韓国料理

釜山つれづれ その①

社員旅行で釜山に2泊する。普段話さない多くの社員と寝食を共にすることは大変意義深く、また毎年外国の食文化のみならず日本と異なる習慣や風習にふれあうことが出来るいい時間を過ごすことが出来る。

共に行動する社員君たちには2泊で3キロは体重が増えるくらい何でも食べまくろう。と伝えている。特に韓国のファストフードは大変学ぶべき物が多い。


今韓国で最もホットなファストフードの「ホットク」。小麦を発酵させて大量の油で焼き上げて中に松の実などの雑穀をサンドしたもの。シナモンの香りもするし、砂糖が入っているために少し甘い。いわゆる日本のお焼き。釜山名物のシアッ(種)ホットクは、その名の通り、お餅を焼いてから真ん中を割って、その中にひまわりの種、カボチャの種などを入れて作ったホットク。しかし油っぽくて私の口には合わない。。60円くらい。
韓国のおでんもかなりポプラーなB級の味。ほとんどが魚のすり身で、例えればさつまあげのようなものか。ダシがよく効いている。韓国語で「オムク」というらしい。でも「おでん」でも通じる。
路上で屋台にもなっていない青天の仮設食堂で腹ごなし。味のついていない韓国海苔でご飯を巻いたものとトッポギ。皿の上にサランラップを巻いてあってそのラップを客ごとに変える仕組み。洗い物なしで便利。。
チャプチェやナムルなどお店によっておいている物が違う。まあどこもよく似た味。
くるみまんじゅうの店も今トレンドらしい。クルミを形どったカステラ生地のまんじゅうの皮の中は煎ったクルミとあんこ。。皮はライ麦が使われているらしい。80年歴史をもつ韓国の伝統的なお菓子と聞き及ぶ。カロリーが低くダイエットにも効果があるらしい。
フルーツを使ったフレッシュジュースも大人気。この時期のおすすめはイチゴとバナナのミックス。韓国のイチゴは甘くて美味しい。全般に果物は日本より韓国のほうが甘い気がする。。韓国ならではの甘い トマトジュース もおすすめ。
晩ご飯は旅行社のツアーについていたプルコギ。肉も味の加減もイマイチ。。肉の追加やお酒の追加の催促を「じゃかましぃ」と蹴散らしさっさと食事を済ませて国際市場を散策。
この看板と目が合い店も超満員だったので調理担当の社員君と突撃。前にテレビで見たことのある釜山の郷土料理のコムジャンオ。釜山の人には日常的で馴染みの深い食べ物コチュジャンベースのソースに絡めて炒め煮する料理。
コチュジャンの強さとニンニクの匂いがコムジャンオのクセを抑えて食べやすくしている。キムチなどの副菜とシジミの吸い物がついて700円くらい。水槽に入ったうなぎは皮も内臓も取られてもしばらく動いている。
見るからに滋養強壮に良さそう。高タンパク低カロリーなのは間違いない。
鉄板で焼き上がると食感はうなぎや穴子よりも肉厚。臭みは新しいせいか全くなし。適度な堅さで身に弾力がありどんな料理にも合いそう。どちらかと言えば魚というより鶏肉に近い食感。
エゴマの葉やコチジャンをつけて頂くと味も変化して楽しい。最後はご飯を入れて焼き飯にして頂く。。
シジミのお澄ましは飲み干すとやかんについでお替わりしてくれる。。
韓国焼酎をしこたま飲んで一人1500円くらいでした。
そのあと生マッコリの看板が見えたので迷わず潜入。キムチの巻き寿司と山芋の鉄板焼きをあてにマッコリをいただく。ここは2人で500円くらい。。日本の280円均一のような店。
今時のマッコリはさらっとして薄くてとても飲みやすい。2人でやかんのマッコリを一つあけて店を出る。
続いて海鮮の店に入る。今時のしゃれた内装のオープンドアの店で売りは泳ぎのイカの刺身。ビールをいただきながら板前君の手さばきを観察。
左側はイカの耳。薄いイカの身を更にそいで糸作り。イカの身が小さいためか味が乗ってなく胡麻油の味しか感じなかったのは残念。しかし店は超満員。このイカの刺身が500円くらい。
屋台村が近くにあり16番のおばさんの店に行く。この店ではボイル蟹をいただく。見たことのない種類の蟹で身の味がとても濃厚。。周りの客ともすぐに意気投合。
蟹のほかにも美味しそうな物がショウケースにラインアップ。焼酎とマッコリをしこたまいただいて店を出る。
ジャガルチ市場の屋台が24時でもあいていたので仕上げに刺身をいただく。
水槽の鮑が3個で1000円。2つを刺身で1つをバター焼きにしてもらった。この鮑は日本で一つ1000円くらいで市場で売っているので感覚的には5分の一の値段。
味わいも深く異国情緒もたっぷり。。。この屋台は港町の雰囲気を満喫できる。また屋台で頑張っているおばちゃんを見ているだけで元気が出る。お酒もしっかり回ってお腹もはち切れそうになってこのままホテルに帰ってバタンキュでした。。。
どんだけ食べたら気が済むねん・・・・・・・・・・・

カテゴリー 海外, 韓国料理 |

炭焼厨房きっちん 大黒家

新大阪東口友人お勧めの韓国家庭料理店。近くに同じ名前の焼肉屋があるので注意。。

週末に遠方から遊びに来てくれた友人のおもてなし。。。お母さんと娘さんの2人で切り盛り。結論を言えば何を食しても美味しい。私が個人的に辛い韓国料理苦手だと事前にいえばそのように作っていただけたのも感動。。。この日は日本食中心に飲み物入れて4000円でリクエスト。

ビールで乾杯していきなり出てきたのが豪華お刺身盛り合わせ。本マグロの赤身、カツオのたたき、剣先イカ、車エビの踊り、サーモン、はまち、そして大きな味噌たっぷりのズワイガニ。。。これだけでお腹いっぱいになる。。

気遣いしていただきたことに感謝する。全ての刺身が上質。。友人たちと楽しく飲み食いする。

そのあとはチャプチェ(写真なし)。。。これがまた旨い。。春雨がやたら太くでもとっても優しい味。

鯛の子と大根や野菜を炊いたものもこれまた実に滋味深い優しいお味。鯛の子をこんな形でいただいたのも初めて。

カキフライもオーロラソースやいろんな薬味を付けてくれてとても美味。。。かき自身がとっても上質。。チジミにしたらきっとおいしいだろうと想像する。

鶏の揚げもの2種類。。。がっつり系なんだけどこの頃にはもうお腹いっぱい。

せっかくだから炭焼きの焼肉を所望。。甘くて辛いタレは病みつきになりそう。。お肉も上質。。。正直な御商売に敬服。

最後の石焼きビビンバは迫力満点。。直径50センチくらいある石鍋に具が満載。。。これだけでも来店の価値あり。。今回はムリ言って日本食作ってもらったけど次回はお母さんにおまかせでいろいろ食草と心に決める。。

今週末大阪ハーフマラソン出場予定。。途中の関門が自分のベストとほぼ一緒。。。完走を目指すぜ。。

大阪市東淀川区東中島1-12-19

TEL 06-6322-3101

炭焼厨房きっちん 大黒家韓国料理 / 新大阪駅西中島南方駅南方駅


カテゴリー 新大阪/西中島南方, 韓国料理 |

韓国居酒屋ヒデトミ

月に一度行っている経営塾の帰り友人とともに東三国にある韓国居酒屋に行く。 以前に連れて行ってもらったのだが基本的に韓国料理の発酵した辛さと眼がつぶれるような赤い色が和食に携わってきた私には苦手だった。                                                                                                                                                              thidetomiataki.JPG せやけど店主の温かさと料理の旨さに友人を誘って再訪した。最初に出てきたのがネギにまみれた肉のたたき。。。この肉はどこの部位かと聞けば「そんなもん知るか黙って食うとけ!」と言われる。                                                                  でもその言葉には温かさがある。。。店の入り口はどういうわけか自動販売機が占領している。   surumeika.JPG その次出てきたのはスルメイカの前菜。。見た目より辛くない。イカが新しいのは一口食べると良くわかる。良く冷えた生ビールがうまい。一緒に行った友人が常連なのでビールは自分でいれる。生ビールのタンクも自分で変えていた。。オカンが一人でやっているためにみんなで助け合いながら食べる。。 surumekyuri.JPG 一人なんだけど料理出てくるのが超早い。。。カクテキと胡瓜の漬物。。スルメの甘く炊いたやつはビールにぴったり。。この店のおかんしゃべりながらどんどん料理を出す。。かなりの高齢と思うのだが髪の毛は3色である。。子犬でよくそんなのを見る。。 chapuche.JPG チャプチェは楽しみにしていた。。。味の加減が絶妙。。。野菜もたっぷり入っていて身体に良さそう。。。 実に優しい穏やかな味の加減。 kejan.JPG 7人で予約したので前日予約でケジャンをお願いする。。 藤原紀香が秘密の嵐ちゃんで絶賛していた醤油味のカンジャンケジャンじゃなくて唐辛子やニンニク、しょうが、砂糖などを混ぜた真っ赤なソースに漬けたヤンニョムケジャン。。 見た目は強烈だが生きたカニを漬け込んでいるので甘くて柔らかで殻をチューチュー吸っていただく。。。 韓国ではこの時期がカニがよく捕れる時期で卵はまだ持ってないけどその分、身がしっかり詰まって実に美味しい。漬けこんであるヤンニョムソースはすっきりした辛さとほどよいコクでカニの甘味や旨味がひきたつ絶妙な加減。。。 makori.JPG ここで秘密のマッコリ登場。。。常連の方は生ビールに入れてブレンドしていただくようなので私もまねさせていただいた。。。 加熱していないマッコリはカルピスソーダ?のような爽やかさとほのかな酸味が飲み心地がすばらしい。 乳酸菌が思いっきり入っているのであろうかプチプチした発泡感が気持ちよくアホほど飲んでしまう。 前回も酔うまで飲んでしまう美味しさが悩ましい。。。 baranikusantyu.JPG 三段バラの豚肉が大量に登場。。本日はこれがメイン。 しっかり焼いてチシャ、ごまの葉で巻いてコチジャン付けて食べる。マッコリ→豚肉→マッコリ→豚肉と永遠に続くループがひたすら続く。 marutyo.JPG そのあとマルチョウ登場よく焼いていただくと良質の脂がほとばしる。。。ほんま幸せ。。。 そこから動脈のコリコリが出てあごの肉が出てきて・・・・・・・                                                                                         でもこのあたりになるとマッコリのせいで意識もうろう。。。 makori3.JPG 途中でオカン会話に入ってきてゆるい感じの接客と会話がお酒をさらに進ませる。。このマッコリをいただくだけで値打ちあり。。。客筋もいい感じ。。。 CA340918-0001.jpg ドリンクも最初は作ってくれたけど後はセルフ「氷はそこで酒はここ。」「こぼしたらしばくで」は実に明言。。トイレにも張り紙。。。 一番大好きなスジ豆腐食べるの忘れてたと気づいたら電車の中だった。。。 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目23-21 06-6399-1977 前回のヒデトミはこちら

韓国居酒屋ヒデトミ韓国料理 / 東三国駅東淀川駅新大阪駅


カテゴリー 東三国, 韓国料理 |
6 / 7« 先頭...67