難波

丸元

月1で行く千日前の「すっぽん 丸元」(大阪市中央区千日前1-9-9)。 最寄り駅は地下鉄難波駅(15番出口)か日本橋駅(2番出口) 叶姉妹はじめ中村うさぎも大好物。食べた翌日、お肌ツルピカになること実感。 それに、体がポカポカしてくるので元気出したいときにぴったり。 この場所は千日前通りの路地裏を入ったところ。 名産地の熊本から天然と養殖の生きたすっぽんを仕入れているらしい。 看板は寿司屋なのだがお勧めは絶対にすっぽんコース。 付出し、りんごジュースかワインで割った生血、 (細胞がこれで活気づくのがわかる)、続いて湯引きと肝のお刺身、 (塩を振って海苔で巻いていただく)レバーと胆嚢とぴくぴく動く心臓 と大豆の一回り小さいサイズの卵(かなり濃厚)の4点セット。 そしてメインのすっぽん鍋(お椀で出てきます。1人2杯まで)、 雑炊(茶碗についで漬物付きででてきます。) 注文を受けてからすっぽんをさばいてくれるので、新鮮そのもの。 全くくさみなどなし。肝のお刺身はのりにのせて塩をふって頂くのですが、 さばきたてのため心臓などお皿の上でドクドクと動いたままです。 鍋のお椀は生姜を効かせたスープで煮込まれ、すっぽんの旨みが全体に広がっている。まず、このスープからして旨い。生姜の効果もあって、身体の芯からポカポカとしてくる。すっぽんの身がごろごろ入っている。その身は、見た目とは裏腹に、あっさりと上品な味わい。魚介と鶏肉のちょうど中間のよう 甲羅の縁の部分(えんぺら)のコラーゲンを多く含むゼラチン質が美味。 昔は「精が付く」と男性に好まれたが、今では「美肌のために」と女性客が ずいぶん増えたとご主人の弁。とどめの雑炊。米粒一つひとつに旨みと健康の エキスが吸い込まれている。軽く味付けしてあるだけなのに、 もう何杯でもいけそうな旨さ。 今日はカウンターの目の前にかなり大きな鯛の頭が鎮座。 これを酒蒸しにして貰って麦焼酎を約5杯いただく。 これもほろほろシコシコ滋味深いお味。 いろんな人を、ここに連れていったけど、 みんな大感激! 友達ほとんどリピーター この店の営業本部長みたいね。 お値段は、一人前5000円。 すっぽんとしては破格です。 114163307017668[1].jpg


カテゴリー 難波, 日本橋, 和食 |

キムカツ

ライブドアの堀江元社長が絶賛していたのを社長日記で見てから ずっと気になっていたとんかつ店。東京本店含めて8店舗の展開 今回行ったのは大阪松竹座地下にある店舗 間接照明を上手に取り入れたムーディー(死語)な雰囲気。 国産豚の超薄切りを25枚重ねてミルフィーユのようにして パン粉をつけているらしい。食感は今まで体験した事のない軟らかさ さくさくジューシー、ふんわりしっとりって感じかな。 種類はプレーン、黒胡椒、がーりっく、ちーず、ねぎ、うめしそとフレーバーが様々。 店員お勧めのポン酢でいただくプレーン1480円をいただく 又すすめられるままに炊き立てご飯セット450円を注文すると15分後に つやつやに光まくったコシヒカリが出てきました。 これも秀逸。店内は女性客ばかり。 はっきりいえます。 これを考えた人は天才です・・・ 113918757329257[1].jpg

キムカツ 大阪松竹座店とんかつ / 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)日本橋駅


カテゴリー 難波, 和食 |

丸元

今日は弊社幹部で新年会。 ニュージャパンサウナで汗を流して千日前の丸元へ 表向きは寿司店なのだがすっぽんが超有名。 どの客もすっぽんを注文。 千日前の河童ラーメン屋の路地を通って大人のマッサージ店の隣の 絶対に表通りからは分からない怪しい立地。 普段はカウンターですっぽんをつぶすところを見ながらライブ感覚で いただくのだが今日は裏の小上がりで食す。お店の人は全員熟年層で親切 まず突き出しの蛸の柔らか煮と別注文のお造り盛り合わせをつまみながら 生ビール1リットルを流し込む。 すっぽんコースのスタート。 まずは定番の血のワイン割り。アルコールがだめな人は リンゴジュースでも割ってくれる。 つづいて内臓の造り レバーと黒い豆のような胆嚢が2つ、そしてぴくぴく動く 三角のつやつやした心臓がひとつ。 胆嚢はかむとにがいので、そのまま飲み込むようにとの指導。 他は塩を振って、海苔を巻いて食べる。 あとはすっぽんの卵。鶏で言えば玉ひもの部分。実に濃厚な味わい。 参加メンバーの一人は食べることができず、海苔ばかり食べていた。(笑) あとは、すっぽんの甲羅部分(えんぺら)と腸をポン酢ともみじおろし で和えたものがでて、これは美味しいとみんな絶賛。 メインは、すっぽん鍋。 だしがすごくおいしくて生姜の絞り汁がしっかりとアクセントになり 透明感のある喉から胃までストンと入っていくのが分かる洗練された味わい。 すっぽんの甲羅のツルツルした部分、足の部分のしっかりした肉の味加減。 いろんな部所がそれぞれ異なった食感がありくせになりそうとの意見。 身は魚と鶏肉の中間の感じ・・生姜のせいもあり食べてるうちに体がぽかぽか してくるのが分かる。 もちろん雑見や臭みは一切なし。究極のスープと参加者絶賛。 具はすっぽん以外にも白菜と白玉としいたけが入ってる。 この店は鍋が出てくるのではなく調理場で作って煮えばなを 見極めて大きなお椀にもってすぐ食べられるように して持ってきてくれる。 親切すぎね・・・。(涙) 2杯めのお代わりは薬味のガーリックパウダーと唐辛子を入れて 味わいを変える。これもまた滋味深くすっぽんの味が際立つよう。 とどめの雑炊は米の一粒一粒にスープがまとわりつき、 滋味と栄養のエキスが実感できる。 卵も入り実にクリーミーで参加者は感涙の涙に 咽びながら味わう。もちろん余計な葱や海苔などの薬味はなし。 この雑炊を食べたら蟹はもちろん河豚も及ばないねとの感想。 具材の味が主張しすぎることなくしかも雑味、臭み、えぐみまったくなし。 最後にデザートまで出てこれでコースで5000円。 月に一回行けば顔はピカピカ。元気はつらつ間違いなし・ まったく同じものが京都の大市で27500円。 このお得なプライスにも涙・・・ すっぽんは熊本から養殖と天然を仕入れているそう 最近は隠れ家風の風情とコラーゲン効果のため女性客がかなり増えたと ご主人が言っていました この店は月1通いの店。 いつもいっぱいなので早い時間以外は予約がお勧め。 住所:大阪市中央区千日前1-9-9 電話:06-6211-2298 営業時間:16時30分~23時(LO) 休:日曜 席:カウンター12席、小上がり16席、座敷6室(計30名) メニュー:すっぽんコース5000円。にぎりずしもあり 113694309630182[1].jpg


カテゴリー 難波, 日本橋, 和食 |
66 / 73« 先頭...20...6667...最後 »