西田辺

和食京膳 高はし

西田辺にある標記の隠れ屋和食店を友人と訪問。駅のすぐ近くなんだけど路地の中にあるのでなかなか判りにくい立地。カウンタ−3席とテーブル席4、座敷が4席の小体なお店。
食材は明石浦の天然物を契約漁師から直接入れていると聞き及ぶ。夜の料理はコースのみで3500円、4500円、5500円(いずれも税別)

今回は廉価版の3500円のものを所望する。

先付けは蟹身の春巻き。添え野菜に海老芋、満願寺唐辛子、姫人参、バターナッツ。酸味の効いた濃いめの出汁で南蛮風に仕上げられる。

続いては鱧団子の餡掛け。団子の下には炊いた蕪。。

鯛の昆布締めと鯛の笹巻すし。少し御飯が多い・・・

メインディッシュの黒毛和牛を酒蒸しにしたものを出汁で温めてポン酢で頂くもの。

特にどおって事はないけど出汁の塩梅がとてもいい。

烏賊の天ぷらはイマイチ君・・・

〆の鯛御飯は一度炊き込んでから耐熱の皿に移して加熱する事で軽い焦げが出来る。それを2杯目は出汁茶漬けで頂くと焦げの風味も相まって驚くほどの美味しさ。

デセールはきな粉のアイスクリーム。ごちそうさまでした。。。

大阪市阿倍野区西田辺町1-2-4
電話: 06-6692-7533


カテゴリー 西田辺, 和食 |

天びん棒 6月

長居のマッサージ店で2時間マッサージを受けた帰りに西田辺の表記の店を1人で訪問。駅角4番出口の三井住友銀行の路地を入ったところに位置する。新鮮で厳選した魚や野菜を取り揃えている事で有名な界隈で超人気店。以前ランニング友達と数人で利用した事があるけどひとりぼっちは初めて。ビールを頂いてからお盆に載せられた5種類の突出しの中ならジャコおろしを選ぶ。

刺身は伝助穴子の炙り造りを所望する。

骨切りされた伝助穴子は脂たっぷりで炙った皮部分が甘くてとても美味しい。総じてすべてのメニューの価格は高めであるがいい食材を取り揃えている感はある。カウンタ−の中にも丸坊主の調理師さんが3名で客の注文を役割分担しながら丁寧に作っている。

続いて剣先烏賊の造り(写真撮り忘れ)を所望するが特にどおって事がないもので残念。

アスパラガスのソテーは青色と白色のものをアソートしたもの。丁寧に隠し包丁も入っていて普通に美味しい。

海老だけを天ぷらだけ揚げてもらったがこれもどおって事のない味。

最後に好物のマッシュルームのパスタを所望しようかと思ったけどお腹いっぱいで自宅に帰る。ビールと中々2杯で7500円のお会計。。毎日は来れないな・・・・

大阪市阿倍野区西田辺町1-19-1
06-6693-9655
日曜定休
18:00~翌01:00


カテゴリー 西田辺, 居酒屋 |

ボルガ

西田辺にある表記のピッツェリアを訪問。駅の1番出口から東に300m。元シャープ本社の西に位置する。
本年ミシュランのビブグルマンを取得。。以前はランニングの練習の帰りに友人とよく立ち寄ったが最近はご無沙汰。まずは店主に受賞のお祝いを申し上げてワインと前菜盛り合わせ1600円を所望する。

自家製ポテサラに生ハム、自家製ロースハムに田舎風パテ、鯵の南蛮漬け、人参のラペ、ピクルス。。どれも上質で丁寧な仕事が見て取れる。カウンタ−6席とテーブル席が8席。この日は店主1人で満席の店内を廻しまくる。

ワインは微炭酸のランブルスコレッジャーノを所望する。初めて見るボトルデザインだったけど凝縮感があって干しぶどうのような味わい。きめ細かな泡感が口の中のピザの脂分を落としてくれる。

ピザは店内の大きな金属製の薪窯で焼かれる。種類はマルゲリータとマリナーラのみ(両方1500円)。窯内の温度はかなり高めで1分程度で焼き上がる。煙感と焦げ感がしっかりついたマルゲリータはかなりの厚みがある。焼き上がったものをナイフとフォークで頂く本場流。三角にカットしたものを自分の取り皿に載せてくるくる巻いてから縦に一口大にカットして食べるのが正式とイタリア人の友人に昔習った記憶がある。

生地は適度にモチモチでかなり美味しい。トマトソースもあっさりしていてジュースのような感じ。オリーブオイルも上質で軽くてスルスルと喉に入って行く。総じて高レベルである事は一口頂けば判る。大阪の南地区では一番のお気に入りの店です。

大阪市阿倍野区昭和町5-12-14
06-6623-0188


カテゴリー 西田辺, イタリアン |
1 / 3612...20...最後 »