難波

白蓮

ミナミの新歌舞伎座の裏にある大衆おでんの店。4時半くらいからあいている。 ネタはどれもがジャンボサイズ。 本日は【銀杏】【かき】【海老芋】【じゃがいも】【しいたけ】【大根、【ひろうす】【玄米もち】【よもぎ麩】【ゆば】【しゅうまい】(551製だった・・)【ぺころす】【ちくわ】【こんにゃく】【ごぼてん】【たこ】【筍】(缶詰だった・・残念)【つみれ】名物の【ばくだん】(写真・・すり身の中にじゃこえびとたまねぎ、これが最高)と食べまくりの飲みまくり。 焼酎はおいてない。ビンビールと樽酒のみ。 店主は79歳の妖怪のような婆さん。口うるさい事この上なし。従業員叱りまくり文句言いまくり。「私がいてるから息子に嫁がけーへん」が口癖。店の2階に寝泊り。勘定は必ず彼女がそろばんで行なう。時間かかりまくり(涙) 遅い時間は店の隅のカウンターで睡眠。 チーママが「マリア」という名前推定65歳。この方も名物。新人の60歳の「愛」さんこれもつわもの・・。まるでお化け屋敷のような店いちどいってみて。 難波西4-2-13  641-2171 111197158110575[1].jpg


カテゴリー 難波, 和食 |

割烹寿司 しっとうや

ミナミの道具屋筋の西側路地を入ったところのしっとりと落ち着いた割烹・寿司店。手書きの献立は達筆すぎて読めない・・・コースは3500円から。寿司よりもアラカルトが無数にあるのでお勧め。この日は前菜、造り盛り合わせ、あまごのてんぷら、筍の炊き合わせ、のれそれ(穴子の稚魚)の酢の物、仕上げに名物の穴子の握りをいただく。表はパリッと焼かれていて中はトロトロ。これも最高の仕上がり・・・主人は無愛想の極み。客の私が悪いのか・・? 中央区難波千日前14-22 6633-6268 111173184214904[1].jpg

割烹鮨 しっとう屋割烹・小料理 / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪市営)


カテゴリー 難波, 和食 |

丸十寿司

同じ名前のすし屋がたくさんあるがここは中央区難波のニュージャパンサウナの裏あたり。前は御堂筋沿いにあったが数年前に移転。とても歴史のあるお店。昼間から営業しておりサウナの帰りに小原を満たすのにぴったり。とても気さくな店でいつもゆっくりしてしまう。値段はとてもリーズナブル。くいだおれの山田社長も常連。 写真はあわび600円。(2個) 111172953125606[1].jpg


カテゴリー 難波, 和食 |
69 / 74« 先頭...20...6970...最後 »