火鍋 成都

最近知人のインスタでよく見る表記の火鍋専門店を訪問。桜ノ宮駅から徒歩5分。帝国ホテル大阪の北並びにある。東京にある繁盛有名店の2号店とのこと。

店に入るやいなや麻辣の混ざった匂いが立ち込めていていきなり臨戦モードになる。メニューは鍋をメインにしたコース主体で具材の内容で3800円・4800円・5800円の3つ。今回はスタンダードな4800円のコースを所望する。

最初に2色のスープ登場。そのまま飲める高麗人参や干しエビ等を使用した濃厚で白濁した白湯スープはクコの実が浮いていて野菜やきのこと相性がいいらしい。

20種類以上の香辛料を使用した真っ赤な麻辣スープは表面に数種類の唐辛子と底には多数のホールの花椒が沈んでいてこれが強烈な刺激で舌を刺す。つけダレにするとき白湯9に麻辣1を加えて食べるのが良いとのこと。

具材は小皿で一皿ずつ運ばれる。まずは天使の海老、カンパチ、コウイカの海鮮トリオ。麻辣スープでしゃぶしゃぶしていただく。続いてのフカヒレ麻辣スープで5分くらい炊き上げていただく。麻辣の効いたフカヒレは初めての経験。

野菜の盛合せは白菜、小松菜、南瓜、紅さつま芋、ヤングコーンなど、きのこ盛合せは本しめじ、エリンギ、アワビ茸、ブラウンえのき、白舞茸、たもぎ茸これらは旨味豊富な白湯スープでいただく。

続いては木綿豆腐を本当に凍らせた凍り豆腐で鍋に入れると普通の木綿豆腐に変身の巻。牛タンも普通に美味しくいただいた。

続いては牛バラ肉、豚バラ肉、羊肉、鶏肉の4種盛りを麻辣スープでいただく。この頃になると舌はヒリヒリと痺れまくって頭皮から汗が流れ出す。羊肉がとてもよかった。

火鍋の店は大阪でもあちこちにあるけどこの店のクセになる容赦ない辛さと旨味の深さは突き抜けたものがある。食べ進めると肉や魚介の味が溶け込んでより滋味深い味となってくるのがよくわかる。

具材の追加を豚バラと鶏肉、ハチノス、白味魚のすり身、キノコなど中枢神経さえも痺れたかのように注文しまくる。この時点でレモン酎ハイのおかわりは10杯を超える・・・・最後に中華麺を投入。。私は糖質制限中なのでパス。

最後はトロトロの杏仁豆腐でフィニッシュ。この店は多分癖になる。。。店内ほぼ若い女性客。。スタッフさんの接遇もとてもよくて丁寧に料理の説明もしていただける。早い時間帯に行くのがオススメです。

帰りは難波でボヘミアンラプソティ2回目見ました。。。何度見ても感動・・・

大阪市北区天満橋1-8-68
06-6881-6698
年中無休
17:30〜


カテゴリー 桜ノ宮, |

ふくの助

御堂筋線の昭和町駅2番出口から徒歩1分にある表記のふぐ料理店を某団体の会合にて訪問。扱いは養殖のふぐなんだけどコスパも良くて、よく肥えた泳ぎのふぐを楽しむことができる私がヘビーユースするお店。

いつものように税別5800円の焼きふぐのコースを所望する。いつも同じコース料理を注文して同じものを食するんだけど何度いただいても飽きることがない。他には鍋のコースもあり。。

看板料理の焼きふぐは2種類。写真は2人前ずつの盛り込みでこれを4人でシェアする。韓国産の唐辛子がかかったニンニク塩ダレが個人的にお気に入りで、骨の部分、上身の部分、とうとうみ、身皮と部位によって食感と味わいが異なるのもとても楽しい。

続いては特製の醤油ダレで揉み込んだもので七輪で焼くと香ばしい匂いが一斉に立ち込めて匂いだけでお酒が飲めそうな気がする。こちらのお店では珍しく冷のひれ酒があってこれがグイグイといくらでも進む魔法の酒となっている。ぜひお試を・・・・

この他にも先付けは皮の煮こごりと外皮のポン酢和え、ボリュームたっぷりの刺身、特別サービスの唐揚げ、最後のミニサイズのふぐ鍋も大きな切り身で食べ応え満点。雑炊とデザートまで一気にいただきました。

あと特筆するのがこちらの女将さんの器量の良さで女優の水野真紀さん(写真)にそっくり。。。ぜひご確認ください。。。

過去のふくの助はこちら

大阪市阿倍野区阪南町1-47-24
06-6621-1129
営業時間: 17:00~23:00


カテゴリー 昭和町, |

八向(ヤコウ)

大和八木にある表記の鶏鍋の店を訪問。駅から徒歩1分の好立地。大和倭鴨のコース3900円を所望する。

大きな器に小さな魚の煮物。お造りと鶏天は普通。

奈良の葛城産の鴨肉なんだけど特別感はあまり感じない。。でも正月だから気にしない。。ごちそうさまでした・・・

奈良県橿原市内膳町1-3-5


カテゴリー 奈良県, |
1 / 3212...20...最後 »