焼肉

焼肉萬野ホルモン舗 天王寺店

JR天王寺駅北口の横断歩道を渡ったところにある天王寺周辺では有名な焼肉店。地元で7店舗展開されていると聞く。ある会の会合に参加でご相伴させていただく。

お店に入ると薄暗い間接照明のおしゃれな空間が現れる。

階段を上がると2階はカウンター席店員さんがお肉を焼いてくれると聞き及ぶ。3階はテーブル席。天王寺に似合わない大人な感じのお店。とびきりいいものばかりをお任せで出していただけるということらしい。最初に社長が挨拶され、自分は肉の卸の家に生まれたので・・・・・という話をさとにか「新しくて自分が納得するものしか出しません」というようなことを話された。産地だけではなく自分の目で肉質を確かめ肉だけでなく内臓まで1頭丸ごと使用する(80部位)店らしい。

 

最初に出てきたのが生モノいろいろでサーロインの握りと、ミスジの握り。シャリの味はともかく肉は出汁醤油をつけていただくのだが脂は思ったよりすっきりして融点が低いせいか口の中でほどける感あり。

 

刺身はハネシタ(ロース)、黒タン(黒毛和牛のタン)、ハトチマキという足なんだけど刺身で食べられる柔らかい希少部位があるらしい。それぞれ微妙に異なった味と舌触りでなかなか面白い。特にタンは肉自身にうま味があって甘くて美味しかった。ハトチマキも食べやすくて思いのほか脂がのっているのに驚く。最近は油のきつい肉が苦手になるのでホルモンやこのような生食を好んでいただくことが多い。

続いて出てきたのはヘレ肉のカルパッチョ。ヘレ肉だけあってとても柔らか。でも肉の旨みはハトチマキの方に軍配。。

ここで焼肉登場。黒タンは超厚切り。あんまり焼かないでお肉が温まったら食べてね。と言っていたのでその通りにする。ハラミは最近では珍しい黒毛和牛のものを厚切りで。肉の色や味が全く今まで食べてきたものとは違うことに驚く。希少部位なのでほとんど手に入らず高級店であってもホルスタインか輸入物が多いのは周知の事実。ヘレもとっても柔らか。かついい脂がまわっていてパサパサしていない。食べ方はタレ焼き、塩焼き、素焼きがあるとのことそれをテーブルにおいてあるだし醤油やポン酢、塩や、黒七味やらでいただくというもの。

肉のええとこばっかりをが厚切りで出てくるのだがここまででおなかがいっぱいになってしまう。ここ数が決あんまり肉を食していないことと体重激減のため食べるスタミナがなくなってきたのかあんまり受け付けなくなっている

ホルモンもいろいろな種類が勢ぞろい。動脈のコリコリやココロも見ただけで新しいのがよくわかる。膵臓のグレンスも脂の塊のようだが甘くておいしい。これらのホルモンは入荷後70数時間で廃棄するらしい。ホルモンなんだけども乱れもなしでそのまま焼いて塩やポン酢でいただく。ここまでの品ぞろえは焼肉店で初めて見た。情熱ホルモンよりは価格は高いがそれだけの価値はあると思った。カウンター席はしっぽりした空気がありいい感じであった。

 

大阪市天王寺区堀越町16-6
ニイタカ天王寺駅前ビル 2~3F
06-6776-7000

焼肉萬野ホルモン舗 天王寺焼肉 / 天王寺駅天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 焼肉 |

満腹リッチ

私の友人の山本君が経営する西成区津守の焼肉店。。 駐車場も完備の大型店舗。。。 この景気の悪いさなかでもいつもお客であふれかえっている。。。真隣がワンカルビとなっているが全く問題にならず。。。。その繁盛の秘密は立地の良さもさながらメニューの豊富さと価格以上の価値であると推察する。店の真ん中にサラダバーがあり低価格で提供している。。お酒の値付けも良心的。 店員さんも元気で親切。。。かなりオペレーション訓練されている。。。注文してから出てくるまでの時間がまた早い。。。。 家族づれに大人気バラエティーコースは牛肉ホルモンだけでなく鶏肉や海鮮が入って2839円。 看板メニューのカルビ400g盛りは1890円。。。カルビハラミセットは500gで2998円。。。ホルモンセットは400gで1898円。。。そのほか和牛のセットや冷麺などのサイドメニューもたくさん。。。 つけだれも5種類くらいあって味噌味や醤油味、辛いのやいろいろあって好みで混ぜたりするらしい・・(よく考えているね) manpukuriti.JPG 焼肉屋というカテゴリーではなく焼肉を主力としたカジュアルレストランとして多くのお客の支持を得ている。。。。  ハラミやカルビ、ホルモン数種和牛のロースをいただいた。。。 店名のごとく財布を気にせずに満腹になった。。。                                                          このお店のHPはこちら


カテゴリー 北加賀屋, 焼肉 |

楽洛亭

アメリカに行く日にちを一日間違えていたので最後の晩餐をなんば高島屋前の楽洛亭で一人カウンターで焼肉を食す。この一等地に店を構えて60年あまりの老舗 この店でいいのはカウンター席が基本であること。。 七輪で炭火でジューと焼く。 肉はとびっきりのブランド牛ではないけど好きなものを好きなだけ周りを気にせずいただける。 隣の姉ちゃんも一人焼肉していた。 ロース(赤身)、ハラミ、上ミノ、焼きセンマイと生ビールとウイスキーソーダで合計4000円也。 少し注文しすぎたかなと思ったが必死で完食 rakuraku.jpg この店の特徴は葱がたっぷりと乗った秘伝の塩たれ(黒茶色してる)が実にいい。 誰ともしゃべらず一人焼肉。。。。いい時間である。。 では明日からロスに行ってくるべ。。。


カテゴリー 難波, 焼肉 |
66 / 74« 先頭...20...6667...最後 »