四万十屋

高知県出張の翌日の昼食は四万十の有名鰻料理店。四万十市街地から足摺岬へ抜ける国道321号沿いに位置する。四万十川の雄大な流れを目の前にした実にいいロケーション。

一階はお土産屋さん。2階に上がると、とてもいい感じの座敷と板の間の屋外席。
なかなか風情があり、川べりの料理屋という感たっぷり。
四万十川を一望できる屋外席に案内いただき天然うな重4400円を所望。

どういうわけか5分ほどでうな重は提供。ご飯の上にうなぎが細身の3切れ、アオサの汁物、野菜と魚の和え物、骨せんべいがセット。

うなぎは見るからに養殖物とは異なる。
脂は全くのっていないけど身は締まっている。川で逞しく生き抜いてきたうなぎの味わい。タレはかなり濃いくて醤油の角が舌に刺さる感じ。

サイドメニューの川海老600円はかなり美味しい。新鮮なものを調理するとこんなに美味しくなるのかと感心。ゴリの唐揚げもありました。

初めての四万十川の天然鰻美味しくいただきました。

テレビの政見放送を見ていたらこの人かなり面白くて不謹慎だけど声を出して笑いまくってしまう。世の中いろんな人がいることに感心。

道の駅でいただいた「いちごおり」というかき氷はいちごを凍らせて削ったもの。なかなか画期的なアイデアに感心。このあと帰阪しました。。

高知県四万十市山路-2494
0880-36-2828
営業時間:月~日 10:00~16:00
定休日:無休


カテゴリー 四国地区, |

川勝 5月

65年続く表記の老舗うなぎ専門店に食べログ大阪ナンバーワンの熟成肉パイオニアオーナーと訪問する。最近ニューヨークに行かれてそのみやげ話を聞かせていただく。。独特の審美眼やビジネスに対するこだわりがとても勉強になった。こちらは定期的に伺う関西では珍しい江戸焼きの店で口に会うためにしょっちゅう訪問。客席はカウンター席が5席と4人掛けのテーブル席が2つ。普段は年配の夫婦2人でされている。昼間は満席が多いので時間をずらしていくのがオススメ。

同伴者は特上の鰻重2600円。。以前は2000円だったけど食材の値上がりでやむなく値上げとのこと。。

私はダイエット中なので炭水化物なしの白焼き2600円を所望する。皮目もパリッと焼きこまれていて身はふわふわ。わさび醤油でいただくと日本酒が欲しくなる。蒸しが入っているので脂っこさも重たさもない。

鰻巻き600円はジャンボサイズ。。強火でふわふわに焼きこまれた王道の味わい。。

帰りは近くのwa-coffeeで禁断のチーズケーキを食す。。界隈のスイーツを販売する店では一番美味しいと断言できる。オーナーはアメリカ・カナダで長く住み込んで本格的にお菓子づくりを習得。。材料にもかなりのこだわり。。。アップルパイやレモンケーキこれからは自家製のジェラートがオススメ。

予想外に食べすぎてしまったので会社に帰って10キロ走る・・・・今週はダイエットウイークです。

過去の川勝はこちら

大阪市住吉区住吉2-4-14
営業:11:00~19:00
定休日:土曜日


カテゴリー 住吉, 住吉公園, 住吉大社, |

双葉 10月

天王寺のキューズモールの北側にある表記の鰻店を訪問。原材料高騰のため大幅値上げとのこと・・・いつものようにカウンター席で鰻が焼きあがるのを見学。夏場は反射熱で暑いんだけどこれからの季節はポカポカしてちょうどいい。

三重産の鰻を金串に刺しながら墨の火力を調整してなんども返しながら焼き上げる。途中で水を霧吹きで掛けながら表面はパリッときつね色に焼き上げる。。何度も見ているので大体のコツは掴んだ気がする。。仕上げにタレを柄杓を使って掛けて何度かひっくり返して仕上げる。。

この日は2700円の丼を所望。ご飯の中に1切れ、上に2切れ・・・どうしても割高感は否めないんだけどこればっかりはしょうがないな・・・とひとりごちする秋麗の候。

過去の双葉はこちら

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1ViaあべのWalk ノースエリアB1F
06-6556-9428
営業時間11:00〜21:00
定休日火曜日


カテゴリー 天王寺/阿倍野, |
1 / 2012...20...最後 »