石焼鍋いっしん 4月

週末ランニング塾の帰りに友人と表記の店で反省会。上質なモツを和風の出汁(信州長野の特選赤ミソ・白ミソ秘伝の味を加えた特製味噌と、牛骨を24時間以上炊き出した旨みたっぷりのダシに魚介系の魚粉を加えた濃厚あっさり出汁)でいただくお気に入りのお店。

モツはすべて国産なのが素晴らしい。それぞれのモツを丁寧に下処理。。。特にハチノスやセンマイは臭みも癖も全くない。。メニューは白モツ3種の盛合せ(小腸、赤セン、ハチノス) 750円と赤モツ3種の盛合せ(ツラミ、ハート、センマイ) 800円の2コース。。これにいろんなホルモンや肉を追加でトッピングする。

この日は白モツと赤モツの組み合わせにシマ腸、トッポギなど店主にお任せのトッピングをお願いする。キム兄にそっくりの店主はあまりしゃべらずとっつきは悪いが仕事は真摯で美味しいものを作ろうとする情熱が凄いものを持っている。

2013-04-19 21.56.59

キャベツじゃなくて白菜なのがポイント。新鮮なモツととってもよく合う。小腸はプルプルで限りなく甘い。。。アカセンも固くなくてとても味が深い。。すべてのモツがいつもながらかなり新しい。。出汁にホルモンの旨味が加わってそれが野菜に移って美味しすぎて酎ハイがすすみまくる。。。

2013-04-19 22.03.04

この日のスペシャルメニューがグレンスの焼き肉。フランス料理では脾臓(肝グレンス)をいうが今日のはツラミの横のリンパの部分。どちらにしてもホルモンの中でもとても希少で市場にもあまり出回っていないと聞き及ぶ。じっくり焼くと旨味たっぷりで肉を食しているなあと言う気分になる部位である。噛めば噛むほど味がある。。

2013-04-19 22.40.54

途中でパスタマシーンで作るという自家製麺を投入。もともちとした平麺でこの麺だけでもお店ができるくらいの佳品である。

最後の〆は残った出汁にご飯を入れて作るパエリア風の焼き飯。野菜ととモツのエキスがたっぷり。。この店で頂くお酒は辛口日本酒のソーダー割りにライムを入れたもの。。口の中がとてもさっぱりする。難点は飲み過ぎてしまう事。食べまくって飲みまくってお腹がはち切れそうになる。

会計は一人3000円弱。。。財布にも優しいいいお店なり。。

大阪市阿倍野区西田辺町2-6-3

06-6696-1112

石焼鍋いっしんもつ鍋 / 鶴ケ丘駅西田辺駅長居駅


カテゴリー 鶴ヶ丘, 長居, 西田辺, , 焼肉 |

大阪とらふぐの会 本店

お世話になっている友人と3人で表記の会員制の店にふぐを食しにいく。寺田町駅前にデフォルトの店がありその店で食せばこちらの本店を紹介いただけるという仕組みらしい。かなり古い怪しげなマンション内に看板も表札もなにもなく営業されている。

2013-01-19 07.20.31

ビールで乾杯をして突き出しの皮の湯引き。金粉がかかっていて正月らしくめでたい気分になる。

2013-01-19 07.20.38

てっさも綺麗な仕事ぶり。。養殖ふぐだけど新しいのでとっても美味しい。

2013-01-19 07.25.38

ごま油をかけて生レバーのような感じ。。食感もよく似ている。

2013-01-19 07.28.33

ふぐのスープ。塩分はかなり低いが旨味がかなりある。。ヒレか骨を使って煮出しているのであろう。

2013-01-19 07.36.16

そしてお待ちかねのこの店名物の焼きふぐ。皮と身が扇型に並べられ、ニンニクと香辛料で味付けされたフグを焼き肉の様な感じでに焼いていく。付け合わせは長芋とニンニクとニンニクの芽。

かなり大振りにカットされた身と2種類の皮の3種盛り。ふぐの皮は突き出しで出た「鮫皮」と焼きふぐに最適な「身皮」と「とうとうみ」と3種類あってそれぞれが味わいが異なる。

とうとうみも焼きフグにするとコラーゲンの部分がプリプリになってかなりいい感じ。

2013-01-19 07.37.57

焼きふぐには、ガーリックオイルが塗られていて身がぷっくりふくれ食べ応え満点。塩加減と唐辛子、ニンニクがとてもいい仕事をする。食後感もすっきり。

2013-01-19 07.39.26

唐揚げのビジュアルはケンタッキーフライドチキンみたい。これも大振りで食べ応え満点。

2013-01-19 07.40.08

ヒレ酒をお願いすると電気を消してこのようなパフォーマンス。

2013-01-19 07.45.35

追加の白子の塩焼き。マシュマロのようにぷっくりふくれて一口かじると中はトロトロ。

2013-01-19 08.18.12

そのあとはてっちりなり。あごの肉とくちばしがちゃんと入っていてビジュアルもかなり美しい。身もピカピカに光っていて無言で骨にかぶりつく。

〆はお約束どおりに雑炊。。この頃になるとお腹がはち切れそう。アイスクリームでクールダウン。

このお店は会員制のため住所・電話番号は公開していない。最初にも書いたが寺田町の別店舗の『焼きの一上』という支店でまず食事をされてこの店を紹介いただくか私のような会員に紹介してもらって訪問するべし。。

大阪とらふぐの会 焼きの一上

大阪市阿倍野区天王寺町北1-1-6
06-6713-5155
17:00~24:00(LO.23:00)
年中無休

詳しくはこちら

大阪とらふぐの会 はなれふぐ / 寺田町駅河堀口駅天王寺駅


カテゴリー 寺田町, その他, , 和食 |

丸元

友人とミナミの千日前にある表記の店を訪問。英会話教室のクリスマスパーティーに参加しようか迷った結果スッポンを選択する。赤ひげ薬局も近くにあり路地を入ったお店の横はファッションマッサージ。淫猥な空気漂う場所に昭和な感じの表記のお店。25年以上は通うお気に入りのお店。

この店は目新しさはないけど客筋がいい。芸能人やスポーツ選手はしょっちゅう見るし叶美香さんもこの店で拝見した事がある。そんな事はどっちでもよくこの店ホントは寿司屋なんだけどみんなスッポンばかり食べる。お寿司もネタがとっても良くリーズナブル。友人とすっぽんコース5250円を所望する。

最初は突き出し。白身魚の余ったのを湯引きにしてポン酢をかけた始末の料理。これはこれで美味しい。スッポンの前にビールのあてを所望。「お造りのええとこ盛り合わせで」というと出てきたのはこんな感じ。

大きな甘エビ、トリ貝、タコ、剣イカ、ヒラメ、赤貝、シマアジ・・・こんな感じ。。どれも新鮮で切りつけも逞しい。

グローバルビジネスの話をしながら旨い魚と酒を飲む。最高のひとときである。

コースの最初は、『スッポンの血』です。りんごジュースかワインで割る。ワインは昔から赤玉ポートワイン。癖や生臭さは全くない。

腸とエンペラのポン酢。歯ごたえはプリプリした湯引きです。さっぱりアッサリでコラーゲンがたっぷり。河豚の皮よりも断然旨い。

肝と卵のお造り。全体にまんべんなく塩をかけて海苔にくるんで食べる。肝が苦手な私の友人も新鮮さと海苔の美味しさもあり抵抗なく食す事が出来るとよく言われる。ビジュアルの美しさが目を引きつける。黄色いのが卵で赤いのがぴくぴく動く心臓。奥の青いのが胆のう「胆のうは噛むと苦いので、そのまま飲みこんで下さい。」との事。

卵は、プチっと微かに甘い感じですべて癖もなく美味しく頂く。先の料理のポン酢の残りを浸けて食してもかなり美味しい。食すとそのとたんに元気が出てきそうな気になるのが不思議。

そしてメインのスッポン鍋登場。鍋は出てこず最初からお椀によそって持ってきてくれる。このスープとスープを吸った白菜が堪らなく旨い。しんみりした滋味深いいい味である。

生姜がきいたスープの中にはスッポンの身のほかに白菜・白ネギ・豆腐・椎茸・お餅などがどっさり入っていて本当に美味しいです。首の部分の身やミツボネ、骨盤など好物なので部位ごとに異なる食感も楽しい。骨の周りの身がプリプリ、プルプルして旨味もたっぷり。美容効果もあるのであろう女性2人連れも目立つ。

一杯目はデフォルトで頂き、2杯目は残してあった海苔と唐辛子、ニンニクパウダーを入れて味を変えて食す。この日は体調がいまいちだったのでしなかったが熱燗を注文してスープの熱燗割りが個人的な隠れメニューなり。でもすぐにべろんべろんになってしまう。。

仕上げは雑炊。。卵以外なにも入らない。。トロントロンのぞうすいはどの食材を使ったものより旨い。。蟹や河豚などよりもノブレスな透明感のあるそのうえ滋味深いいい味。。

他店との比較はしたくはないが日本一のスッポン鍋と言われる◯市はすっぽんの醤油煮込みの突き出しとすっぽん鍋が2回に分けて出てきて雑炊とフルーツで23000円。2人で飲料込みで50000円支払った記憶がある。営業時間もどういうわけか19:30まで、スープも醤油辛くて口に合わなかった記憶がある。

そう思えばこの店は実にお客にあわせた大阪らしい素敵なお店である。女将さんも75才は超えていると思うが肌がつやつや。。この店でしんみりと食事が出来る年代になった事に今更ながら驚く年末の夜。

デセールは林檎と柿。。。たらふく食べてたらふく飲んだ。。でも後味もすっきり。。。冬の間にまた来よう・・・

大阪市中央区千日前1-9-9

06-6211-2298

【営業時間】 16:30~23:00
【定休日】 日曜日


カテゴリー 難波, 日本橋, 寿司, |
20 / 30« 先頭...2021...最後 »