梅田/JR大阪

たこ梅 分店

ルクアのバルチカで洋風おでんを食べた後トラディショナルなおでんを食しにJRガード下の新梅田食道街にある表記の店を訪問する。カウンター25席とテーブル12席。こちらの「たこ梅分店」も食道街ができた頃からの老舗で創業から170年もの歴史を持つと聞き及ぶ。

まずは鯨のスジ肉800円を所望する。煮込みまくっているのでとても柔らかい。独特のクセもあまり感じることはない。続いては名物の舌の「さえずり」と皮鯨の「ころ」各900円をいただく。双方とも特にどおってことはないけど価格にはびっくり。。

季節メニューの牡蠣とわかめは秀逸。ハイボールとの相性もとてもいい。


たこの柔らか煮800円。豆腐150円のしっかりと味が入っていてとても美味しい。この時期だけの聖護院大根300円は箸でスッと切れる柔らかさ。この柔らかさで煮崩れしていないことにびっくり。味を染み込ますために3日前に湯がいてから半日干していると以前に聞いたことがある。

すり身にたこを入れたたこ天300円、銀杏2本400円(写真なし)はモチモチの食感と独特の苦さが大人の味。このあと食道街を3軒ハシゴして帰りました。。

大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F


カテゴリー 梅田/JR大阪, 関東炊 |

赤白 ルクア大阪店

大阪駅直結のルクアイーレのB2Fにあるバルチカの入り口にある表記の店を訪問。いつも行列の店なんだけど5時くらいに友人と待ち合わせして並ばずに入店。
女性客を中心に大賑わい。お勧めの濃いめのチリワインを所望して洋風おでんを中心に注文する。

まずは看板メニューの大根ポルチーニ茸ソース 180円。大根をコンソメで柔らかく炊き込んでコクのある濃厚なポルチーニソースをたっぷりとかけたもの。白身魚 クネル仕立て オマール海老のアメリケーヌ 230円ははんぺん状のふわふわのすり身にアメリけーぬソースを掛けたものでワインにぴったり。

ボイルドエッグハーブ入りスモークサーモンソース180円は結構普通だけど安いから気にならない。タコとイカゲソのソテーブルゴーニュソース680円もワインが進みまくるコンニャクのコンソメ煮 肉味噌ボロネーゼ チェダチーズ280円(写真なし)

最後にフォワグラを混ぜた鶏の脂肝を使ったレバームース530円をいただいてフィニッシュ。ワインもボトルで3000円くらいまでのものが多く好みを言えばスタッフさんがチョイスしていただける。財布にも優しくて超繁盛店の見本のような店でした。


カテゴリー 梅田/JR大阪, フレンチ |

ウルフギャングステーキハウス大阪 1月

大阪駅のルクアイーレ10階にある表記のステーキハウスを訪問。11月に友人と行ってロブスターがとても美味しかったので一番大きなものをと事前にリクエストする。

エビ好きなので大きくて生きているエビカニを見るととてもテンションが上がる。これをロースとかスチームか選べるんだけど当然のことながらスチームでいただく。

溶かしバターにつけてプリプリの巨大な身をいただくと至福の時間となる。頭の味噌も香ばしくてとても贅沢な味わい。外国に行けばよくいただくんだけど日本のレストランでこのサイズのロブスターはあまり見かけない。

肉はシグニチャーの熟成アンガス牛のTボーンステーキ。フィレ肉とサーロインが一度に楽しむことができる。

和牛の様に脂がいっぱいではないのでとても食べやすい。表面はカリカリの食感で中はレアな感じ。熟成されているので肉の旨味もしっかり感じることができる・糖質制限中なんだけどマッシュポテトも少しいただいた。

食事の前にB2のバルチカのワイン売り場で一人シャンパンを楽しむ。気がつけば1時間経過。携帯を触りながらぼんやりと過ごすこんな時間もたまにはいい。

前回のウルフギャングはこちら


カテゴリー 梅田/JR大阪, 焼肉, その他料理, レストラン |
2 / 71« 先頭...23...20...最後 »