西天満

唐菜房 大元

友人と西天満にある表記の店で昼ご飯を食べながら最近行かれた海外旅行の話を聞く。恰幅のいいご主人は知る人ぞ知る辻調にて約20年教鞭を取られていた中華料理会の重鎮。一階はカウンタ−席とテーブル。2階はテーブル席のみ。

ランチメニューは
焼味飯(焼豚ご飯) 1250円
海南鶏飯 1050円
香烤鶏飯(ローストチキンライス) 1200円
四川担々麺 900円
葱油湯麺(葱そば)850円
豆芽湯麺(もやしそば)750円

ここから海南鶏飯 1050円と四川担々麺 900円と豆芽湯麺750円を所望してシェアしていただく。

海南鶏飯はいわゆるタイ料理のカオマンガイ。低温調理されてしっかり冷やされた鶏肉はしっとりとしたロゼ色に艶かしく光り、一瞥しただけで技術の高さが伺える。ジャスミンライスも70℃に保たれたコンベクションで作られ何度もチキンスープを追い出汁して品よく仕上げられる。

厚目にカットされた鶏肉はしっかりとした歯ごたえで引き締まっていてとてもいい食感。タレは中華醤油と生姜の入ったものの2種類。テーブルにはチリソースも添えられる。しっかり味の染み込んだプルプルの皮部分もこの料理の醍醐味。

ご飯を少し残してスープに入れて掻き込むのが大好き。

もやしそばはしっかりめに湯がかれた細麺に脂分をしっかり感じる鶏系の特徴のあるスープ、炒められたもやしが乗せられたシンプルなもの。黒胡椒がアクセント。説明が難しいけどアジアのホテルの朝食で頂くような味。

担々麺はオレンジ色のスープに青菜と肉味噌がトッピングされる。特別辛くはないけど白胡麻と香草がアクセントになる。まったりコクがあるけど素材構成は判らない・・・スープが喉を通ったあとから青臭い風味が鼻に抜ける。陳健民のオリジナルバージョンを踏襲しているとの事。

食後は裁判所前の近くの「ELK KAFFE(エルクコーヒー)」で小休止。お薦めの北海道の焙煎所のシナール マンデリン800円をいただく。ネルドリップで時間をかけて注いで頂いたものはかなり深入りで濃くて柔らかな苦みがあるもの。とてもぬるくて推定70℃くらいか。雑味はなくてチョコのような香りも悪くない。とても勉強になりました・・・

大阪市北区西天満4-5-4
06-6361-8882
11:30〜14:00LO、18:00〜22:00LO
日曜、祝日休み


カテゴリー 西天満, 中華料理 |

海鮮割烹 薮 *店名の薮は実際は竹冠

梅新交差点のフェニックスホールに歌曲ハラウィのコンサートを見に行った帰り、アメリカ大使館の北側の路地に位置する表記の店を訪問。界隈でも古いお店でこの場所で33年くらいやっていると言っていた。お店は外観も中も昭和の香り満点。場所柄、法曹関係の客が多いと言っておられた。夜はご主人が一人でされている。かなりの高齢と見受けられる。

2017-03-06 20.14.49

この日はお任せ3品で4500円のお任せを頂く。お店の中には早咲きの大きな桜の枝の投げ入れ。突き出しはホタルイカ。特にどおって頃はないけど若布と一緒に和えられた酢の加減が絶妙。

2017-03-06 20.23.47

名物のてっさは天然のものを熟成させたもの。左手で握る包丁の冴えが神々しい。旨味たっぷりの河豚の身を酢橘ベースの軽めのポン酢で頂く。酢を使わず酢橘果汁だけを用いながら(多分・・)刺のないまろやかな味に仕上げられた逸品。このポン酢はお店で販売もされていると聞き及ぶ。1年間に何度もてっさを頂く機会があるがこの日のものが今シーズンのナンバーワン。

2017-03-06 20.25.14

日本酒を凍らせた竹の筒で供していただく。キレのある奈良県の純米酒が熟成されたお造りとよく合う。

2017-03-06 20.41.44

幅10㎝くらいの巨大な太刀魚の焼きもの。粒山椒が添えられ生姜醤油とともに供される。焼きの技術も完璧。脂ののりは想像に難くない。あしらえの占地の酢の物もさっぱりして口によく合う。「この太刀魚美味しいでしょ〜?」とご主人が宣うくらいの上質な塩焼きである。お酒がどんどんすすみまくる・・・

2017-03-06 20.55.55

明石産の目板かれいの唐揚げ。唐揚げにするにはジャストサイズ。3匹をぺろりと食べてしまう。塩を付けたりポン酢で頂いたりといろいろな食べ方が出来る。もう一品魚の煮付けを追加することもできるがこの日はこれくらいでフィニッシュ。個人的には大好きな店で一人で伺っても温かく迎えていただけます。。

大阪市北区西天満4-11-8
TEL.06-6362-3600


カテゴリー 西天満, 和食 |

西天満 中村

11月末に西天満にオープンした表記のお店を訪問。食べログ、ぐるなびを含め現在お店の全く情報は世間に出ていない。お店の紹介も多分このブログが初めてだと思う。

女性店主の中村明美さんは豊中の「一汁ニ菜 うえの」ミナミの「本多」などの名店で修行をされこの度、日本料理激戦区の西天満の路地にお店を出された。小さな看板とのれんだけのファザードは知らなかったら通り過ぎてしまうデザイン。数寄屋造りの店内はカウンタ−8席のみ。聚落の壁や網代に編んだ天井などしっかりと作り込まれた店内にクラッシックピアノのBGMがいい空気を醸し出す。金色のソムリエバッチを付けたサービスの方が数名在籍。

料理は現在お任せ1万円のみ。今後はレパートリーを増やされていくと思われる。この日は某百貨店部長と大阪No.1焼肉店マダム、市内高級日本料理店勤務の若い女性2名で貸し切り新年会。

2017-01-12 19.44.08

座付きは胡麻豆腐の淡路の地雲丹を載せたもの。出汁に生のりを合わせる。雲丹の味もすっきりしていてスルスルと喉を通る。

2017-01-12 19.49.27

小柄な女性店主が大きな刺身包丁を使って魚を切る作業は見ていて興味深い。仕事はとても丁寧だけど女性特有のチマチマ感がないのがいい。店内のカウンターバックには錫作家さんの鈍く光る渋いアートが飾られる。

2017-01-12 20.18.11

ソムリエさんお薦めの石鎚の純米吟醸中汲みを所望。辛すぎず食中酒にぴったりの誰が飲んでも美味しいと思えるようなバランスのいい旨味のしっかりとしたお酒。

2017-01-12 19.55.57

刺身は明石の鯛と剣先烏賊。あしらえは拍子に切った大根と芽萱草、茗荷に紅たで。醤油と特製の酢橘塩でいただく。器も盛りつけも美しい。

2017-01-12 20.10.51

正月らしい黒塗りの煮物椀登場。

2017-01-12 20.11.42

鯛が描かれた蓋の裏は総金箔が張られていてまさに「お目出たい」感じ。

2017-01-12 20.11.03

お椀の中身は柔らかく炊き込まれた丸大根と水菜。出汁は河豚の骨で取っているとのこと。大根との相性を考えて出汁は少し濃いめ。飾り切りの人参の梅の花が可愛らしい。

2017-01-12 20.30.28

八寸は平目の昆布締めに赤大根の土佐酢和え。上にはチシャ軸の味噌漬けが添えられる。ボケの花の横には金柑の甘露煮とノドグロの蕎麦米焼き。つぼつぼの器には剣先烏賊の耳の塩辛。ランプ肉のローストビーフ。

大王松の葉に刺された黒豆とずわい蟹とチーズの松風、中に黄身餡を鋳込んだ百合根饅頭。割り山椒の器にはアサツキの新芽とくらげの酢味噌和えなど。どれも手の込んだ繊細なものばかりでこれだけでお酒が5合くらい飲めそうな感じ。

2017-01-12 20.54.49

唐墨を餅で挟んで焼き込んだ唐墨餅。もうひと味欲しいところ・・・

2017-01-12 21.10.20

大振りの国産の伊勢海老を目の前でカットして具足煮で提供いただく。活海老なのでレアな火入れがポイント。プリプリしてとても美味しい。ロブスターやオマールとは完全に味の異なりがある。あしらえは海老芋と慈姑団子のフリット。

海老の味噌をベースとした煮汁だけど海老の癖が全面に出てパンチがありすぎな感じだけどこれは好みの問題。知り合いのフレンチのシェフならこの素材をどう使うかなと想像しながら食す。伊勢海老は生よりも火入れしてこそ価値があるといつも食すたびに思う。

2017-01-12 21.19.19

〆は土鍋で牛蒡と三度豆のご飯。こういった地味な感じの野菜の炊き込み御飯が大好き。塩梅も良くて周りの若い女性はお替わりしまくりちえ子状態。

2017-01-12 21.22.16

器のセンスも良くて何を食しても美味しい。

2017-01-12 21.42.48

デセールは和三盆と酒粕のジェラート。蓋付きの器で供される。

2017-01-12 22.43.22

最後に記念撮影をして終了。ワイワイ和やかにあっという間の3時間でした。1年後には予約の取れない店になっているのは必至。料理を作る方、もてなす方の「美味しく食べてもらおう」という一生懸命さがしっかりと伝わりとてもいい気分で店を出ました。

帰りは皆で近くのエルクコーヒーで夜珈琲。普段2件目はワインとかウイスキーとか飲むのが常だけどノンアルコールもたまにはいい。65℃で抽出したぬるい超深入り珈琲を添えられたビターチョコレートといっしょにいただく。こんな日もたまにはいい。

北区西天満4-5-25
06-7506-8218
17:00~22:00
日祝休み


カテゴリー 西天満, 和食 |
1 / 1112...最後 »