関東地区

まるますや

行きの新幹線で週刊現代を見ていたら表紙グラビアに掲載されていて気になったので早速昼間に訪問。赤羽駅から徒歩2分の年季の入った商店街の中にある。この辺りは昼間から空いている居酒屋もちらほら。大阪でいいうと十三や野田のような雰囲気かもしれない。。創業は昭和25年とのこと。。

店内はUの字を2つ合わせたような形のカウンター。結構広いのにびっくり。平日の昼間だけどどういうわけか満席。お店のルールはあって一つはお酒を飲んでいる客はお断り。。バレたら退場させられるらしい。。二つ目はビールや酎ハイなどは一人3杯までで。ジャンボ酎ハイ(1,000ml)は一人1本までとのこと。

まずいただいたのはジャンボ酎ハイ1000円とレモンスライス150円。これをセルフでいただく。。関西ではあまり見たことのないスタイル。 

名物の鯉生刺600円はあらかじめカットされて皿に盛りこまれているためすぐに出てくる。癖や臭みは一切ないさっぱりとした味わい。2種類の部位が入っているらしいがよくわからなかった。

もう一つの名物のたぬき豆腐(500円)は豆腐1丁を丸ごと使ったもの。カニカマ、きゅうり、わかめ、たっぷりの天カスと天つゆでシンプルに構成される。ボリュームたっぷりで嬉しい。もう一軒暗いハシゴしたかったけどお腹いっぱいになって断念。

東京都北区赤羽1-17-7
03-3901-1405


カテゴリー 関東地区, 居酒屋 |

とんかつ八千代

翌日の朝は築地から豊洲に移転した卸売市場を視察。移転前もよく通っていた表記の店で朝ごはん。ゆりかもめ線「市場前駅」からは直接管理施設棟3階に繋がる「デッキ通路」が通っていて、入口を入るとすぐに「飲食店」がズラリと並んでいる。

超名物の火・木・土曜限定の「チャーシューエッグ」は定食で1,300円。かなり食指が動いたけど大好きな海老フライを食べたかったので大車エビ・アジ・ホタテ・フライを単品で(3,500円)ビールとともにいただく。

程なく巨大活車海老が鎮座した盛り合わせが到着。頭のてっぺんの硬い殻だけを外してかぶりつく。味噌ごと一緒にいただくと独特のいい香りが口内に広がって思わず笑ってしまう。味はひたすら甘くて歯を押し返す弾力がある。衣もとても香ばしい。

続いてウスターソースをたっぷりかけて鯵のフライにかぶりつく。この店の鯵は毎朝4時に長年付き合いのある場内の店から仕入れたその日に水揚げされたものを使用。厚みと大きさ、脂ののりのトータルバランスはさすがとしか言いようがない。ふわふわシコシコの身は関西では味わえない美味しさ。レアに揚げられた帆立貝柱もひたすら甘くとてもいい味わい。。この日も大満足・・・

豊洲市場7街区 管理施設棟3階
東京都江東区豊洲6-6-1 03-6633-0333
日曜祝日・休市日除く 5:00~13:00くらいとんかつ


カテゴリー 関東地区, 洋食 |

ベルクラッシック東京 宴席

急遽仕事で東京に行くことになる。。新幹線で東京駅を経由して山手線の大塚駅前にある表記のホテルで会合。

新鮮な有機野菜をたくさん使った前菜、旬の牡丹鱧と卵豆腐の煮物椀、お造り5種盛り、脂ののった鰆と地鶏の焼き物をメインにした八寸、和牛ヘレステーキ、鰻の蒲焼きの入った茶漬けでフィニッシュ。思いの外、手がかかっていて美味しいことにびっくり。

食後の二次会は池袋のラウンジで楽しくお酒を飲みました。。


カテゴリー 関東地区, 和食 |
1 / 1612...最後 »