桜ノ宮

さくらの都

友人に誘っていただき桜ノ宮駅東口徒歩1分にある表記の店を昼間に訪問。入り口でピンポンを押す紹介のみの完全予約制のお任せコースの和食店。

お店はビルの2階にあり9席のカウンターのみ。3階はテーブル席(掘りコタツ席)になっていると言っていた。

料理はお任せコース7200円のみ。この日は開店2周年記念の特別企画のクエのフルコースにお酒がついて20000円。ご主人と利き酒師の綺麗なお姉さんの2人で切り盛り。

現在は食べログにも載っていなくてググっても電話番号でてこない。当然のことながら看板もない口コミだけで満席のお店。

長崎産の15キロのクエを6人で内臓までいただくという趣向。

最初は体が温まるクエのアラの入った粕汁。酒粕に田舎味噌を合わせた出汁にアラのエキスがたっぷり入ってとても味わい深い。

クエの腸を緑色をした大根とキウイを合わせたものを酢で加減したもの。蕪とキンカンと柘榴があしらわれる。

コリコリとした歯ざわりが特徴のクエの胃の酢味噌和え。普段はなかなかいただくことのない内臓もすこぶる美味しい。

丸ごと2週間熟成させたクエは旨味も凝縮。。

お腹の部分と背の部分の刺身。山葵の代わりに柚子胡椒で供される。塩でいただいても旨味がはっきりしてとてもいい。

頭部分のあら炊きはゼラチン質の身がほろほろと崩れる。。比べようのない美味しさに日本酒が進みまくる。

この日いただいたお酒は約12種類(最後は記憶が薄れてしまう・・・)醸し人九平次の純米吟醸と純米大吟醸の飲み比べ。5%精米具合が変わるだけで味が異なるのが面白い。

カマ部分の塩焼き。。よく動く部位なのでシコシコした身の弾力と深い旨みに感動。。

鱗をつけたまま素揚げにした皮部分。。パリパリの食感が面白い。

メインのクエ鍋。。これも日本酒がよく進む。。。

限定品のものや希少な日本酒ばかりたくさんいただいて大満足。。料理もお酒も突き抜けた美味しさに感動。ご馳走様でした。。。

大阪市都島区中野町4-17-5
06-6940-0933

 


カテゴリー 桜ノ宮, 和食 |

火鍋 成都

帝国ホテルの並び、源八橋交差点にある表記の火鍋専門店を訪問。店内は麻辣の匂いが立ち込める。メニューは3800円・4800円・5800円の3つのコースで今回は5800円のものを所望する。

最初に2色のスープ登場。目が痛くなりそうなくらいの数種類の唐辛子や20種類以上の香辛料真っ赤なスープとクコの実の浮いたそのまま飲める高麗人参や干しエビ等を使用した濃厚で白濁した白湯スープで食材によって食べ分ける。

辛さを楽しむ赤いスープは辛すぎるが故につけダレにするとき白湯9に麻辣1を加えて食べるのが良いとのこと。

この日の具材は豚のレバー、胃袋、蜂の巣からスタート。赤いスープに入れて辛味と食感を楽しむ。胃袋がスープとの相性がいいのにびっくり。続いて牛肉、豚バラ肉、鶏肉、ラム肉のタンパク質大会。氷豆腐は溶ければ木綿豆腐に変身する。海鮮は天使の海老、帆立貝。鯛、甲イカなど。これらは白いスープに入れて楽しむ。最初にあわび茸やたもぎ茸など8種類くらいのキノコを入れるとスープななんとも言えない味わいに変化する。ロブスターテイルも白いスープに入れていただく。

最後は食材の味が染み出たスープに中華麺を投入して辛いスープも少しだけ入れながら締めを楽しむという趣向。

火鍋の店は大阪でもあちこち行くけどこの店のクセになる容赦ない辛さと旨味の深さは突き抜けたものがある。暑い夏に辛さを楽しみに行くいい大人のお店です。

過去の成都はこちら

大阪市北区天満橋1-8-68
06-6881-6698
年中無休 17:30〜


カテゴリー 桜ノ宮, 中華料理, |

火鍋 成都

最近知人のインスタでよく見る表記の火鍋専門店を訪問。桜ノ宮駅から徒歩5分。帝国ホテル大阪の北並びにある。東京にある繁盛有名店の2号店とのこと。

店に入るやいなや麻辣の混ざった匂いが立ち込めていていきなり臨戦モードになる。メニューは鍋をメインにしたコース主体で具材の内容で3800円・4800円・5800円の3つ。今回はスタンダードな4800円のコースを所望する。

最初に2色のスープ登場。そのまま飲める高麗人参や干しエビ等を使用した濃厚で白濁した白湯スープはクコの実が浮いていて野菜やきのこと相性がいいらしい。

20種類以上の香辛料を使用した真っ赤な麻辣スープは表面に数種類の唐辛子と底には多数のホールの花椒が沈んでいてこれが強烈な刺激で舌を刺す。つけダレにするとき白湯9に麻辣1を加えて食べるのが良いとのこと。

具材は小皿で一皿ずつ運ばれる。まずは天使の海老、カンパチ、コウイカの海鮮トリオ。麻辣スープでしゃぶしゃぶしていただく。続いてのフカヒレ麻辣スープで5分くらい炊き上げていただく。麻辣の効いたフカヒレは初めての経験。

野菜の盛合せは白菜、小松菜、南瓜、紅さつま芋、ヤングコーンなど、きのこ盛合せは本しめじ、エリンギ、アワビ茸、ブラウンえのき、白舞茸、たもぎ茸これらは旨味豊富な白湯スープでいただく。

続いては木綿豆腐を本当に凍らせた凍り豆腐で鍋に入れると普通の木綿豆腐に変身の巻。牛タンも普通に美味しくいただいた。

続いては牛バラ肉、豚バラ肉、羊肉、鶏肉の4種盛りを麻辣スープでいただく。この頃になると舌はヒリヒリと痺れまくって頭皮から汗が流れ出す。羊肉がとてもよかった。

火鍋の店は大阪でもあちこちにあるけどこの店のクセになる容赦ない辛さと旨味の深さは突き抜けたものがある。食べ進めると肉や魚介の味が溶け込んでより滋味深い味となってくるのがよくわかる。

具材の追加を豚バラと鶏肉、ハチノス、白味魚のすり身、キノコなど中枢神経さえも痺れたかのように注文しまくる。この時点でレモン酎ハイのおかわりは10杯を超える・・・・最後に中華麺を投入。。私は糖質制限中なのでパス。

最後はトロトロの杏仁豆腐でフィニッシュ。この店は多分癖になる。。。店内ほぼ若い女性客。。スタッフさんの接遇もとてもよくて丁寧に料理の説明もしていただける。早い時間帯に行くのがオススメです。

帰りは難波でボヘミアンラプソティ2回目見ました。。。何度見ても感動・・・

大阪市北区天満橋1-8-68
06-6881-6698
年中無休
17:30〜


カテゴリー 桜ノ宮, |
1 / 512...最後 »