福島

肉和食 月火水木金土日 6月

4月に続いての訪問の福島駅近くの表記の店。。毎月献立が変わるのとハイコスパで大人気。この日もカウンターに案内いただき、調理師さんの手仕事をライブで見ながら食事を楽しむ。お店はハイセンスな内装でとてもかっこいい。。関西外食店の雄、オペレーションファクトリーの経営。料理は月替わり6000円税別のワンコースのみ。

座付はもも肉のたたき。。これは特にどうってことはない・・・ 

前菜は高杯に入った肉のなめろう、柔らかく火入れされた河内鴨ロース煮、笹身肉の和え物、自家製の生ハムなど・・

お酒は大好きな秋田の新政No.6

煮物椀は枝豆の真薯と鮎魚女。。出汁の塩梅もとても上質でいい。 

皮目を炭火で炙った鱧。。梅肉と酢味噌でいただく。シンプルな盛りつけもいい。

レアに火入れされたブランド豚の冷しゃぶ。酸味のあるジュレとの相性もとてもいい。熊本産のフルーツトマトを添えて。

続いてのお酒は醸し人九平次の純米大吟醸。。最近いただいたお酒の中でトップ3に入る美味しさ。。

メインのステーキは赤身肉だけど旨味たっぷり。塩とわさび醤油でいただく。ボリュームも食べ応えもあって大満足。半分生で供されるホワイトのトウモロコシもとても美味しい。

締めは前回も供された肉しゃぶ。。レアに火入れされた肉の真ん中にオレンジ色の卵をそっと置いて熱いツユを部下kてていただく趣向。出汁で下味をつけたが釜炊きのご飯と一緒に卵かけ肉ご飯にしていただくと悶絶級の美味しさ。。


デザートのかぼちゃプリンも頂いて、おまかせコースは終了…このコースが¥6000というのはかなりお値打ち。。サービスのクオリティーもかなり高い・・・

帰りに近くのバーでさっぱりとヴーヴクリコをいただいて暑気払いなり。。

大阪市福島区福島7-1-7
JR福島駅 徒歩1分 高架下
月-土17:00〜26:00日・祝17:00〜23:30


カテゴリー 福島, 和食 |

鮨 かなさ

JR福島駅から南西に徒歩10分、住宅街にあるの表記の店を訪問。店に入るとネタケースが見えるカウンター10席でカウンターバックが曲線になっていて洞窟のような雰囲気。照明の使い方も考えられていてうまく高級感を醸し出している。腰板は石材を使っていてとてもセンスがいい。

「かなさ」という店名は沖縄の方言で「愛」のことらしい。モダンな造りの店内にはシーサーや沖縄の飾り皿などが置かれる。30代と思われる沖縄ご出身の御主人と奥様と弟子さんの3人で切り盛り。

サッポロラガービールと一緒にいただく突き出しは若竹煮。。

刺身は和歌山産の鯛から。一切れは塩を自分でつまんで振って・・もう一切れは山葵醤油で食べ比べる趣向。

大きなサイズの「釣り鰺」の漬けは脂が乗りまくり。。

旬のアイナメは皮目をさっと炙って供される。

琵琶湖産の稚鮎の焼き物。最初に頭だけを食して2口目はワタの苦味をビールと一緒に味わい3口目は尻尾の部分を楽しむ。

この日のお酒は奈良の篠峰の生原酒と埼玉の亀甲花菱という含み柔らかでキレのある生原酒。最後は福岡県の「上を向いて歩こう」という辛さのある香りの高い、すいすい飲める純米吟醸酒。

生のホタルイカをボイルしてさっと炙ったものはワタの旨味がお酒にドンピシャ。

名古屋フグの刺身は白子とおろしポン酢で供される。

砂糖を使わずに漬け込まれたガリは生姜とゴーヤ。。ゴーヤのガリはめずらしい。

太刀魚の塩焼きもふわふわの食べ口。。金針菜が添えられる。。。

蛸は手前はさっと塩蒸ししたものでしっかりとした弾力だけど隠し包丁を施しているので食べやすい。奥はしっかりと酒蒸ししたもので歯が要らないくらい柔らかい。。こうやって同じ素材を異なる調理法でいただけるのが嬉しい。

旬の「のれそれ」は酸味のあるタレで供される。ごま油の香りもする。。。寿司店でごま油の使用は珍しい。でも美味しい・・・・

ずわい蟹の身と甘エビの身を包丁で叩いて混ぜたもの。これは初めていただいた。最初は半分アテとして日本酒と一緒にいただいて半分はご飯と混ぜていただく趣向。不味いわけがない・・・

炙ったキンキをすし飯に乗せて上から出汁をかけて茶漬けとしていただく。この趣向も実は初めてなり。

寿司の扉は瀬戸内海の鰆から。続いてのマグロは私だけパス。和歌山のハリイカ、コハダと続く。最近多い赤酢でないのが嬉しい。

続いて巨大サイズの足赤エビ。尻尾はわさびを乗せてアテで、頭と胴部分は握りで供される。青森産の雲丹は見ただけで高級とわかるもの。口の中ですっと消える幽けき味わい。ふわふわの焼き穴子と続く。

最後に茶碗蒸しをいただいて干瓢巻きと卵焼きでフィニッシュ。ガンガン飲んで会計は一人1万円でした。。内容を考えるとコスパはいい方だと思う。。

次回は泡盛をいただきながら食したいと思った。

ご主人は沖縄から大阪に出てきて20年とのこと。沖縄のことは全くわからないと言っておりました。

大阪市福島区福島4-4-24
電話: 06-6147-6171


カテゴリー 福島, 寿司 |

肉和食 月火水木金土日

3月末にJR福島駅前にオープンしたばかりの表記の店を訪問。
駅をでてすぐ右側の高架下のお店でよく似た肉料理の店が4軒並ぶ。その中でもかっこいいスタイリッシュな造作はナチュラルで温かみがある間接照明を使用したハイセンスなお店。ここ最近で訪問した和食店では一番かっこいい店だと思う。

料理は月替わり6000円税別のワンコースのみ。オープンキッチンで料理を作っている職人さんが見える白木のカウンターに案内いただく。

前菜はほうれん草のお浸しの上に牛肉の火入れしたものとイクラを乗せたものとウニを乗せた肉の手毬寿司。器もビジュアルも共にとても美しい。

この日は日本酒で最後まで楽しむ。大好きな秋田の新政酒造のNo.6のレギュラーとスペシャルの飲み比べ。生酒ならではの凝縮された旨味と柔らかな口当たりが特徴なんだけど飲んだ後はキレがあってスッキリした感じ。。こちらでは日本酒やワインのこだわったものが良心的な価格で提供されている。

肉八寸と呼ばれる丸盆に乗った端正な料理が登場。とても柔らかで癖のない上ミノを湯引きしたものはもやしと一緒にいただくと旨味満点。熟成したラム肉フィレ肉のレアカツはとても柔らかで臭みや癖は全くなし。鶏ひき肉で作る松風、鶏肝のしぐれ煮、ふわふわの牛タンの柔らか煮などどれもワンランク上の手のかかった和食ならではの仕事ばかり。

お造りは熊本産馬刺しでバラ肉のフタエゴ、脂部分のたてがみ、赤身肉の3種を甘い醤油で食す。。それぞれを食べ比べると味にコントラストがあってとても良い。

黒毛和牛もものタタキは肉の旨味と炭火の焼き目の香ばしさが秀逸。晒したミニ玉ねぎと一緒にいただくとさっぱりしてより肉の甘みが感じられる。

ここで新政の亜種のエクリュと亜麻猫を飲み比べで所望。生成色を意味するエクリュは純米酒なんだけど大吟醸並みの40%精米。名前の通りナチュラルな口当たりで嫋やかな甘味と酸味が心地良くて若干の爽快感のあるガスを感じる。

亜麻猫は通常の清酒用麹に焼酎用麹(白麹)をも用いているために日本酒にあまりない酸味が特徴。日本酒と泡盛のハイブリッド版のようなお酒。

魚料理は赤甘鯛の鱗焼きと紅芯大根のおろしをあしらってに菜の花を付け合わせたもの。皮目に熱した油をかけて鱗を揚げ焼きのようにするのは伝統的な和食の仕事。パリパリサクサクの鱗とふわふわの鯛の身のコントラストが最高に良い。

この料理は獺祭と黒龍の純米大吟醸を合わせる。

メインの肉料理は熊本産のA5プレミアム和王牛の炭焼き。20分くらいじっくりと時間をかけて何度も肉を休ませて焼き上げる。表面はカリッとしていて中はレアなんだけどドリップは全くない。丁寧で完璧な肉の火入れに感動。

味は見た目通り。。。赤身肉なので肉の繊維が詰まっているけどとても柔らかい。旨味も濃厚で薬味をつけると味わいもまた変化する。

肉はスペインのメルローと共にいただく。滑らかで静かな味わいで肉との相性とても良い。

締めの食事は土鍋ご飯とともに黒毛和牛赤身肉の卵黄と出汁しゃぶすき肉が登場。
湯通しされた肉の真ん中に龍の卵というブランド卵の黄身を落として濃いめの出汁をかけて、全てを絡めて肉をいただく趣向。柔らかい肉と濃厚な卵と醤油ダシの取り合わせは天下無敵なり。途中で卵かけご飯にしたりご飯の上に肉を乗せていただいたりして楽しむと時間を忘れてしまう。ダイエット中だけど思わずご飯をお代わりしてしまう。

土鍋ご飯は白米ではなく出汁を入れて炊き上げたもの。これも目から鱗のアイデアなり。

甘味はいちご大福が中に入ったわらび餅。もっちりしながらにょろーんと伸びて、こしあんといちごの相性も抜群。酸味と甘みのバランスが良くてこれもぺろっと平らげてしまう。気がつけば2時間半経過・・・ここまでコスパのいい肉料理は初めて。。来月再訪間違いなしなり。。。

大阪市福島区福島7-1-7
JR福島駅 徒歩1分 高架下
月-土17:00〜26:00日・祝17:00〜23:30


カテゴリー 福島, 和食 |
1 / 1312...最後 »