焼肉

食道園 宗衛門町本店

ミナミにある食道園は物心ついたときからあったこと記憶している。よく聞けば昭和20年頃から御堂筋で営業が始まっているらしい。北新地の店も含め、年に数回いろいろな会合などでおよばれするが本当においしいといつも思う。おいしいというより食材がどれもピンピンの一級品でお店は美しいし接客もちゃんとしていて出てくる料理や何もかもにこだわりを感じる。 連日の焼き肉だが全く気にならずすべて美味しくいただけた。特別の美味しいもんばっかりちょっとの飲み物付きコース6000円(言っていいのかな・・・)をいただく。最初に前菜の三種盛り。。 zensaishoku.JPG 前菜三種のデタイユは左からキムチ盛り合わせ(昔から苦手で手をつけず・・ゴメン)食道園で使うキムチの白菜は日本で一番うまい白菜を取り寄せると人に聞き及んだことがある。ほんで真ん中は牛刺しとアキレス腱。。コリコリと歯ごたえがあって赤身の刺身もしっかりと脂があって秀逸。その横は豆腐のようなものでかなり旨いんだけど最後まで何か分からんかった。 shoku.JPG 次に出てきたのは塩焼き三種盛り。どれもが薄く切られていてタンとミノとバラと言っていた。日本料理顔負けの技術力に見ただけでびっくり。もちろん肉の質も素晴らしい。ほんまに声も出ないくらい旨かったわ。。この店は焼き肉屋ではなく焼き肉料理と言われる。職人の腕やカットの技術はかなりレベルが高いと聞いている。同業者がいつもほめている。。これってなかなかないことで素晴らしい。 amiyakishoku.JPG テレビでおなじみの華網カルビ(正式名称は和牛上骨付カルピ華網カットというらしい)ずっと前から一度これ食べてみたかった・・・きれいなお姉さんが丁寧に焼いてくれてハサミで切りわけてくれる。細かくカットされた野菜と一緒にいただくと、これもバリうま~ taremoriawaseshoku.JPG この後はたれ焼きの盛り合わせで上ロースとハラミとホルモンいろいろ。。どれもみな秀逸。 つけたれは醤油系なんだけどかなりあっさりしている。世の中でつけだれを初めて使用したのはこのお店らしい。ついでに無煙ロースターを始めて導入したのもこのお店らしい。 reimenshoku.JPG 最後の冷麺も素晴らしく美味い。。これだけおかわり三杯できそう。関西の焼き肉業界を引っ張る老舗中の老舗に敬服する。。

食道園 宗右衛門町本店 焼肉 / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅


カテゴリー 難波, 日本橋, 焼肉 |

焼肉道場 松ちゃん (夏)

個人的に一番大好きな焼き肉の松ちゃん このブログにも何度も出てくるがいつも同じものを食べても全然あきない。 コストパフォーマンスも素晴らしくいつもめちゃ食べ過ぎてしまう。。 tansasi.JPG この店での最初のお勧めはこれ。。 タン刺し700円。。超薄切りで塩コショウと白ゴマの効いたピカピカで刺しがびっしりのタンはビールにぴったり。てっさのような薄さで一瞬にして平らげてしまう。 sankakubarasasimi.JPG 今日は肉食獣になって三角バラの刺身950円もいっといた。脂びっしりでワサビを思いっきりつけて刺身醤油でいただくこれもビールがえらいすすむ。。脂の旨みが素晴らしい。融点も低く舌の上でとろけよる。 getakarubmatui.JPG 焼き物は最初は下駄カルビ850円から。アバラ肉の間の少しスジを含む部位らしく、よ~く焼いてしがしが噛むとええ脂がじんわり出てきてまさに肉を食っているという気になる。。隣でニンニクをエクストラバージンオリーブオイルでじっくりと焼いてニンニクオイルにちょっとつけていただくとこれも「バリうま~」と叫んでしまう。 kurasitaro-sumatu.JPG 本日お勧めのクラシタロース1350円も塩焼きでいただく。柔らかくて肉の味がしっかりして脂も甘くて最高!この肉がこの値段というのも信じられない。 joumionomatu.JPG テッチャンは真っ白で新鮮そのもの。シコシコ、コリコリ脂がジュ~っとお約束の美味しさ。 haramimatu.JPG ハラミもなかなかええもん仕入れておられる。柔らかいだけでなくしっかり肉の味があって部位の味がよくわかる。 usuyaki.JPG 最後はマイブームのサーロインの薄焼き。強烈に濃い味の付いたバリバリ脂の乗ったサーロインを店主が自ら焼きに来てくれて最後にレモンをしぼってそれをご飯の上に載せていただく究極の牛丼。 甘くて辛くて酸っぱくてなんとも複雑な味のたれに口に入れたらとろけてしまう薄切り肉と白ご飯の相性には脱帽。スーパーメガカロリーの食事になってしまうがもうそんなことどうでもいいと思ってしまう。 悶絶ものの焼き肉は紹介する友人たちも絶賛。。 reimenmatu.JPG 締めは冷麺。。昔は冷麺って苦手だったんだけど最近食べれるようになり今では結構好きな料理の一つになっている。。人の口って年齢によって変わるものなのね。。。 詳しくはこちら


カテゴリー 長居, 焼肉 |

焼肉道場 松ちゃん 6月

先日から痛風となり医者に焼肉とビールの禁止を言い渡された。。ずっと禁酒していたのだがどうしても我慢できなくなりちょっとだけよとお気に入りの長居の裏通りにある焼き肉店「松ちゃん」へと行く。ちょっとだけ食べようと思い早い時間に訪問する。最初の注文は定番の「タン刺し」700円。(これ大好物) 出てきた見た目もピンクで麗しい薄切りにされたタンは口に入れた瞬間じゅうわーと溶け出す・・やっぱこれやなと一人納得。塩コショウと肉の上品な脂とビールの組み合わせは理性を吹き飛ばし痛風は置いといてどんどん注文してしまう。今日もバンバン行くで~と言いながら。怒涛の注文をする「三角バラ」(1400円)はディスイズ焼肉って感じで脂と塩との相性の良さでビールグイグイ行ってしまう。(これは写真なし。。)  次は「ハラミのサガリ部分のすじ」700円はゴリゴリした食感の中に肉の味がじんわりと出てきて始めていただく美味しさ。今日のピカイチ。上カルビ1200円も塩でいただく。。あっさりしていて脂も甘くてもう止まらんって感じ。。「上ミノ」750円もお約束の美味しさで新しさと包丁の目の細かさは秀逸。(写真なし)テッチャン700円はこれも新鮮で臭みは当然なし。。もちろんこれも塩でいただく。。まだいけそうだったのでハラミ900円をタレでいただく。。普通においしくいただく。 matyan1.JPG まだいけたので(どんだけ食うねん)塩カルビガーリック900円も注文。文字どうりの味でスタミナ付くぞって感じ。しかし塩なのであっさりして肉の味もよくわかる。そして赤セン550円でホルモンを締めにする。 まちゃん2.JPG ここでやっと鉄板を変えてもらってお決まりの「薄切りロース」1300円をいただく。薄切りサーロインをにんにくの効いた強烈に濃いいたれにつけて店主がつきっきりで丁寧に焼いてくれる。最初は屑肉みたいな感じなんだけど焼いてるうちに脂の甘い匂いがしてきて醤油の焦げたにおいとがしてきて。できあがりを熱いご飯に載せていただくほんまたまらんわ~ということ必至の牛丼となる。多分この焼き肉の牛丼は日本一やと思う。最後にこの肉の塊を見せてもらったらびっくり。鹿児島産のサーロインは脂みっしりでこれを手切りで薄く切って一気に焼いてくれる。これが不味かったら食べる肉ないでというかんじかな。逆を言えばこんないい肉をこんな焼き方するという掟破りの店主に敬意を払いたい。何しか旨いと思うしこればっかり300グラムとご飯大盛りもいいと思うね。この薄切りはよその店で食べたら2倍の3000円近くはすると思う。他の焼き肉も同様。。。コストパフォーマンスも夫婦でされているので素晴らしい。 結構いっぱいになるんで予約したほうがいいよ。 matyan3.JPG 詳しくはhttp://r.gnavi.co.jp/c243600/ ペロペロ日記を見たと言ってください・・・なんか特典あると思うよ(笑)


カテゴリー 長居, 焼肉 |
66 / 69« 先頭...20...6667...最後 »