鶴橋

新楽井

親戚の高校生数人を連れて生野にある表記の老舗焼肉店を訪問。自身も高校生の時に地元の友人と数度来た事がある。調べると創業67年になるとのこと。

店は鶴橋駅から西に10分。コリアンタウンの北側の住宅街に位置する。

外観は昭和の食堂のような感じ。

靴を脱いで板の間の座敷に入ると足のないテーブルが敷かれていてその上に炭の入った七輪が鎮座。そのテーブルを座布団で囲んで座って食べるという格好。

まずは臭い防止のために荷物をビニール袋に入れるよう説明を受ける。この時点で座敷内は煙で真っ白状態。

まずは桜ユッケ200g 1700円を注文。馬肉なんだけど癖は全くなし。甘いタレと卵黄の味わいが後を引く美味しさ。 

最初は塩タン。。焼いていくとさらに室内が煙ってくる。
煙で目が痛くならない様の水中メガネも無料レンタルである。周りの客はこれを全員でつけて記念撮影。。髪の毛用にシャワーキャップやレインコートの貸し出しもあるよう。

換気の頗る悪い昭和風の焼肉屋とは聞いていたのだけれど、奥の方で団体客が陣取っており、既に煙がモウモウ。水中ゴーグルを貸出しているのがこちらの名物になっているのだが、伊達ではなく本当に必要になるくらい煙が目に染みる。火事場の様相と言っても大袈裟ではない。

肉は全て200gで提供。まずはハラミがメインで骨付きカルビとミノが入った創業からの盛り合わせ1600円。

続いてはロースとミノ各1900円。もみダレにジャブジャブに浸かった肉はとても柔らかい。マッコリとキャベツともやしナムル各200円もいただいて会計は一人3000円くらいでした。。。

若い女性で大賑わいのコリアタウンでいただいたチーズホットドックなるものが思いの外、美味しくてびっくり・・靴下は1足150円で売ってました・・・・

大阪市生野区鶴橋5-17-28
電話番号:06-6716-1795
営業時間:火~日 15:00~22:00
定休日:毎週月曜日


カテゴリー 鶴橋, 焼肉 |

一龍

日曜日にランニングイベントに参加し終了後に先頭に行ってその帰りに鶴橋にある表記の焼肉店を訪問する。

お店は海南亭や明月館などが並ぶ千日前通り沿い。3階建のビルになっていて個室も完備。お店はとてもスタイリッシュで清潔感もあって様々な客層に対応できる感じ。最初にビールをいただいてお約束のタン塩から所望する。

ハラミの友達のようなサガリは内臓肉だけど脂っぽくなくてハラミよりも赤身の味がしっかりとした感じ。。

ツボ漬けにして供されるカルビは塊のまま焼き込んでからハサミでカット。肉に包丁目が入っているのでしっかりと味が染み込んでかつ柔らかく仕上げられている。

ロース肉はサーロインを使用とのこと。甘い脂が味蕾をを刺激する。。マッコリをいただきながら食すといくらでも食べることができる気がする。

ツラミもしっかりと焼き込んでいただくと独特のコクのある赤身肉の味わいを感じることができる。

野菜サラダやキムチをつまみながらホルモンもたっぷりといただく。テッチャンもとても新鮮。。


アカセン、上ミノ、小腸、ウルテ、コリコリ、ココロなど。。どれも新しくて嫌なくせは全く感じない。もみタレも見たよりは軽くてあっさりしている。

食した後もお腹スッキリ。名物の手打ち冷麺は次回のお楽しみ。さすが激選区の鶴橋でナンバーワンの焼肉店と言われる内容でした。

大阪市天王寺区小橋町3-11
TEL/06-6764-6646
営業時間/
11:30~14:30LO14:00
17:00~23:00LO22:00
定休日/火曜日

 


カテゴリー 鶴橋, 焼肉 |

一龍

鶴橋にある表記の店で会食。近鉄のホームを降りると焼肉の匂いが立ちこめ、通勤で帰る人はこの匂いを土産に持って帰って白いご飯食べれそうと考える。玉造筋の鶴橋交差点を西にしばらく歩くと千日前通りの北側に位置する焼肉の名店。

個人的には鶴橋で焼肉を食すことは最近はあまりないが近隣には冷麺と上品な韓国料理に秀でる「明月館」、ハラミとレバーで有名な「新楽井」、超有名店の「海南亭」、駅前の「白雲台」、ガード下の「吉田」、芸能人御用達の「大倉」、価格も立派な「とらちゃん」、チヂミが美味しい「かどや」など昔よく通った、蒼々たる店が建ち並ぶ。

その中で最近、私の口に一番合うと思っているのが創業50年のこちらのお店。焼肉は今や国民食なので自分の行きつけの店が一番美味しいというのは確かだと思う。

焼肉店だけは取り扱う肉のランクや人気、値段だけで評価してはいけないといつも考える。こちらの店が鶴橋で一番と思うのもあくまで私の主観である。

この日は店主に赤身中心でお任せでいろいろ出していただく。

2015-10-22 07.56.38

ビールで乾杯をして最初はナムルの盛り合わせ。野菜も上質でとても美味しい。お店は3階建てのビルになっていて1階はテーブル席、2階は半個室と座敷、3階は大人数向けの個室となっている。

2015-10-22 07.56.43

キムチは苦手なんだけど嫌な酸っぱさがないのでとてもサッパリして食べやすい。辛みも上品でかつ味が深いのに驚く。

2015-10-22 07.56.46

厚切りのタン元。真っ白けでビジュアルがとても美しい。脂感も上品で厚みがあるので食べ応えも満点。こればっかり10人前くらい食したい気分になる。

2015-10-22 07.56.48

お肉と一緒にサラダをすすめていただく。焼肉屋さんでありそうだったけどなかったメニュー。お肉を食べてサラダをつまんでお酒を頂くといういわゆる三角食べ。

2015-10-22 07.56.51

盛り合わせ登場。しっかりとした食感で味の深い「イチボ」、小サシの入った「特選ハラミ」、さっぱりとした味わいの「ヘレ」、脂の旨みたっぷりの「サーロイン」これらをポン酢や塩、山葵で頂く。

肉の産地は特に指定しておらず黒毛和牛の中で一番いいものを仕入れていると店主は行っておられた。同じ産地でも個体差はどうしてもあるので品質が一定しないことが多い。どの肉も後味がサッパリしてとても美味しい。

2015-10-22 07.56.54

野菜で包んでいただくといくらでも食すことが出来る。山芋がいいアクセントになる。キムチやナムルも一緒に包んで味の変化を楽しむ。

2015-10-22 07.56.56

ホルモンはツラミ、今まで見たことのないくらいの分厚い上ミノ、かなり新鮮なアカセン。。これも野菜で包んでいただく。言葉が出なくなるくらい美味しい・・

2015-10-22 07.56.58

ここでチヂミ登場。柔らかいヤリイカのゲソが入っている。香ばしく焼けていてパリパリしてとっても美味しい。確実にワンランク上の味わい。

2015-10-22 07.57.01

ここで虎マッコリをいただく。福島県の有賀醸造がつくるマッコリで酒税法上の分類は清酒と聞いたことがある。軽い酸味と微発泡の爽やかな口当たりが心地いい。無添加・無加熱のフレッシュ感がありごくごくと水のように飲み干してしまう。このマッコリを頂くと他のものはもう頂けないな。。。

2015-10-22 07.57.03

更にタレ焼きを頂く。モモ肉の「そとひら」、内臓肉の「サガリ」、もういちど看板商品の「サーロイン」。。この頃になると満腹中枢がおかしくなっていくらでも食せるような気がしてくる。。

お腹いっぱいなんだけど全く胃にもたれずに次の日も快調。注文してから手打ちされる冷麺も有名だけど次回の楽しみにする。予約必須で価格以上の価値はあり。。少人数だと予算を告げて店主にお任せするのもいい食べ方と思う。このペロペロ日記の中では【5pero】でした。

大阪市天王寺区小橋町3-11
TEL/06-6764-6646
営業時間/
11:30~14:30LO14:00
17:00~23:00LO22:00
定休日/火曜日


カテゴリー 鶴橋, 焼肉 |
1 / 312...最後 »