焼肉

ひだまり庵 12月

2度目のひだまり庵。

前回のコスパの良さに驚き再訪する。 近くのコインパーキングに停めて開口神社の境内を通って道路を挟んで向いがわ。

この日の朝10キロ走って。朝からカツサンドを食べて昼も肉食。。体調もすこぶる良い。

12時過ぎの訪問だが予想通り満席。しばし表で並ぶ。。。 我々の後ろにもたくさん行列が出来始める。。

店のお姉さん(じつは女将さんとあとで知る)が「ごめんなさい!お肉売り切れちゃいました」とのこと。。ちょうど私たちが最後の客となる。。後ろの客にすいません。。。と断って入店。

【ランチメニュー】 11:30~13:30

ローストビーフ丼  (並盛り)500円 みそ汁付     (間盛り)630円    (大盛り)750円

ステーキ丼     (並盛り)690円 みそ汁付き    (間盛り)840円    (大盛り)990円

以上のようになっているのだがこの日は12時20分にて受付終了。。 凄すぎ・・・・・・

11時半の開店と同時に入店するのが秘訣と家政婦もミタ。(イマイチ・・・) 私はステーキ丼間盛りを所望。

出てきた丼は強烈なビジュアル。どんだけ肉のってんねん。。。と思ったが店の奥さんが「大盛りはもっと強烈ですよ」と笑いながら言っていた。。次回チャレンジしようと心に誓う。

焼き加減は、絶妙なミディアムレア。炭の香ばしさもあって実に美味しい。旨みも肉汁もたっぷり。。聞いたところ和牛ではないが国産牛で200グラムくらい載せていると言っていた。。

多分儲けはないことと推察される。

調理担当の御主人も若く「私ら2人でやってるんでなかなか手が回らないんですよ~」と奥さんがいっていた。この方の接客は実に気持ちがいい。 多分人柄の良さが表れているのであろう。。

「また夜来るね」と挨拶をして前もいただいたAXEのボディーソープを頂戴して帰る。。 お腹いっぱい。。鼻から肉が出てきそうなボリュームの丼だった。。。

その日一日肉の余韻で楽しめた。。

堺市堺区甲斐町東3-1-13 072-222-1129


カテゴリー 堺市, どんぶり, 焼肉 |

焼肉萬野ホルモン舗 三休橋店

天王寺を中心に展開されている焼肉店の新店舗を視察がてら訪問。 ご案内いただいたようにこのお店は寿司屋のような感覚でホルモンやお肉を一切れずつの注文ができる「一切れ注文システム」を導入されている。

HPによるとホルモンだけでも30種類、牛肉の部位は80種類と聞き及ぶ。 お店は東急ハンズの裏ぐらいおしゃれなビルの一階。カウンター席と店の奥にテーブル席。

座ると七輪に炭をセット。

ビールで乾杯していろいろなものを一人づつお任せで出していただいた。

 

まずはナムルの盛り合わせ。キムチは苦手なのでパス。。。

最初のお肉はココロとハラミ筋、上ミノの盛り合わせ。タレどころか塩コショウもなしで素焼きでいただくのがお勧めと言われた。山葵漬けを乗せて醤油でどうぞと言われる。鮮度がいいために匂いや嫌な癖はほとんどない。

お肉はびわハラミという希少部分からいただく。。とても柔らかであっさりしている。。和牛のハラミは希少価値がありなかなか手に入らないと良く聞き及ぶ。

サーロインと腕の肉のくりみ。。これも一切れだけなのでペロッと食べてしまう。好きなものを好きなだけいただける仕組みに感心する。。お店の方の接客もとてもいい。

続いて上カルビとモモ肉。。。これもタレではなく素焼きで醤油でいただく。。。あっさりしいているのでいくらでもいただける。麦焼酎とぴったり。。。

まるちょうとハチノスはしっかり焼き込んでいただく。ホルモンには当然「マッコリ」飲みだすと止まらなくなってしまう。最近とくによく飲む。

最後はアゴ肉とコリコリという動脈部分をいただいてご馳走様。新しい業態店はいつも勉強になる。同伴者全員満足。お店は予約で満席続きと聞き及ぶ

大阪市中央区南船場3丁目3-1 BRAVI三休橋1F

焼肉萬野ホルモン舗 三休橋焼肉 / 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 焼肉 |

又三郎 10月

20年前に南住吉でよく通った焼肉屋があった。30過ぎのお姉ちゃんが調理と接客をやりながら表でかんてきを洗って・・・必死のパッチでやっている姿に心が動き、また黒毛和牛をストレートに出す焼肉店も当時あまりなかった記憶がある。ポイントカードのポイントをためて手作りアクセサリをゲットして喜んだ記憶がある。。

人の口と好みは移ろいやすくいつの間にか私のお気に入り焼肉店からはずれてしまっていた。ここ数年熟成肉の日本のパイオニアとして店主の荒井さんとこの店が専門誌や情報誌にしょっちゅう出ておられるのをみて本当に懐かしく嬉しく思っていた。

先日長居に移転したのも知らず偶然店の前を通りランチをいただく。昔通った小さなお店が立派になって有名になって垢ぬけたフレンチレストランのような内装と巨大な熟成庫、プロパティシエが作ったと思われるセンスのいいスイーツ、上品な器。焼肉店で見たことのないオープンキッチンあの店が・・・・と感じいった

親戚のおばちゃんが久しぶりに会って「あんたちょっと見ん間に大きくなって~。ほんま立派になりはったなあ。子供のころからよう知ってんねんで・・・」という会話を巷で聞くがまさにそんな思いがした。。

この日は長居公園でナイトラン10キロ。つるがおか温泉で汗を流しそのまま自転車で直行。

(HP写真より引用)

ここ3回目の訪問でやっと店主の荒井世津子さんの顔を10数年ぶりに見た時は涙が出そうになった。。 私の顔も名前も覚えていてくれた。。もちろん私も覚えているが。。。人柄の良さと人を引き付ける優しさは相変わらずでまた業界の成功者としての自信がもたらす風格がオーラとしてでまくっていた。

この日の私との雑談にも「10年以上は鳴かず飛ばずで飲食店をなめていました・・・・」「焼肉やったらだれでもできる思って当時始めたんですわ・・・」プライベートな話なども・・・私よりも年上だったのには驚いた。。せやけどここまでなるにはかなり苦労されたよう。。

まるで同窓会での旧友との再会のようであった。。 趣味のランニングを半年間やってきて「走った距離は嘘をつかない」というオリンピアンの野口みずきの言葉をいつも心に留めている。そんなことを考えながら「本当によかったね。。。」と心から言えた。。

前にも書いたように熟成肉を焼くのは全てお店の方の担当で出来あがりまで30分以上かかる。 その間に前菜をいただく。ナムル君と生レバーちゃん。。10月1日から法改正で生肉が出せなくなったとのことこれはしょうがない。。

生センマイとタン刺し。。これは生でもいいらしい。どちらも新しくおいしい。。 ワインはピノノワールのカレラを所望する。

箸やすめにトマトのサラダと大人の野菜サラダ(少しピリッとしていてワインと相性バッチリ)

そして登場の熟成肉。60日熟成の 土佐あかうしのリブロースと30日熟成黒毛和牛のヘレを200グラムずつ所望する。店主自ら一番いいところを切りつけていただいた。こんな気遣いがとてもうれしい。

肉を常温に戻すために炭火で表面だけ焼いてアルミで包む。。そして寝かす。。。

そのあと再び火を入れる。。。そしてまたまた寝かす。。。

最後に仕上げで焼きこむ。でもそんな長時間ではない。。 アルミで包んで余熱で仕上げて切りつける。。

肉にダメージを与えないように眠っている肉を起こさないように炭火の力を借りて優しく優しく火を入れる。何回かに分けて焼いては肉を休ませてその間にじんわりと火を入れる。そうすることでで、肉本来の柔らかさも肉汁も保たれる。やっぱ肉を美味しくするのも、 不味くするのも、焼きの技術にかかってくるなと感じた。

まずはヘレ肉。。熟成は赤身肉が合うこと再確認。旨み全開。。炸裂する後味の深さ。。肉汁も強烈。。

6週間熟成させた土佐牛のあかうしは、これまで食べたことの無い深い旨みと香りを纏っている。口に含むとミルキーでナッツのような香ばしさ。。。うまみ成分が凝縮した深い味わい。ホースラディッシュ(西洋わさび)と塩でいただく。醤油との相性もよし。。

熟成、厚切り、炭火焼と短角牛のあか牛が本当にいい相性となっている。ホテルで鉄板焼きはもう食せない身体になってしまう。

アメリカの高級ステーキハウスでいただく肉はコクとうまみが強くて一人で500グラムくらいぺろりといただける。その割に肉汁もいっぱいで後味もとてもいい。それは熟成の生と最近理解した肉のおいしさって科学的に分析すると脂と赤身のアミノ酸の旨みである。

たんぱく質が時間経過とともに分解され、アミノ酸がたっぷり増えた 状態なのであろう。 しかも、炭で焼くと、肉汁をたっぷり含んだまま香ばしくなっている。。

世の中にいい肉を提供する店はいくらでもある。それをさらにどうすればより美味しくなるかを必死で考えられ試行錯誤された姿が目に浮かぶ。。

肉の業界は実に保守的で様々なつらいことや嫌なことがいっぱいあったに違いないだろうと肉をほおばりながら考えていた。

サイドメニューのサラダ等も焼肉屋のレベルをとっくに超えている。ワインの価格も良心的。この日は2人で3本あけてしまった。

この店はもはや焼肉屋ではない肉料理を主力とした食の桃源郷である。

大阪市住吉区南住吉2-2-1(第2、3木曜日定休日)

HPはこちら


カテゴリー 長居, 焼肉 |
62 / 72« 先頭...20...6263...最後 »