レストラン

MICRAD (ミクラド)5月再訪

住之江区の中加賀屋という場所にある表記のお店をディナータイムに訪問。大阪メトロの北加賀屋駅、南海本線住吉大社駅から徒歩10分くらい、私どもの会社から徒歩3分の場所に位置する。界隈にコインパーキングたくさんあり。

お店はカウンター5席と奥にテーブル席が1つ。間口も狭く見た目は小さなカフェのような感じ。カウンター内の小さな厨房で若き女性オーナーシェフのミクさんが驚くような高品質の料理を手際よく作られる。

契約農家さんから直送の様々な野菜をはじめとするこだわりの食材でレベルの高いインスピレーションに基づく料理にいつも感心する。以前こちらの日記でお店を紹介したところかなり多くの読者様が遠方からも訪問いただいたと喜ばれていた。
ランチメニューは様々な前菜の入ったヘルシー系のデリプレート1000円か、肉か魚のメインディッシュが入ったプレート1000円〜、本日のパスタセット900円、本日のサンドウイッチなどからなる。

ディナーメニューはグランドメニューと壁に手書きで書かれたシーズナブルメニューからアラカルトで選ぶようになっている。価格は街場の半額・・・・いつも心配になるけど言うと、店主曰く「私とこの料理はポーションが少ないので大丈夫」と謙遜されていた。

最初に新玉ねぎとリーキ(ポロ葱)の冷製ポタージュ。幽けき塩味の加減が素晴らしい。。色々な季節野菜を使ったスープがいつも秀逸。

続いて玉ねぎのムースの上にエンドウ豆のムースを被せて石狩産のイクラと白ワインで作ったジュレをかけたもの。。イクラの食感、塩味とムースとのバランスもとてもいい。提供時間がとても短いのは仕込みがしっかりしているからと思われる。

この日のお酒は店主が先日の連休に北海道に行かれた時に購入された3種類のモルトウイスキーを順番にハイボールにして飲み比べをする。

美味しそうなジンもあったのでソーダ割りで楽しむ。。最近は個性的な味のジンが増えた気がする。

鴨ロース肉を低温調理してサラダ仕立てにしたもの。ソースはマーマレードを使ったもの。ひたすら鴨肉が柔らかくて野菜の美味しさと合間ってお酒がすすみまくる。自家製のパンもかなり美味しい。

河豚の白子のバターソテーはバターとケッパーとレモン汁の鉄板の味わい。これらの料理が一瞬で提供されるのが凄い。。

住之江区粉浜の老舗精肉店の「うしや」から仕入れる熊本産の赤牛のラムシンを使用したステーキ。断面を見ると火入れは完璧。これをワンオペの中でフライパン一つで仕上げる腕は大したもの。鉄分がしっかりと感じられる赤身肉は適度な噛み応えがあり、富良野産の山わさびと一緒にいただくといいものを食べているなと実感できる。あしらえはポテトのピュレとハーブ野菜。。この料理だけは数種類のこだわりのグラスワインと一緒にいただく。
あっという間に時間が過ぎて大満足で店を出る。。小さなお店なので予約してからの早い時間の中訪問がオススメです。

過去のMICRADはこちら

大阪市住之江区中加賀屋4-2-3
日曜休み
090-3736-0286


カテゴリー 北加賀屋, 住吉大社, カフェ, レストラン |

MICRADO 5月

4月に訪問して久しぶりに感激した表記の店をランチタイムに再訪。大阪メトロ北加賀屋駅、南海本線住吉大社駅から徒歩10分くらいで姫松橋の北側に位置する。界隈にコインパーキングたくさんあり。

お店はカウンター5席と奥にテーブル席が1つ。間口も狭くかなりこじんまりしているんだけど見た目と裏腹に若き女性 オーナーのミクさんが作る野菜をはじめとする食材に徹底的にこだわり、かなりレベルの高いインスピレーションに基づく料理がかなり美味しくて地元の客のみならず遠方からもわざわざ来店があると聞き及ぶ。

週末は自家製のフォカッチャをはじめとするパンや自家製ドレッシング、ジャム、様々な農家さんの野菜などを店内で販売されている。

見るからに美味しそうな野菜は早くに売り切れることが多いと言っておられた。私はお土産に玉ねぎのスープを購入する。

ランチメニューはデリプレート1000円か肉か魚のメインディッシュが入ったプレート1000円〜、本日のパスタセット900円、本日のサンドウイッチなどからなる。この日はランチプレートの主菜が売り切れなので惣菜が5〜6種類盛り合わせになったデリプレートを所望する。

最初にキャベツで作ったスープ。塩味は限りなく少なくとても滋味深い。。

しばらくしてプレートが提供される。料理は店主のワンオペ。酸味の効いたシンプルなドレッシングのかかった葉物野菜はとてもしっかりした味わいがある。自家製のジャガイモを練りこんだフォカッチャとともに中東アラブ料理のヒヨコ豆を潰してペースト状にしてレモン汁、ニンニク、クミンなどの香辛料を入れた「フヌス」というもの、紅はるかを使ったサツマイモサラダ、ビーツとキヌアとグレープフルーツのサラダ、鶏レバーペーストなど。

どれも身体によさそうなものばかり・・・・

食後はシルキーな舌触りのベイクドチーズケーキとコーヒーを所望。テイクアウトもできて何をいただいても安くて美味しい、最近では稀有なお店です。

前回のミクラドはこちら

大阪市住之江区中加賀屋4-2-3
日曜休み


カテゴリー 北加賀屋, 住吉大社, カフェ, レストラン |

カルネジーオウエスト

阪急梅田駅高架下の阪急三番街の北側の「茶屋町あるこ」という比較的新しい施設にある表記の店を友人と訪問。店内は間接照明のシックで高級感ある内装。かなり大きなオープンキッチンをコの字型に囲んだカウンター席が個人的におすすめ。テーブル席や個室仕様になった席もあり。

場所柄、客層は若い女性グループやカップルが多い。私のような還暦前のおっさんはあまり見かけない。オープンキッチンの中の3名のスタッフさんが仕事を連携しながらすごいスピードで料理を作る姿を見ることができるライブ感もこちらのお店のご馳走。

お通し300円はパンとふわふわのスモークしたホイップバター。パンはおかわり自由。 ワインと最高に相性のいいスモークバターが秀逸。

コース料理もあるけどいつもアラカルトで注文することが多い。前菜は人気商品の幻のハムと言われるクラテッロとプラッターチーズ1650円の盛り合わせ。以前は950円だったけど1年前に1200円になって最近大幅値上げ。注文ごとにハム切り用のスライサーで紙のように薄くカット。上に乗ったオリーブオイルのかかったフレッシュプラッターチーズと合わせていただくととても美味しい。これだけでワイン1本くらい飲めそうな感じ。

和牛のタルタル1980円も大好物。目の前で塊肉を切り出して丁寧に作る。薄くカットされたバタートーストと一緒に供される。口に入れると溶け出す脂の甘みと肉の旨みが病みつきになる。肉以外に塩、胡椒、オリーブオイル、ピクルス、エシャロット、レモン果汁で調味されていて、なんとも言えない複雑で深い味わいとなっている。しかしながらメニューには年寄りや病人は食べないでくださいと表記。。

このタルタルにはいつもこってりしたシャルドネを合わせる。

粒貝のアヒージョ。しっかりとニンニクが効いたエスカルゴバターもほのかに白ワインの香りがする。パンと一緒に食べると際限なく食べ続けれそうな感じ。

口直しの春菊爆弾(ネーミングが面白い)550円はパリパリの食感と爽やかな香りでエグミが全くない。

料理を提供するタイミングも丁寧に聞いてくれるのも嬉しい。肉料理はその日によって提供される肉種が異なる。この日は和牛の「ひうち」と「とうがらし」と呼ばれる部分で好きな量を注文することができる。

和牛は赤身でも脂が多いので私はこちらのお店ではスタッフさんお勧めの定番のアンガスかアルゼンチン産の牧草を食べているグラスフェッドビーフのヒレ2420円/100gを300g所望する。

早めに冷蔵庫から出してカットした後で火口の横で肉を芯まで温める。そのあと客にタイミングを確認してから鉄板で焼きこんでオーブンで仕上げられる。焼き込まれた肉は塊のまま音を立てて熱々の皿で供され、サービス係の女性スタッフさんが大きなナイフで皿の中の肉を切り分けてくれる。焦げたバターニンニク醤油もメイラード反応でとても香ばしい。丁寧に焼き込まれた切断面が綺麗な赤身肉はとても柔らかだけどしっかりした食感でグラスフェッド独特の強い旨みを感じることができる。

残ったにんにくバターソースでガーリックライス880円を勧めていただいたけどお腹いっぱいで断念する。

デザートは濃厚チーズケーキ クラッシュラズベリー。濃厚なチーズと細かく刻んだ甘酸っぱいラズベリーの相性がとてもいい。会計は現金決済不能。予約はネットのみ。。何回来ても勉強になるとてもいいお店です。。

大阪市 北区芝田1-6-2 茶屋町あるこ1F

過去の訪問はこちら


カテゴリー 梅田/JR大阪, バル, レストラン |
1 / 7112...20...最後 »