありながら雑味のない透き通るような出汁は最近の大阪の和食店ではあまり見かける事も少なくなった。
この日の向付けは鰹の焼き霜作りだったんだけど私が赤身が苦手なので淡路島の天然鯛に変更いただいた。

2014-04-23 12.06.12

魚を噛み締めるとほんのりと昆布の味がする。。こんな鯛は初めて食した。淡路島周辺が漁の最盛期で一番たくさん鯛が捕れて一番おいしい時期という事をニュースで見た。しかしこんなに味がある鯛は久しぶりである。

2014-04-23 12.22.18

八寸と言うか強肴として右上は里芋、南京、春大根の炊きあわせ。どれもが完璧な仕上がり。しんみりとした味加減は素材の良さだけではなくかなりの技術と経験が必要とされる。

その横はみょうがの酢漬け。筍の塩麹付け、出し巻き卵と菜種油で7時間炊くように火入れする事で頭からうろこ、しっぽまで骨が全く口に当たる事なく食す事が出来る野崎焼きなる名物料理。鯛の頭を丸ごと食す事が出来るのには驚いた。

2014-04-23 12.36.25

おにぎりに鯛のでんぶをのせて出汁をかけて食す鯛茶漬けもとても秀逸。

2014-04-23 12.46.45

デセールはマスクメロンとブランドイチゴ。いいメロンはやっぱりおいしい。果物の王様だな。。いろんな話をしながら上質な日本料理を食すのははとても贅沢な時間である。帰りもご主人が玄関でお見送り。ごちそうさまでした。。とてもいいお味でした。。。

大阪市北区天満1-18-17
06-6809-6515

雲鶴懐石・会席料理 / 大阪天満宮駅天満橋駅大阪城北詰駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 桜ノ宮, 天満橋, 南森町, 和食 |
1 / 412...最後 »