その他

ホーチミン7月 ①

数ヶ月ぶりにホーチミンを訪問。長期滞在していたので日記も休刊してました。。最初のランチは現地の富裕層知人の案内で地域ナンバーワンのフォーの店。豚肉をカリカリに揚げたものはレモングラスの葉の唐揚げと一緒にいただく。

一見どこにもあるようなフォーなんだけど麺とスープに書ききれないこだわりがあるとのこと。スープ自体はあっさりしていて日本のお吸い物のようなんだけどそこに様々な種類のチリソースなどの香辛料薬味を加えて複雑な味を楽しむのが現地流。

暑い国なんだけど鍋文化も発達していてディナーに招待いただいたのは薬膳鍋のお店。最初にあわび茸、マコモダケ、絹傘茸、しめじ、エノキ、マッシュルーム、椎茸など10種以上のキノコをスープに入れてエキスを抽出するのが特徴。最初は透明なスープが黄金色に変化していく様は見事。

クタクタになったキノコを食べながら途中で肉をしゃぶしゃぶしていただく趣向。全てお店の方がサーブしてくれるのがありがたい。スープに溶け込んだキノコの旨味がなんとも言えないくらい美味しい。

ランチに低糖質メニューをリクエストするとトラディショナルなベトナム料理のお店に連れて行っていただく。

生春巻きは海老と豚肉の2種類。バナナの花の御浸しのようなものも酸味があって美味しかった。トムヤムクンのようなスープも身体に良さそう。豚肉のローストや様々なハーブや野菜をパリパリの米製の春巻きの皮で巻き込んでいただく。ニョクマムやピーナッツソースをつけていただくと驚くくらいの美味しさで際限なく食べることができそうな感じ。

街中の行列をよく見るとバイクレストラン。焼き飯を炒めながらスクランブルエッグを作る。美味しいことで有名らしく若い方がこぞって購入。こんなの初めて見ました。。自転車バージョンもあると聞き及ぶ。すごいね・・・・


カテゴリー 海外, その他, その他料理 |

ChatChak/チャトチャック

奈良県大和八木にある表記のタイ料理店を訪問。八木西口駅の前にあるタイ現地の屋台をイメージした一軒家で何とも言えない風情を感じる。。お店は若い男性2人で切り盛り。。。一人だったのでカウンターに案内いただく。

カウンターもテーブル席も満席状態。アジアのワールドビールがオススメらしくこの日はベトナムの「333」を所望する。

メニューはタイ料理やエスニックフードが満載。ガパオライスや生春巻き、冬はタイスキなど一品料理も充実。

ダイエット中なのでまずはヤムウンセン(海老と春雨のスパイシーサラダ)のハーフサイズを所望。ナンプラーやいろいろな香草がたくさん入ってタイの食堂で食べている錯覚に陥る。。かなりパンチのある味にびっくり。ビールが進みまくる・・・

豚肉と季節野菜のレッドカレー炒め700円。はズッキーニや茄子と一緒に豚バラ肉が辛すぎる香辛料と一緒に炒められていてとてもいい暑気払いになる。。レモンを絞るとさらに味わいが変わって食がすすむ。

店を出て近くにある私どもが経営する「奈良食堂」でライブを見て帰阪する。。

橿原市内膳町3-1-18
Nara 634-0804

カテゴリー 奈良県, その他 |

201

大阪市西区の某所にある完全会員制のレストランを友人と訪問。
外見は全く普通のマンションの一室1
8:45 開店
19:00 一斉スタート

カウンターのみの12席は完全に劇場型のしつらえ。アルコールのペアリングがついて一人15000円なり

全く普通のマンションの入り口で時間前に集合するルール。到着順に時間が来ればひと組づつ案内いただける・・

最初はスパークリングで乾杯する。味は特にどうってことはない。。

テーブルの上に森の風景のプロジェクションマッピング。。森林をイメージした前菜が登場する。

前菜は蒸し鮑と雲丹を合わせたもの、生ハムを樹木や木々の葉に見立てたものなど・・・視覚から入る刺激がとても楽しい。

続いて切り株の上の鍵が登場。。

テーブルの鍵穴に差し込むと・・・・

引き出しからカトラリー登場

お箸を使って稚鮎の天ぷらを食す。黒いのは炭塩。。。川で鮎を網ですくっているイメージとの事。

この後で会場を暗くして味覚テストのようなものがあり、続いて水の入った注射器と枡と白い物体が登場。

注射器で水をかけるとヒノキの香りのするおしぼりになってその香りを手にうつして香りとともにお酒をいただくという趣向。

お酒は石川県の手取川の(多分)純米大吟醸。。

続いての料理は白甘鯛の鱗焼き。。

これだけなら結構普通だが食べている途中で恭しく昆布の出汁をさらに注いでくれる。演劇風のナレーションも入って非日常の世界を演出。

昆布のスープに海老のパウダーを入れて味を変えてさらにいただくという趣向。

続いてはベルギーの高級ビールとたこ焼き登場。たこ焼きにはトリュフパウダーがかかって中にはタコの代わりにフォワグラが入る。

アメリカのワインにさらに別のワインを合わせていただくという趣向。

どういうわけか味の異なりはあまりよく確認できなかった。

再びプロジェクションマッピングがあって。。。。」

メインディッシュのウチヒラ肉のステーキは根セロリのソースに醤油ソース、卵のソースを合わせると口の中ですき焼き味になるという趣向。。

デセールは月をかたどった装飾ランプにウサギのお菓子を乗せたもの。

続いては緑茶と綿菓子を固めたような砂糖菓子でフィニッシュ。。

最後は店長からのご挨拶で締め

住所等完全非公開

会員資格取得5000円


カテゴリー その他, 未分類, レストラン |
1 / 2412...20...最後 »