海鮮せいろ蒸し 勝浦

南海線の和歌山市駅から車で10分くらい南下したところにある表記の海鮮料理店を訪問。普段は海鮮のせいろ蒸しが看板メニューなんだけど今回は2階座敷貸切でクエをフルコースで所望する。

まずはクエの薄造り。熟成感もあって旨味もかなり深く河豚よりもしっかりした味わい。

クエの唐揚げは初めていただいた。でも特にどおってことはない。。

クエの煮物。。普通に美味しい。。

鍋はこれでもかという量が大皿に盛り込まれて供される。ぶ厚くカットされた身は食べ応え満点。上品でコクのある味わいと引き締まった身はクエならでは。出汁に滲み出るエキスを吸い込んだ野菜もご馳走となる。

内臓を鍋に入れると独特のクセもあってさらに味わいが深くなる。

和歌山県和歌山市湊45-1
073-433-6766
火曜日定休

お店のHPはこちら

人生はピンとこないこととの戦いの連続だな・・・・

カテゴリー 和歌山県, , 和食 |

やすだ 1月

都島にある表記の有名しゃぶしゃぶ店を訪問。古き良き昭和の香りを今も引き継ぐ店なんだけど最近は手切りの肉の美味しさが評判を呼んで予約が取れない店となっている。

私もここ3ヶ月連続で訪問。城北公園通り沿いのライフスーパーの東側に店はあるんだけど場所的にはとても辺鄙でタクシーでしか行けない。

メニューはシンプルで
特上しゃぶしゃぶ(茶そば付) 3780円
特上牛肉のタタキ 1620円
ハンバーグ(サラダ付) 1000円
合鴨のサラダ 980円
特上コールドビーフ 1620円
ロースカツ 2160円
和牛ロースの炙り焼き 2160円
特上サーロインステーキ 6420円

ドリンクの種類も限られていてこの日もハイボールだけを数杯いただく。看板メニューのしゃぶしゃぶは当然なんだけどそれ以外の料理が美味しすぎてそれらも楽しみの一つ。今回の訪問で全メニューを制覇できた。

ハンバーグ1000円はふわふわの仕上がりで食べた後もスッキリ。しっかりと煮込まれたデミグラスソースが驚くほど美味しすぎてご飯にかけて食べたいくらい。

売り切れの場合も多いとされるサーロインステーキ6420円は融点の低さで咥内で甘い脂が溢れ出す。ボリュームもしっかりあって食べ応え満点。ご主人曰く肉だけではなく火入れのこだわりも一家言あり。久しぶりに美味しいステーキを食べた感あり。

ハンバーグとステーキの後のしゃぶしゃぶは初めての経験。大きな肉の塊を大きな包丁を使って一枚一枚丁寧にカット。肉は1人前ずつ6枚の盛り付け。ご主人が肉を切るときは周りの客が写真を撮りまくる。

レア加減の肉を強めのポン酢につけていただく。甘いサシのいっぱい入った肉の脂が口の中で溶けまくる。出汁にアクが出ないのは手切り所以とのこと。
とにかく肉が美味しいのは保証付である。。脂があるんだけどしつこくないからお腹にスルスルと入る。

締めは茶蕎麦の乾麺をダイブさせてツルツルといただく。白胡椒を少しふりかけるのがポイントらしい。

大阪市都島区毛馬町2-3-15
17:00~22:30(L.O.22:00)

過去のやすだはこちら

例えば宇宙人と話をしたり、前世の嫁を探したり、猫が人間になったり、ヤクルトだけを大量に飲み続けたりするような逸脱した行為に最近惹かれるのはなぜだろう。

カテゴリー 都島, |

火鍋 成都

最近知人のインスタでよく見る表記の火鍋専門店を訪問。桜ノ宮駅から徒歩5分。帝国ホテル大阪の北並びにある。東京にある繁盛有名店の2号店とのこと。

店に入るやいなや麻辣の混ざった匂いが立ち込めていていきなり臨戦モードになる。メニューは鍋をメインにしたコース主体で具材の内容で3800円・4800円・5800円の3つ。今回はスタンダードな4800円のコースを所望する。

最初に2色のスープ登場。そのまま飲める高麗人参や干しエビ等を使用した濃厚で白濁した白湯スープはクコの実が浮いていて野菜やきのこと相性がいいらしい。

20種類以上の香辛料を使用した真っ赤な麻辣スープは表面に数種類の唐辛子と底には多数のホールの花椒が沈んでいてこれが強烈な刺激で舌を刺す。つけダレにするとき白湯9に麻辣1を加えて食べるのが良いとのこと。

具材は小皿で一皿ずつ運ばれる。まずは天使の海老、カンパチ、コウイカの海鮮トリオ。麻辣スープでしゃぶしゃぶしていただく。続いてのフカヒレ麻辣スープで5分くらい炊き上げていただく。麻辣の効いたフカヒレは初めての経験。

野菜の盛合せは白菜、小松菜、南瓜、紅さつま芋、ヤングコーンなど、きのこ盛合せは本しめじ、エリンギ、アワビ茸、ブラウンえのき、白舞茸、たもぎ茸これらは旨味豊富な白湯スープでいただく。

続いては木綿豆腐を本当に凍らせた凍り豆腐で鍋に入れると普通の木綿豆腐に変身の巻。牛タンも普通に美味しくいただいた。

続いては牛バラ肉、豚バラ肉、羊肉、鶏肉の4種盛りを麻辣スープでいただく。この頃になると舌はヒリヒリと痺れまくって頭皮から汗が流れ出す。羊肉がとてもよかった。

火鍋の店は大阪でもあちこちにあるけどこの店のクセになる容赦ない辛さと旨味の深さは突き抜けたものがある。食べ進めると肉や魚介の味が溶け込んでより滋味深い味となってくるのがよくわかる。

具材の追加を豚バラと鶏肉、ハチノス、白味魚のすり身、キノコなど中枢神経さえも痺れたかのように注文しまくる。この時点でレモン酎ハイのおかわりは10杯を超える・・・・最後に中華麺を投入。。私は糖質制限中なのでパス。

最後はトロトロの杏仁豆腐でフィニッシュ。この店は多分癖になる。。。店内ほぼ若い女性客。。スタッフさんの接遇もとてもよくて丁寧に料理の説明もしていただける。早い時間帯に行くのがオススメです。

帰りは難波でボヘミアンラプソティ2回目見ました。。。何度見ても感動・・・

大阪市北区天満橋1-8-68
06-6881-6698
年中無休
17:30〜


カテゴリー 桜ノ宮, |
2 / 34« 先頭...23...20...最後 »