焼肉

うのう 西田辺店

鶴ヶ丘でマッサージをした帰りに表記の焼肉店を訪問。お店は一見少しアッパーな感じなんだけどコスパがいいと評判。西成の玉出にある本店と阿倍野にも店がある。

この日オススメの和牛のマルシン1480円、厚切りサーロイン1600円、上ミノ黒胡椒焼き梅肉ポン酢900円を所望する。黒い大きな皿でかっこいい盛り付け。全て塩焼きで供される。サーロインは刻みワサビで胡椒のかかった柔らかい上ミノは梅ポン酢でさっぱりといただける。

いつもの様にナムル盛り合わせとチシャも注文。京都産の大きなエリンギ380円はバター醤油でいただく。お酒が少し残ったのでチャンジャクリームチーズ420円を所望。クリームチーズとの相性はもとよりコリコリとした食感がとてもいい。

居心地も良くてスタッフさんの接遇もとても丁寧。。ごちそうさまでした・・・

大阪市阿倍野区西田辺町2-1-25


カテゴリー 鶴ヶ丘, 西田辺, 焼肉 |

ウルフギャングステーキハウス大阪 1月

大阪駅のルクアイーレ10階にある表記のステーキハウスを訪問。11月に友人と行ってロブスターがとても美味しかったので一番大きなものをと事前にリクエストする。

エビ好きなので大きくて生きているエビカニを見るととてもテンションが上がる。これをロースとかスチームか選べるんだけど当然のことながらスチームでいただく。

溶かしバターにつけてプリプリの巨大な身をいただくと至福の時間となる。頭の味噌も香ばしくてとても贅沢な味わい。外国に行けばよくいただくんだけど日本のレストランでこのサイズのロブスターはあまり見かけない。

肉はシグニチャーの熟成アンガス牛のTボーンステーキ。フィレ肉とサーロインが一度に楽しむことができる。

和牛の様に脂がいっぱいではないのでとても食べやすい。表面はカリカリの食感で中はレアな感じ。熟成されているので肉の旨味もしっかり感じることができる・糖質制限中なんだけどマッシュポテトも少しいただいた。

食事の前にB2のバルチカのワイン売り場で一人シャンパンを楽しむ。気がつけば1時間経過。携帯を触りながらぼんやりと過ごすこんな時間もたまにはいい。

前回のウルフギャングはこちら


カテゴリー 梅田/JR大阪, 焼肉, その他料理, レストラン |

生ホルモン処 おさむちゃん 12月

大阪で今もっとも予約が取りにくいと言われる堺の表記の焼肉店を友人に誘っていただき訪問する。JR阪和線鳳駅から徒歩30分というかなり辺鄙な場所に位置する。なんとも言えないパンクな店構えが素敵。この日は16時半からの予約で明るいうちからの晩御飯。

メニューは毎回店主のおさむちゃんのお任せ。

キムチの盛り合わせはイチゴ、アボガド、玉蜀黍、トマト、胡瓜、白菜、クリームチーズ、胡桃など創意工夫に富んだものばかり。座付にはとろみのある生姜の効いたスープで身体を温める。

最初に米沢牛のヒウチ肉。A5のマーブリング12の最高級ランクのもの。これをまず最初はバーナーで丸ごと炙って叩きで食す。

続いての米沢牛のタンも固まりに包丁をして丸ごと焼き上げる。一切ずつ生、梅醤油、山葵、梅山葵と味変をしながら楽しむ。最後に出てきた味噌ダレ焼きも秀逸なり。

見ただけで上質とわかるフィレ肉も軽く表面を炙って醤油だれで供される。

和牛のツラミも噛めば噛むほど味が出る。おさむちゃんの繰り出すギャグを聞きながらずっと大笑いしながら肉を食す。

米沢牛のはらみ肉登場。。和牛のはらみでも入荷が困難であるのにこのレベルの仕入れは奇跡としか言いようがない。

炊きたてのご飯の上に乗せて供される。。美味くない訳が無い・・・・・

ヒウチ肉を軽く炙ったものを卵醤油の甘めのタレにくぐらせてご飯の上に乗せていただく。これは今まで経験した中ででいちばんご飯に合う焼肉であると確信する。。

超分厚い和牛のテッチャン。。口溶けも良くてあっさりと食べることができる。

最後にレバー焼き。。全く癖も感じない。。かなり新鮮と思われる。  

最後は辛口のたまごスープで締め。。まさにおさむちゃん劇場で2時間半があっという間に過ぎてしまう。膨満感もなく気持ちよく店を出る。細やかな気配りもあって人気の理由がよくわかる名店です。。会計は飲んで一人1万円くらい。。

1日3回転の超繁盛店なんだけど予約は半年待ちとのことです・・・

堺市西区鳳北町8-33-4
080-5322-0036


カテゴリー 堺市, 焼肉 |
1 / 7412...20...最後 »