カフェ

奈良食堂 1月

年末年始も営業の当社経営の奈良の橿原にある表記のレストランを友人と正月に訪問。正月ならではの様々な客層で大賑わい。

近鉄橿原駅徒歩3分。カンデオホテルや市役所の施設の一角に位置する。

地産地消をテーマに地元の野菜をはじめとする食材をしっかりと使っている。店内はLAをイメージした内装。120席の地元最大の大箱はテラス席もあってコロナ禍で喜んでいただいている。

正月なのでヴーヴクリコで乾杯。ハイラインのワイン等も格安で揃えています・・・

料理ができるまでお店からサービスのチーズと自家製からすみ、ピクルスなど。。

こちらのお店のメインディッシュの農園サラダレギュラ−630円。地元のカボチャや紅芯大根などいろんな季節野菜がたっぷりと入る。

鳥羽産の牡蠣がたっぷり入った牡蠣クリームコロッケはこの時期だけの限定商品。牡蠣がゴロゴロ入っていて普通のカキフライをはるかに超える美味しさ。

有頭海老のレモンバター焼980円は食べ応え満点のプリプリの大きな海老が嬉しい。

炭焼きグリルの肉3種盛り食べ比べのスモールサイズ。。奈良産の交雑牛は赤身の美味しさ満喫。大和ポークは肉質がとてもシルキー。奥丹波鶏もマスタードソースと相まって突き抜けた美味しさ。

季節野菜たっぷりの奈良産パスタ980円は鶏ハムも入ってとても豪華。

南仏風イカのトマト煮890円は新鮮なスルメイカをたっぷり使用。焦げたチーズ部分がパンと相性抜群。

今年新登場の玄米を使用したトマトソースをベースにしたドリア。温泉卵も入ってとても豪華。

最後は料理長特製のフルーツだらけのパフェで締め。どれも高品質で大満足なり。。吉野の柿を使った柿プリンはオススメです。。

過去の奈良食堂はこちら

奈良県橿原市内膳町1−1−60
0744−23−0020
10:00~22:00
年中無休

 


カテゴリー 奈良県, バル, カフェ, レストラン |

奈良食堂 12月

私どもの会社が奈良の橿原で運営しているグリル料理のお店。地元の野菜をはじめとする食材を使用。本年に農林水産省から地産地消に取り組む活動で近畿農政局の局長賞を受賞。

昼のランチタイムのサラダバイキングはとても大好評。。この日はお世話になっているデザイナーさんと打ち合わせを兼ねて会食。

まずは名物の奈良サラダのレギュラーサイズ。地元産の珍しいカラフルな野菜がとても美しい。これからの季節は根菜類が充実。。

試作品の牡蠣クリームコロッケをいただく。大きくカットされた牡蠣がゴロゴロ入ってとてもいい感じ。牡蠣好きにはたまらない味わい。

備長炭で焼き込んだグリルの3種盛り。奈良産牛のモモ肉はしっかりした赤身ならではの味わい。ヤマトポークも滋味深い。。奥丹波とりも柔らかくてとてもジューシー。付け合わせの焼き野菜の充実も嬉しい。

冬の新メニューのライスカルボナーラは地元産のひのひかりの5分つき米を使用。もちろん卵も地元産。。濃厚なソースと卵の味わいがとてもいい。

デザートも新作の柿プリン。寒天などは使わずに吉野の柿をミキサーで細かくして牛乳を入れて冷やして固めただけの砂糖も入っていない自然派商品。かなりいい出来です・・・

過去の奈良食堂はこちら

奈良県橿原市内膳町1−1−60
0744−23−0020
10:00~22:00
年中無休

 

 


カテゴリー 奈良県, カフェ, レストラン |

炭味屋

シンフォニーホールでクラッシックコンサートを聴いた後、近くの表記の店を訪問。ずっと昔ABC放送があった頃、というか自身が大学生の頃よく通った記憶がある。聞いてみると1981年創業なので約40年の超老舗。

現在の店舗は以前ノースクラブというカフェの跡地。120席を超える大箱となっている。業態は創作居酒屋で天井の高いおしゃれな店の雰囲気と相まって少し大人な感じ。

最初に創業当時からある名物料理のイカのマヨネーズソースを所望。ボイルしたイカに大根おろしと醤油とマヨネーズを和えただけのもの。
シンプルながらも大根おろしがすごく滑らかで、マヨネーズと醤油のバランスがとてもいい。しかしながら昔いただいたときの様な感動はなかった・・・

炭味屋サラダ。。特にどおってことはないな・・・・

白蛤のスープ仕立てはホンビノスを使用。少し固い食感だけど許容範囲内。

里芋のグラタンは普通の味わい。

サーロインステーキでフィニッシュ。。今日から病院で処方いただいた漢方薬の防風通聖散料を食事とともに飲むことにする。いくら食べても飲んでも太らなくて、運動なしで1ヶ月で1キロずつ減量できるとのこと・・・結果が楽しみ。。

大阪市北区大淀南1-9-1

050-5590-3767

 


カテゴリー 福島, カフェ, レストラン |
1 / 5412...20...最後 »