難波

焼き鳥 うら山

難波で三島由紀夫の映画を見て近くの路地にある表記の焼き鳥店を訪問。界隈は焼き鳥店だらけの激戦区。ビニールシートのドアを開けて中に入るとかなりこじんまりとした空間。カウンター3席と2人がけのテーブル席が2つのみ。

お通しは無しで1本から注文できるのが嬉しい。40歳くらいのご主人と奥さんで営まれる。常連率が高い感じ。炭は紀州備長炭を使用しているとのこと。メニューは焼き鳥と野菜串数種のみの潔さ。

最初にこころ150円は火入れ加減が素晴らしい。続いての極上肝200円はふわふわの食感。せせり150円はプリプリで脂たっぷり。砂ずり150円も秀逸。大山がいな鶏モモ肉180円は思ったより柔らかいけど火入れも良くて普通に美味しい。ネギマ200円も最高!!!

つくね200円はハンバーグのようでとても味わい深い。。。サクサクの歯ごたえにびっくり。せせりの炙りポン酢420円でフィニッシュ。。ご馳走様でした・・・

三島由紀夫かっこよかった。全共闘の学生が手玉状態。自決してから早50年・・・・

大阪市中央区難波千日前3−7
06-6633-3006
18:00~24:00


カテゴリー 難波, やきとり |

エスカーレ ホテルモントレグラスミア大阪

難波にある表記のホテルのフレンチダイニングで打ち合わせを兼ねて昼食。普段はロビーも中国人だらけなんだけどこの日は全く賑わいなし。4000円の軽めのコースを所望する。

アミューズは蕪の一口スープ。濃厚な味わいで喉に落ちた後にかぶらの香りが鼻に抜ける。。

前菜はワカサギのエスカベッシュ、ローストビーフ、小さな桜えびを使ったキッシュ、サーモンと大根のマリネなど。。いろいろな色のソースの彩が美しい。

ごぼうのカプチーノスープとチーズのベーコン巻き。。ごぼうの香りがガツンとくる。。

スズキのムニエル。。ブルーブランソースの酸味がいい味わい。

牛肉の赤ワイン煮込みはナイフを入れるとほろほろにほぐれる。。。

デザートはこんな感じ・・・22階の窓から見える景観もよくて駅からも近くてとても使いやすいお店です。。


カテゴリー 難波, フレンチ |

ホテルモントレ グラスミア大阪 随縁亭

難波にある表記のホテルの22階の日本料理店をランチで訪問。眺望の良い窓際のテーブル席にてお店オススメのお手軽な懐石コースをいただく。

2月の前菜は鯛の卵の煮こごり、小さな稲荷寿し、サーモンと蓮根のマリネ、一寸豆を揚げたもの、うすい豆真薯、鰯の梅肉揚げなど贅沢なものはないけどしっかりと手間のかかった季節感たっぷりの取り合わせ。

煮物椀はふわふわに仕上げられた小柱の真薯。。菜の花と蕪のあしらえ。。

熟成された寒鰤はおろしポン酢で供される。

炊き合わせはかぼちゃ、蕗、堀川牛蒡、人参、山芋など。。しんみりとしたいい塩梅。。盛り付けも端正で美しい。。

揚げ物は鮟鱇の唐揚げ。ほくほくの身がとてもいい。唐揚げの粉はおかきのの粉末を使用しているのでカリカリの食感。

食事が提供されて最後にグレープフルーツを使ったデザート。

低価格帯のランチだけど雰囲気、サービス内容ともに申し分ないレベル。次回は夜利用する予定です。。


カテゴリー 難波, 和食 |
1 / 9012...20...最後 »