福島

とり藤

福島の超繁盛焼き鳥店を友人と訪問。場所はJR福島駅高架下のディープな飲食店街。地元にすむ女子社員君も勿論知っていて安くてボリュームがあることで有名とのこと。現在20店舗以上ある福島界隈焼き鳥店のパイオニアと言われているとも友人が言っていた。外から見たら小さそうな店に見えたけど中に入れば長いカウンタ−やところ狭しと並ぶテーブル席、座敷のようなものまである。聞けば90席という焼き鳥店とすれば大型店舗。

2017-02-01 10.14.15

突き出しは柔らかく煮込まれた手羽元。

2017-02-01 10.14.08

10時頃の入店でも席はパンパンでスタッフも大忙し状態。スタッフはどの方も愛想よくて大きな声で笑って受け答え。焼き鳥を注文すると網をのせた炭火の上にのせて提供いただける。冷めないのでこのちょっとした工夫はありがたい。

2017-02-01 10.14.02

白髪葱がてんこ盛りになったレバーは青ネギをはじめ炭塩や唐辛子、玉子などカラフルな薬味が添えられて登場となる。一串のボリュームもあるので食べ応え満点。

2017-02-01 10.14.11

手羽先もかなり大きい。こちらのお店のオーナーは34才でこの辺りにたくさん居酒屋等を展開する青年実業家なんだけど毎日店に出られてお客様一人ひとりに挨拶をして廻られるのには驚いた。

2017-02-01 10.14.13

たくさんのスライスした酢橘といっしょにいただくココロもかなり良かった。鶏は徳島の阿波尾鶏を使用されていると聞く。鶏だけではなくその時季のいろいろな一品料理や野菜料理などもあって炭火居酒屋というジャンルと言っていた。阪神タイガースの選手も常連らしく店内にはサイン色紙がたくさん飾られていた。

客層も会社員だけでなく若い方のグループや家族連れまで。すべての客が満足するメニュー構成も素晴しい。そして価格はビックリするくらい安い・・・深夜まで満席が続く驚きのお店。

2017-02-01 12.26.46

この日の昼間に食べた豚カツ屋さんのメニューで舟盛りになったカツを初めて見た。価格はなんと10000円。お祝いのときに注文するのかな・・・胸焼けがしそうだが。。。ジャンボチキン丼7800円というもビックリ。大海老2尾定食1980円はどういうわけか海老が3尾・・・なんとも不思議な店でした。。

大阪市福島区福島6-1-26OK一番街


カテゴリー 福島, やきとり |

いわ志 本店

福島駅から北に徒歩5分の飲食ビルの4階にある完全予約制の和食店を訪問する。エレベーターがないのでヒーヒー言いながら4階まで階段で上がってお店の扉を開けるとかなりシュッとしたカウンタ−が現れる。
料理は3500円と5000円のお任せのみ。この日は友人が私の誕生日のお祝いをしていただくということで5,000円のコースをいただいた。

2017-01-31 18.07.24

31才の若き店主と着物がよく似合う奥様の2人でカウンタ−8席のお客様をおもてなしされる。最初にサロンのセカンドのデラモットを所望。メニューをよく見るとワインの値付けも良心的・・・というかほぼ原価みたいな感じでびっくり。ワインとお酒の品揃えもかなり豊富。店の奥には団体でも入れる豪華絢爛座敷がある。

2017-01-31 18.13.02

料理の扉は牡蠣と蕪のポタージュ。出汁に豆乳を合わせていて心も身体も温まるいい塩梅に大満足。こちらのご主人はお店をはじめる前に北新地の寿司店のみならず大繁盛焼肉店でも修行をされたとのこと。柔軟な発想と丁寧な仕事でお客がどうすれば喜ぶかをしっかり熟知されているのに敬服する。

2017-01-31 18.17.23

あおさのりと浅利の入った茶碗蒸し。濃いめのべっ甲餡がかかっていていただいたシャンパーニューとの相性はドンピシャ。

2017-01-31 18.28.29

お造りは新鮮で極太のボタン海老、天然鯛、金目鯛、鮑、縞鯵の5種盛り。この時期のボタンえびの美味しさは悶絶級。

2017-01-31 18.21.21

このお造りには日本酒を合わせる。あまり辛くないものをとリクエストしたら「山川光男 ふゆ」という新酒をすすめていただいた。こちらのお酒は山形県内の「山形正宗」「楯野川」「東光」「男山」の4蔵元がユニットを結成して合同で作ったものらしい。名前はそれぞれの銘柄を1文字ずつとって名付けられたらしい。

しっかりとした米の味を感じながら新酒ならではのフレッシュで爽やかな旨口の味わい。

2017-01-31 18.46.28

続いてずわい蟹の身と味噌を合わせて蒸しあげたもの。これも日本酒との相性ばっちりなことは言わずもがな。

2017-01-31 19.01.53

いい鱧が入ったので茸の餡掛けにしましたと宣う店主。裏旬の鱧は脂がのりまくって甘くて身がしっとり。出汁がとても上質でシャンパーニュとの相性がとてもいい。

2017-01-31 19.11.52

こちらのお店のシグニチャーメニューの「牛ロースのクレソンしゃぶ鍋」クレソンを最初に入れてロース肉をシャブシャブするんだけど吉野葛の入ったとろみのある出汁の完成度が高いことにビックリ。

52867882-2

最初に生雲丹を入れることで出汁にコクを出す。肉と一緒に雲丹もいただくという今時の合わせ方なんだけどベースの出汁がいいのでケレンは全く感じない。肉を食べたら煮麺を投入いただくという素晴しいサービスにも敬服。

2017-01-31 19.53.11

続いて新政のcolorsシリーズ 『瑠璃2015 ラピス』 をいただく。ビジュアルも美しく火入れはしているらしいが生酒のような口当たりで微発泡の上品な刺激が心地いい。最近よくいただくかなり好みのお酒・・・

2017-01-31 23.32.58

〆の寿司は熟成の効いたコロ鯛と金目鯛と旬の赤貝と淡白でクリーミーなムラサキウニでフィニッシュ。赤酢と相性のいいネタばかり。かなりいい腕とセンスされてます・・・

大阪市福島区福島7-22-17
BRAVI BLD 4F
06-6454-9555
18:00-夜迄


カテゴリー 福島, 和食 |

魚タリアン YO

福島の魚介イタリアンを訪問。聖天通り商店街の入り口あたりに位置する。カウンタ−に案内いただき前菜とパスタとメインを選ぶプリフィクスの3500円のコースをすすめていただいたので言われた通りにする。この他にも料理長オススメコースが6000円、アラカルトもいろいろある。

最初にグラスでスパークリングを所望してカルパッチョの前菜をいただく。濃い顔のサービスの方が恭しく持って来られる所作が面白い。

2017-01-15 18.23.50

独創的な盛りつけのカルパッチョは冷凍のアルゼンチン赤海老、帆立、水蛸、鰤、縞鯵。押し麦のサラダと浅利とししとうなど。盛りつけ途中のものが出てきたのかなと思った。ボリューム質ともにかなりイマイチ。

2017-01-15 18.42.37

イカスミを練り込んだ自家製麺に鮑とパン粉のオイルソース(+600円の追加料金)モチモチした麺が魚介出汁の入ったソースによく絡んで全体的にバランスのいいものになっている。

2017-01-15 18.54.29

赤海老と雲丹のクリームパスタ(+1000円の追加料金)手打ち麺のパスタは秀逸。イケメンシェフがカウンタ−の中ですべて一人で黙々と作る。「黙々と作ってるな〜」とひとりごちしたら「すみません愛想がなくて・・」とカウンタ−の向こうからの返答。自身はリッツカールトンのスプレンディード出身と言っておられた。福島駅界隈は寿司の「敏」や天ぷらの「草哲」などリッツカールトンから独立したシェフの店が数店存在する。

2017-01-15 19.08.54

鮮魚のアクアパッツアを所望する(+1000円の追加料金)この日の魚は連小鯛。大振りのサイズで素材も仕上がりもかなり良かった。焼き上げた魚の骨から丁寧に出汁を取ってバターやオリーブオイル等と乳化させてかなり上質なスープに仕上がっていた。

2017-01-15 19.24.32

シチリアのシャルドネといっしょに楽しむ。樽のニュアンスとふくらみのある複雑なブドウのアロマが広がり程よい酸味とミネラル感、エレガントでほのかな甘味も感じられるバランスのとれた味わい。

2017-01-15 19.31.42

活オマールのグリルアメリケーヌソース(+2400円の追加料金)身の詰まり方もパンパンで海老の味噌をベースにした濃いアメリケーヌソースを身に付けながらムシャムシャ頂く。追加料金を合わせるとワインを入れて1万円の支払いでした。でも美味しいオマールをいただけたので満足でしたYO。

午前中に病院に行って運転免許証を出して笑われて午後から警察での免許更新で保険証を出して笑われた。滅びの序章か・・・・

大阪市福島区福島7-5-2
TEL 06-6455-7776
営業時間 17時〜24時
定休日 水曜日


カテゴリー 福島, イタリアン |
1 / 1012...最後 »