梅田/JR大阪

小好鮨 6月

梅田の会合の後でカッパ横丁にある大好きな表記の寿司店で一人飯。
ちょうど一組目のラッシュが終わって私1人で貸し切り状態。席数が少ないので普段は入店がかなり難しいお店。この日は約1年振りの訪問でお母さんに「刑務所でも入っとったんか〜」と聞かれる。長年こちらのお店に通っているけどノーゲストは始めてなのでゆっくりと食事をさせて頂く。お店はいびつな三角形でカウンターのみ12席。ワンボックスカーで食事をしているような感じだがその狭さが逆にいい。

本年80才になるご主人と77才のお母さんの2人で切り盛り。 こちらは今年で創業55年でご主人が22才の頃今はなき北新地の料亭「春奈」で働いていたときの写真と河豚調理免許がお店に飾られていて「この頃はよくモテたんだよ〜」というような話で盛り上がる。

最初に瓶ビール(此方の店では「冷やしビール」と呼ばれる)を頂いて名物の蝦夷鮑のお造りを頂く。塩のみが振られた鮑はコリコリで磯の香も強くて「ああ夏だな・・・」と感じる。ほろ苦い肝やヒモとビールの相性はとてもいい。これを食べると元気が出る気がする。

長崎産の赤貝の握りは超巨大。これも塩で食す。この店はいつも貝が充実。ご夫婦共々阪神ファンで試合中に阪神が得点するとご主人の携帯から「ポローン」と音が鳴る仕組み。

鱧は骨切りが荒いけど加齢のため目がかすむらしく、それはしようがない。。日本酒の白鹿本醸造を常温で頂く。お店はトイレもないし荷物を置く場所もないので要注意。外国人の客も多く客全員が俄(にわか)の通訳者になるのが面白い。ご主人のカタコト英語とフランス語もかなり笑える。

コリコリのツブ貝も初夏を感じさせるネタ。ご主人とお母さんのキャラが楽し過ぎてこの日も話が弾みまくる。3人で大声で笑いながら野球の話から大好きなプロレスの話、私もやっていたボクシングの話から日常生活の話などどうでもいいアホな事を皆でしゃべりながらとてもいい時間を過ごす。

「海老ちゃん」(此方の店では寿司はすべてちゃん付けで呼ばれる)はよく肥えた冷凍のブラックタイガー。昭和な感じがして個人的には大好き。お母さんが「男の人はみんな海老が好きやな〜」と突っ込まれる。

客がいないので話とともにお酒もすすみまくる。客が来ない事を理由にこの日は結局冷や酒を6杯頂いてしまう。蛸の胴びんと先っぽだけをアテでいただく・・・

瀬戸内海の赤雲丹をアテでいただいて最後に大きな穴子の握りでこの日はフィニッシュ。1人の時は長居しないでさっさと帰るんだけどこの日は2時間の滞在時間。この店で1人でカウンタ−に座っていると宇宙に漂っている気分になる。会いたい人に会ってしゃべって心の毒ともやもやが取れた気分。奥さんから「客も来ないし泊まっていけば」と言われたが丁寧にお断りして帰宅する。

相愛大学の食堂でいつも頂くカレー蕎麦280円にコロッケのトッピング。今日の出来は60点くらいだな・・・・

過去の小好鮨はこちら

大阪市北区芝田1-3-12
06-6372-5747
日曜と水曜休み


カテゴリー 梅田/JR大阪, 寿司 |

モードディ ポンテベッキオ

表記の店で会食。1988年のソウルオリンピック開催の2年くらい前、当時私が大学生だった頃に本町橋のたもとにある喫茶店を改装したイタリアンレストランが美味しいと聞き訪問した記憶がある。当時は南船場の農林会館にあったイタリア政府が認める名店と言われたローマ料理の「コロッセオ」が有名で若い頃の私はそこに行くのにはかなりハードルが高かった記憶がある。

その本町橋のたもとの小さなイタリアンで当時、山根大介シェフがつくるパスタや魚介料理を友人と美味しくいただいた記憶がある。そこから天満橋に移転され現在の高麗橋のお店に名声とともに移られてからはここ数年は伺った記憶がない。こちらは西梅田の明治安田生命大阪梅田ビルの30階にあるお店でお店を貸し切っての結婚式も出来るようになっている大箱店。

天井の高い白を基調とした店内はかなりスタイリッシュ。当然の事ながら景観が素晴しい。この日はお呼ばれなので料理の価格は不明。

最初の前菜は生貝を使ったもの。生の鮑をイタリアンで頂くのは初めて。蓴菜やセロリの入ったスープはこちらのお店で「アミノ酸スープ」と呼ばれるもので昆布出汁にトマトやアスパラを煮出したエキスなど旨味の強い素材で作った冷製スープ。あっさりしながらも突き抜けた美味しさにビックリ。。

こちらのお店のシグニチャーメニューでお店を始めた頃から提供している「温かいポテトのティンバッロとキャビア」。仕事を施した温かいポテトにサワークリームとキャビア(オシェトラ)を山盛り載せたもの。お約束通り陶器のスプーンで頂く。こちらのお店は日本で1番オシェトラを輸入しているレストランでこの調理を年間2万食提供しているとこの日お店に来られていた山根シェフが言っていた。大粒のベルーガも美味しいけど口の中に皮が残ったり舌触りが滑らかでなかったりする事があるので個人的には小粒で味の濃いオシェトラが好み。キャビアを少し温めているのか風味もコクもあってキャビアを食べたと言う満足感が残る。ちなみにアラカルトで注文すると4000円。

せっかくなので山根シェフにお願いして厨房の中を見せて頂く。約15名の調理スタッフが忙しそうに動き回る。シェフは厨房内で檄を飛ばしながら指導。料理の作り置きは全くなくてデシャップに並べる皿は美味しく作れる皿の数だと言っていた。大箱の店でも効率よりも美味しさを優先させる姿に敬服する。若い店のマネージャーが「うちの店は儲けるのがへたくそなんです・・・」と自嘲気味に言っていた。

魚介の濃い「ズッパ デ ペッシェ」に浮かべた目板ガレイには新鮮なアスパラガスが添えられる。魚介のアラや骨を煮出して何度も漉して作られる見るからに濃いソースは旨味たっぷりでこのソースだけをちょっとずつ舐めながら濃いめでミネラルたっぷりのワインを飲みたい衝動に駆られる。ニンニクの効いたアイオリソースとトリュフもソースに更なるコクと香りのアクセントを加える。瀬戸内産の目板ガレイもとても新鮮で旨味もしっかりある旬の味わい。

青森県小川原湖産白魚とクレソンのオイルスパゲティは獲れたての白魚を現地でCAS冷凍(最新式の組織を破壊せずに冷凍する技術で食材の鮮度保持に使われる)されたもの。それを昆布水に塩を入れたものに浸けて解凍すると生の食感が蘇る・・・とのシェフの弁。

パスタ2皿目はブッラーターを詰めたメッツアルーナとうすい豌豆のピュレには生ハムがあしらわれて餃子のような形のパスタにはモッツァレラのような水牛のチーズが鋳込まれる。エンドウ豆のソースが香りも食味も高く、美味し過ぎてノックアウト寸前。

メインは黒毛和牛の赤身肉を格子に包丁目を入れて焼いたもの。火入れも完璧でふわふわであっさりとした焼き上がり。

デセール一皿目は液体窒素を使ったこちらのお店得意のシャーベット。この日は数種類のベリーで作られる。2皿目は温かいチョコレートとマスカルポーネのムースにオレンジを添えたもの。デセールを頂いた時点で動けないほどお腹いっぱい。何を頂いてもワンランク上の美味しさがある。定期的にシェフが手がける料理教室や日本酒とイタリアンのコラボイベントワイン会など有名店の名前に胡座をかかない日々精進しながら攻め続ける姿に敬服する。

*この日サービスいただいた大阪大学4回生のアルバイトちゃんはすでに内定をソフトバンク、明治、カゴメからいただいているけど自分のやりたい仕事が判らないと言っていたので君は別嬪だからアメリカの芸能界をすすめるととても喜んでおられました・・・

大阪府大阪市北区梅田3-3-20 明治安田生命大阪梅田ビル30F
11:30~14:00 18:00~21:30


カテゴリー 梅田/JR大阪, イタリアン |

GIROND’S JR(ジローズ ジュニア)

所属するランニングの練習会の納会(シーズンのレースがすべて終了した為に忘年会と称する)を休日に北新地の表記のイタリアンレストランで開催する。昔から北新地の中で安くて美味しい店として知られた名店。大きな個室が3つあるので結婚式の2次会や会合のあとの懇親会でよく利用されると聞き及ぶ。

この日は飲み放題付きの税込5000円のコースを約20名で所望する。最初に出てきたグリーンアスパラのムースを頂いただけで料理人のレベルの高さが判る。自家製のパテにカマンベールを載せたもの、生野菜を生ハムで巻き込んだもの、ローストビーフ、自家製コロッケなどどれもひと手間かかったものばかり。鯛のカルパッチョ(写真なし)も新鮮で食べ応え満点。パスタもワンランク上の美味しさ。名物の生地がパイになっていてサクサクした食感がおもしろい。メインはイチボ肉のカツレツステーキでこれもこちらのお店の名物。生クリームをベースにしたソースでさっぱりといただく。

この他にも日経レストランメニューグランプリの優秀作に 選ばれた「カーニバル生春巻き」や10年以上変わらぬ味の「伝説のピラフ」なども必食メニュー。アラカルトでもいろいろなメニューを楽しむ事が出来るとても便利なお店です。パーティーをするのなら北新地の中では最高のコスパと確信します・・・

江頭登場・・・・

ゴルゴ登場・・・・

オフィシャルサイトはこちら

大阪市北区曽根崎新地1-1-40 ジロービル 3F
06-6344-2601

営業時間: 月~金 17:30~02:30


カテゴリー 梅田/JR大阪, イタリアン |
1 / 5512...20...最後 »