沖縄料理

沖縄食事いろいろ その1

7月6日から8日まで公職で沖縄出張。。 那覇に到着後まずは昼食の沖縄そば。。県庁入ったところの「3丁目そば」に潜入。那覇市内で飲んだ時に仕上げに良く行く店。。。私の中ではコストパフォーマンスナンバーワンそば。 海の家のような造りで入り口を入るとすぐに食券機。。。 カウンターのみで10名くらいしか入らない。。。水とかすべてセルフ。。。 ナンコツソーキそば380円が安くてお勧めなんだけど奮発して三枚肉とソーキと野菜の入った看板メニューを所望。。(それでも600円くらいか)                                        yaeyamasobasantyome.JPG この店の特徴はこの価格帯で麺が普通麺と生麺から選べること。沖縄そばの油脂を使って袋詰めにしている普通の麺は少し苦手。。ちりちりしていて出汁に良く絡むのが長所なんだけど。。 お勧めの生麺は少し時間はかかるがモチモチ、シコシコしている。 出汁は豚とかつお出汁のあっさりしていてコクのある関西系の和風。。。。軟骨ソーキは超トロトロなんだけどあっさり。 有名店の「すーまぬめぇ」とか「やぎや」とかもいいんだけど気楽に食べれてそこそこ旨く、サクッと食せる店もこれはこれでいいと思えるようになってきた。                                   あんまりこってりしたものが苦手になってきた47歳にちょうど良い加減。。。実に優しく疲れた心もいやしてくれる。。。 「3丁目そば」 那覇市久茂地3-26-1 TEL098-861-9193 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そのまま与那国島に飛行機でひとっ飛び。 人口1500人。医者一人。警察官2名の日本最西端の島。。 牛がその辺を普通に歩いていた。。 島の最高級民宿の「阿壇」は1泊2食付きで5400円。。。島だこ、カジキマグロの造り、グルクン(和名をタカサゴ)の南蛮漬け。島の野菜の煮物にソーキ。。。見た目はいまいちだがなんとも豪華な心のこもったご馳走。。。 adanbanmesi.JPG 若い御夫婦が一生懸命に作っていただいた食事に同伴者も感激。。。 夜は町の方々が歓迎会を開いていただきマグロづくしの大御馳走をいただいた。 kajikimedama.JPG 上の写真は町の役場の方が自宅でカジキマグロの目玉を炊いてタッパーに入れて持ってきていただいたもの。。。めったに獲れない200キロオーバーのカジキなので目玉も超巨大。。。 周りの肉は鶏肉のようで味はかなり滋味深く生まれて初めていただく美味であった。手を合わせ感謝していただいた。。。 島の泡盛「どなん」とともにしこたま食べまくった。。。。                                                                                                                                               島の方々から心からの歓待をいただき恐縮と感謝の念でいっぱいになった。。。。宿への帰り満点の星空に天の川がはっきりと見えた。。。


カテゴリー 沖縄県, その他, 沖縄料理 |
1 / 11