西天満

ふく吉 6月

西天満のアメリカ領事館の裏くらいの路地に位置する、ちょっといい寿司を食べたいなと思ったときによく利用する表記の店を友人と訪問する。

ご主人は名門北新地の「平野」で修行をされ「京都つる家」でも和食の勉強をされているので寿司以外の料理の美味しさもレベルが高い。ちょうど今月で丸5年となるが店はピカピカでいつも気持ち良く過ごすことができる。

謙虚な人柄のご主人はいつもニコニコ笑いながら客の話に合わせて仕事をされる。その姿は見ていてとても気持ちがいい。高級店なんだけど敷居の高さを感じさせない。。

ビールで乾杯をして座付は胡麻豆腐と渡り蟹、醤油漬けにした内子を、ジュレ状の醤油を合わせたもの。。

続いての作りは旬真っ盛りのアマテカレイとイサギの2種。。少し塩をつけていただくと身の甘さがさらに引き立つ。

ご主人が自信を持って勧める愛知産の生とり貝は強烈な甘さに悶絶。

この日のお酒は京都の総次郎の純米大吟醸と山口県のさっぱりした雁木の純米酒。。双方タイプが異なるので全く飲み飽きない・・ちなみにご主人は日本酒ソムリエ。

旬の和歌山産の鰹のお造りなんだけど私は苦手なので巨大な足赤エビを出していただく。海老星人の私はとても喜ぶ。頭の味噌部分が日本酒にとてもよくあう。

泉州のイワシの焼き物。。脂が乗りまくっていて癖もなくとてもいい塩梅に仕上げられている。これも日本酒が進みまくる。。。。

ご主人得意の煮物椀はかぶらと鰻。。透き通った一番出汁のおいしさは秀逸。。

煮アワビも完璧な蒸し加減でやわやわの仕上がり。出汁にスダチ果汁をいれてさっぱりとした口当たりにしているのはさすが。。うずら卵の温泉卵のようなものをあしらえにする。

巨大なタイラギ貝の磯辺焼き。。言葉にならない美味しさ・・・・

粽を解くと中はクリームチーズの粕漬け。。。日本酒との相性もバッチリでいい口休めとなる。。

タコの柔らか煮は三杯酢でさっぱりといただく。あしらえはブランドきゅうりと生湯葉。。

握りの扉は旬を迎える鱚から。独特の繊細な香りと食味がなんとも言えない・・・続いてはコリコリの食感の剣先イカ・・・中トロは苦手なのでパス。。濃い色の赤貝は九州産。脂乗りまくりの金目鯛、泉州産の釣りのアジと続く。

笹の葉に包んで焼き上げる「平野」譲りの穴子は煮詰めと塩でいただく。。ふわふわの食感は例えようのない美味しさなり。

巨大サイズの足赤海老はぽりぽりの食感と甘さが秀逸。白ミル貝の甘さも悶絶級。淡路産の赤雲丹、ケンサキイカの耳部分と続いて干瓢巻き、3時間かけて焼き上げる玉子焼きでフィニッシュ。ご馳走様でした〜

大阪市北区西天満4丁目11番8号
営業時間:17時〜23時
Tel:06-6809-469

過去のふく吉はこちら


カテゴリー 西天満, 寿司 |

いいくら

友人と西天満の標記の和食店を訪問。ご主人は北新地の人気割烹『纐纈(こうけつ)』さんのご出身。前回訪問してその仕事の丁寧さと美味しさに唸った記憶がありこの日もカウンター席をリザーブする。

コース料理もあるんだけどこの日も前回と同様アラカルトでお願いする。

先付けはパンパンに肥えたホタルイカと独活、うるい、蕾菜、コゴメなどの春野菜の御浸し。体の毒が抜けそうな味わい。。

お造り盛り合わせ1580円は皮をつけたまま包丁をした甲烏賊、生の鳥貝、大きな細魚、皮目を炙った穴子、和歌山の鯛、サクラマスの6種盛り。。どれもがいい味でお酒が進みまくる。

この日はおりがらみの純米吟醸の写楽を最後までいただく。辛口なんだけど一口いただいただけでメロンのような華やかな吟醸香としぼりたてならではのフレッシュな味わい、キリッとした酸味のバランスに魅了される。

極太のホワイトアスパラガス1280円を炭焼きにしていただく。

鯛のあら炊き1580円も食べやすくカットして供される。ビジュアルが美しい。。。これも日本酒に相性ドンピシャなり。。

最後は熊本産和王のラムシンを使用した黒毛和牛のビフカツ2780円で締め。火入れ加減も完璧で噛めば肉汁がビュー!と弾け出る。

この他にも食べたいものばかり・・・後ろ髪引かれる思いで店を出る。。。

大阪市北区西天満3-7- 20
06-6314-6747
営業時間 17:00~24:00(L・O23:30)
定休 日 日曜日


カテゴリー 西天満, 和食 |

唐菜房 大元

友人と西天満にある表記の中華料理店を訪問。昼間に何度か伺ったことはあるが夜は初めて。シェフは辻調理師学校の講師をしていただけあり凄腕と界隈でよく聞く。中国人の客がたくさん訪問する事でも有名。
ランチタイムの海南飯が秀逸ででいつも大繁盛。

1階はカウンター7席とテーブル席、2階はテーブル席となっている。オススメの青島ビールのプレミアムで乾杯する。料理は8000円からのお任せで今回は10000円で仕立てていただく。

前菜は鶏肉と野菜をマレーシアの醬で和えたピリ辛の料理。ビールがよく進む。。

大振りの大根餅は中に入るベーコンと干しエビが香ばしい。

干し金華豚のオイル漬けは熱々のバンズに挟んでいただく。一度にこんなに大量の金華豚をいただくのは初めて。アクセントのトリュフもとてもいい。

上海蟹の身と味噌の入ったスープ仕立てには大量のフカヒレが入る。昨日まで生きていたらしい。

大きな貝柱をXO醬で炒めたもの。独特の深いコクがあって紹興酒にドンピシャなり。貝好きの私には大ご馳走。

トロトロに煮込んだ豚足と伝助アナゴ。。これもシェフのスペシャリティーらしい。豚足は苦手だけど嫌な脂をしっかりと取り除いているために抵抗なくいただけた。

酢豚ならぬ酢鴨。カリカリのパリパリに仕上げられていて飲み込むまでに3度くらい味わいが変化する不思議な料理。付け合わせのリンゴとの相性抜群。

締めは土鍋て供される鯛ごはん。。鯛の切身の上には刻まれたトリュフと生雲丹がてんこ盛り。。なんとも贅沢な鯛ごはんであろうかトリュフの香りが鼻腔鵜をくすぐり北海道産の雲丹の甘さが脳幹を刺激する

デザートは初めていただく中国のお菓子。。名前は忘れた・・・ねっとりした食感で程よく甘くてとても美味。

お約束のマンゴープリン。。。さっぱりして美味しかったです。。

大阪市北区西天満4-5-4
06-6361-8882
11:30〜14:00LO、18:00〜22:00LO
日曜、祝日休み


カテゴリー 西天満 |
1 / 1412...最後 »