焼肉

南山

業界の寄り合いで京都北山にある焼き肉料理店。 本店の横にはなれがあって完全予約制で予算によってお店が献立を組み立ててくれる。 (この店ではセミオーダーシステムと呼ばれている) 嫌いなものや前回残したものはきっちりと管理して次の来店に備える。 もう一つすごいのは食農協働レストランということで生産者といっしょに食材を吟味し それぞれの農家と信頼関係を築いてよい食材を分けもらっているといっていた。 牛肉は、小規模な環境保全型畜産農家さんから産直で丸ごと1頭仕入れて さまざまな部位をメニューにだしている。 社長の楠本氏(女性です)を前にいろいろ話をうかがいながらいただいた。。 お店は木調でありながら清潔感あふれ京都の料理店という雰囲気は十分醸し出していた 今日は6000円の飲み物付きのコースで 最初の前菜としてニラとイカのチジミ、短角和牛のたたきイチジク添え。 tataki.JPG 短角牛は岩手産で自然放牧で育った今注目の赤身肉のうまさが特徴の和牛・・らしい 盛り合わせで短角和牛にとろろを巻いたもの、近江牛の刺身(これは脂がのりまくって超うま) sasimi.JPG サラダはこだわりの契約農家から直接いただいたらしく確かに野菜の味がしっかりしているような。。 気がした・・・ sarada.JPG 塩焼きは四角く切られた短角和牛のもも肉をワサビでいただく。独特の草の臭い・・香りがする。 社長は秋から肉がいまいちになると言っていた。 同じ牛でも季節によって食べごろがあるらしい。。。 京丹黒和牛の上ロースは京都の網野町で放牧された短角牛がお母さんで黒毛和牛がお父さんの子供らしい。牛の世界も複雑らしい・・・・ 薄切りの肉は近江牛のぶりすけ。 これは滋賀県大中町の木下牧場で但馬の血統にこだわって育てられた由緒正しい近江牛らしい。 ブリスケというのは胸の部分で肉質はやや硬く脂分は多いのだが薄切りにしていることと 近江牛ということでかなり肉に味がある。社長はタンを使いたいのだけど商品が少なく 国産にこだわればどうしても供給が追い付かないと言っていた。 枝肉2頭分を買って内臓1頭分を買えるらしい。まさにホルモンシンジケートか・・・ sio.JPG さっと焼いたらこんな感じ~ sio2.JPG 途中のキムチはちょっと苦手・・・・ kimuti.JPG 続いてのたれ焼きは短角和牛のヒウチ(モモだと思う)これも脂が乗っていた。。 近江牛のバラカルビ(たぶんトモバラとか言われるところ)はこれぞ焼き肉の醍醐味と言う感じ。 楽しみのホルモンはセンマイとレバーとてっちゃん 美味しいけど量が少ないのが玉にきず。。社長気を使って私に謝りまくり。。 でも結構お腹に答えたので早速食事に・・ tare.JPG こだわりの近江米はバリウマ。。 shokuji.JPG 漬物も京都らしくかぼちゃ登場 tukemono.JPG ゴマの葉をつけたものでご飯をくるんでいただくのをすすめられる。 やってみるとうま~= gomanoha.JPG デザートは栗のムースでおなかいっぱい胸いっぱい。 大人数でも大丈夫。 きめ細やかな接客も素晴らしい。。。。。 deza-to.JPG 詳しくはこちら↓ http://www.nanzan-net.com/index.html

焼肉料理屋 南山 本店焼肉 / 松ケ崎駅北山駅


カテゴリー 焼肉, 京都市 |

焼肉道場 松ちゃん

毎度おなじみの長居の焼き肉道場。 最高においしいのにあんまり雑誌とかに見かけない。 ここの肉を食べるとよそではもう無理・・とよくいわれる。 ダイエット中だがここに来たら覚悟をきめて顔から脂がしみだすくらい食べてしまう。 お約束のたん刺しは超薄切りで舌の上に置くとす~と溶けて来よる・・ 調味料は塩とコショウと特製のスパイスにレモン。この黄金比率で最初のビールが最高にうまい。。 そのあともお勧めの三角バラ、にんにくオイル焼き、さがり塩焼き、上ハラミなどを薄切りの塩焼きで ホルモンもアカセン、上ミノ、てっちゃん、ゲタカルビ・・・最後は最近とりこになっている上ロース薄切り。 これは本当にすごい写真はいまいちだけど最高のロース肉を塩やコショウやヤンニンジャンやいろんなられに漬けこんでレモンの搾り汁をかけて店主自ら鉄板でささっつと焼いてくれる。 甘くて辛くて酸っぱくて、コクがあって延髄がマヒするような味付け。。それでいて肉がいいから舌の上でとろけよる・・・。たれの味が強いので肉の脂もあんまり気にならない。。。いやこの脂も味のうちになっているような気もする。 これを白いご飯に載せていただくと究極の焼肉丼。。。。ほんまに究極一回食すべし mattyan.JPG http://r.gnavi.co.jp/c243600/


カテゴリー 長居, 焼肉 |

楽洛亭

なんば高島屋の前にある焼き肉店。 ずっと昔からある。私の知人のスポーツ選手は世の中の食い物の中で これが一番好きと言っている。 また長期間外国に行く人はここで日本で最後の食事の焼き肉を食べて海外に出ると言った人も知っている。関空からラピートに乗ってこの焼き肉店の前までつける人も知っている。 この店はたれが旨い。少し塩加減が強いかもしれないがサンショの香りがして ネギがたっぷり。あっさりしていながらコクもありホルモンにも相性がいい。 肉は日曜日の午前中に体力を使ったので上ロースと上バラを張り込む。 バラはサシの割に脂を感じなかったがロースはかみしめるとじゅわっとくる。 この店は安い肉ほど値打ちがあると言われる。 上を頼まなくてもレヴェルはかなり高い。。 シマ腸にてっちゃん、アカセンにまるちょう、ミノと大腸小腸シリーズを一通りいただいて締めの冷麺。 昔はキムチが苦手で食べられなかったが今はキムチを抜いて作ってもらう。 出汁がしっかり効いてこれもかなり旨い。。。 コストパフォーマンスは最高。 ニンニクシリーズやあご肉など希少な部分にも挑戦したかったが おなかいっぱいになる。 焼き肉はやっぱたくさんのメンバーで行くのがいいね。 rakuraku.JPG 楽洛亭 本店 (ラクラクテイ) TEL 06-6643-6045 住所 大阪府大阪市中央区難波4-4-6 営業時間 11:00~23:30 定休日 正月


カテゴリー 難波, 焼肉 |
67 / 69« 先頭...20...6768...最後 »