梅田/JR大阪

鉄板料理とシャンパーニュワインのお店 赤白

11月にチョイ飲みで友人に連れて行ってもらった表記の店を再度訪問。近くにあるルクアのフレンチおでんの本店は休日や時分時は大体1時間待ちとのこと。

こちらはフレンチお好み&イタリアン焼そばがメインという尖った業態の新しいお店。客層はほとんど女性客の2人連れ。すべてカウンタ−なので一人飲みにもいい。

41席のすべてのカウンターに保温用の鉄板が作り付けられて厨房内の鉄板で調理されたものがここに置かれる趣向。

グラスワインの種類も多く430円から高いもので720円。ボトルワインも2400円からというこなれ過ぎの価格設定。デザートワインも豊富に揃う。ワイン以外はビールのみ。この値付けはチェーンストア理論にも基づく繁盛店セオリー。

最初はシャンパーニュのギ・チボー ブリュット グランクリュ740円。普通に美味しい。この後は赤ワインを6種類いただいた。低価格のものなので特別どうってことはないけど悪くはない。この味と価格のバランスの良さがプロの経営。見習わなければならないと痛感する。

2016-12-04-17-23-18

前回訪問時に売り切れでいただけなかった「フォアグラプリン」390円。ポーションは少ないが味が濃いので充分。フィノシェリーがかかってトリュフが添えられる。

2016-12-04-17-26-34

前回もいただいたフォワグラのオムレツ370円はトリュフの香りが漂う。柔らかいふわふわ玉子で包まれたフォワグラは丁寧に焼き込まれていてワインによく合う。

2016-12-04-17-39-34

明石タコのブルゴーニュソースはどういうわけか緑色。バケットもいただいてソースも残さずいただいた。

2016-12-04-17-52-50

和牛 A5ランク サーロイン999円は2切れだけだけど脂がたっぷりでとても柔らかい。女性にはこれくらいのポーションで充分なのであろう。

2016-12-04-18-05-03

焼きそばの創作系で「ロンバルディア930円」前回は「シチリア」という濃厚な海老ソースがかかったものをいただいた。こちらは極太の麺にゴルゴンゾーラソースがたっぷりかかる。自家製パンチェッタの塩加減とチーズに赤ワインがすすみまくる。一見焼うどんのようだけどかなりおしゃれに出来上がっている。

「料理が美味しいかではなくどれだけ客が喜んでいるか」という飲食業の命題にずばり切り込んでいる。客がみんな幸せな様子でワインを飲んでいるのが印象的。予約は不可なので早い時間の訪問がお薦め。

大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館 1F
営業時間: 11:00~23:00(L.O.22:30


カテゴリー 梅田/JR大阪, バル |

馬春楼 北新地総本店

北新地の老舗馬肉料理店で会食。明治38年創業と聞いたこともあるが違ってたらごめん・・・この日は税別10000円のフルコースを友人といただく。普段は掘りごたつの部屋でいただくことが多いけどこの日は3階の座敷に案内いただく。毎日熊本から新鮮な馬肉を空輸で仕入れていると以前お店の方が言っておられた。銀座と祇園にも支店があった記憶がある。

2016-11-22-18-43-44

突き出しは叩き胡瓜と桜納豆。ルイベのような凍った馬肉の下には納豆が潜む。卵の黄身を潰していただく趣向。醤油ではなく塩味でいただく。なかなか好き嫌いの分かれる味。

2016-11-22-18-43-41

刺身は綺麗な上バラ(此方の店では極上トロと呼ばれる)部分と脂の塊のコウネ(たてがみ)の盛り合わせ。脂が強いので九州独特の甘い醤油に生姜をいれたものとよく合う。バラとコウネを一緒に食べても美味しかった。和辛子は肉に直接付けていただく(灰汁を抜いているので鼻につーんとは来ない)

2016-11-22-18-54-13

カルビと大根の煮込みも此方の店の名物。馬出汁が綺麗に出ていて見た目よりもあっさりした味わい。脂っぽさはみじんもない。

2016-11-22-19-32-45

バラ、ハラミとフエダコ(猪や鴨のように紅白がはっきり分かれた馬にしかないお腹の肉)の溶岩焼き。溶岩の遠赤外線がいいらしい。肉が新鮮なのでさっと炙ってポン酢か煎り酒でいただく。普段はいただかないけど芋焼酎のお湯割りととてもいい相性だった。

2016-11-22-20-03-32

名物のはりはり鍋。いろいろな部位を食べ比べできる。 馬骨でとった出汁が思いのほか美味しいのにビックリ。こういった専門店は食材はいいけど調理技能に欠ける店が多いのが常だけどこちらは調理内容もかなり高いと思った。

2016-11-22-20-06-46

大量の水菜と一緒にさっと加熱していただく。臭みも一切なく白髪葱と一緒にいただくと格別の美味しさ。手が止まらなくなる。。

このあとはうどんとデザートでフィニッシュ。高タンパク低カロリー、低脂肪、高ミネラルかつ滋養強壮、体力回復にいいと言われる馬肉であるがこの日も食後の膨満感もなく翌朝の目覚めもとても良かった。。大阪にいくつかの馬肉料理店はあるけど個人的にはワンランク上の美味しいものをいただいたといつも実感するたまに無性に行きたくなる店です。

「馬肉を晩に食う!」(あんまりおもろないな・・・)

北区堂島1-3-34
06-6341-8341
17:00~23:00 無休


カテゴリー 梅田/JR大阪, 和食 |

銀平 北新地店

表記の店で後輩と会合と会食。忘年会コース飲み放題つき8000円でお願いする。和歌山県が本社で関西を中心に10数店舗。東京銀座や上海にも進出の超繁盛有名店。

2016-11-15-19-06-07

先付けは脂がのった秋刀魚の棒寿司と柿としめじの白和え。此方の店も腕利きの職人がいるので何を食してもワンランク上の美味しさがある。ビジュアルも美しい。

2016-11-15-19-19-12

大きな鉢の氷の上に盛りつけられたお造りはコショウ鯛、アオリイカ、鰆のタタキ、ヨコワ、カンパチ。どれもが分厚い切り身で熟成感もあり食べ応え満点。

2016-11-15-19-49-15

生麩とカブの餡掛け。出汁もいい塩梅で普通に美味しい。

2016-11-15-20-16-25

炭焼きは脂のよく乗った伝助穴子、鮭はらすの一夜干し、烏賊げそ、野菜などをタレに付けながら焼く趣向。チマチマしているがこれはこれで楽しい。骨切りした伝助穴子の身が締まりながらも甘い脂分とふわふわした食感の美味しさにビックリ。

2016-11-15-20-28-55

揚げ物はスナップエンドウと蓮根とワカサギとさつま揚げ。贅沢なものではないけどこれくらいの方がかえって好み。

2016-11-15-20-48-34

最後は名物の鯛めしでフィニッシュ。土鍋に入って大量に出てくるので残ったものはおにぎりにしてお持ち帰り。会合の内容が楽しかったのであまり食事に専念出来なかったけど一定のレベル以上のものはあるし何度行っても期待を裏切られて事はない。

このお店は遅めの時間に行けば魚が半額になるという記憶がある・・・そんなケチなことを考える52才夜半の秋。

大阪市北区堂島1丁目5番4号
06-6341-6000
定休日 日曜日・祝日


カテゴリー 梅田/JR大阪, 和食 |
20 / 71« 先頭...2021...40...最後 »