焼肉

にくぞう

休日に明日香村にランニング練習に行った帰りに橿原神宮前駅近くに位置する表記のフィレ肉専門店を訪問する。内装はウッディーな焼肉店な感じなんだけどこちらのお店はフィレ肉のみで勝負という希少業態。

数少ないメニューはフィレ肉は国産牛の交雑種300gが8500円。和牛フィレ肉300gが12000円。シャトーブリアンが15000円という値付け。これらにキムチや焼き野菜、ご飯、デザートなどがつく。

この日は交雑種と和牛フィレの食べ比べと厚切り牛タン2000円を所望する。

包丁目の入ったタンは女性スタッフさんが丁寧に焼き込んで包丁でカットして提供いただける。紀州南高梅のはちみつ梅干しは一緒に焼きこまれて梅醤油にして薬味としていただく。

続いてフィレ肉登場。交雑種は脂も少なくあっさりした食味。シルキーで口の中で解けるような感じ。和牛は肉の味もしっかりと感じられるけど個人的には交雑の方が好み。

最初は岩塩でいただいて続いてはおろしポン酢でさっぱりと、最後に焼いた紀州南高梅を潰してわさび醤油と合わせていただく。肉がさらにさっぱりといただける。

3種のジェラートと杏仁豆腐のデセールでフィニッシュ。運動後の疲れた体にいいタンパク質をチャージできました。。。

詳しくはこちら

奈良県橿原市久米町860-3
毎週水曜日休み


カテゴリー 奈良県, 焼肉 |

yakiniku yazawa

現在ホーチミンで予約の取れない焼肉店として有名な表記の店を訪問。ファザードは塀に囲まれていて飲食店とは思えない作り。前栽を通って中に入るとバーカウンターがありアペリテフや食後酒を楽しむことができる。

ホーチミン以外にも東京、シンガポールに店舗がありどこも超繁盛とのこと。こちらのお店がアラカルトの他お任せコースがあり7000円、10000円、13000円の3コースとなっている。

カウンターでスタイリッシュなオープンキッチンを見ながらの食事もいいらしい。

日本酒もたくさんの銘柄があり様々な酒器でいただくことができる。

まずは塩タン。タン元を使用。肉はすべて日本からチルドで輸入。検疫だけで3日間かかると言っていた。

名物のyazawa焼きは薄切りのサーロインをさっと炙って現地のとろろ芋に卵黄と出汁を混ぜたタレにつけていただくもの。ひとり一切れだけどこれだけ10切れくらいいただきたくなるくらいあっさりさっぱりして美味しい。

そのほかの焼肉は様々な部位を角切りにしたもの、外ももとランプ肉、タレ焼きは巻きロースといちぼでフィニッシュ。全て1枚ずつでお店の方が最初から最後までお世話していただけます。スタッフの気配りも抜群でした。ベトナム人の富裕層だけでなく日本人の会社員グループがワインを飲みながら楽しまれていました。日本でもいただけないくらいのいいお店でした。


カテゴリー 海外, 焼肉 |

かどや 7月

あべのキューズモールの横にあるカウンター11席の表記の一人焼き肉店を訪問。いつものように上焼き肉盛り1500円を所望。肉の質の割にリーズナブルな価格なので昼夜問わずいつも満席。あべの再開発前にあべの銀座という商店街でされていた40年前頃からずっと通っている。当時若かった店主も今はかなりの年齢。

注文を受けてあらかじめカットされた肉を皿に盛り付けるのはご主人の仕事で奥さんはドリンクと会計の担当。

毎度変らない盛り合わせの内容は比較的厚くカットされた肉5種(「タン」「バラ」「ロース」「ハラミ」「上ミノ」が2切れずつ)とキャベツ。タレは少しニンニクの入った辛口の醤油系。このたれが美味しくてハマっている。

糖質制限中なのでご飯は食べないけど熱々のご飯との相性はぴったり。テレビを見ながらの一人焼肉は最高のリラクゼーション。お酒も進みまくっていい晩ご飯になりました。

過去のかどやはこちら

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 ヴィアあべのウォーク1F
06-6641-6611
11:30〜13:00 17:30〜21:00

 


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 焼肉 |
1 / 8012...20...最後 »