関東地区

築地 とんかつ八千代

昨日は新橋のおでんの店からもう1件日本酒を飲みにいったけど記憶失念。翌日は八丁堀のホテルから一人で築地市場の視察。80年前に日本橋から築地に移転した魚市場は今や観光地となっている。去年の11月に移転するはずだったが今後の行方がとても気になる。

2017-02-16 09.24.57

場外市場と呼ばれる海産物や海鮮飲食店などが立ち並ぶ場所は外国人観光客で埋め尽くされ一般の人の歩行も困難な状態。

2017-02-16 15.40.13

このあたりを歩いている人の8割は外国人で、あと1割は地方から来た日本人学生観光客みたいな感じ。大阪と違って中国人や韓国人だけではなくアングロサクソンやアラブ系もよく見かける。大都会の真ん中に巨大なフィッシュフードストリートがある感じであろう。串に刺した玉子焼きやかまぼこ、苺などを食べ歩きしたり海鮮丼を歩道に設置したテーブルで立って食べたり楽しみ方はいろいろ。

2017-02-16 09.29.20

うってかわって場内市場には観光客はまばらでこちらはプロフェッショナルが通う市場となっている。いろいろな卸売り店を見たが、大阪よりも品揃えも多く品質も高く卸価格は感覚値で15%くらい安い気がした。(当然のことであるが・・・)

視察したあと場内市場にある飲食店棟の表記の店で朝食をいただく。一番人気の寿司店の「すし大」は午前9時半で長蛇の行列。「大和寿司」も同様でカメラをもった外国人観光客が50人くらい並びまくる。

2017-02-16 09.48.26

行列を横目で見ながら私は表記の店を訪問する。創業80年の老舗で市場で仕入れる最高の新鮮な魚介をフライで食べさせていただける希有なお店。

2017-02-16 10.20.09

カウンタ−12席のみのお店はフライの材料の組み合わせで価格が替わる。特大の天然車海老のフライの定食はなんと4500円。この日は「カキ・車海老・ホタテ定食1900円」を所望する。

どういうわけかこちらのお店の名物が、決められた日にしか提供されないトロトロに煮込まれた部厚いチャーシューの上に半熟の目玉焼きが乗った「チャーシューエッグ1200円」なるものでガイド本やマスコミの取材等でよく告知されていて販売日には客数が倍増するらしい。

2017-02-16 10.04.08

出てきた定食は大振りで身が甘い牡蠣、レアに揚げられたホタテ、活海老ならではの旨味をしっかりと感じることが出来るプリプリの車海老の取り合わせ。これはまさに三種の神器である。ラードの入った揚げ油がいい味を出してサクサクの衣を更に美味しくする。

食べながら周りの多くの客はほぼ鯵フライを食しているのに気づく。あとから調べると此方の店のアジフライはその日入荷の刺身用の鮮度の高いアジをレアに揚げる唯一無二の鯵フライであるとあとで知った・・・・(一生の不覚であるが次回必食することを心に決める)

2017-02-16 10.24.28

そのあとは隣の喫茶店の「愛養」でコーヒーアーンから注がれたミルク珈琲をいただきながら休憩する。此方の店の創業は大正時代らしい。魚河岸が日本橋にあった頃から「ミルクホール愛養軒」として営業されていたと聞く。朝の3時半から昼までの営業で店も珈琲も店主も何とも言えないいい味だった。

2017-02-16 10.52.31

帰りに築地本願寺でお参りをして次の目的地に向かう。

2017-02-16 11.07.27

途中で「蓮根」という駅を発見。大根とか胡瓜とか人参という名前はないのかなと考えながら東京の電車に飛び乗る。

東京中央市場飲食業協同組合 築地市場 6号館2F
TEL 03-3541-0952
5:00〜12:30

日曜休み


カテゴリー 関東地区, 洋食 |

新橋 お多幸

有楽町の居酒屋からの2件目はサラリーマンの聖地の新橋に移動。お目当てのお店が満席だったので時間待ちで表記の店で軽くおでんをつまむこととなる。こちらのお店は創業昭和7年、有名な「日本橋お多幸」ののれん分け店。純血の東京のおでん文化を継承しているお店の一つといわれる。

2017-02-15 20.12.55

地下に降りたお店の入り口には創業当時の写真が飾られる。清潔な印象の店内はカウンタ−席とテーブル席があり喫煙者は奥の板の間に案内される。

2017-02-15 20.13.35

平日で結構広いお店だけど店内は超満席状態。

2017-02-15 21.12.19

早速日本酒を所望すると醸造酒の熱燗が運ばれてくる。突き出しは鰊の炊いたもの。普段食べつけないので逆に新鮮。カウンタ−ではご主人がおでんを担当される。
定番ネタから季節ネタまで毎日25種類くらいあるらしい。

おでんだけではなく刺身の盛り合わせや焼き鳥や焼き魚もあるので居酒屋使いにもいいと思われる。

2017-02-15 20.29.41

おでんはお決まりの盛り合わせもあるけどこの日は好きなものだけを所望する。

2017-02-15 20.30.51

出てきたおでんは驚きの真黒けのけ・・・しっかり煮込まれた玉子220円、大きな鶏団子380円、ちくわぶ220円、薄揚げで巻かれたえのき茸270円、こんにゃく220円、すじ220円、しらたき220円・・・・

東京のおでんは江戸時代に濃口醤油ができた頃に起源があると聞いたことがあるがここまで真っ黒にしなくても・・・砂糖もしっかりと入っていて甘くてダルくて辛くて喉が渇く味加減。「ちくわぶ」はネチャネチャした食感とすいとんのような味のない粉っぽさに何とも言えない寂しさを感じてしまう。

スジは牛スジではなくて白身魚のすり身にサメの軟骨を加え棒状に固めてボイルしたものらしい。何とも言えない不思議な味。此方の店では牛スジも用意しているらしい。どれもが何とも言えない濃厚なパンチのある伝統の味に感動する。

2017-02-15 20.34.41

名物の「玉子焼き540円」も所望する。これも甘々の味加減にビックリ・・・ここまで味をはっきりさせなくてもいいのにと思いながらその甘さに東西食文化の異なりを再確認。玉子焼きは砂糖を入れると日持ちがするのと焼いたときの発色が良くなる。熱燗と一緒にいただくと相性は悪くない。。お腹いっぱいだったのであまりたくさん食べれなかったがこの辺りで次の店に移動する。

東京都港区新橋3-7-9 カワベビルB1
03-3503-6076
15:00~23:00
定休:日曜・祝日


カテゴリー 関東地区, 関東炊 |

有楽町 日の基

お弁当・お惣菜大賞2017という日本で最も応募総数の多い業界のコンテストで当社の低価格弁当店の商品を応募したところ、丼部門4106件のなかで最優秀賞をいただいた。この日は幕張メッセにて表彰式参加のため上京する。

2017-02-15 15.33.43

東京駅まで経営コンサルの友人に迎えにきてもらって同行いただくが時間ギリギリに到着。昨年は自身が教鞭をとる大学の学生と一緒に作った弁当がヘルシー部門で最優秀賞をいただいた。

2017-02-15 15.33.03

30分ほど表彰式に出席して食材等の展示を3時間くらい見てから別の友人とその社員さんらと有楽町で待ち合わせて表記の店で会食。行きしなに日比谷を渋谷と間違えて一人大混乱。駅員に「しびやに行きたいんだけど・・・」と聞いたのが原因と思われる・・・

2017-02-15 19.26.12

有楽町のガード下にあるこちらのお店は創業50年以上。建物は東京駅の開通と合わせて作られた日本最古の高架鉄道建造物で東京駅同様今年で築101年を迎える。同じ建物の2階には「新日の基」という外国人率80%の超人気店がある。こちらはイギリス人ラガーマンのアンディーさんが経営していてメニューや内容は日の基とほぼ同じ。

細い階段を地下に降りると低い天井にコの字カウンタ−とテーブル席。趣たっぷりの昭和の空気満載でまさにタイムスリップしたかのよう。ほとんどの席が予約で埋まっていて時間制の入れ替えと聞き及ぶ。店員さんはミヤンマー人やベトナム人などとてもインターナショナル。店内の喧噪とともにアルコールと食事を楽しみまくる。

2017-02-16 15.37.40

最初に生ビールで乾杯をして好きなものを好きなだけ注文する。巨大なアスパラバター700円、大きなヒモのついた赤貝は3つで650円。刺身状態で出てきた赤ナマコ650円。巨大なカキフライ6個850円。魚介にはこだわりがあるようである。そこらにある大衆居酒屋のレベルを遥かに超えた内容。

2017-02-16 15.38.08

お店のお姉さんお薦めの牛タン赤ワイン煮800円。脂乗りまくりの天然ブリ造り750円。下仁田葱天ぷら580円。アサリの酒蒸し750円。白子ポン酢700円など・・・どれもボリュームたっぷりで食べ応え満点。

この他にもタラバガニ大6500円、アワビ750円、大トロ850円、金目800円、本ミル貝1200円、のどぐろ塩焼き3500円 ホタテバター1050円などおいしそうな魚介が勢揃い。これらは次回の楽しみにする。

2017-02-15 17.30.05

店を出て銀座方面に向かう道すがらに「食安」というディープな角打ちの店を発見。なんとすべてが自動販売機で成立。店と呼んでいいのか判らないけど酒屋が経営しているらしい。人集りが強烈で寒空に外で飲む開放的でアウトドアな感じがとてもいい。若い方や女性もいるのにびっくり。

2017-02-15 17.30.21

熱燗やワイン、焼酎に発泡酒、ウイスキーなどありとあらゆるお酒が自動販売機で販売されている。サッポロ黒ラベルが人気のよう。

2017-02-15 17.30.25

その数台並んだ自動販売機の間にチーズや缶詰、スナック菓子などつまみを販売するスペースがあり、バックヤードにお兄さんが隠れるように待機。よっちゃんイカ40円発見。

2017-02-15 19.26.40
テーブルにはワンカップを利用した灰皿も大量に用意されていて何ともハードボイルドな雰囲気。レイモンドチャンドラーの小説の舞台のよう。大東京の懐の深さに感動する53才の夜・・・(続く)

千代田区有楽町2-4-4
03-3213-0436
営業時間: 17:00~24:00


カテゴリー 関東地区, 居酒屋 |