焼肉

多牛 (福岡)

日曜日は早起きして長居公園を15キロ走る。。そっから帰ってシャワーして福岡に日帰り出張。社業のこれからの展開を相談しに飲食店コンサルでは100戦100勝の先生のもとに飛行機に乗ってゴー!。。。

私よりもずっと年下だが経験と理論に裏打ちされた説明に納得し通しであった。ホテルの喫茶で数時間話をして一緒に連れて行きたい店があるといわれ博多駅から徒歩10分の表記の焼肉店に向かう。16時半に予約の紙(客待ちリスト)に名前を記帳する。そして再び話をして17時半に再び店に出向く。。最近では珍しい予約システム。。。

簡単にいえば電話では予約はできないということ。店の前に並ばせたら近所迷惑になるということで苦肉の策であろう。開店直後に名前を呼ばれ返事しないと飛ばされるらしい。

無事に名前を呼ばれ大きな小上がりにあがって注文する。

こだわる所と、割り切る所がはっきりしてると聞いてはいたが客はみんな一斉に席につきいっせいに注文。店員さんも慣れたもので聞いたものを片っ端からどんどん出していく。最初から炭がいこった七輪と割り箸と紙おしぼりが超チープな四角いテーブルに乗っかっている・・・

名物の上カルビは1人2人前までで 追加は不可能らしい。しかも最後に出てくる。牛肉は全て黒毛和牛のA5クラスらしい。

ちなみにメニューは上カルビ490円、 上ロース、上ミノ、上ホルモン470円   上タン、ハラミ680円 上センマイ450円  黒豚肩ロース、トントロ450円 などでかなり絞り込んでいる。サイドメニューも焼野菜、キムチ262円  ビビンバ441円  スープ(玉子、ワカメ)各231円くらい。この価格は大阪では情熱ホルモンと同じくらい。」

飲み物は 瓶ビール472円 淡麗ジョッキ399円など。。

まず出てきたのは上ロース。これは伊万里牛とのこと、見た目同様に実に柔らかい。。炭火でさっと焼いて口に入れるとやはりとろける。。肉の甘みが満載。これが100グラムしっかり入って470円。

毎日仕入れる肉の種類は違うらしく、その日の最良の国産牛を仕入れているとのこと。

上センマイは半分は生で食す。鮮度と下ごしらえがいいために全く臭みもない。生ガキを食べている気分になる。

タンは並380円を所望。それでもこの内容。。見ただけで美味しいものであることがわかる。。

 

ハラミは玉ねぎの醤油漬けを巻いて食す。。これで680円なり。

上ホルモンは丸腸で甘い脂がたまらない。。この頃になると周りの視界不良となる。。煙モクモク。。換気扇一切なし。客は若い方が多いが煙モクモクの七輪囲んで皆幸せそう。。飲食店経営の原点ここにあり。。客が喜んでいる姿に経営者と従業員は喜ぶ。。この構図がなければ長続きしない。それだけ飲食店って見た目より大変。

接客も事前に聞いていたほど悪くはない。博多弁が心地よい。。。

そしてメインの上カルビ490円。上ロース470円よりは若干高価。肉全体にまんべんなく脂が入り,絵にも書けない美しさ。さっと炙れば意外にあっさり。脂もしつこくなく品のある味だった。。推定原価は700円とみた。大阪では1800円くらいの値付けが普通であろう

1人様2人前までというキャップがついた原価割れ商品。周りの客はみんな一人2人前注文しているよう。

飲食店の原価って3割程度と言われるが、和牛を扱う焼肉店は4割と聞き及ぶ。
だから焼肉店ではっきり言って儲かってるお店は少ないのが現状。この店の原価は推定7割とみた。経営構図を先生といろいろ話していると今後のわが社の進むべき方向を定める羅針盤となることに気づく。

こんな店をチェーンでやりたいですねえと話をしたが、飲食店は自分が調理含めた経験がなければ職人を雇わなければ、仕入れができず、この店であればお肉のカットもできない。人件費もたくさんかかってしまう。材料の肉の供給がすべてと言っても過言ではない。。これが簡単なようでなかなかうまくできない。

この店はまず価格設定から入り、若いお客さんが払える金額(2000円程度)を決めてその中で利益がでるギリギリラインまで上質の商品を提供する。時流がこの店を後押しする。。客目線で見ると夢のようなお店である。

久々に非常に刺激を受けたお店になった。

匂いのお持ち帰りをして新幹線に乗り帰阪する。

福岡市博多区博多駅南1-5-3

092-483-0329営業時間:17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:月曜日

 

焼肉 多牛 駅南店焼肉 / 博多駅東比恵駅


カテゴリー 九州地区, 焼肉 |

和泉野

日曜日クロスカントリー10キロレースは51分34秒で自分では上出来ちゃん。。850人中312番でした。俺って結構凄いと思いながらお楽しみの打ち上げに行く。。

クロスカントリー会場の信太山駐屯地の演習場から歩いて5分の焼肉店にレッツゴー。多くの仲間と行った先は大きな酒樽がたくさん並んだ山小屋のようなお店。

なんかキャンプに来たようなワクワクした気持ちになる。

大奮発で「かがりやまセット13400円※4~5名分」を所望

届いたのは両手でしっかり持たないといけないくらい大きな桶にいっぱいのお肉と野菜、肉の下にはイカやホタテとか海鮮も入っている。

肉はバリバリの黒毛和牛。ロースにカルビなどかなり上質。。食べ放題ではありえない内容。。

この店の肉の質の良さに結構感動する俺

カラオケも完備で超面白い。同じような樽がいっぱいあるのでトイレにったら迷ってしまう。

樽の中は完全個室なのでとても面白い。。総勢15名でワイワイガヤガヤ。。これが楽しみ。。

女子の先輩はこの日10キロレースの前に20キロ走ってきたという。。

帰りは専用バスで駅まで送ってくれた。。

お腹いっぱいで大満足。。。飲んで食べて一人6000円くらいだった。。。
ちょっと高いけどお祭りと思えばいい。

場所はかなり分かりにくいので調べていくべし

大阪府和泉市東阪本町991

和泉野焼肉 / 光明池駅


カテゴリー 和泉市, 焼肉 |

焼肉道場 松ちゃん 12月

かなり冷え込む金曜日の夜に一人さびしく長居公園をランニング3週。。 途中で植物園のイルミネーションを見てランブースでシャワーしてお楽しみの一人焼肉。。

ヘビーユースする焼肉道場の松ちゃんのカウンター席。 生ビールで一人乾杯してアイススケートの男子ショートプログラムを見ながら一息つく。。

お店は祭日なので満席状態。。

まずはタン刺しを所望。。。超薄切りの脂の乗り切ったタンと松の実、顆粒状になった塩と胡椒がビジュアルにも美しい。。まるで宝石がちりばめられているよう。。言い換えれば焼肉のルミナリエやんか~・・・とひとりごちする。。 舌に載せると上品な脂がゆっくりと溶ける。。                           

このタン刺しをいただくために寒い中で長居公園を三周走ったようなものである。。。 途中で「女泣かせ」という梅酒に切り替える。。実に濃厚な味だった。。

ホルモン三種盛りをいただく。。。好きなものを三種類選べるらしく「ミノ」「アカセン」「テッチャン」を所望。よく似た感じなんだけどそれぞれの脂の味が違うし噛んだときの肉汁の味も異なる。。。

こういう食べ比べはとても楽しい。。。

そしてメインイベントのサーロインの薄焼き1300円。。

さしの入りまくったサーロインをニンニクの効いた濃いめにタレで味付けておもむろに鉄板で焼きまくる。。。これは店主が丁寧に焼いてくれる。。。

ミディアムに火が通ったところでレモンを絞って出来あがり。。。

ご飯200円に載せれば究極の牛丼の出来あがり。。 タレの甘辛さと脂の甘さが混然一体となり意識が飛んで頭がふーとなりそうになる。。。 ガシガシかきこんで口いっぱいに頬張りながらいただくと肉の溶け具合が咥内いっぱいで楽しめる。。

玉子スープ300円といただくと元気が蘇る気がする。。。

ぱっと見た目は高そうに見える店だけど家族経営でアットホーム。。。

ナムルはかなり美味しいので有名。。。ここでナムルを食べるとよそではもう食べれない。。

クッパのうえにこの店のナムルがのった「松ちゃんクッパ」はかなり贅沢で完成され切った味。。。

あと鬼クッパも辛いけどお勧め。。。

年内もう一回くらい行きたい。。。。

大阪市住吉区長居1丁目12-4 TEL:06-6692-6171


カテゴリー 長居, 焼肉 |
63 / 74« 先頭...20...6364...最後 »