難波

地魚食堂 鯛之鯛 難波店 12月②

月初に訪問してあまりにも美味しかったので再度訪問。このお店のマストメニューの熟成魚と新鮮魚の盛り合わせ580円は原価率120%と言われている。この日はもう少しいい魚が入った料理長お任せ盛り合わせ1000円(写真は2人前)を所望する。

日本酒もたくさん揃っていてどれもが480円(90cc)という破格の値付け。

熟成をかけた鰆と明石の真鯛、縞鯵はネットリした食感にアミノ酸の旨味が満載。濃いめ旨口の日本酒と相性ぴったり。活車エビとカンパチは新鮮でプリプリ。蝦夷鮑とイタヤガイは貝好きの私にはとても嬉しい。これが2000円で食せるというのが奇跡的で北新地なら8000円はくだらないと思う。

熟成させた鯛に鯛の卵の塩辛を和えたもの。これはお酒が進みまくる。。

天ぷらは帆立に明石のタコ、大きな海老と舞茸、蓮根を所望。もう少しカリッと揚がっていれば良かったけど価格が安いから許す。

蛤の塩焼きは焼き過ぎで残念。90席以上入る店はこの日も満席。

海老好き星人なので海老天のみ追加注文。

カウンタ−で美味しそうな塩水に入った雲丹を見つけたので所望する。ミョウバン未使用なので甘くてウマウマ。ごちそうさまでした。

*店長が「ぺろぺろ日記」を見て来店したと言ってくれるとファーストドリンク10円で提供しますとの事です・・・

大阪市中央区難波4-7-14難波フロントビルB1
06-6630-7714
17:00〜24:00 不定休

過去の鯛之鯛 難波店はこちら


カテゴリー 難波, 居酒屋 |

鯛之鯛 難波店

今年の11月2日に難波にオープンした標記の魚料理の店を訪問。マスコミ取材殺到の三宮店・梅田店に続いて怒濤の出店ラッシュとの事。
千日前通りに面したビルの地下に位置する。シュッとしたかっこいいファザードを抜けて店に入るとNYのかっこいいレストランのような感じの内装。おしゃれ感満載のお店は若いカップルや女性客ですでに満席状態。この日はカウンタ−に案内いただく。

明石や淡路の魚の新鮮魚と熟成魚を楽しめるお店なんだけどその他の天ぷらや焼き魚などのメニューも豊富。

突出しはこっくり炊き込んだ鯛のアラ煮。

最初にこちらのお店でマストメニューの熟成魚と明石直送新鮮魚のお造り盛りあわせ580円(写真は2人前)を所望。

新鮮魚は明石の鯛、鰆、お造りは珍しいマナガツオ、上質な脂ののった鰤、赤足海老。熟成魚は6日目のグレ、8日目のマトウ鯛。日本酒と一緒に頂くと至福の味わい。

続いて自家製しめ鯖炙りは脂ノリノリで美味しすぎる。

国産のおいしい伊勢海老が入荷しているという事なのでもう一度お造りを作って頂く。大きな伊勢海老とコリコリの蝦夷鮑、天然ブリに、8日目の金目鯛とサンノジ(にさ鯛)の熟成魚の盛り合わせ。豪華盛り合わせに感激・・・これが驚くほどの廉価ということに2度感激・・・

伊勢海老の頭と身の一部は塩焼きで提供。甘々の味噌とプリプリの身は海老好き星人にとっての最強のご馳走なり。

続いては登場のタラの白子は湯がきたて。。しっかり肥えた甘々の白子は日本酒にドンピシャ。

銀ダラの西京焼は脂の乗り切ったホクホクの身と程よい味噌の風味がベストマッチ。ベストオブ最強の味噌漬けだと思う。

揚げ物は新鮮な生きた明石ダコの足をレアに素揚げしたもの。生っぽさも残っていて歯を入れるとたこの旨味がプシューと咥内を満たす。この料理もマストだと思う。

天ぷら三種盛りは活の赤足海老の天ぷらと兵庫県坂越の牡蠣、太刀魚の雲丹巻き。特に牡蠣のおいしさに悶絶する。。

ここで料理長が伝助穴子をおもむろに生け簀から出して捌き始める。放血神経締めをして見をしっかりと活からせたままの調理はかなりのテクニックが必要。写真の嶋西料理長君は現在結婚相手募集中との事。

片面をバーナーでさっと炙って骨切りをして提供される穴子の焼き霜作り。コリコリの食感と独特の甘味はこの店でしか食せない美味しさ。この店に来たら必ず注文してほしい逸品。

穴子の一部を塩焼きで提供いただく。こんな小さな親切がとても嬉しい。スタッフさんも皆活気があってイケメンと別嬪さんぞろい。

人気メニューの炙り和牛サーロインうにイクラのせ¥499/1個。魚だけではなく肉も美味しいのにビックリ。

いくらと海鮮のたまごかけごはん¥1199。刺身がゴロゴロ乗った丼の上にたっぷりイクラを掛けたもので常連の中では「通風丼」とも呼ばれているものも頂く。

この日頂いたお酒は「只々」「玉川」「龍力」「作」「酔鯨」「百十郎」「くどき上手」「ばくれん大吟」「天狗米純米 燗」×2・・・飲み過ぎました。。美味しい魚と日本酒は最高です・・・・

お腹いっぱいになったけどお酒が残ったので鯛の酒盗とチーズの味噌漬けでちびちびとお酒をしつこく頂く

*店長が「ぺろぺろ日記」を見て来店したと言ってくれるとファーストドリンク10円で提供しますとの事です・・・

大阪市中央区難波4-7-14難波フロントビルB1
06-6630-7714
17:00〜24:00 不定休

鯛之鯛 難波店居酒屋 / 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)JR難波駅

夜総合点★★★★ 4.3


カテゴリー 難波, 居酒屋 |

ひろせ 12月

心斎橋の雑居ビルにある標記の料理屋さんを友人と訪問。月替わりで献立が変るためここ半年くらい毎月月初に訪問している。今回もどんな料理が出て来るのか楽しみにして訪問。ご主人はミシュラン店の「ゆうの」のご出身。炭火を使った丁寧な火入れをはじめすべての仕事が細かくて丁寧。ゆえに何を食しても美味しい。食事のコースは8000円一本勝負。

始まりはホクホクした味わいの牛蒡のすり流し・・・しんみりした塩梅の出汁も秀逸。

続いて手のしコンニャクと柿の黒胡麻和え。こういったちょっとしたものの味付けがとても上手。続いて鱈白子のフライのハニーマスタードソース添えが出て来たんだけど写真を撮り忘れる。

この日も私の為に好物の生原酒を2種類ご用意いただく。島根の王禄は80%の低精米の原酒で米の香りと味わいがしっかりしたもの。ガツンとした味わいと切れの良さが特徴。竹泉醇辛は吟醸酒とは真反対の辛口なんだけどどういうわけか甘味も感じる燗向けの酒。

お造りは6種盛りで加太の鯛、鯛で奈良漬けを巻き込んだもの、ハリイカの身とゲソ、塩でさっと締めた鯖、皮目を炙ったカマス、伝助穴子の焼き霜造り、鰆を桜のチップでさっと燻したもの。。。いつも少し手を入れたり形を変える事で食べ飽きないようにしておられる。

鯛のしん薯鵜と蕪の煮物椀。鯛の骨で取った出汁からいい脂が出て味わい深い。しん薯鵜の美味しさはいつも突き抜けている。

大きなマナガツオを塩焼きにして海老味噌の入ったソースで頂く。あしらえはほうれん草の白酢添え

肉料理は蝦夷鹿のロース肉のソテーを山椒の効いた醤油ベースのソースで頂く趣向。生原酒との相性抜群で最高のマリアージュ。あしらえはホクホクの海老芋と炭火で焼き上げた加賀蓮根。脂身も一緒に添えて頂いたがとても味が深かった。

最近完成したての自家製唐墨を思いっきり掛けた大根御飯。唐墨大根からイメージしたと言っていた。

旬のみかんを使ったゼリーでフィニッシュ。今回も大満足。ごちそうさまでした・・・この日も年始の予約をして帰りました。。

過去のひろせはこちら
大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 難波, 和食 |
1 / 6312...20...最後 »