焼肉

北新地 はらみ

最近は予約が取れないと言われる表記の店をコンサルの友人と訪問。特徴ある入り口から中に入ると1階にカウンター8席2階と3階にもテーブル席が配置。当然カウンター席が特等席らしい。

目の前には塊肉が美味しそうに立ち並ぶ。

こちらのお店をマネジメントされるのは大阪老舗イタリアン「ポンテベッキオ本店」でシェフを務めた服部さん。これまでの焼き肉店にはなかった高級感を演出したいと言っておられた。

コースもあるけどこの日は好きなものだけをアラカルトで所望する。

まずは突き出しがわりのハラミとキャビアのスプーン1200円。
ハラミを使用したのタルタルにたっぷりのキャビアと金粉が載せられる。

ハラミユッケ風トリュフ添え1800円

黒毛和牛のハラミに、高級卵「龍の卵」とトリュフをあしらえたもの。トリュフの香りと卵の甘みと肉の旨味が相まってとても美味しい。

特上タン2200円は霜降りのタン元部分を厚切りでいただく。食べ応えもあって噛むとジュンと肉の脂がほとばしる。

特上ハラミは焼く前にプレゼンテーションされる。200gで6400円からというハイパープライス。サガリ部分もあったので食べ比べをさせていただく。

両方とも牛の横隔膜部分でホルモンの扱いだけどいまや希少部位となっている。ハラミのほうが脂の量は多く、旨みがあり、濃い味のような気がする。サガリ部分は旨みがありながらあっさりしてとても食べやすい。塩やトリュフの入った黄でいただく。

口休めのナムルやキムチも上質。

オススメの豚肉のハラミも追加していただく。これは初めていただいた。。価格も北新地なので上質。。。ごちそうさまでした・・・

大阪市北区曽根崎新地1丁目11番5号
電話番号 06-6341-4118
営業時間 17:30~翌3:00
定休日 年中無休


カテゴリー 梅田/JR大阪, 焼肉 |

味よし 2月

弊社近くの表記のローカル焼肉店にて幹部社員君と仕事の帰りに会食。地元では有名なお店で黒毛和牛を廉価で提供する。

母と娘の家族経営で接客の暖かさもご馳走の一つ。美人女性店主がつくる韓国総菜がおいしい事でも有名。

辺鄙な東加賀屋と言うところの裏通りにあるけど店はいつも満席。アベックからファミリーまであらゆる客層が訪れる。全て炭焼き仕様で掘りごたつの席と普通のテーブル席がある。2階は座敷があって団体客にも対応。。

この日は寒かったのでいつもの焼肉ではなくて「テッチャン鍋」を所望する。

完璧な美味しさのナムルと突き出しの手作り感満載のポテサラとスジ肉と大根の煮込み。こう言った普通のものが普通以上に美味しいのがとても嬉しい。

チジミは野菜だけなんだけどかぼちゃと蓮根のしゃりしゃりした食感と生地のパリパリ感がとても口に会う。このチジミもこちらのお店では必食なり。

上ミノの湯引きはかなりの肉厚。食べ応えもありながらとても柔らかい。。

テッチャン鍋にセンマイとハラミ肉をトッピングしてもらう。グツグツと煮込まれている間に鍋から漂う香りで酎ハイが2杯飲める。

甘くて辛くてなんとも言えない深い旨みに無言でムシャムシャ食べまくってしまう。肉も野菜も豆腐も突き抜けた美味しさ。。〆のご飯が満腹で入らなかったことが後悔・・・・次回は食事を抜いてリベンジなり。。

日曜日の昼間に某定食屋に行ったら知り合いのホステスさんが出勤帰りで泥酔のまま眼を開けたまま寝ているのを発見。。。初めて見るすごい特技にびっくり。。この技を習得すると色々便利だろうなと思った早春の候。

*念のため写真掲載の許可はいただいております

過去の味よしはこちら

大阪市住之江区東加賀屋4-7-12
06-6686-722


カテゴリー 北加賀屋, 住吉大社, 韓国料理, 焼肉 |

つるやⅡ

天王寺北口の昭和の香り満点の阪和商店街にある表記の店を立命館の現役学生と訪問。店はどよーんとした空気が流れていて、煙もくもくで席数8の極狭店だけどいつも常連で満席。この店に寄ってから帰るという帰宅ルートになっている客が多い。毎日来ているのであろうか毎回会う客がいるのも面白い。

席の後ろ全面が引き戸になっている。外から見て客がいないところの引き戸を開けて入店する。

新鮮なミノ湯引きとビールでスタート。。とても柔らかくて癖は全くない。。店が狭いので客同士がすぐに仲良くなる。

生センマイも必食。。丁寧に処理しているのでとても綺麗。。今年で36年になるこちらの店はヨネスケ師匠そっくりの店主のケンちゃんの人柄とホルモンをはじめとする肉の新鮮さが客を呼びまくる

とても柔らかいハラミ。全てレア気味に焼くのがこの店の特徴。ニンニクの効いたタレが絶品でコチジャンを入れるとより味が深くなる。ドリンクは客のほとんどがカボス酎ハイを頼む。

塩タンもプリプリでとてもいい。ディープな店なんだけど若い女性客もたまにいるのが面白い。。テレビのニュースを見ながら客同士が時事ネタで盛り上がる。。ケンちゃん(ご主人)も一緒に飲みながら世間話をする。

手羽も炭火でしっかりと焼き上げて皮はパリパリに仕上げる。。。カボスチュウハイがどんどん進みまくる。

これ以外に脂乗りまくりのバラとコリコリのアカセンをいただく。。。。

最後は炭焼きシャウエッセンで〆。好きなだけ食べて好きに喋って飲んでサクッと帰るのがこの店の流儀。この店の客は半分くらいお釣りを取らない。。。心が温まるいい隠れ家です。。。

過去のつるやⅡはこちら

大阪市天王寺区堀越町15-5
営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜日


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 串料理, 焼肉 |
2 / 65« 先頭...23...20...最後 »