梅田/JR大阪

たこ梅 梅田店

言わずと知れた弘化元(1844)年から続く、日本一古い関東煮屋(おでん屋)の梅田の支店を訪問。こちら以外に道頓堀にある木造建築の本店と梅田店のすぐ近くにある文店、ホワイティ−梅田にあるお店と現在4店舗を展開。大阪を代表する関東炊きの店として東京の方からも大好評。

16時から営業しているが開店と同時に満席となる超繁盛店。終電間際の閉店迄客が途切れる事がない。この店の名物の燗酒はひとつひとつ錫のタンポで、湯煎されて出される。コップもハンドメイドの錫製で中が空洞になっていて冷めにくくなっている。店に入って目に付く関東炊きの鍋には山盛りの具材が入る。

最初に創業からの名物料理の甘露煮2本600円を所望。柔らかく炊き込まれていて燗酒との相性も抜群。

続いて鯨の舌のさえずり900円を所望。癖や臭みは一切なくトロトロの舌触りと上品な鯨の旨味と風味があとから鼻に抜ける。

続いて名物料理のコロ900円は皮鯨。多分ゴンドウ鯨と推察する。鯨の皮脂肪を鯨油で揚げたもので今となってはかなりの高級品。

好物の竹輪300円は原材料の上質さが判る逸品。スジ肉800円は当然の事ながら鯨肉のスジ。これがこの日のクリーンヒットで丁寧に脂を抜いてこりこりとした食感を残して鯨の旨味が咥内で満ちあふれる素晴しいもの。

続いてビールと一緒に2度炊きしている大根200円と厚揚げ200円を所望。

焼売2本300円でフィニッシュ。店員さんも親切で友達の家に遊びにきたような接客をされる。スタッフ含めて店中の皆が笑顔のお店ってとてもいい。

新梅田食道街内


カテゴリー 梅田/JR大阪, 関東炊 |

吉祥 はまぐり庵 別邸

阪急三番街にある標記の店を訪問。蛤料理の専門店で阪急グランドビル28階にもある。お店は女性客で一杯。女性は貝が好きな事を改めて認識。

まずはビールとともに焼はまぐり(3ヶ)480円を所望。
「焼きはまぐり」の焼き立てを次々とストップするまで堪能できる「焼きはまわんこ」という名称らしい。
かつお出汁のかかった蛤はプリプリジューシーな食感と海水のミネラルを感じるいい塩梅。しかしながら「焼きはまわんこ」は注文がめんどくさいのではまぐりしゃぶしゃぶに注文を変更する。

はましゃぶ30個(2,750円)を所望。
出汁の中にはまぐりをいれて、口が開いてから1分間待ってから食べてねとの事。

口の空いたものからバクバクと食べまくる。白ワインとの相性とても良し。スープは最初は薄めだけど煮詰まって来るのと蛤の塩っけでどんどんいい感じになってくる。チュルルンといくらでも食べる事が出来る。

野菜(380円)も所望する。蛤の出汁でいい塩梅。さらに30個蛤を追加する。蛤もおいしいけどスープが肝臓に沁み渡る。。

この他にも蛤のしぐれ煮が入った出し巻き卵や蛤ラーメンなどもあるけどお腹いっぱいなので最後は雑炊で〆。。この雑炊もかなりおいしかったです。蛤恐るべし・・・

はまぐり庵 -吉祥別邸- 阪急三番街南館 B2F


カテゴリー 梅田/JR大阪, |

蕎麦処 とき 11月

歯のメンテナンスのあと北新地の標記の店で一人ランチ。夏の冷やしカレー蕎麦は超有名。飲んだあとの居酒屋使いにもちょうどいい。時分時はいつも満席。。12時前に入店がベスト。ジャズのBGMがとても心地いい。小海老の天ぷら蕎麦にしようかと思ったけど鴨南蛮1800円を所望する。

最初にこだわりの巻寿司が半人前出てきてそれをムシャムシャと頂く。

出てきた鴨南蛮はインスタ映えするような端正なシルエット。適度な厚みにカットされた鴨は京都産であろう。皮の脂は程よく落とされていて食べやすい。葱の美味しさかが秀逸。鴨の脂が入った出汁は冷えた体を温める。山椒や黒七味を入れてテイストを変えながら最後まで美味しくいただきました。この店があるので歯医者に来るのが楽しみなり。

過去のときはこちら

大阪市北区堂島1-3-4 谷安ビル 1F
電話: 06-6348-5558
11:30~14:00
18:00~26:00


カテゴリー 梅田/JR大阪, 蕎麦 |
1 / 5812...20...最後 »