海外

麗江食彩①

ゴールデンウイーク後半から中国雲南省北部標高2400メートルに位置する表記の街を訪問。北京経由でほぼミヤンマーの上くらいに位置する地方都市。

この麗江という都市は中国でも数少ない旧市街が世界遺産として認定された街で、街自体が大変美しくて雲南省内でも最も人気のある観光地。街の背後には13の峰からなる標高5,596メートルの玉龍雪山(ぎょくりゅうせつざん)がそびえている。

昔にチベットの馬と雲南の茶葉などを運んだ「茶馬古道」の中継地として栄えた街で、石畳の道や瓦屋根の建物、街を巡る水路が独特の風情ある街並となっていて今はカフェやゲストハウス土産店が立ち並ぶ。

そしてこの街の人口の過半数を占めるナシ族には、トンパ教という宗教が伝わっており、その経典では今もトンパ文字という象形文字が使われていると聞き及ぶ。私が中国語の個人レッスンをしていただいているスウ先生も今年の3月に家族で訪問されとてもよかったと言っておられた。

2013-05-04 07.32.03

超有名な麗江古城から4キロくらい離れた束河古鎮(ここも世界遺産)にグローバルに事業を展開する私の友人が経営する『客桟』(民宿)があり今回はここを拠点にいろいろと観光をする。

2013-05-04 20.34.44

到着して荷物を降ろし、街中にあるモダンな四川料理店でウエルカムパーティーをしていただく。ワインセラーが壁一面にあって広い中庭でたき火ができるオサレなお店。

2013-05-04 08.21.50

鶏肉と豚肉はとても新鮮。。。市場で見たけど肉の塊から湯気が出ていた。。野菜も有機栽培なのでどれもが甘い。。

2013-05-04 19.09.00

ジャガイモの炒めはとてもサッパリして美味しい。。。

2013-05-04 08.21.58

日本でもおなじみの唐辛子と鶏肉の炒め。。お酒がとってもすすむ君。

2013-05-04 19.09.16

米の粉で作った麺は普通に美味しい。。。

2013-05-04 19.09.20

豚肉のスペアリブ。。。しっかりした味付けが特徴。。辛いけど美味しい。。

2013-05-04 19.12.32

中国野菜の炒め。。こちらは葉野菜を生で食する習慣がないようである。

2013-05-04 19.12.13

ブロッコリーの炒めのトマトと玉子の炒め。どちらもサッパリとして口直しにぴったり。ビックリしたのはご飯は中国産のコシヒカリ。食味もよくてご飯の上におかずの乗せてモサモサ頂くと日本の丼のよう。

2013-05-04 19.09.29

中国のこんにゃくのようなものの炒め。。。食材がやっぱり豊富である。。朝には街中でとれたての野菜の行商が立ち並ぶ。。果物も毎朝食したがとっても甘くておいしい。

2013-05-04 20.07.08

お店は間接照明がしっかり効いていて大人な感じ。。。

2013-05-04 20.28.15

物価は日本よりも少し安い感じであるがオーストラリア産のイエローテイルワインが5000円と輸入品はかなり高いみたい。このあとライブハウスのようなところで2次会。。。中国人の友人たちとはじけまくる。。思っていたような反日感情は全くない。

翌日は早朝に朝ランをして屋台のような店で朝食。

2013-05-05 08.31.05

ジャガイモがたくさんこの時期取れるようで麺状にカットしたものを揚げたものや串に刺して焼いたものなどいろいろ。

2013-05-05 08.40.48

とりあえず麺を所望。鶏ガラ系に肉のミンチが入ってスープはスパイスいろいろの複雑なテイスト。。野菜もたっぷり入って結構はまる味加減。

2013-05-05 08.42.05

納西豚肉といって干した塩辛い豚肉を戻したものを炒めたもの。。パンケーキのようなものにはさんで食する。。あまり食べたことのない味なので興味津々。少数民族のナシ族料理と呼ばれるものらしい。

2013-05-05 08.37.52

麗江ババといわれるクレープのようなもの。地元では主食となっており薄く伸ばした生地が何層も重なっいて「千層餅」とも呼ばれている。小麦粉、卵、黒砂糖の甘いあんのバージョンとネギ、ハムなどが入った総菜風のあんのバージョンがある。

2013-05-05 11.38.23

昼は馬に乗って山道わたるハイキング。レンタル自転車のように気軽に馬をかりて移動が出来るのに驚く。昼ご飯は山の麓のほったて小屋でいただいた納西鍋。

2013-05-05 13.45.17

いろんな野菜に塩漬けした豚肉が入る。。唐辛子をつけていただく。。この料理もビールを大量に頂きながらでないと食せない。。オープンエアーの食堂がとてもここちよい。

2013-05-05 08.01.02

その日の晩ご飯は800年以上の歴史が残る麗江古城のレストラン。丘の上から街全体をのぞむ瓦屋根の広がる風景は素晴らしい。

2013-05-05 20.56.45

城というよりは小川沿いにある民家のあつまりのような街で、入り口には大きな水車があり、小さな溝みたいな川が流れていてその周りに商店が無数に立ち並ぶ。この地では景色のいいライブもある有名な麗江料理のお店。

2013-05-06 14.09.01

この地は植物の宝庫といわれ秋口には特に食材としてキノコがふんだんに使われるらしい。

2013-05-06 14.13.37

この日もオオシロアリタケ、ポルチーニのようなもの(ヤマドリタケ類)、マツタケ(この日はなし)などがいっぱい食材に使われていた。

2013-05-06 14.20.35

だいたい山菜、野菜、キノコを茹でたり炒めたりした料理が多いように感じる。。

2013-05-06 14.20.40

見た目はイマイチだけど美味しくて栄養満点。スペアリブの燻製もとても人気があるようである。

2013-05-05 19.55.43

野菜のたっぷり入ったスープもとっても美味しい。。。滋味深くて五臓六腑に沁み渡る味加減である。

2013-05-05 19.50.30

どれもがヘルシーでローカロリーな食事となっている。。ホントどれもが身体に良さそうな感じ。

2013-05-05 20.01.12

納西豆腐の煮込みは辛味でちょっと酸味があり。白いご飯と一緒に食す。

2013-05-05 18.10.41

店を出ても街中が屋台のようになっているのでお腹いっぱいだけど片っ端からいろんなものを食す。

2013-05-05 21.10.43

パイ生地の間に粒の細かい小豆のような餡が薄く入っているお菓子やヨーグルト系の甘いドリンクなどお腹がはち切れそうになるくらいこの日はいろんなものを食べた。
                                   続く・・・

カテゴリー 海外, 中華料理 |

ヤンゴン食遊記②

旅行中死ぬほど飲んだミヤンマービール。かなり口に合う。。そんなに苦くもなくアサヒスーパードライにかなり似たような感じ。

毎朝ランニングをする。。大阪マラソンでの足のダメージが厳しいが町並みを見ながら走るととても快適。

この日は朝からマーケットを視察する。宝石がこの国の一大産地でいろんなものが安いと思われる価格で売られている。私たちは街のはずれの魚市場を案内いただく。かなりいろんな魚が扱われていて海老などの甲殻類は横でオバサンが一生懸命からを見いてむき身にする。

鯵や太刀魚、その他イシモチのようなものが所狭しと床に並べられそこから段ボール箱に氷を敷き詰めてパッキングされる。

その後はシャン料理と言われるビルマ料理に比べるとさっぱりした民族料理レストランに行く。この店はす魚料理が中心で店頭に氷につめられた魚介類が並びそれを調理してもらう。基本的に川魚が多いようである。

私の好きな海老・蟹もいろいろあって楽しい。ブラックタイガーからロブスター、手長海老までいろんな種類の海老が並ぶ。

日本でたまに見る高級魚のハタなどもたくさん並ぶ。大きな水槽には生きたシャコや海老、魚がわんさか泳ぐ。これは少し割高のようだがどちらにしても安いので好きなものを好きなだけ注文する。

海老を数種類と貝を3種類、イカや泳いでいるハタも刺身で所望する。

まずは巨大ブラックタイガーの揚げ物。。ニンニクチップの香りがとても香ばしい。。ビールがとてもすすむ君。。パリパリしてとても美味しい。

数種類の大きな海老を会わせてスパイスで炒めたもの。。これは絶品。。火入れもかなり丁寧で身も柔か。風邪が吹き込む食堂の造りなんだけどとても料理は上質。

日本でいうマテ貝の炒め。。コリコリしてとっても美味しい。。カレー味がとても口に合う。

そしてメインの赤ハタの刺身。。いわゆる関西ではアカッポと呼ばれる超高級魚。。2キロくらいのかなり大きなサイズ。。脂のある白身でかなり美味しい。。

テーブルにはキッコーマン醤油と韓国製の生わさび。全く問題はない。

魚のアラはスープにして頂く。。身はフワフワで酒蒸しのような感じ。。ミヤンマーに来て一番旨いと思った料理である。

デザートはこんな感じ。。人参があるのが面白い。かなり甘くて美味しい。。

帰りは自家製のバナナの皮で作ったまんじゅうを試食。この国の人は本当にフレンドリー。。。いくらでも食べろ食べろと言ってくれる。この後JETROのヤンゴン事務所海外投資アドバイザーの山口哲氏と面談しこの地の現在の状況をブリーフィングいただく。

その後に山口氏おすすめの日本食レストランを訪問。タイで何十店舗もやっているお店でミヤンマー初進出らしい。かなりお金のかかったデザインの入ったお店。

ディスプレーはこんな感じ。お客単価は1200円くらい。ミヤンマー人は基本お酒を飲まないので定食が受けるらしい。

お刺身や焼き魚などが入った定食800円なり。その横はカリフォルニアロール。お店の席数150席。料理士は4名くらい。奇麗な服装でマスクをし衛生管理もかなり行き届いているのに驚く。日本人のオーナーはタイ人の奥さんをもらって展開しているらしい。。

ざるそばは乾麺。。普通に美味しい。。いろいろと参考になった。。この店がヤンゴンでの日本料理のベンチマーク店に成子とは理解出来た。

その後立て続けにヤンゴンで十数店舗展開するローストダックの店にいく。この店も200席以上ある大型店で満員なのに驚く。

主力商品のローストダックは北京ダックとは違って焼いているだけ。。身も皮も一緒に頂く。。そんなに旨いとは感じなかったがミヤンマーの人はこれが大好きらしい。

その他にもいろんな中華料理を所望する。。。特段変わったこともないんだけど人に暖かみがあってすべての料理がおいしく感じる。初めて訪れる国なのにふるさとに帰ったよう。。

その他にもいろいろ頂いたが日本に帰ってからカメラを失くしてしまい友人が撮った写真での報告となる。ガイドと次回の再会を約束して帰国する。



カテゴリー 海外, その他料理 |

ヤンゴン食遊記

大阪マラソンを走ったあとすぐに飛行機に飛び乗りミヤンマーの首都ヤンゴンに視察旅行。

今アジアでもっとも熱いと言われる国であるミヤンマーに出発。韓国インチョン経由で韓国から6時間くらい。夜遅くに到着したのでその日は早く寝て翌日から観光。午前中はガイドと共にミヤンマーの人たちの心のよりどころの金ぴかのお寺を見学「シュエダゴンパゴダ」というモスク風の建物はすべてミヤンマーの人たちの寄進で建てられる。

約2500年前に建てられたというヤンゴン最大のお寺シュエダゴンパゴダは、高さ98メートルで全体を金箔に身を包み、シングッタヤの丘にそびえ立つ。パゴダ上部には6000個を越えるルビーやダイヤモンドなどの宝石が散りばめられ、ダイヤは総合計2000カラットを越えると言われている。

ミャンマー人にとってはまさに聖地で市民だけでなく地方から来た人々でいつもにぎわっているらしい。過去に巨大台風でその宝石が剥がれたときもすべて届けられて一つも紛失していなかったと聞き及ぶ。携帯電話なども落とした場合も必ず届けられるらしい。

ミャンマーの人々は信心深く、お参りする人の姿が絶えない。。この日は祝日だったそうで10万人がお参りに来るらしい。5戒というものがあり「嘘をつかない」「人のものを盗まない」「酒を飲まない」「生き物を殺さない」「不倫しない」。。

昼ご飯はミヤンマー料理。現地の人が行く食堂で6人でいろいろ食べる。

ミャンマー料理は脂っこく、味も濃いので、体調を崩しやすいと聞く。メニューは、揚げ物、煮込みもの、和え物、麺類、炒め物、スープなどが中心。ご飯といろんなおかずを混ぜて食べる(ご飯の上にのせる)のが一般的のようです。 テーブルに並べられてたおかずを自分の好みでご飯の上にのせて混ぜて食べることで辛さも和らぐ。

写真はロブスターのカレー。。。そんなに辛くはない。身はプリプリ。。。こんなの大好き。

野菜や豆や海藻を炊き込んだもの。。。そんなにクセはないが食べつけないのと油分であんまり食は進まない。これでビールを入れて一人120円くらいの予算。

夜はまずはお酒が飲めるインド人街で屋台の食事。いわゆるファーストフード。。って感じか。蟹を揚げたものや野菜のかき揚げみたいなもの。。片っ端から食すがかなりイケル。

フルーツもたくさん並ぶ。この時期は西瓜が旬と聞き及ぶ。この国は野菜などすべての畑や田んぼに農薬を使う習慣がない。だから野菜やフルーツの形がとても悪い。。

食すとバリ旨。。。こんな美味しいフルーツは食べたことがない。しかも激安。初日の朝ランニングをする。走り終わって屋台で西瓜を食す。気がつくとお金を持って来るのを忘れる。西瓜売りの兄さん代金をただにしてくれる。しかもその上記念撮影。

この国の人の良さは世界最高レベルである。国民全員に仏が宿る。旅行中に民族衣装のスカートを買って着ていると多くの人が着付けを直しにきてくれる。敬虔な仏教とが多いため控えめだがとても優しい。数えきれないくらい親切にされた。道で騒ぐ人は全くいない。。。まるで明治時代の日本人のよう。

ガイドの説明も超丁寧。。。。

一見不衛生に見えるかき揚げもビールにぴったり。。。バリバリ食してしまう。。。

衣をつけない串カツみたいなもの。かなり油ギッシュ。。。これはさすがに手が出なかった。。

巨大なシャコも素揚げにして食す。写真ではわかんないが30センチはゆうにある。屋台に座ると皆がかまってくれる。あれ食べろこれだどうだととっても親切。。グラスも何度もペーパータオルで拭いてくれる。

ヤンゴンウイスキーは小さい瓶のサイズで80円くらい。。驚愕の価格。。味はわからん。。

店前に魚介や鶏肉や豚肉、すり身やウズラの玉子が串に刺されていてそれをいろいろ選んで焼いてもらう。鮮度も悪くなくリーズナブルで楽しくてかなりいい感じである。焼き方も国民気質を表していて丁寧である。

道行く車やバスは数十年前の日本の中古車が中心。公用語はビルマ語だけど初等教育から英語は必須科目となっていてよく通じる。教育水準が高く、日本語を学ぶ学生も多いと聞く。

その後はガイドおすすめの北朝鮮国営レストラン「平壌」

生まれて初めて食す平壌ビール。。焼き肉とキャベツが思いっきり入った風月のお好みのようなチジミ、オーストラリア牛をつかった巨大ユッケなどその他キムチや見たことのないような料理が並ぶ。料理は撮影禁止とのこと。あまり旨くはない。。客は韓国人の団体が中心。

かなり奇麗なウエイトレスが服を着替えてショーに出演。これは写真をとってもいいと言われた。日本語の曲からアメリカのロックまでエレキを弾きながら歌い踊りまくりの美女軍団。。この店は飲み物込みで一人2500円くらいの高級店なり。

この後はマッサージで旅の疲れを癒す。。

 


カテゴリー 海外, その他料理 |
20 / 40« 先頭...2021...40...最後 »