福島

米増 6月

現在大阪で最も予約が取りにくいと言われる福島にある表記の和食店を半年ぶりに訪問する。JR福島駅を北に徒歩7分

本湖月、かが万という名店出身の若き店主と女将の二人三脚で営まれる。間接照明が配された1枚板の檜カウンター9席のみの2回転制。料理のSNSは禁止となっているので毎回献立のみ列記。

6月は氷の節句ということで夏越しの祓え(はらえ)をテーマにした料理が供される。この日は16000円のコース。

・先付けは氷室と茅の輪くぐりをイメージした青梅の蜜煮

*1年の半分である6月30日に半年分の穢れを清める行事。暑い夏にも生命力の強い茅という草で編んだ茅の輪くぐりが行われる。

・茨城県霞ヶ浦の合鴨ロース煮でらっきょを挟んだもの。もろみ味噌を添えたスナップエンドウとともに

・根室の毛蟹と冬瓜の煮物椀。出汁は昆布がしっかり効いた淡味

・刺身は明石の甘手鰈と舞鶴の剣先烏賊。辛口の純米酒(写真)と一緒にいただく。

・刺身の2皿目は宮城県塩釜の鮪は玉ねぎおろしを添えて

・焼き物は琵琶湖の鮎と島根の高津川の鮎の食べ比べ

・八寸はトマトのスープに蓴菜を浮かべたもの。だつ芋の寒天寄せ。蛸旨煮。福井県大野市の青干しゼンマイ(写真)。八尾産のえんどう豆を固めたもの

・天ぷらは旬の鱚の木の芽揚げと鳥取の浜防風の根(写真)、北海道足寄の巨大な蕗(写真)。

・炊き合わせは柔らかく炊き込んだ鮑の肝ソース。賀茂茄子とともに。

・食事は直前に骨切りをした鱧を軽く焼き込んで作る釜炊きの鱧御飯。1膳目はそのままで、2膳目は出汁をかけていただく。

・デザートは高知県の小夏(写真)と桑の実

・甘みは目の前で作るえんどう豆とこしあんの練り切りと薄茶。

全ての料理が隙がなく食材と調理内容も厳選されたものでいつもながら大満足。ご主人をはじめとするスタッフさんも分け隔てなく、全てのお客さんとうまくコミュニケーションをとってとても楽しい時間を過ごすことができました。

過去の米増はこちら

大阪市北区大淀南1-9-16


カテゴリー 福島, 和食 |

六徳恒河沙

友人と表記の気鋭の中国料理店を訪問。お店はJR東西線新福島駅周辺の路地と古い街並が残ったエリアの一角。最近沢山の飲食店ができてかなり賑わっている地域。
JR福島駅から徒歩5分。新福島駅からは徒歩2分の好立地。以前の店は福島5丁目にあったんだけど11月に2丁目に移転。

店の外観は黒壁に瓦屋根の古民家に真っ赤な鉄格子、軒先には、店名「六徳 恒河沙」の赤色ネオン管が掛かり2階部分の外壁には、レンゲで麻婆豆腐すくうイラスト共に「WE ARE MAPO MAFIA」と描かれている。

ランチタイムの麻婆豆腐がとても有名でいつも行列ができる。店内は手前に厨房を囲む逆L字カウンター12席と奥にテーブル席が14席、2階は個室対応も可能なテーブル席がある。

シェフは西区新町の有名店酒中花空心のご出身で2015年に独立。夜のメニューはコース仕立てもあるけど7名での会食なので好きなものをアラカルトで注文する。

オススメのよだれ鶏1000円は低温調理された柔らかな胸肉の火入れ加減がとてもいい。唐辛子や花椒、ラー油が入ったタレも脳髄にビシバシ来る辛さ。

ピータン700円も好きなタイプの味わい。アヒル玉子を化学反応させた独特なにおいとクセが紹興酒とよく合う。パクチーとの相性もとてもいい。

ジャガイモと香菜の塩炒め1000円はジャガイモをかつらむきにしているのだろうか?麺状に綺麗に包丁されたジャガイモがとてもも美しい。シャキシャキしたジャガイモの食感もとてもいい。

小籠包600円はこちらのお店でも人気メニューとのこと。皮をかじるとスープが溢れ出す。

大きな焼き餃子600円は餡がいっぱいで食べ応えあり。

クリスピーローストポークのマスタードソースはカリカリに仕上げた皮部分とレアに火入れされた肉部分の対比が面白い。豚肉も上質で脂部分の甘さが秀逸。

レバニラ炒め1100円は街中華のものよりもワンランク上の仕上がり。カリカリに揚げたレバーは癖や臭み全くなし。

黄ニラと雲丹の玉子炒め1500円はふわふわの玉子と雲丹の甘さが際立つ逸品。お酒との相性もいい。

スペアリブ黒胡椒炒めのパイナップルソースは特別料理。絶妙な火入れが元々の豚肉の美味しさを際立たせる。角切りのパイナップルと豚肉との相性もとてもいい。

骨つきラムとフルーツトマトのウイグル仕立て2200円。。クミンシードをたっぷり使った羊料理。。

餡掛けチャーハンはジャポニカ米以外のものを使用。パラパラの食感が絶妙。小さなところまでのこだわりに感心する。

最後はあさりの麻拉そば。。あさりの旨味と唐辛子の辛味がなんとも言えない。食べている途中で頭の毛穴が開いて汗びっしょりになる。次回の予約をしてお店を出る。お腹いっぱいご馳走様でした。。

大阪市福島区福島2-9-10
TEL 06-6454-3696
定休日 日曜日


カテゴリー 福島, 中華料理 |

米増 1月

JR福島駅をなにわ筋沿いに北に500m、歩道橋の手前に小さく佇む現在大阪で最も予約の取れないと言われる表記の和食店を訪問。本湖月、かが万という名店出身の店主と女将の二人三脚で営まれる。間接照明が配された1枚板の檜カウンター9席のみの2回転制。

料理のSNSは禁止となっているので毎回献立のみ列記。

座付きのみ写真掲載。。レアに仕上げられた自家製の巨大唐墨で餅米を挟みゆずり葉をあしらえにしたもの。ゆずり葉は新葉の成長の跡に旧葉が落ちることから親が子を育てて家が代々続くように見立てる正月の縁起物とされる。

続いては生の赤貝と柔らかく火入れされた蒸し鮑のぬた和えと続く。煮物椀は正月らしく蟹真薯と日の出人参、鶯菜、吸い口に刻み柚子。天然ふぐのてっさ、1キロオーバーの京都のずわい蟹の足の刺身と続く。近海産のマグロの赤身と中トロの食べ比べ、天然河豚のアラの塩焼きと続く。

カウンターの向こうには仏様の手に見えるため「仏手柑」と名付けられた縁起物の柑橘が飾られる。

続いて河豚の骨で取ったすまし汁が勧められ、八寸は真鴨のロースト、たたき牛蒡、自家製このわた、菊菜の白和え、塩数の子が正月らしい朱塗りの盆に美しく盛り込まれる。

今は珍しい塩をして乾燥させた数の子。。。かなりの希少品らしい。。

続いて北陸の鰤のお腹部分を使った鰤大根。揚げ物は辛子蓮根と蕗の薹が供される。

八寸の飾りに使われていた衝羽根草(ユリ科の多年草で羽子板の羽の形をしているので縁起物として使われる)もプレゼンテーションしていただけた。

炊き合わせはずわい蟹のお腹の部分の身をかぶらで巻いて炊き込んだもの。蟹味噌も入っているのでコクがある味わい。。日本酒が進みまくる。。。

食事は鯛飯、デザートは金柑の蜜煮。

最後にご主人自ら点ててくれる薄茶と酒蒸し饅頭でフィニッシュ。。今回も大満足でした。。

過去の米増はこちら

大阪市北区大淀南1-9-16


カテゴリー 福島, 和食 |
1 / 1712...最後 »