麺料理

元祖平壌冷麺屋 本店

創業1939年の神戸では冷麺と言えば此方の店と言われる位の有名店。長田郵便局の真向かい。店の隣に駐車場あり。。近辺に支店が2店舗ある。この日は行列はなかったが2階の席まで超満席。

冷麺は特大が950円、大800円、小650円、ロース焼肉の入ったスペシャルは1200円。

麺は蕎麦粉と小麦粉のブレンドで注文が入ってから作るとの事。10分で着丼した冷麺はビジュアルがとにかく美しい。しゃきっとした塩辛い水キムチ、程よい脂と噛み心地のチャーシュー、胡瓜、玉子、胡麻、唐辛子がかかる。

酸味の効いたスープは薄口でさっぱり。太目の麺はツルツルして透明でよくある灰色のゴムのような感じではなく適度な固さと弾力。最後まで一気に頂いたんだけど隣の常連の客は途中で酢を3周入れて洋辛子を3杯とヤンニンジャンを少し入れてスープが黄色くなる状態で食べていた。。

次回はこの食べ方を真似てみようと思いながら店を出る。お酒を飲み過ぎた次の日のランチには最適。。

神戸市長田区細田町6-1-14
TEL:078-691-2634
営業時間:11:30~20:00
定休日:火曜


カテゴリー 麺料理, 神戸市 |

うどんば しん

沢之町駅徒歩5分、住吉区役所前にある但馬牛を使った肉うどんがシグニチャーという表記の店を再訪問。ご主人は以前に肉の商社に勤められていた経験から最近ではローストビーフや牛丼、鉄板焼き、ハンバーグなどうどんメニュー以外の肉料理も提供。以前もこちらで肉うどんを頂き、同じものを食べようと訪問したんだけど今回は内容も価格も進化した「炙り和牛のぶっかけ肉うどん」1680円を所望する。

普通の肉うどんとは異なり炭火で炙っているのが特徴。香ばしい香りと肉の甘味が鼻腔をくすぐる。肉の美味しいのはもとよりうどんのレベルのかなり高いことにもいつも感心する。ビヨーンと伸びてムッチリした舌触りで小麦の味がしっかりと感じる自家製麺。
食材のこだわりもさながら箸は奈良県吉野産で器は岸和田の作家さんのもの、堺の有名なやまつ辻田の唐辛子を使用されるなど細部のこだわりも相当なもの。

この他にも店内で厳選した枝肉を熟成をかけて仕上げた超絶牛肉という月齢36ヶ月の神戸ビーフを使用した肉うどんはなんと2900円。。。いい事があったときに食べに行きます。。

前回の記事はこちら

超絶肉の情報がたくさん掲載のFacebookページはこちら

大阪市住吉区沢之町1-2-4
06-6657-7532
11:00~15:00
18:00~21:00


カテゴリー 沢ノ町, 麺料理 |

台湾まぜそば はなび大阪本店

7月29日にオープンした表記の店を訪問。場所は国道26号線岸里交差点北西角を入ったところで交差点に大きな看板があるのですぐに判る。駅から徒歩3分。周りにコインパーキングもあるので交通の便はかなりいい。

台湾まぜそばの発祥店の愛知の「麺屋 はなび」からののれん分け。 看板メニューの台湾まぜそば以外にカレー台湾まぜそば、トロ肉のせ和え麺、キミスタ、塩油そば、普通の中華そば(塩・醤油)など。台湾まぜそばはニンニクの有無を聞かれるがよほどの事がなければマストだと思われる。

店内はカウンタ−10席のみ。平日のランチタイムは白ご飯のサービスあり。デフォルトの台湾まぜそば810円を所望する。着丼したまぜそばはミンチ肉、卵黄、葱、ニラ、刻みニンニク、魚粉のようなものがトッピングされそれを一気に混ぜ合わせていただく。

モッチリした麺は小麦の風味が感じられる全粒粉の極太ストレート。湯がいてるときに麺に傷をつけてタレが絡みやすくしているのを私は見逃さない・・・

魚粉の風味とキレのある醤油ダレとミンチとニンニクやニラ、卵黄が混ざりあって濃厚で油っぽくてパンチのある何とも言えないような辛いながらもジャンクな味となる。旨味もしっかりあってワシワシと頂く。。途中で卓上にある昆布酢を入れると味が一変して酸味と甘味が口に広がる。(一味唐辛子や胡椒もお薦めらしい)

最後に白ご飯を入れてもらって丼に残ったミンチと混ぜ合わせて〆とする。商品はよく出来ています。提供時間が長いけどスタッフさんの対応はかなりいい。近いうちに行列の出来まくる店になる事間違いなし・・・・

大阪市西成区潮路1-9-19
TEL:06-6657-6639
営業時間:11:30~14:30/18:00~21:00 /日11:00~14:00
定休日:月,第1火,第3火


カテゴリー 岸里, 麺料理 |
2 / 113« 先頭...23...20...最後 »