関東炊

酒肴 哲

以前地元のバーで飲んでいたら「ペロペロさんですか〜」と読者の方に声かけていただき表記の店を紹介いただいたので早速訪問する。場所は日本橋駅を南に5分くらい歩いたところに位置する。いわゆる裏なんばと言われる地域で最新のとんがった立ち飲み店などを横目で見ながら入店する。

お店は10数席のカウンターと個室。一見して大人の居酒屋といった感じ。おでんが有名なんだけどそれ以外にも食指が伸びるメニューがたくさんある。

最初に麦焼酎とともにオススメの鰆のきずしを所望。。酢取りにした玉ねぎや大量の大根おろしと茗荷を薬味としていただく。盛り付けも端正で鯖よりもあっさりして味わい深い。

自家製のローストビーフはモモ肉を使用とのこと。細かなサシも入っていて噛み締めると甘い脂がじゅわっと咥内に広がる。。自家製のウスターソースと辛子で食べるのもとてもいい。

名物のどて焼き登場。見た目はこってりしているんだけど白味噌だけでなく桜味噌なども入っていてくどくない味わい。仕上げに天火で焼き目を入れて香ばしさをプラスして出来上がり。もちろんスジ肉も上質でワンランク上のものであることは食べればわかる。今まで食べたどて焼きではナンバーワンの味わい。

口直しに泉州の水なすに鶏味噌を添えたもの。この味噌だけでもお酒が進みまくる。

ここからおでんを注文する。
出汁のベースは丁寧にひいた鰹と昆布の和出汁に鶏ガラスープを合わせたもの。そこに少量の塩と甘みと薄口醤油のみで仕上げている。最初の大根は特大サイズ。ツルツルでツヤツヤのビジュアルもとても美しい。煮崩れせずに中までしっかりと淡い味わいが染み込んでいる、時間をかけて作っておられるであろう技ありの一品。

タコは綺麗に切り身を包丁してさっと火入れ。すだちと茗荷が添えられる。注文を受けてから作る鱧と松茸のおでんもスープの味わいがとてもいい。イワシのつみれも粗いハンバーグみたいな仕上がりがイワシ感があってとてもいい。

もっといただきたかったけどお腹いっぱい。和牛網焼きや鱧の鼈甲付、アオリイカの一夜干し、和牛ほほ肉のうどんなど気になるメニューをチェックして店を出る。ごちそうさまでした。

大阪市中央区日本橋2-7-27
06-6633-3899


カテゴリー 日本橋, 関東炊 |

赤白 ルクア店

大阪駅ルクアチカバルの中でも飛び抜けた人気を誇るお店。普段は90分くらいの待ち時間なんだけどアイドルタイムにたまたますぐに入れたので軽くワインをいただきに入る。

ワインの値付けとクオリティーが他店とは大きく異なりがある。上質なシャンペンが6000円くらいからあることにびっくり。名物のフレンチおでん以外にも様々な前菜や魚介、肉料理などもラインアップ。

大根のポルチーニ茸のクリームソースかけ180円、インカのめざめのアイオリソース180円、ボイルドエッグコンソメ煮 ハーブ入りスモークサーモンソース180円、冷製トマトのおでん トマトのジュレに柚子風味のらっきょジュレのせ320円などをいただく。どれも価格以上の価値あり。。シャンペンを一本開けて退店する。


カテゴリー 梅田/JR大阪, 関東炊, バル, フレンチ |

蛸焼きとおでん 友の

難波のラブホテル街にある表記の店を訪問。。

まずはレコメンドメニューのスッポン鍋1280円。。大きなすっぽんの身とアサリや餅、野菜が入っている。すっぽんの身はしっかりしていて食べ応えあり。

おでんは大根270円と蛸450円。。共にアサリ出汁が効いていてとても美味しい。。

アサリ出汁のたこ焼き600円。。このほかソースやポン酢などの普通のたこ焼きもある。

帰りに歌舞伎座跡に建てられたホテルロイヤルクラッシックの美術品を見学

フロンティンホフマンの作品がたくさん飾られていて見ごたえたっぷり。

大阪市浪速区難波中1-8-13。

 


カテゴリー 難波, 関東炊 |
1 / 812...最後 »