難波

丸元

今日は弊社幹部で新年会。 ニュージャパンサウナで汗を流して千日前の丸元へ 表向きは寿司店なのだがすっぽんが超有名。 どの客もすっぽんを注文。 千日前の河童ラーメン屋の路地を通って大人のマッサージ店の隣の 絶対に表通りからは分からない怪しい立地。 普段はカウンターですっぽんをつぶすところを見ながらライブ感覚で いただくのだが今日は裏の小上がりで食す。お店の人は全員熟年層で親切 まず突き出しの蛸の柔らか煮と別注文のお造り盛り合わせをつまみながら 生ビール1リットルを流し込む。 すっぽんコースのスタート。 まずは定番の血のワイン割り。アルコールがだめな人は リンゴジュースでも割ってくれる。 つづいて内臓の造り レバーと黒い豆のような胆嚢が2つ、そしてぴくぴく動く 三角のつやつやした心臓がひとつ。 胆嚢はかむとにがいので、そのまま飲み込むようにとの指導。 他は塩を振って、海苔を巻いて食べる。 あとはすっぽんの卵。鶏で言えば玉ひもの部分。実に濃厚な味わい。 参加メンバーの一人は食べることができず、海苔ばかり食べていた。(笑) あとは、すっぽんの甲羅部分(えんぺら)と腸をポン酢ともみじおろし で和えたものがでて、これは美味しいとみんな絶賛。 メインは、すっぽん鍋。 だしがすごくおいしくて生姜の絞り汁がしっかりとアクセントになり 透明感のある喉から胃までストンと入っていくのが分かる洗練された味わい。 すっぽんの甲羅のツルツルした部分、足の部分のしっかりした肉の味加減。 いろんな部所がそれぞれ異なった食感がありくせになりそうとの意見。 身は魚と鶏肉の中間の感じ・・生姜のせいもあり食べてるうちに体がぽかぽか してくるのが分かる。 もちろん雑見や臭みは一切なし。究極のスープと参加者絶賛。 具はすっぽん以外にも白菜と白玉としいたけが入ってる。 この店は鍋が出てくるのではなく調理場で作って煮えばなを 見極めて大きなお椀にもってすぐ食べられるように して持ってきてくれる。 親切すぎね・・・。(涙) 2杯めのお代わりは薬味のガーリックパウダーと唐辛子を入れて 味わいを変える。これもまた滋味深くすっぽんの味が際立つよう。 とどめの雑炊は米の一粒一粒にスープがまとわりつき、 滋味と栄養のエキスが実感できる。 卵も入り実にクリーミーで参加者は感涙の涙に 咽びながら味わう。もちろん余計な葱や海苔などの薬味はなし。 この雑炊を食べたら蟹はもちろん河豚も及ばないねとの感想。 具材の味が主張しすぎることなくしかも雑味、臭み、えぐみまったくなし。 最後にデザートまで出てこれでコースで5000円。 月に一回行けば顔はピカピカ。元気はつらつ間違いなし・ まったく同じものが京都の大市で27500円。 このお得なプライスにも涙・・・ すっぽんは熊本から養殖と天然を仕入れているそう 最近は隠れ家風の風情とコラーゲン効果のため女性客がかなり増えたと ご主人が言っていました この店は月1通いの店。 いつもいっぱいなので早い時間以外は予約がお勧め。 住所:大阪市中央区千日前1-9-9 電話:06-6211-2298 営業時間:16時30分~23時(LO) 休:日曜 席:カウンター12席、小上がり16席、座敷6室(計30名) メニュー:すっぽんコース5000円。にぎりずしもあり 113694309630182[1].jpg


カテゴリー 難波, 日本橋, 和食 |

釜たけうどん

難波の道具や筋うらの讃岐うどん店。 肉吸いの「千とせ」に行こうと思ったら休みだったので 斜め前に行き先変更。 ここもかなりの有名店で吉本興業をはじめとする 芸能人の色紙があちらこちらに張ってある。 注文はお店一押しの竹天玉ぶっ掛け680円で大きなちくわと 半軸卵のてんぷらが入っている。 早速レモンを絞って葱をかき混ぜていただく。 うどんは少し太めでもちもちしていてコシがあり かりっと揚がったてんぷらとの相性もよし。 いりこの出汁もしっかり効いて讃岐そのものの味。 レモンを絞ると旨みが引き立つのを実感 羽曳野のうどんの名店「釜竹(かまちく)」とは全然関係なし 難波からNGK 、道具屋筋を目指して下さい。 道具屋筋の映画館「千日前セントラル」の真裏に横道より回ってください。肉うどん「千とせ」の斜め向えです 113461110728781[1].jpg


カテゴリー 難波, 麺料理 |

たこ坊

なんばから なんばウォ-クを 日本橋に向かって坂町に入ったところの くわ焼き屋。なかはカウンターをぐるっと囲む様に20人程と  壁際の少しのテ-ブル席。キャリア12年目の店のおばちゃんが 「ちょっと詰めて」と無理矢理丸いすを間に入れれば、 30人位がいつの間にか座っている不思議な空間だ。 カウンタ-の鉄板で いつも指揮をしているのが ひげのおじさん。 彼ももう25年くらいここで勤めている。過去に記憶あり・・・ このおじさんが 串刺しにした素材を、後の焼き物係りの おじさんが鉄板と「くわ」で挟んで焼いてくれる  肉、魚介類 野菜など 素材そのものメニュ-はどれも一本150円程度で 思いっきり飲んで食べて3000円くらい。とにかくうまくて安い  ここの一番人気メニュ-でおすすめは豚ぺい焼き 一本210 豚肉に 卵を 巻いたもの・・・・(写真) カウンタ-の中でこれを作る様子を見たら皆注文してしまう。 鉄板の上に卵を長く薄焼きにして串焼きで焼けた豚肉を巻いていく。 ふんわりした卵の触感は絶品の味。他にもあなご一本の丸焼き 手羽先ぎょうざなどおいしいメニュ-がいっぱい・・・ 軽くおいしく飲むにはピッタリの店です。 大阪市中央区千日前1-8-3 ■TEL 06-6211-4704 ■総席数 30席 定休日 木曜日 11283048091329[1].jpg

くわ焼 たこ坊串焼き / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅


カテゴリー 難波, 日本橋, 串料理 |
63 / 69« 先頭...20...6364...最後 »