カフェ

粟新

住吉にある創業は明治25年という100年以上も続く粟おこしの老舗。併設された茶房では和のスイーツが楽しめる。とても入り組んだところにあるので一見の客は皆無。 知る人ぞ知る安らぎスポット。ぜんざい類には粟おこしの原料となるもち米を煎った福粉(パリパリして最高)が添えられるところが粟おこしの店ならでは。夏の定番、氷ぜんざい600円(写真)にしても、 少し溶けた頃に福粉をふりかければ、香ばしさによって新たな味わいがある。 粟おこし500円を注文すればテーブルの目の前で製造実演してもらえる。 これ必見!鍋の中に砂糖と水あめを入れて溶かし煮詰まったら「おこし」の材料の米を炒ったもの(福粉) を投入(昔はこれが粟だったのね・・)箸でかきまぜて小さなフライパンにあげて形を整えて 出来上がり。冷めたらパリパリのおこしの誕生。 今日は氷ぜんざいとパフェとどちらにしようかと悩んだ結果パフェのミニを作っていただき 両方いただく事にした。氷ぜんざいはシロップのかかったカキ氷の上に大粒の北海道産の小豆が 山盛りてんこもり。周りには抹茶ゼリーと白玉団子。もちろん福粉も添えられてひんやり、もちもちのパリパリ。毎年夏には10回以上食べるメニューです。値段も格安。4代目のご主人の接客と仕事も超丁寧。 特選粟新パフェのミニサイズ500円は上から抹茶アイス、すいか、チョコおこし、福粉、バニラアイス、フルーツカクテルと抹茶シロップで構成。ミニなのに満足度は最高。 店内にはできたてのあられなども売っているのでお土産に最適 場所はかなりわかりにくいけど食後のおやつには最高の店です。 ここも人には教えたくなかった・・・ 大阪市住吉区上住吉1-11-11 電話番号 06・6671・4770 営業時間 10:00AM~6:00PM 水曜休 駐車場 2台 粟新


カテゴリー 住吉公園, カフェ |

ビクトリー

昼食に土佐堀通りYMCAの向かい路地を入ったサンドイッチの超老舗「ビクトリー」にいく。私が子供の頃からあった記憶があり、久しぶりにたずねてみると 若い頃の記憶がよみがえる。なんと昭和21年からこの地で開業しているらしい。 驚くべき事に別の場所で昭和2年からサンドイッチ屋をしているとのこと。 そういえば先代はメガネをかけたおじいさんだった記憶がよみがえる。 現在はご夫婦で店を切り盛りされていて、戸を引いて入ると、 奥様が穏やかな笑顔で「いらっしゃいませ」と。 これだけで1人で入る時のちょっとした緊張も緩む。 たくさんの種類(22種類)のサンドイッチがある中から 超有名な「カトルフィッシュサンド」(イカフライ)を注文 すると厨房から揚げ物をしているパチパチって音が聞こえてくる。 若干トーンを落とした電球の店内(暗いわけじゃない)と ボリュームを抑えた音楽、ダークブラウンの木の床などが リラックスさせてくれます。 サンドイッチはスープと共にワンプレートで運ばれてきました。 バナナもついていて最後に紅茶をサービスで出してくれました(涙) 丁寧にひとつひとつ注文が入ってから作られるので、 ファーストフードでありながら、ここのサンドイッチはスローフードです。 全品持ち帰りができ、私が食べてた時は半数くらいの方がどなたかに差し入れなのか、お土産?として買って帰られるのを見かけました。 帰るときに、ご主人と奥さんの「ありがとうございました」っていう笑顔に 癒される気がする、あったかい雰囲気のサンドイッチ屋さんです。 次回はカツ、ハム、ツナの三色三度を注文しようと思いました。 この店も最高・・・ 大阪市西区江戸堀1-23-31 (地下鉄四つ橋線肥後橋駅から徒歩5分。2番出口を出て土佐堀通り沿いに西へ歩き、 土佐堀1東の交差点を越えて数メートル歩くと左に路地があり、曲がってすぐ。) Tel / 06-6441-4147 定休日 / 日祝 営業時間 / 7:00~19:00(土8:00~17:00) 三色サンド780円(コーヒー又は紅茶付) / カトルフィッシュサンド680円(コーヒー又は紅茶付 114030992827808[1].jpg


カテゴリー 肥後橋, カフェ |

イノダコーヒー

京都は遅くなったので一泊し翌日は京都の名店イノダコーヒーで朝食 朝から本店は超満員。ホテルのロビーのような広さの中で 老若男女がそれぞれにコーヒーを飲んでいる姿は圧巻 砂糖とミルクが最初から入ったアラビアコーヒー488円が名物 苦くて甘くてこくがあるって感じ(そのままか・・・) 11318405535499[1].jpg

イノダコーヒ 本店コーヒー専門店 / 烏丸御池駅烏丸駅京都市役所前駅


カテゴリー カフェ, 京都市 |
43 / 47« 先頭...20...4344...最後 »