難波

楽洛亭 本店

カンボジアから帰って創業30年の難波高島屋の前にある表記の大衆焼肉店で友人を誘って食事。場所はなんばのリムジンバス降り場のすぐそばなので海外からの帰りや地方に行った帰りについ立ち寄ってしまう。高級な店もいいけどこんな雑駁な店が実は好み。

好立地のこちらのお店は昼間からカウンター席でビールとともに焼き肉を楽しむ客がとっても多い。。外から見ると間口は小さいが奥に長くてかなり広い。七輪焼肉なので1階のカウンタ−で食べると煙モクモク。2階はテーブル席になっていてゆっくりと食事が出来る。大衆繁盛店であるが接客も丁寧で希少部位や激辛のもの、ハーフサイズでの注文など結構客に親切なのが嬉しい。

メニューは以下のとおり

■特選和牛■
・上ロース 1800円(ハーフ【50g】: 950円)
・上バラ 1550円(ハーフ【50g】:800円)
・特選ハラミ 1800円(ハーフ【50g】:950円)

■赤身肉■
・ロース 950円
・バラ 880円
・ハラミ 950円

■塩焼■
・塩タン 950円
・ゲソの塩焼き 480円
・あご塩 ガーリックレモン風味 580円
・若どりの塩焼き ガーリックレモン風味 480円

■ホルモン■
・上ミノオイル(ミノサンド) 720円
・焼センマイ(第3胃) 480円
・マメ(腎臓) 480円
・タン 880円
・赤センマイ(第4胃) 580円
・小腸 480円
・ミノ(第1胃) 580円
・上ミノ 720円
・ハート(心臓) 480円
・テッチャン(大腸) 580円
・ツラ(ほほ) 580円
・レバー(肝臓) 580円
・コリコリ(心臓の動脈) 480円
・ウルテ(気管の軟骨) 480円
・小袋(子宮) 580円
・激辛テッチャン 680円

■盛り合わせ■
・お肉6点盛り合わせ(300g) 2380円
※バラ、ハラミ、ロース、ツラ、上ミノ、上テッチャン

・ホルモン盛り合わせ 580円
※ホルモン5種類2切ずつ

・得盛ホルモン(500g) 1980円
※ホルモン約8種類

2015-11-15 13.30.08

まずはお約束の塩タンを所望。分厚くカットされてそれなりに美味しい。

2015-11-15 13.30.28

店員さんお薦めのお肉6点盛り合わせ(300g) 2380円
※バラ、ハラミ、ロース、ツラ、上ミノ、上テッチャン
脂のないハラミはかなりあっさり。ロースも多分モモ肉であろうかそれなりに美味しい。 脂がたっぷりのテッチャンも焼くとファイヤーでまくり。コリコリのじゅわじゅわでビールとナイスマッチ。価格を考えると安心で充分な内容。

青ネギがたっぷり盛られた灰色のつけダレはあっさりしているけどコクがあって山椒の香りもしてホルモンにもかなり相性がいい。このタレと肉と白ご飯とビールの取り合わせは史上最強である。いつも御飯大をお代わりしてしまう美味しさ。

 

2015-11-15 13.29.15

焼きセンマイとハラミとあご肉も追加で所望。

2015-11-15 14.16.42

 

最後は冷麺とビビンバで〆。全体的に見れば味もいいのと値段も安いのでついヘビーユースしてしまう。

2015-11-15 14.24.40

久しぶりの日本食?にお腹も心も満たされる。。ごちそうさまでした〜

大阪市中央区難波4-4-6
TEL06-6643-6045
11:00〜23:30


カテゴリー 難波, 焼肉 |

鉄板ラブワイン

ランニング好きの社長の集まりのあと2次会で歌舞伎座裏の表記の店を訪問。最近少人数でワインを飲むときは重用している。特にドメスティックのワインの取り揃えにこちらのお店は長けておられる。

鉄板焼きを中心にワインを楽しむ店で特に野菜のパフォーマンスは群を抜いている。鉄板を囲んだ席数は8席。あとは違法であるが外で飲める感じ。
天満を中心に展開するラブワインのテッパン業態。

2015-11-10 20.22.03

店の棚には大量のグラスやワインボトルが整然とならぶ。その日お薦めのグラスワインはボトルに価格が書かれているので注文しやすい。

2015-11-10 20.28.34

前菜3種盛りは安納芋とブルーチーズのポテトサラダ。芋の甘さをブルーチーズの塩気が引き締める。エリンギとアンチョビのマリネは白ワインにぴったり。名物のふわふわ小海老のムースは澄んだ海老の香りも心地いい。どれもがありそうでどこにもない手のかかった商品。これだけでワインが2杯いける感じ。

2015-11-10 20.38.27

大阪産のメルローは思ったより色も濃いしボディもあって濃密な味わい。バランスもよく滑らかで優しい味わい・・・大阪でこんなワインが作れるとは驚く。昔の河内ワインの軽い印象とは全く異なる。

2015-11-10 21.01.01

ここで焼き野菜の盛り合わせ。種類によってお酒をかけたり火力のあて方を変えたり店主のヒデさんの細やかな火入れに脱帽。

焼くと甘くなる「紅くるり大根」、平たい莢の「モロッコインゲン」、ジューシーと言う言葉しか見当たらない「ジャンボマッシュルーム」、甘々の淡路の「玉ねぎ」、色は白く肉厚で歯触りはシャキシャキだけど柔らかい食感の「岩国蓮根」、特大のアスパラなど。身体が洗われるような美味しさ。

2015-11-10 21.05.03

しっかりしたアメリカのシャルドネと一緒に合わせると天にも昇る美味しさ。。

2015-11-10 21.21.18

阿波尾鶏のケッカソース。。しっかりと脂の乗った分厚い鶏肉を丁寧に皮目から弱火で火入れ。出てくる鶏脂はすべてリードペーパーで拭き取る。不要な鶏脂は味の邪魔をする。肉はふわふわで皮目はパリッとしているんだけどありがちな焼き過ぎで固くはなっていない。この火入れは完璧である。。ケッカソースは「おかま」の意味らしい。ざく切りのトマトに塩胡椒とバジルの葉のみじん切りとオリーブオイルをあえたもの。イタリア中部から南部の代表的な家庭料理らしい。

2015-11-10 21.29.26

Broc Cellars Sogiはカリフォルニアのブロックセラーズ。古木系の葡萄で香りも味も複雑系。。

2015-11-10 21.43.21

ソーセージだけどソースが美味し過ぎ・・・・あとメレンゲで作るお好み焼きもかなり美味しそうだった・・・

このお店の隣に「シカゴ」という店がありいわゆる「ケッカ」のお店。ママはタカちゃんという名前で15年くらい容姿も変わらない・・・いろんな意味でかなり怖いよ

大阪市中央区難波4-8-9
06-6647-8766
17:30~24:00
定休日:月曜日


カテゴリー 難波, 鉄板焼, バル |

丸元 9月

ウルトラマラソン出場のあと疲れが抜けないので千日前の路地裏にある表記の老舗店でラン友と一緒にすっぽんを食す。お店は映画のセットのような昭和な造りで客層も昭和。隣のファッションマッサージは潰れて飲食店になっていた。最初にビールで乾杯をしていつものようにお造りの盛り合わせ。ネタケースを見ながらあれを入れてこれを抜いてと結構我がままを聞いていただける。

2015-09-19 18.10.16

コリコリの縞鯵、天然平目、赤貝、剣先烏賊、巨大な鱧、鳥貝、甘エビ、明石の蛸の8種盛り。盛りつけはどおってことないけどどれもが美味しい。本業は寿司店なんだけどこの店では誰も寿司を食べてはいない。

2015-09-19 19.06.02

鰻の蒲焼きをネタケースで見つけたので軽く炙って出していただく。路地裏のすっぽん屋で鰻の蒲焼きをいただきながらの麦焼酎。酒がすすまないわけがないな・・・・
お店の人の接客は丁寧ではないけどレジにどかんと座っている女将さんを含めてみんなちゃんとされている。

2015-09-19 18.24.27

このあとスッポンコース5,250円(税込)を所望する。すっと昔からこの価格。多分私の知っているお店では一番コスパがいいと思う。最初に生き血を赤玉ポートワインで割ったもの登場。お酒が苦手な方はリンゴジュース割り。そのあとコラーゲンたっぷりのエンペラと腸の湯引きの入った突き出し登場。

2015-09-19 18.20.36

この日はまさにシェフズテーブルですっぽんをほどくところを実演で見ることが出来る席。すっぽんの話を板前さんにいろいろ聞きながら頂くといっそう美味しく感じる。亀と同様にすっぽんの雄雌は尻尾で見分ける。玉子は雌しか持っていないのはあたりまえ。すっぽん一匹で2人前の食材となるらしい。すっぽんは劣化が早いので客の注文があってから調理を開始する。

2015-09-19 18.24.24

宝石のようにキラキラ光る内臓の造りはぴくぴく動く心臓と苦玉といわれる胆のう、腎臓部分、肝臓、卵となっていてすべて塩をかけて海苔で巻いていただく。見た目のイメージだけで元気が出る感じがする。食べつけたらクセになる。。

すっぽんは低カロリーでビタミンAやビタミンBが大量に含まれていて良質な必須アミノ酸がたくさん含まれているのでアスリートには最高の食材と昔に聞いたことがある。

2015-09-19 18.47.17

ここでお待ちかねのスープ登場。2階の座敷で頂くときは鍋で提供されるがカウンタ−では銘々でお椀によそって出していただける。椎茸や餅、豆腐、白菜もたっぷり入って栄養満点。生姜の効いたスープはとても滋味深い。野菜高騰のおり「白菜の仕入れが一つ800円するので大変です」と言っておられました。

首の肉や前足の付け根の肉はよく動くので身が締まってとても美味しい。寒くなって白菜がおいしくなってくると味わいも更によくなる。2杯目は鷹の爪とガーリックパウダーを入れていただく。味わいにパンチが出てお酒が更にすすむ。この頃になるとどういうわけか身体がぽかぽかしてくる。

2015-09-19 19.19.29

最後はトロトロの雑炊で〆。ご飯と玉子と葱だけの潔さ。押し麦が少し入っているのがこちらの店の特徴。
美味しくて美容効果も抜群で食した女性は翌日指先がツルツルするとのこと。最後のデザートまで美味しく頂き身体もぽかぽかして元気一杯。

大阪市中央区千日前1-9-9
TEL 06-6211-2298
営業時間 16:30~23:00(L.O 22:00)
定休日  日曜


カテゴリー 難波, 日本橋, |
20 / 72« 先頭...2021...40...最後 »