難波

鯛の鯛 難波店

難波のホテルで会合があったのでその帰りに千日前通りにある表記の店を訪問。平日6時前の早い時間帯だったけどすでに満席。店名の通り魚を中心にした居酒屋なんだけど熟成させたお造りを提供することで有名。

アメリカンなかっこいい内装で若い客にも大人気。今では予約なしでは入店できないくらいとなっている。

刺身は全て塾成魚をリクエスト。7日から8日熟成させたかんぱち、ヒラメ、鯛、クエの4種盛り合わせ。鯛やクエは熟成することでしっかりと旨味がのってかなり美味しい。

ぶりの鮮魚は1299円。。脂が乗りまくりで口の中でジュワッと溶ける。

名物の活タコのレア唐揚げ。。

白蛤の酒蒸し。いわゆるホンビノス貝で南米でよく取れると聞き及ぶ。普通の蛤よりも安価だけど身が少し硬い。

沖縄の三大高級魚のスジアラ(赤ミーバイ)のカマの塩焼き1299円。とても大きくて食べ応え満点。身の弾力もあって旨味も強い。

最後は同伴者が注文した名物のウニとイクラの卵かけご飯1999円。見た目の迫力は強烈。。多くの客が注文すると聞く。最後は熱い出汁をかけていただく。。

珍しい地酒も安価でたくさん揃っています。お腹いっぱいご馳走様でした。。

過去の鯛の鯛 難波店はこちら

大阪市中央区難波4-7-14 難波フロントビルB1
06-6630-7714


カテゴリー 難波, 居酒屋 |

随緑亭

難波にあるホテルモントレ グラスミア大阪内にある日本料理店で会食。ランチでは伺ったことがあるけど夜は初めて。夜景の見える個室に案内いただく。

先付けは鮑と寄せ茸のレモンバター焼、かますとんぶり和え叩き長芋、秋刀魚白味噌煮 もぐさ柚子の3種の小鉢が縁高に入って登場。どれも気の利いたお酒が進むものばかり。

うさぎの器に入った炙り太刀魚は針ミョウガとポン酢ジュレで供される。

鱧と松茸の土瓶蒸しは定番の美味しさ。出汁の加減もとてもいい。。

お造りは乾山(写し)の器で。天然鯛、車海老なま茹での2種盛り。菊花ゼリーと芽紫蘇があしらわれる。

肉料理は黒毛和牛の豊年焼き。りんごおろしの土佐酢和え、醤油ゼリーを乗せたもの、黄味酢を乗せたものの3種となっている。あしらえはさつま芋蜜煮と焼き椎茸。

お酒は山口県の東洋美人と和歌山の紀土 ともに食中に合う純米酒。。

辛味大根の乗ったおろしそば。。これは普通・・・・

炊き合わせは海老芋、蕪、茄子、赤こんにゃく。地味な料理だけどとても美味しい。。

青森産の「青天の霹靂という名前の白米の土鍋炊き。。新米独特の香りと甘みでとても美味しい。

デザートはかぼちゃの和三盆ブランマンジェ、洋梨。シャインマスカット、柘榴など。。ゆっくりといい時間を過ごすことができました。。

大阪市浪速区湊町1-2-3-22F
水曜定休


カテゴリー 難波, 和食 |

正宗屋 相合橋店 10月

休みの日の午前10時に表記の店で友人とブランチ 日曜日だけ朝の8時開店。訪問した時間はすでに満席。鰻の寝床のような細長い店内でほとんどの客が競馬新聞を広げている。

場所は千日前通りの難波と日本橋の間くらいに位置する。場外馬券場が近くにあるのでこの店は競馬ファンの聖地となっている。。店内は活気に溢れまくって注文の声があちこちで聞こえる。数台あるテレビは当然競馬中継。

今回はカウンターで調理師産の前。。どの料理も手作りで綺麗に丁寧に作っておられてしかも低価格なのが嬉しい。ほぼ冷凍食材は使われていないのに感心する。。冬場のおでんは特に秀逸。まずはビール大びん390円を所望する。

マストアイテムの名物カステラ370円は魚卵と蟹味噌でできている。これ一切れで日本酒1合が飲めてしまうようなしみじみとした味わい。今が旬の黒豆の枝豆280円。。艶かしい白味噌の光沢のどて焼きも毎回いただく。ヒラメの薄造り780円は肝とエンガワも添えられる割烹料理店のような仕上がり。おでんは焼売と焼き豆腐でどちらも味わい深い。 飾包丁も美しいきずしは生姜醤油で。出来立ての稲荷寿しでフィニッシュ。。。

気になる会計は友人としこたま飲んで2人で4500円。。大阪を代表するいい居酒屋です。

大阪市中央区千日前1−4−14
06-6211-0339
[月~金] 12:30~24:30 [土曜] 11:00~24:30 [日曜] 08:00~24:30
定休:水曜


カテゴリー 難波, 日本橋 |
1 / 9412...20...最後 »