洋食

洋食Katsui御堂筋ロッジ

表記の店に友人と訪問。有名ブランドショップのある御堂筋沿いの寂れた趣のあるレトロなビルの地下に位置する。

店名通り店の外観はロッジ風。客の年齢層も高めで照明も暗めの落ち着いた雰囲気。45歳以上の客をターゲットにしていると聞きおよぶ。小皿のコースや洋定食などもあるがこの日はアラカルトで好きなものをいただく。

ビールで乾杯をして突き出しの蛸の韓国風サラダ。これは特にどおってことは無い・・ホールスタッフさんのホスピタリティーは素晴らしいものを感じる。

まずは前菜盛合せ2800円を所望。キノコのグラタン、シラサエビのトマトソース掛け、鳥肝の煮物、イタヤガイのサラダ、ローストビーフ、舌平目のフライ、鱈白子のフライ、自家製のサーモンマリネなど・・・ボリューム満点で食べ応えありすぎ。。

三重県の浦村産のカキフライ1800円は粒は小振りだけどとてもジューシー。タルタルとトマトのソースでいただく。添えてある生野菜もたっぷりなのが嬉しい。

大好物の海老フライ1400円は頭の味噌も甘くて美味しい。濃いめの白ワインとの相性も抜群。

和牛ロースの網焼き2400円もボリュームたっぷり。優しくて嫋やかで甘い脂が口内を迸る。。炭火で焼いているのだろうか薫香も感じられる。咀嚼した後すぐに赤ワインを含むととても良いマリアージュを感じる。

デセールは焼き林檎とバニラアイスの盛り合わせ700円を所望する。デフォルトのメニュー以外にシーズナルメニューもたくさんあってとても嬉しい。次回の予約をして帰りました。。。

大阪市中央区南船場4-3-11大阪豊田ビルディング地下1階
電話:06-6251-5064
営業時間:Lunch11:30-15:30・Dinner17:00-22:30
定休日:日・月・祝


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 洋食 |

REVO 本店

天下茶屋にてお茶のお稽古の前に標記の洋食店を訪問。グランフロントの店が有名だけどこちらが本店となる。黒毛和牛一頭買いの洋食店として有名で、様々な部位のステーキが夜はマストだけどだけどランチタイムは塩とんかつや煮込みハンバーグをいつも所望する。

店内は男性1名、女性3名での営業。店内はL字型のカウンター8席と4名用テーブル2つに、6名用テーブル1つ。
今回も煮込みハンバーグ*チーズトッピング付き1100円を所望する。最初にスープとサラダが登場。内容と味は普通。

しばらくしてオーブンで煮込ハンバーグとライスが運ばれる。デミグラスソースの中にどっぷりと浸かる熱々のハンバーグはビジュアルも美しい。合い挽き肉なので口当たりは優しくあとから牛肉の味が追いかけてくる。赤ワインベースのソースが秀逸で手間をかけているのは一口頂けば判る。チーズとソースとハンバーグのバランスも良くて重さも感じられずにさらっと頂けた。
肉の旨味凝縮のハンバーグはスプーンで切れる固さでとてもジューシー。

ソースをご飯にかけると即席ハヤシライス。次回はエビフライを頂こうと思いながら店を出る。

大阪府大阪市西成区岸里1-3-2111:30~14:00
17:00~22:00(L.O.21:30)
月曜定休


カテゴリー 天下茶屋, 洋食 |

ワイン食堂 アンデルセン 8月

阿倍野の松虫にある表記のお店から4周年の特別ディナーのお誘いを受けたので訪問。お任せコース4400円のメイン料理を和牛のヘレステーキに変更いただいて所望する。

シャンパーニュで乾杯をして最初は魚介のサラダ。

サーモン、カンパチ、帆立貝にフレンチドレッシングをかけたもので普通に美味しい。

生ハムとモッツァレラとトマトの冷製パスタ。生ハムの塩分とトマトの甘味が混ざりあってとてもいい。ソムリエのマダムにルモワスネの97年の赤を奨めていただく。

選んで頂いたディアマン・ジュビレはACブルゴーニュだけど中身はすべて複数のプルミエ・クリュのワインをアッサンブラージュしたものとの説明。よく熟成された豊かな果実味とバランスのいい適度な酸味が特徴。全く飲み飽きないブルゴーニュの赤ワインの見本のようなお酒。予想外に澱もほとんどなくて出荷前にリコルクされていると推察される。

エビフライは頭の味噌が甘々。。海老星人の私には最高の御馳走。

ヘレ肉はレアで提供。塩のみで頂く。クセもなくとても柔らかでお箸で肉を切る事が出来た。

デザートの代わりにフロマージュ。ウオッシュはエポワス、ハードはミモレットの24ヶ月、青カビはスペインのバルデオン。ドライフルーツはキンカン、デーツ、トマト。。。ワインと一緒に最後まで美味しく頂きました。

大阪市阿倍野区阿倍野元町1-12
営業時間:11:00~14:00 17:00~22:00
定休日:水曜


カテゴリー 松虫, 洋食 |
2 / 65« 先頭...23...20...最後 »