阿波座

しゃぶ吉

阿波座の表記の店で一人しゃぶしゃぶ。ランチタイムなので牛肉と豚肉のミックス1300円を所望する。注文後にカウンターにある大きなスライサーで肉の塊を手早くカットする。目の前の一人用の小鍋でしゃぶしゃぶしていただく趣向。

肉はかなり薄めだけどいただくと思いの外美味しいことにびっくり。聞けば牛肉は佐賀牛のA4を豚肉は鹿児島の黒豚を使用しているとのこと。野菜もたっぷりで柑橘がしっかりと効いたポン酢につけていただくといくらでも食べることができる気がする。

肉をお代わりしたくなるくらい美味しかったので次回は夜に再訪予定なり。

大阪市西区阿波座1-11-17  06-6531-0659


カテゴリー 阿波座, 本町, |

中之島漁港

土曜日の午後に表記のお魚マーケットを視察。阿波座駅から徒歩10分。人通りのない安治川沿いの空き地を利用して作った鮮魚の総合販売所。いくつかの漁港と提携して直接新鮮な魚を輸送して販売するというふれこみだけど土曜日の昼なのに人はまばら・・・大漁旗を飾った大きなプレハブの建物の中の大きな生け簀で泳ぐ魚を販売しているけどどうしても陳腐さと割高感は否めない。

その場で刺身にしてもらって食べる事も出来るが神経質な人は難しいかと思われる。好きな魚介を買ってその場で焼いていただくBBQ装置もあるが利用している客はいない。平日はさらに厳しいであろうことが推察される。

2017-03-06 10.28.44

その敷地の横に牡蠣小屋が併設されていたので少しだけ頂くことにする。日生の牡蠣と広島の牡蠣の食べ比べをするが7〜8個で2000円と産地で食べる金額のおおよそ倍という値付けに驚く。牡蠣以外にも白蛤300円、甘エビやホタルイカの揚げ物を頂く。悪くはないんだけど特別感もない。販売物に冷凍品が多いのと借景が良くないことが原因であろうか・・・

2017-03-04 16.04.27

この日は敷地内で食のこだわりを持つ農家さんや飲食店やカフェが月に一度のFood Lover Marketというマーケットを開いていたので少し覗かせてもらう。約20店舗の店がテントの下で様々なものを販売される。

2017-03-04 22.01.02

ダイエットに効果があるとよく言われるバターコーヒーはコーヒーにバターを入れて飲む一般的なものでなく深煎りしたベトナムコーヒーの豆にバターを絡ませたものを1杯ずつ挽いてドリップで入れたもの。コクの深さとその美味しさにビックリ。

2017-03-06 10.29.42

改造トラックの中で焼き上げるピザ店を発見。奈良の食材にこだわったピザは菊芋や蕗の薹が入ったものや菜の花をアンチョビソースで和えたもの、葛城のたかまつ牧場のチーズと奈良産のバジルを使ったものなど7種類から選べるようになっている。。

2017-03-04 16.10.29 HDR

1番人気と奨めていただいた奈良産色々きの子のピザ900円を所望。

2017-03-04 14.06.39 HDR

しばらくして出てきたピザは小振りだけど椎茸、占地、えのきなどの茸がたっぷり乗ってボリューム満点。刻んだ柚子がかけられた上に香り高いトリュフオイルがかかって900円はお得感あり。

大きなテーブルのうえでピザを食べているとこちらを運営されている経営者らしき人が私の横でなんとか公金や助成金を使ってこの店を運営することが出来ないか・・・人と相談されていた・・・飲食店経営は事業計画が大切と感じた午後。

テナントさんの終礼があってこの日の施設全体の来場者は280人とのこと・・収支が成り立つにはあと10倍必要と計算する・・・有名ブロガーの◯三郎さんも来られていたがコマーシャルよりも仕組み全体の変更が必要と思われる。今後どう変わって行くかが楽しみ。

HPはこちら
Food lovers marketのHPはこちら
大阪市西区川口2丁目9番地
06-6581-3315


カテゴリー 阿波座, 居酒屋 |

ETXOLA(エチョラ)

靭公園近くの表記のスペインバスク料理のお店を訪問。久しぶりの訪問だけどシェフが若い方に変わっていた。バスクのレストランで修行された方はこの近くに独立されたと聞き及ぶ。そんなことはどっちでも良くて友人が最近バスクにグルメ旅行に行ってたのをブログで見てアサドール(スペイン式の窯)で焼いた肉を思いっきり食べてみたいと思い、開店と同時に入店しカウンタ−の奥の席に座ってアラカルトで注文。

最初はスペインの生ビールのエストレージャガリシアを所望する。ホップの効いた苦味の強いビール。

2016-11-04-09-30-27

明石ダコとピルピルオイル1600円。 ピルピルオイルは鱈のエキスをニンニクとオリーブ油で乳化させたパンチのあるトロトロソース。

2016-11-04-09-30-23

普段はあまりいただかないスペインのワインを好みを申し上げソムリエさんに選んでいただく。バスクにはミシュランの星つきレストランが30以上もあってレストランが観光資源になっていると聞いたことがある。バスク人は6割りくらいが血液型がO型でB型がほとんどいないというのも聞いたことがある。

2016-11-04-09-30-19

帆立のタルタル1500円はアボガドとオリーブオイルのソースに絡まってその上にソテーされた貝柱とピーマンのムースが乗せられる。

2016-11-04-09-30-25

赤ワインは3つのビンテージを合わせたスペインワイン。果実味たっぷりのアロマとボリュームがあって繊細な味わい。時間とともに味が膨らんで変化を楽しめるのもいい。

2016-11-04-09-30-30

メインディッシュはキッチンで常温に戻すために放置していた鳥取産のLボーンステーキ800gを発見したのでそれを焼いていただく。場所を変えながら何度も焼いては休ませて30分くらいかけて焼き上げる。これ以外にもバスク豚の骨付きリブロースやアンガス牛カイノミ、イベリコ豚カルビ、ニュージーランド産の骨付き子羊などもある。魚料理は長崎産クエや明石産スズキ、オマール海老の丸焼きなど。価格は総じて高め。

2016-11-04-09-30-36

焼き上げられたものをカットして供される。サーロイン部分は思いのほか赤身が多くて食べやすい。多分短角か褐毛和種か交雑種であろう。それはそれで美味しい。

2016-11-04-09-30-39

濃厚なカシスのソルベ600円。魚料理や茸ご飯などもいただきたかったが腹パン状態で次回訪問のお楽しみにする。

大阪市西区靱本町1-4-2
電話:06-6136-3824
日曜日定休


カテゴリー 阿波座, 本町, その他料理 |
1 / 412...最後 »