レストラン

サンパレス六甲

中国自動車道の西宮北インターの横にある結婚式場のディナーショーに招待いただく。小振りの宴会場で参加者150名くらい。。クリスマスディナーコースに好きな飲み物を頂いて90分とショータイムが60分と言う構成。料理長は昔一世を風靡した料理の鉄人の坂井シェフの弟子の徳永利治シェフ。

2013-12-08 11.46.57

アミューズは左下からマグロを軽くスモークしたもの。キヌサヤとパプリカといっしょに串打したもの。その隣はオマール海老と柿のコンポート。生クリームの入った軽いソースが秀逸。真ん中は皮をむいた水蛸を蜂蜜味のドレッシングでマリネしたもの。右上はズワイ蟹のキャビア添えで卵黄を醤油漬けしたソースで和えたもの。左上は牛乳と生クリームの味のカプレーゼ。

2013-12-08 12.12.39

フオワグラコロッケは坂井氏のスペシャリティ。ソースはキノコとトリフを合わせたもの。

2013-12-08 12.13.28

ポテトコロッケの中にフォワグラがごろんと入る。特段どおって事がないけど普通に美味しい。。

2013-12-08 12.30.37

Poissonは蒸しアワビと茄子を和風出汁で合わせたもの。アワビはしっかりと煮込まれていて年配の方が喜びそうな献立。

2013-12-08 12.41.31-1

蕪のスープの中には蕪の小口にカットされたものが入っている。和のエッセンスをたくみにとりいれていてとてもお上手。緑のソースは蕪の葉から作ったもの。

2013-12-08 12.55.34

メインは和牛のローストビーフ。これも唐辛子で辛みをつけた和風のソースで仕上げている。やはり高齢化社会なのかと献立を見て感じる。

2013-12-08 13.17.52

大きなドームはホワイトチョコで作られたもの。

2013-12-08 13.22.23

割ってみると中はバニラとフランボワーズのパルフェ。宝箱をイメージされているらしい。

2013-12-08 14.47.23

ショーはBORO.「大阪で生まれた女」がヒットしたのは36年前。。「大阪で生まれた女やけどあなたについて行こうと決めた。たどり着いたら一人の部屋 青春に心ふるわせた部屋 ♪」  久しぶりに聞いても泣けたわ。BOROも今年還暦らしい。。月日は百代の過客にして・・・実感する

サンパレス六甲のHPはこちら


カテゴリー 兵庫県, その他, フレンチ, レストラン |

洋食の店 グリル カワセ

12月に入りオフィスで新年の事業の計画を立てているとあっという間に時間が経ってしまう。。地元の銭湯で身体を温めて頭をすっきりさせて表記のレストランでお一人様晩ご飯。。

南海岸里玉出の玉出側出口と阪堺電車玉出東の間にある。人通りも少なくくらい夜道にポツンと薄暗い明かりを灯している。

2013-12-04 21.22.13

店内は昭和の空気がとてもゆったりと流れていていつも癒される。大きな音を鳴らすダイヤル式の黒電話や真っ赤な栓抜きのついた瓶のコカコーラの冷蔵庫。「瓶のコカコーラは最近飲んだことないな」と思いながらぼんやりと時間の経つのを楽しむ。

そういやこの前に新世界の立ち飲みで一緒になったおじさんが目をつぶってひたすら数を数えてるのを10分くらい黙って見てたんだけどつい気になって「何してるんですか」と聞いたら「心臓の音をかぞえてんねん!」とのお答え。「忘れるから話しかけんといて」と言われ黙ってしまった記憶がある。

そんなことはどっちでもいい話で、お店はとっても昭和なんだけど店内はしっかり掃除がされてあって古いけど清潔でピカピカ。「黒電話久しぶりに見ました。渋いですね」と奥さんに声をかけると「この電話頑丈で強いから使いやすいのよ」とのこと。。

昼間は地元の常連客で賑わい、出前もやっているので大忙し。年配の客が多いのも特色。この店の名物はポークチャップとカツカレー。カレーは黄土色でとろみたっぷりの今はお目にかかれないビジュアル。たぶん昔ながらの小麦粉とカレー粉を炒めて作っているのであろう。見た目より辛いんだけどそれだけで嬉しくなる。

焼き御飯というもんがあったり海老クリームコロッケやスパゲッティミートボール、サンドウヰッチなるものもある。昼に豚カツを食べたので今宵はハンバーグとライスとアサヒビール(この店では大瓶)を頂く。

2013-12-04 21.01.21

銀皿にナイフとフォークでいただくしつらえ。ハンバーグソースの粘度が異常に高い。普通のミンチ肉と生の玉ねぎのシャリシャリした食感が特徴。肉汁とかの概念は全くない。というかこの店ではそんなものは必要ではない。丁寧に歴史を重ねた店だけが持つ気高いレストランの神様がこの店には確実に存在する。

食べログとかで好きなコメントをする輩がいるがこの店のハンバーグはまさにこの店でしかあり得ない。。例えたら高校生が彼氏のために初めてお弁当を作ったおかずのハンバーグみたいな感じかな。美味しさとか味よりも右脳を刺激するものがこの一皿にある。。

大阪市西成区玉出東2-2-26
06-6651-1669
11:00~21:30


カテゴリー 岸里玉出(南海), 洋食, レストラン |

骨付きポークのレストラン ギャートリブ

日曜日のランチタイムは大阪ドームシティーに最近出来たイオンモールにある表記の店を訪問。4Fの巨大なフードコートに隣接した割と大きめの豚料理専門のお店。ファミレスを小さくしたような店の感じは間仕切りがなくて開放的なデザインなんだけどゆっくりと食事をしたい方には不向きかもしれない。店名ロゴもどことなく『はじめ人間ギャートルズ』に似ていると思ったのは私だけか・・・

2013-09-01 11.30.12

ビールと共に看板メニューの「鹿児島産豚スペアリブのグリル」を注文する。料理を注文すると、ライス、カレー、スープ、サラダなどが食べ放題のシステム。ソフトドリンクは、210円で追加でるようだけど店の前で店員さんが無料の件を配っていたのでそれを使用する。サラダ以外にも、お漬物やパスタ、お惣菜、ソフトクリームもある。

お肉は注文ごとに担当のお兄さんが鉄板の上で焼くシステム。骨付きなのと肉の厚みがあるので時間がかかるのはしょうがないがその分、食べ放題の サイドメニューがあるのであまり気にはならない。

2013-09-01 11.32.45

他のファミレスに比べてサラダの内容が充実していたのとカレーライスがおいしかったのに驚く。カレーライスにも骨付きの豚肉の端がたくさん入っていて最初は甘いんだけどあとからしっかりとコクを感じる作り込んだ内容。結構旨い。。。

2013-09-01 11.41.55

焼きたてのスペアリブグリルがほどなく登場。リブなので食べ応えのある固さ。でもそれが又いい。ソースは5種類から選べる。私は一番人気の”定番しょうゆオニオン”にするがスペアリブとの相性もよく最後まで飽きずに食べる事が出来た。骨の部分が多いので食べにくいけどそれはそれで特に大きな問題ではない。

小学生の頃ギャートルズのクロマニヨン人の親子がマンモスの肉を食べるシーンに憧れた。。もう40年くらい前の話かな。原始時代なのに貨幣経済が発達していて巨大な石のお金があった記憶がある。

2013-09-01 12.35.48

京セラドームで魔法の絵画展見学。視覚トリックと3Dアートを楽しむ49才の夏の終わり。

大阪市西区千代崎3丁目北2番10号 イオン大阪ド-ムシティ4階

ギャートリブ イオンモール大阪ドームシティ店豚料理 / ドーム前駅ドーム前千代崎駅九条駅(阪神)

昼総合点★★☆☆☆ 2.7


カテゴリー 難波, 洋食, レストラン |
20 / 53« 先頭...2021...40...最後 »