焼肉

高麗園 豊中曽根店

阪急曽根駅徒歩10分にある表記の老舗焼肉店を後輩4人と訪問。国道176沿いに位置する。半地下の店は全てボックス席の個室仕様となっているので内緒の話をするのにぴったり。

最初は上タンの厚切りとオススメのクリというウデサンカクとも言われる部分の肉を所望する。柔らかい赤身肉なんだけど小さくサシも入っていて塩でいただくととても味わい深い。

続いてランプ肉のいちぼとカルビ肉のかいのみも塩でいただく。。

続いて上ハラミ、上ロースをタレでいただく。。。皆でワイワイとつまらない内容の話をしながらの食事はとても楽しい。。

上カルビは脂乗りまくりで真っ白けのけ・・・

スタッフさんオススメのカルビのすき焼きはさっぱりとしてとても食べやすい。。ダイエット中なので全て控えめにいただく。。

丸腸と上ミノ。。つけだれがポン酢とニンニクダレと味噌だれの3種となっていてそれぞれをつけわけることで味変が楽しめる。お腹いっぱいで店を出る。。会計もとても良心的。。。

豊中市曽根東町2-12-13


カテゴリー 豊中市, 焼肉 |

焼肉やっちゃん

大阪城公園にある「いずみホール」でクラッシックコンサートを聴いた帰りに表記の店で一人焼肉。JR京橋駅徒歩1分に位置する。関西焼肉の女王「いかりん」のオススメのお店として有名。こちら以外にも野田や十三にも支店がある。

カウンター13席だけなんだけどちょうど1席の空きがありそこに案内いただく。

メニューは
※全て1人前が200グラム(他の店の3倍くらいの量あり・・・)
1人前2,200円 ハーフ1,100円
上タン塩(レモン)
上ハラミ(ワサビ醤油・タレ)
上バラ(ワサビ醤油・タレ)
上ロース(ワサビ醤油・タレ)

1人前1,400円 ハーフ700円
上ミノ(タレ・塩)
テッチャン(タレ・塩)
ツラミ(タレ・塩)
ココロ(タレ・塩)
ホルモンミックス(タレ・塩)

初めてなので何を食べればいいか迷っていると店主のやっちゃんが上タンと上ハラミを勧めてくれたので言われた通りに注文する。

分厚くカットされた生でも食べれるというタン元は脂がたっぷり。(写真はハーフサイズの100g)言われる通りサッと炙るだけでいただくと咥内で肉汁の旨味がほとばしる。。片面に包丁が入っているために歯切れもとてもよくしっかり肉を食べてる感に大満足。

ハーフサイズのハラミ塩も超厚切り。これまたオーダー入ってからのカット。ちょっと甘めの醤油でいただく。
ありがちな臭みや癖は全くなく、レアでいただくと肉の旨味と香ばしさがよく感じられる。

さらに分厚くカットされるハラミタレ(ハーフサイズ)も大満足。しっかりと揉み込まれた肉をさっぱりとしたつけダレでいただく。

目配り気配り抜群の店主のやっちゃんは常連でも初めての客でもニコニコしながらフレンドリーに対応。。お客に喜んでもらおうというオーラが身体中から出まくっている。

お腹いっぱいになってきたけど最後はホルモン盛り合わせ。この日のオススメでコリコリのハート、脂たっぷりのてっちゃん、新鮮この上ないアカセンの3種盛り。ビジュアルだけでも美味しいことが見て取れる。

焼酎もたくさんいただいたので支払いは6000円くらいになったけど金額以上の価値はありました。次回は友人と一緒に訪問予定。

大阪府大阪市都島区東野田町3-1-3
090-4279-1864


カテゴリー 京橋, 焼肉 |

かど家 12月

長居のりらくるでマッサージをした後いつものように表記の店で一人焼肉。。最近はいただくものも固定化してきているので店員さんが座れば黙って持ってきてくれるようになった。

オススメの商品を聞くと丁寧に教えてくれるし和牛と外国の肉とをちゃんと区別して販売しているので用途によって注文の仕方を変えることができるのも嬉しい。大衆焼肉店なんだけど一定ののクオリティーをきちんと保たれているため最近ヘビーユースしている店の一つ。

いつものように和牛のリブロースを1枚150〜180gを所望。ナムル盛りとサンチュのサイドメニューもお約束。

網からはみ出すくらいの大きなサイズのリブロースは食べ応え満点。多分利益のないサービス商品なのであろう。表面だけ軽く炙ってサンチュでナムルと肉を巻いていただくととてもさっぱりしていくらでもいただける。

ドリンクはハイボールを2杯いただいて会計はいつも税込3500円。。

焼肉や脂の多い食事をした時はサンフランシスコ在住の美容の仕事をされている友人にいただいた「ALLI(アライ)」というサプリを飲むと40%の油が排出されるとのこと。愛用しています。

大阪市阿倍野区西田辺町2-1-22
営業時間 12:00〜14:00 17:00〜23:00

過去のかど家はこちら


カテゴリー 鶴ヶ丘, 長居, 焼肉 |
2 / 74« 先頭...23...20...最後 »