淀屋橋

リーガロイヤルホテル試食会

4月に表記のホテルで行なわれる600人規模のパーティーの食事の試食検討会にお招きいただき相伴させていただく。大阪市内のホテルで頂くパーティー料理のなかでもこちらのものはどの高級ホテルよりもワンランク以上秀でていると個人的には評価している。

今回は献立が2つのパターンがあり料金はともに8000円でこちらのホテルの着席フルサービスでは最安値のものと思われる。前菜・スープ・魚料理・肉料理・デセールのフルコースを2種類食べ分けるという珍しい会食となる。

総料理長の太田昌利氏が料理の説明をされたあとで早速試食を行なう。

2017-03-14 20.03.49

アントレはオマール海老のクレームスフレの下に紅ズワイ蟹のジュレを敷いたもの。キャビアとレッドオニオンが添えられる。よく頂くものはオマール海老とホタテをあわせてふんわりと焼き上げたものだけどこれはムース状に処理されていてこれはこれで海老の味がしっかりとして個人的には大好きな味。

もう一方は低温調理をしたノルウエーサーモンの下にビネガーを効かせた野菜を敷いたもの。サーモンの上にはイクラとタピオカが添えられる。サーモンの塩分が立っていて皿全体がきりっとした味わい。

2017-03-14 20.04.11

スープはクリームスープが2種類。黄色い方が南瓜のクリームスープ。濃い方が7種類の野菜が入ったガルビュール。ガルビュールはフランスの田舎風スープで鴨肉が入ったものを現地で何度か頂いたことがあったが全く異なる味わい。宴会料理で廉価なものだとこんなものかと納得。添えられるパンは変わらぬおいしさでいつも食べ過ぎてしまう。

2017-03-14 20.04.23

ポアゾンは真鯛の蒸気蒸しに酸味を効かせた野菜と柚子風味のソース。和のエッセンスが入ってはいるが酢の使い方は完全にフレンチでしっかりとエッジの立った味になっている。廉価な白ワインと一緒にいただくと味わいの変化があって面白い。

もう一皿はトウモロコシの粉で作るポレンタを敷いた上に皮目をしっかりと焼き込んだ甘鯛のポワレを盛りつけたものをチョリソーのソースで頂くといったもの。チョリソーのトマトソースはイタリアンでよく頂くが黄色のものは初めて。ポレンタもそうであるがフレンチにイタリアン食材を合わせる献立は最近よく見受けられる。

2017-03-14 20.04.51

ヴィヤンドはローストビーフにマデラソースをかけたリーガロイヤルホテルの看板商品とうすい豆・白インゲン・かぼちゃのピュレの上に載せた牛肉のグリエに牛蒡のソースを合わせた和のテイストの2種類。肉は双方ともオーストラリア産だけど柔らかくしっとりと仕上げられているのはさすがとしか言いようがない。調理技術のレベルの高さにビックリ。。

2017-03-14 20.05.05

デセールも大満足。ナッツ風味のチョコケーキにカシスとパッションフルーツのソースをかけたものとフロマージュ・ブラン(チーズケーキ)と蜂蜜のマリアージュに柑橘系のジュレをあわせたもの。ビジュアルも美しくこちらのホテルの矜持を見せつけられた気がした。

こちらの料飲部門はどちらも廉価な商品でも客に一定の満足感をきちんと提供される。これがまさに本物のプロフェッショナルの仕事で飲食店経営者としては見習うところが多い・・・・いい勉強になりました。。


カテゴリー 肥後橋, 淀屋橋, フレンチ |

大衆酒場さわ村

週末でひと気がない肥後橋界隈で常に満席状態を誇る表記の大衆居酒屋を訪問。
この日も時分時で当然のことながら満席だったが親切な客が席を譲っていただいた。
お酒はすべて380円で最強コスパで近隣のお勤め客でいつも賑わう。客層は女性グループと40代の常連が中心。

ビールとともに名物のおでんを所望。どれもが120円から200円くらいのものばかりなのが嬉しい。

2016-01-30 19.57.21

しっかり味の浸みた大きな大根とスジ肉、厚揚げとこんにゃく。どれもが安心の予想通りのいい味加減。食べやすいように包丁目を入れてくれているのも嬉しい。

2016-01-30 20.19.38

続いてじゃがいもとちくわ。。まさに王道の美味しさ。席が空いたらすぐに次の客が入ってくる。まさに安くて美味しい庶民の憩いの酒場。

2016-01-30 20.04.00

寒かったので菊正宗の熱燗を所望。銀のちろりでいただくと身体がぽかぽかする。一緒に注文したなまこ酢580円もボリュームたっぷり。メニューもおでんの他に焼き物、酢の物、刺身、寿司とバラエティーに富みまくる。そのすべてが380円、480円、580円なので財布にも優しい。

2016-01-30 20.47.34

卵とごぼ天とソーセージを追加。燗酒とおでんってどうしてこんなに相性がいいのだろうといつも不思議に思う。多分双方が同じくらいの温度なので味蕾が同調するのであろう。おでんが上品でないのがいいのであろう。本醸造酒は軽く温めると1.5倍は美味しくなる。。

2016-01-30 20.23.24

鱈白子焼きも燗酒にドンピシャ。普通のものが普通に美味しいことが幸せである。

2016-01-30 21.08.15

烏賊げそ塩焼きも380円。新鮮なので臭みなどは全くない。美味しい酒と美味しいアテが安く楽しめるので連日満員も納得である。

2016-01-30 20.42.54

横の客が寿司を注文しまくっているので同じように所望する。しっかり炊き込まれてフワフワの穴子、食べやすく包丁目が入った塩でいただく生蛸、泉州の鯖、イクラ。どれも居酒屋のレベルではないのでビックリ。

2016-01-30 21.17.27

最後は紫蘇巻と穴子巻でフィニッシュ。今日もよく食べて飲みました。会社帰りのチョイ飲みにぴったりだな。ハートフルな雰囲気があるので心も温まります。場所は肥後橋と淀屋橋の間くらい・・・ごちそうさまでした。。

大阪市中央区道修町4-7-1
11:00-15:00
17:00-23:30
定休日日曜日


カテゴリー 肥後橋, 淀屋橋, 居酒屋 |

串あげ旬s 淀屋橋店(シュンズ)

地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅南側出口より直結の淀屋橋odonaの地下にある串カツ専門店。こちらのビルも時代の流れとともに飲食店舗が新しく出来ては潰れを繰り返している。インディアンカレーとスターバックスが繁盛しているがその他の店はあまり活気がないように感じた。

淀屋橋で会合があったのでその前に店舗前に巨大な海老がそそり立つ「海老カツ丼」(税別980円)のポップを発見したので迷わず訪問。

2015-10-03 12.36.51

しばらくすると丼登場。そそり立つ大きな海老が印象的。まさにピンコ立ち。海老は衣サクサク。一口食べて巨大な海老に見せるスーパーテクニックに感心・・・期待はずれ感と胸焼けを土産に静かに店を出る。青くて高い秋空をみてこの日のことを忘れることにした。

大阪市中央区今橋4-1-1 odonaB1
06-6223-2228

串あげ旬s 淀屋橋店串揚げ / 淀屋橋駅肥後橋駅大江橋駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


カテゴリー 淀屋橋, 串料理 |
1 / 1012...最後 »