梅田/JR大阪

中華バル サワダ

東梅田のお初天神の裏参道にある表記の店を友人と訪問。

食べログの「お店からのお知らせ」欄には下記のように表記されていた・・・

6/1よりアルコール類の提供も伴った通常営業を再開させて頂きます。
営業時間は下記の通りとなります。
(日曜日〜金曜日)16:00〜23:30(23:00 L.O)
(土曜日、祝日前)16:00~24:30(24:00 L.O)

50mほどの路地となっている裏参道にある飲食店の約半数が営業自粛。残りの半数の約半分がアルコールの提供の自粛。残りは通常営業で賑わっておられた。見ていて複雑な気分になる。

こちらの店は西天満のミシュラン店のエスサワダが手がけるお店。入り口はビニールシートになっていてまさにカジュアルなバルのような感じ。カウンター6席とテーブル席24席。テラス席も2テーブル席あり。平日でも予約殺到でこの日も1時間のみの滞在時間と言われた。

前菜盛り合わせをまずは注文。低温調理で柔らかく仕上げた鶏肉とネギ塩。よだれ鶏はザクザク食感の食べるラー油がたっぷりのっていてとてもいい味わい。甘酸っぱいクラゲとクリームチーズの紹興酒ソース。ボリューム不足が少し残念。。

「空心菜炒め1200円」は香味と油の使い方が絶妙。。

スタッフさんのオススメのエビマヨは軽くて甘さ控えめのソースがかなり美味しい。叩いて伸ばして衣をつけて揚げた大海老の食べ応えも上々なり。

レコメンドメニューのクリスピーチキン。
表面を油を何回もかけて北京ダックのようにカリカリに仕上げたもの。鶏肉は栃木産の『香鶏』を使用とのこと。半身で4,280円、一羽で8,280円・・・

薬味には五香粉(20種類ミックス)、セロリ塩、山椒塩、麻辣醤、赤酢、大根おろしなどをかけていただく。皮はパリパリで身はふっくら柔らかでとても美味しい。。

最後に麻婆豆腐を所望。色々なスパイスでパンチの効いた味わい。。刺激ありまくりでチュウハイが進みまくる。。この辺で制限時間となりさっさと店を出る。支払いは高級店な感じでした。。

大阪市北区曽根崎2-9-17
06-6130-8870

 


カテゴリー 梅田/JR大阪, 中華料理 |

料理屋 稲家

最近のお気に入りの北新地の表記の店を訪問。若き店主の稲家氏は三ノ宮の人気ミシュラン店「植むら」での6年修行期間を経て、2021年2月にご自身のお店をこの地にオープン。

新しいビルの7階にある店内はカウンター8席のみ。この日は18時一斉スタート。料理はおまかせコース18,000円(サービス料10%、消費税別)のみ。

温かい渡り蟹のおこわからスタート。その上に蟹出汁の効いた、もって菊の餡がたっぷりかけられる。。胃がほっこりする一品。

煮物椀は柔らかく円やかな白味噌仕立てで登場。椀だねは揚げたての蓮根饅頭。中にはフカヒレがたっぷり入る。

お椀の蓋には季節感満載の綺麗な蒔絵。。象嵌も美しく見とれてしまう。。

刺身は淡路鯛の薄作り。。細切りにした野菜と一緒にちり酢でいただく。。アクセントの金山寺味噌との相性もとてもいい。

刺身2品目は一度冷凍にしたかなり上質の鮪をネギ醤油の漬けにしたもの。私は鮪が苦手なので赤足海老をレアボイルにしたものにしていただく。。

九州のメダイを炭火焼したもの。身に甘さがあってクセもなくとても上品な味わい。。あしらえには走りの松茸の天ぷらと銀杏の揚げたものは添えられる。。

河内鴨の皮をしっかり炙ってから包丁をして治部煮にしたもの。。
奈良の朝とれ無花果との相性がとてもいい。。永楽の器も秀逸。。

芋、タコ、南京を炊いて柚子の香りのきいた出汁ゼリーをかけたもの。箸休めにちょうどいい。

鱧と松茸の入ったワンタン。。下に敷かれた野菜はもやしと芽ねぎ。。

大きな釜で炊き上げられた皮目をしっかり焼き込んだ鯖の炊き込みご飯。。まずは炊きたてをプレゼンテーション。

最初に白米の炊きたてを一口供される。続いて鯖ご飯、ワンタンの出汁を使った煮麺、牛肉のしぐれご飯と続く。

デセールは和三盆で作ったプリン。上に和三盆のカラメルがかかる。静岡の緑茶もとても美味しい。終了時間は20時でちょうど2時間の食事タイムでした。ご主人の心のこもった見送りで店を出る。ごちそうさまでした・・・

大阪市北区曽根崎新地1丁目10番2号
06-6341-3177

過去の稲家はこちら

 


カテゴリー 梅田/JR大阪, 和食 |

セントラム  グリル&ワイン

ヒルトン大阪の2階にあるグリル&ワインのレストラン。2018年にフロア全体を大きくリニュアルしてからよく利用させてもらっている。この日は友人と打ち合わせを兼ねたノンアルコールのランチ会食。

内装はラグジュアリーモダンで統一され洗練された空気感。カジュアルでフレキシブル且つ、ゆったりした居心地も醸し出しているので老若男女問わず利用できる感じ。平日の昼間なので女性客利用率高し。

カトラリーも福井県の特注のものでこだわりを感じることができる。この日はセントラムランチ8500円を所望する。

座付は甲殻類を使ったさっぱり系のスープ。色々な香辛料のような味わいが合わさってとても複雑。。でも美味しい・・・

パンも秀逸。。特にブリオッシュが美味しすぎた。。炭水化物制限しているけど食べすぎてしまう。。

2皿目のサラダは意外なフォルムにびっくり。ビーツのソースの上にキューブ状のイエロービーツ、カシス風味をつけたスイカ、胡瓜、マンゴー、桃に黒トリュフやグリーンビーンなどを添えたもの。。見た目だけでなく食してもかなり美味しい。。。

暑気払いにぴったりの色々な種類のトマトの入ったガスパチョ。ありがちな野菜の青臭さやとがった感じが全くなくて丸みをおびて、旨味と甘味などの味の深みがしっかり感じられるもの。浮かんだオリーブオイルの香りと口触りもかなり良かった。

選んだ主菜は北海道産の帆立貝柱グリル。塩味の効いた玉蜀黍のピューレと一緒にいただく趣向。

デセールはバシュランを所望。本式のウオッシュチーズではなくて癖のない北海道産フロマージュブランを使用。中には色鮮やかなザクロ、ベリーが入る、ヨーグルトのソルベと一緒にさっぱりといただく。。お腹いっぱいご馳走様でした。。。

ヒルトン大阪2F
06-6347-7111


カテゴリー 梅田/JR大阪, その他料理 |
1 / 8712...20...最後 »