高殿関目

とんかつ ますいや

城東区にある表記の人気とんかつ店を一人で初めての訪問。城東区民なら知らない人はいないと言われる創業40年の老舗店。国道1号線と内環状線の間くらいで済生会野江病院を南に150m行ったところに位置する。駐車場はないけど近くに60分100円のコインパーキングあり。ランチタイムは行列ができるのがわかっていたので11時30分の開店15分前に到着。

お店は4人掛けテーブル席3卓、2人掛け1卓で厨房は3人配膳は女性2名で切り盛り。ヘレカツが有名なんだけどこの日は友人から聞いていた四元豚を使用した「特選一口ヘレカツ2000円」に有頭エビフライ600円をトッピング。ライスは別料金。

しばらくして山盛り大きなサラダが運ばれる。カスタードクリームのようなドレッシングが特徴的。少しニンニクの風味のする味噌と醤油の入った(多分・・)和風のマヨネーズソース。しっかりと乳化されていてこってりしていながら滑らかでびっくりするくらい美味しい。販売しているなら買って帰りたいレベル。

サラダを完食する頃にご飯と味噌汁が運ばれる。このご飯が美味しすぎてびっくり。滋賀産の「ヒノヒカリ」なんだけどご主人の親戚が作るピロール米という農薬や微生物を使わない特別な栽培方法らしい。

そのあとに特上ヒレカツにつけるソースが登場。
ソースは3種でミネラルが豊富な岩塩のピラミッドソルト、口の中をリセットする特製のマスタードソース、オリジナルのマスイヤソース。

そしてしばらくして特製一口ヘレカツとエビフライが運ばれる。一口カツだけどサイズはかなりの厚みと大きさで全く一口ではない。塩をつけて一口いただくとサクサクでラードの香りと旨味が感じられる衣としっとりしてきめ細やかで柔らかいヘレ肉の食感がとてもいい。歯を立てるだけで嚙み切れる柔らかさで肉の旨味もしっかり感じられる。

ボリュームのあるヘレカツを一気に食べた後でのエビフライも素材の良さにびっくりする。冷凍有頭エビって同じサイズでも商品によって3倍の価格差があってがっかりすることが多いんだけどこちらの海老はプリプリで味噌も美味しくて感動のレベル。

添え野菜から味噌汁、ご飯、サラダなど全てにおいてきちんと隙なく作られる姿勢に敬服。トンカツでここまで幸せな気分になったのは久しぶりです。。私の中では大阪で1番好きなお店です。

大阪市城東区今福東3-3-23


カテゴリー 高殿関目, とんかつ, 鶴見 |

魚伊

旭区高殿にある鰻料理の名店「魚伊」さんに呼ばれた。 鰻の卸などもされて有名百貨店にもたくさんお店を出されている。 本店は1階が小売とイートインのお店。2階が料亭となっている。慶応3年に創業ということなのでえらい老舗である。個人的に関東で食べる蒸したふわふわの鰻よりもこのお店のような関西焼きのパリっとサクサク、中身ふんわりが好み。 食事をいただく前に工場見学をさせていただいた。 nekasi.JPG 仕入れた生きた鰻を10℃の温度と鰻に最適なPHに調整された地下水で寝かしている場所。30tの許容量らしい。こうすることで輸送中のストレスがなくなりまた泥臭さもなくなって脂の乗りが良くなって焼き上げた時の仕上がりもまるで違うと言っていた。鰻も台湾や中国、国産ウナギも全国各地から品質の良いものだけを仕入れると言っていました。 tyugoku.JPG 写真は中国産のウナギ。。産地偽装や薬品問題で人気が落ちているのだが年中温暖な気候で育てているので品質が安定し冬場は国産よりも商品がいいと言っていました。実際食べ比べをさせていただきましたが国産よりおいしいと感じました。。。 kokusan.JPG 上の写真は国産です。冬場はボイラーで水温を上げて餌の食いを促進させると言っていました。 鰻って完全養殖ではなくて稚魚(シラスウナギ)は冬場に漁でとりにいかなければならない。。 日本の稚魚不足で台湾、中国から輸入しているらしい。 一般の消費者は浜名湖=うなぎといったイメージが強いようですが今は鹿児島、宮崎、愛知で国内生産の8割を占めるともいっていました。 edoyaki.JPG このお店でも江戸焼きの卸の需要もあり白焼きのあとに蒸しを入れて仕上げにたれをつけて焼いておられました。 kabayakiuoi.JPG 関西焼きは腹開きのあとに串を打って数時間冷蔵庫で寝かして熟成させ備長炭で一気に焼きあげてました。鰻の質によって火床の形を変えると言ったのにはびっくり。ガスの火だと火力が弱く細かな骨が焼き切れずに残ってしまう。。そんなかば焼きが多い中でこの店はトップレベルの商品管理と焼き揚げの技術を持ってつくられてれていることに驚いた。 zensaiuoi.JPG 座敷に移って鰻尽くし会席をいただく。前菜は大好物の肝の照り焼きと八幡巻きと渦を巻いているのは鰻の燻製。。。どれも素晴らしい出来栄え。。八幡巻きはそこらにあるもんじゃなくてゴボウの風味もしっかり残し鰻はパリパリのふわふわ。。究極の焼き方をしているのは一口いただいてわかるぜ。。 燻製も予想よりふわふわしてたぶん桜のチップの香りが鼻腔をくすぐり、吟醸酒と取り合わせをと思ったが今日はノンアルコールでの食事となった。 umakiuoi.JPG 鰻巻きもお約束通りの美味しさ。。ウナギが美味しいから何をいただいても旨い。。 uzakuuoi.JPG うざくも大好物。。どこにでもあるものがどこよりも旨いというのは希少であり大きな価値がある。 sirayakiuoi.JPG 白焼きはわさび醤油でいただいた。パリっとして脂がジュワッと感じられてふんわりとした食感。 わさびを思いっきりつけると脂分が緩和されていい感じ。これはビールが必要だねと言いながら食べ進む。結構たくさん頂いたのでこのあたりでギブアップ。このあと江戸焼きのかば焼きと関西焼きのかば焼きが出てくると言っていたが残念ながらパスさせていただいた。。 まさに鰻料理の王道といえる名店。。 詳しくはこちら→http://www.sumiyaki-unagi.com/ 負けんとがんばろ・・

魚伊 本店うなぎ / 関目高殿駅関目成育駅関目駅


カテゴリー 高殿関目, |
1 / 11