双葉 10月

天王寺のキューズモールの北側にある表記の鰻店を訪問。原材料高騰のため大幅値上げとのこと・・・いつものようにカウンター席で鰻が焼きあがるのを見学。夏場は反射熱で暑いんだけどこれからの季節はポカポカしてちょうどいい。

三重産の鰻を金串に刺しながら墨の火力を調整してなんども返しながら焼き上げる。途中で水を霧吹きで掛けながら表面はパリッときつね色に焼き上げる。。何度も見ているので大体のコツは掴んだ気がする。。仕上げにタレを柄杓を使って掛けて何度かひっくり返して仕上げる。。

この日は2700円の丼を所望。ご飯の中に1切れ、上に2切れ・・・どうしても割高感は否めないんだけどこればっかりはしょうがないな・・・とひとりごちする秋麗の候。

過去の双葉はこちら

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1ViaあべのWalk ノースエリアB1F
06-6556-9428
営業時間11:00〜21:00
定休日火曜日


カテゴリー 天王寺/阿倍野, |

川上商店

大学の後輩と朝の7時からパワーブレックファースト。大阪木津市場にある私が大好きな鰻店。店の横に工場があって卸売用の鰻が早朝から焼きまくられる。店舗はオーナー女将さんと女性で切り盛り。大阪ならではの親しみやすさと気遣いがとても心地いい。

こちらのお店の前身は今の住吉大社駅の前にあった「伊賀治」という明治創業の料亭で名物料理が鰻の蒲焼きだったと聞き及ぶ。1943年に木津市場に移転されたらしい。その当時は伊賀治さんと私たちも呼んでいた記憶がある。住之江に伊賀敬という料亭もあったが多分三重県出身の親戚筋であろう。

鰻は昔から紀州備長炭を使った大阪伝統の「地焼き」にこだわる。相対的に商品のクオリティーとしてはかなり高い。卸売りもやっているので早朝5時から13時までの営業。

メニューにはない鰻の肝焼きも工場にあったからといって特別に出していただいた。新鮮極まりなく下処理も完璧なので嫌な癖や苦みは全く無い

今回は後輩のために張り込んで特上2800円を所望する。墨の香りを纏った分厚くふっくら焼けた一匹分の鰻の切り身がどーんと入る。炭火焼なので小骨もしっかりと焼き切れていてとても美味しい。皮も香ばしくてパリッと食感が良い。タレは甘さ控えめのあっさり系。

コスパも良くていつも大満足な鰻丼です。

浪速区敷津東2-2-8大阪木津地方卸売市場内
06-6634-5910営業時間
AM5:00~PM:1:00

過去の川上商店はこちら


カテゴリー 大国町, |

川上商店

大国町の木津市場の中にある表記の鰻店で一人ランチ。隣の作業場では国産の大振りの鰻を大量に関西焼きで仕上げて卸売されている。土用の丑の日は毎年戦争状態。少し落ち着いた頃の午前中に行くのがオススメ。極狭の店内はテーブルが4つ。作業場で焼かれた鰻を店内の分厚い鉄板で再加熱して提供。

メニューは
特上まむし 2600円
上まむし  2100円
まむし   1600円
うな玉丼  2300円
他にうざく900円・う巻き300円・かば焼き1900円。
特上は鰻一匹分を使用。上は4分の3を使用。
本町の老舗鰻店の相場の約半額なり。この日はいつものように上まむし2100円と肝吸い300円を所望する。スタッフは全員女性というか大阪のおばちゃんばかり。

着丼と同時に墨の香りを纏った分厚くふっくら焼けた鰻の切り身ががどうだとばかりに主張をする。ご飯の間にも鰻が一切れ。小骨もしっかりと焼き切れていてとても美味。皮も食感が良くてプリプリ。タレは甘さ控えめのあっさり系。ご飯全体にまぶしていないところがポイント。

香ばしくてパリッとしていて柔らかくてコスパもいい、いつも大満足な鰻丼です。。駐車場が無料なのもポイントが高い。。早朝から空いているので朝丼もオススメです。

浪速区敷津東2-2-8大阪木津地方卸売市場内
06-6634-5910営業時間
AM5:00~PM:1:00


カテゴリー 大国町, |
1 / 1912...最後 »