関東炊

たこ梅

新梅田食道街にある表記の有名おでん店を訪問。コロやさえずりなどが有名だけど普通のネタが好み。満席で活気のあるカウンターに座って好きなものを注文。

女性の一人客もいてそれぞれの客がそれぞれに楽しんでいる。おでん以外にもレベルの高い一品料理がいろいろ取り揃えられている。価格もそれなりなのでいつも一人で5000円くらいの支払いになってしまう。。

携帯電話を弄りながらゆっくりと一人で食べるおでんもたまにはいいものである。

この日いただいたおでんは面取りをして灰汁抜きされた大根200円はしっかりと味が染み込んいる。鰯団子はあまり鰯の味がしないけどそれなりに美味しい。豆腐150円は思いの外ふわふわして美味しい。下足300円、ホタテ300円は普通。浅く炊き込まれた手焼きの竹輪300円は素材感もあって特別感あり。名物の蛸甘露煮700円には辛子がトッピング。甘めの味わいは日本酒がよく進む。

これだけ食べたらお腹いっぱい大満足で環状線で帰宅しました。


カテゴリー 梅田/JR大阪, 関東炊 |

京風おでんと旬菜 すが

新梅田シティで泣ける映画を見た後で福島にある表記の店を遅がけに訪問。JR福島駅から徒歩2分の場所に位置する。
普通のおでんではなくひとつずつ出汁や供し方を変えた和食テイストの割烹スタイルのおでん。しかしながら北新地にあるような高級路線ではなくとても使いやすい。ご主人が一人で切り盛りされる。

前菜にオススメのうずら卵を温泉玉子にして出汁ゼリーで寄せて、その上にいくらと塩昆布をかけたもの450円からスタート。これはありそうで今までなかった料理。トロトロの一口大の温泉玉子といくらの相性もとてもいい。もう一皿食べたいくらい美味しかった。海老の塩茹でと生野菜のマヨソースかけ650円は普通なり。北海道産粒貝のバター醤油あえ600円はお酒が進む味わい。

ここからおでんを所望する。まずはマストメニューの大根150円は薄味なんだけどしっかりと出汁が染み込んでとてもいい。こんにゃく150円は上にネギと柚子胡椒がかかる。豆腐200円はしっかりと煮込まれていてとろろ昆布がトッピング。

春菊のさっと煮250円は柚子風味。骨を取り除いた豚足600円はポン酢仕立て。コラーゲン部分の蕩けるような食感と筋部分のコリコリした食感の差異がとてもいい。とても上品で味わい深い食感にびっくりで本日のナンバーワン。生湯葉450円はオリーブオイルを纏った餡掛けで供される。

続いて揚げ茄子の生姜餡掛け350円。長芋の磯辺餡掛け350円を所望。海老を包んだ蓮根団子500円はもはや割烹店の仕事。レタスと柔らかく炊き込まれた豚のタン650円も目からウロコの美味しさ。

自家製さつま揚げ350円は色々な野菜が入ってとてもカラフル。柔らかく炊き込まれた牛すじ肉450円はもも肉と首の赤身肉を使用とのこと。ロールキャベツ300円はトマトソースがトッピングされる。ハチノス400円もおでんでは初めていただく味わいで出汁と上にかけられたチーズとの相性も抜群。揚げチーズもちのあられ餡掛け400円は普通。北海道産水タコ500円はゆずポン酢で供される。吸盤の美味しさは秀逸なり。

これ以外にも定番の商品やイカ墨の黒はんぺん350円もち米と豚肉のシュウマイ400円とりのつくねテリーヌ風500円、水菜と豚肉のはりはり550円、ズワイガニと餅の巾着700円、岩海苔を練りこんだニョッキとトウモロコシ750円などの創作メニューもあり次回再訪で全メニュー制覇を心に決めて店を出る。

今日の教訓
ひとつずつは安くても食べ過ぎて結局は高くつく。。

大阪市福島区福島7-13-7
06-6343-9114月・水~日
17:30~23:00
定休日 火曜日


カテゴリー 福島, 関東炊 |

八坂通り 燕楽

節分の夜は毎年ご招待いただく表記のお店で京都での節分お化け行事に参加。お化けは最近は北新地でも行われているけど、京都が発祥。芸妓さんが節分の夜に出没する鬼の目をあざむいて「福」を得るために非日常の格好をする陰陽道的除災招福のまじないのようなもの。

普段の衣装とは違うコスプレをして座敷に出て趣向を凝らした踊り等をされる。昔は客もコスプレをして飲むのが多かったと聞き及ぶ。

芸子さんは一晩に30件くらいのお店を廻らないと行けないので大忙し。。。寸劇あり、歌謡曲デュエットあり、お笑いありと何度見ても飽きることはない。

こちらの燕楽さんは料亭のような雰囲気なんだけど、おでんを主力にしたカジュアルな会席料理店。芸子さんを呼ぶこともできる。現在京都市内に4店舗展開。

前菜は海老芋、赤蒟蒻、三度豆の胡麻和え、湯葉。どれも京都らしい食材と味付け。続いてのおでん盛り合わせは大根、たまご、竹輪など。鰤のお造りは熟成感もあって絶品。ランプ肉のカツレツ、生麩の揚げ出しと続く。アンコウの唐揚げも美味しくいただいた。

厄除けの大羽イワシの塩焼きもボリューム満点。

締めの玉子かけご飯は糖質制限中なので私はパス。最初に玉子の白身だけを投入してご飯とよく混ぜ込む。続いて黄身を撹拌してご飯の上にかけていただくのが美味しく食べるコツと聞き及ぶ。

こちらの芸子さんはピンで廻られていた。。。抱腹絶倒の切れ味のある芸に感動。。

本業は阪神百貨店で巻きすしの製造販売。色々な種類のミニサイズのものを提供させていただいたのと自分で好きなものをカスタマイズできるオーダーメイド巻きすしを今年は実施したところ大盛況でした。

私どもの新卒調理師も大活躍。

京都府京都市東山区東大路通八坂通小松町594‐3


カテゴリー 関東炊, 和食, 京都市 |
1 / 612...最後 »