テッチャン鍋 金太郎

心斎橋の畳屋町にある表記の店を訪問。数ある同業者の中で昔からずっと続いていて、私が一番好きなお店。昔からそうなんだけどいつも満席で予約が必須。
昭和の香り満載の店内は芸能人やタレントの色紙だらけ。

ビールで乾杯をしてまずは生センマイを所望。よくある生センマイとは別にコチジャンが入ったスープ仕立てのものの2種類が供される。初めていただくスープ仕立てのものは癖になる味。。。

注文は特上盛りと脂分を抑えた上盛りの2種類を組み合わせていただく。

ちなみに上盛り合わせは上バラ、上ハラミ、上タン、テッチャン、上ミノ、コリコリ、ハチノス、ウルテが入って1人前2800円。特上3800円も驚くくらいの異なりはない。ホルモンの新鮮さは秀逸。。

しばらくすると、ちりとり鍋にてんこ盛りに守られた野菜と肉が登場。野菜の上にはキムチが山盛り。

そのまま火をかけると野菜から水分が出てグツグツする鍋状態になるになる。
コチジャンの効いた癖になりそうな絶品な甘辛い出汁とホルモンの脂、野菜の甘味が相まって何とも言えない旨味を作り出す。

ビールとの相性も抜群で後を引く美味しさとはまさにこのことだと思う。

ビールと一緒に食べすすめていつものように豆腐とトックとコンニャクを追加。。ホルモンを追加すればさらにスープにコクが出る。クタクタになった野菜が美味しい。特に玉ねぎの甘さは秀逸。。

名物の玉子入りおじや600円で〆。うどんもおすすめだけどお腹いっぱいで入らない・・・すべての食材のエキスが入った濃厚な出汁がご飯にしっかりと纏わりつき。半熟の卵、お焦げ部分と色々な食感と味を楽しむことができる。ダイエット中ということも忘れて完全に完食する。お腹いっぱいご馳走様・・・

帰りは近くの南サンボアで名物の氷なしダブルハイボールで口直し。サントリーオールドがいただける稀有な店です。

大阪市中央区東心斎橋2-7-22 日宝シルキータワービル1F
電話:06-6213-0981

前回の金太郎はこちら


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, |

丸元

千日前にある表記の店を友人と訪問。30年以上ずっと通う店で見た目は寿司店なんだけど客のほとんどはスッポンのコースを注文する。外観内装とも昭和の古き良き大阪らしい寿司店。

芸能人やスポーツ選手の来店も多く以前、叶姉妹をテーブル席で見たこともある。スッポンを目の前で捌くカウンター席が特等席。働いている方は全員シニアで顔馴染み。2階は15人くらい入れる座敷になっていて団体の時に重宝する。

スッポンコースは税込5400円のずっと変わらない値段。客層も年齢層が高くて常連率がとても高い。

突き出しはしんみりと炊き上げた若芽と筍。この日はジムに行った後なのでビールが美味しい。

別注のお造り盛り合わせは脂の乗りまくったヒラメ、甘海老、蛍烏賊、明石の蛸、赤貝など・・・ネタを見ながら好きなものだけをリクエストする。

コースの始まりはスッポンの血を甘口の赤玉ハニーワインで割ったもの。数十年同じパターン。。。お酒の飲めない方はりんごジュースで割っていただける。

続いてスッポンのエンペラと腸をポン酢で和えたもの。プリプリの食感はフグの皮を柔らかくしたような感じ。コラーゲン感たっぷりであっさりしてとてもいい。

肝と卵のお造り登場。それぞれをパリッとした海苔で巻いて塩をかけていただく。口の中でぷちんと弾ける甘い卵ととろけるような肝の深い味わいは絶品。苦玉の胆嚢は噛まずに飲み込む。ピクピク動く心臓も味はどうってことないけど元気になるような気がする。捌きたてで新鮮なので嫌な癖は全く無い。

この日はダイエットのために麦焼酎の水割りを所望。セルフサービスでいただいた分だけ清算する仕組み。錫の水差しも年季が入る。

メインのスープ登場。2階の座敷で頂くときは鍋で供されるがカウンタ−では銘々でお椀によそって出していただける。これも昔からのこの店のスタイル。

スッポン以外にも餅、豆腐、白菜もたっぷり入って栄養満点。生姜の効いた薄口だけど滋味深いスープは体に染み渡る美味しさ。

2杯目は鷹の爪やニンニクパウダーを入れて味の変化を楽しむ。お椀の中にスッポンのいろいろな部位が入っていてそれぞれの食感の違いや味わいの異なりを楽しむ。スッポンは良質のアミノ酸とビタミンがしっかり含まれているので食べ終わると体がいつもポカポカ温まる気がする。

締めは卵とネギだけのトロトロの雑炊。押し麦が少しだけ入っているので食感がいい。河豚や蟹の雑炊とは異なるしんみりした味わいは例えようが無い。お代わりしたかったけど我慢する。

水菓子をいただいてお腹いっぱいご馳走様でした。

いつもレジでドンと座っていた女将さんの代わりに娘さんがお店を仕切る。時代の流れを感じる穀雨の候。

大阪市中央区千日前1-9-9
06-6211-2298
16:30〜23:00
日曜定休

過去の丸元はこちら


カテゴリー 難波, , 和食 |

雷光4月

友人と急遽「ちゃんこ鍋」を食べに行こうということになって昭和町にある表記の有名店を訪問。使い勝手がよくて、団体のときは2階の座敷を予約し、小人数は個室になったテーブル席、1人のときはカウンタ−で頂く事が出来る。腕利きの職人さんがいるのでちゃんこ鍋以外でも高品質な季節の小料理を提供されていてそれを目当てに伺う事も多い。場所は地下鉄御堂筋線昭和町駅4番出口より徒歩1分。横にコインパーキングもあるのでとっても便利。

春場所中は相撲観戦帰りの客で大変だったらしい。

瓶ビール大600円とともにワカメと筍の煮物、とうもろこしの天ぷら、蛍烏賊と菜種の酢味噌和え、名物の鶏肉が入ったおから。こういった季節の肴がたくさん揃っているのが嬉しい。。4月から本格ダイエットのために麦焼酎の水割りに切り替えていただくけど美味しいので暴食となり後の祭りを毎度繰り返す。。

昔から学習能力が先天的に欠落している。。。

味噌味のちゃんこ鍋2500円は脂が乗りまくった大きなサーモンの切り身と分厚くカットされた豚の肩ロースとバラ肉がどーんと盛り付けられて登場。(写真は1人前・・・)

肉に隠れた野菜は白菜、こんにゃく、えのき、長葱、豆腐など。特にじゃがいもがベストマッチ。

カツオと昆布がしっかりと効いた味噌仕立ての鍋はまろやかな麹の効いた日本海味噌(合わせ味噌)と白味噌をブレンドさせたあっさりしたもの。隠し味にニンニクとバターが入っていて食すと身体がぽかぽかしてくるのがわかる。手作りの鰯のつみれも新鮮でとても美味しい。さらに麦焼酎がすすみまくる。お腹いっぱいになったけど締めのうどんがスルリと入るのにびっくり。

「うどんにはうどんならではの仕事がある」←今日の金言

 

過去の雷光はこちら

大阪市阿倍野区阪南町2-4-22
06-6623-0917
月曜定休


カテゴリー 昭和町, |
2 / 29« 先頭...23...20...最後 »