我孫子

まるい飯店 大阪特上餃子製造直売所本店

あびこ観音に厄除けのボランティアに行った帰りに友人と表記の店で餃子を食べに行く。浪速高校の前に位置して昔は100円ラーメンで有名。昭和53年の創業。今は2代目が継いで餃子をフラッグシップメニューにし地方発送を含む通販事業などもしながらその他のメニューもブラッシュアップしながら地元に根ざした繁盛店を作っている。

黄色いテント看板が印象的で、店外には待ち席の椅子もある。

ビールとともに餃子を所望。
固めに焼き込まれた小さめの餃子は6つで1人前。皮はかなり薄く水分多めで舌触りが滑らかで食感は軽い。ニンニクは控えめでキャベツと豚肉の甘味が感じられる。

こちらの餃子は春夏秋冬の四季があり季節によって食材の味や仕込み方が変わと聞き及ぶ。今はこの時期にしか獲れないらしい甘さが秀でる松波キャベツというキャベツを使用。秋になると高知の四万十産の生姜がはいるらしい。
にんにくは青森県産を使用し豚肉は国産、料理酒は純米酒を使用すると言うこだわり。蒸し焼きに使う水も鶏ガラスープを使用とのこと。

タレは大阪産のとうがらしと豆板醤、干し貝柱、にんにく、生姜で作った特製ラー油に醤油とお酢を合わせたもの。
この餃子1人前でビール中瓶1本いただいた。

続いて初めていただく「よだれ餃子」は「口水鶏」(よだれ鷄)を応用したもの。水餃子に豆板醤、ラー油、ごま、ニンニクが入った辛いソースをぶっかけたもの。青ネギと花山椒の風味もとてもいい。
熱燗のコップ酒と一緒にいただくととてもいいマリアージュを感じる。この料理は目から鱗で是非オススメなり。体も温まって自転車で帰路につく。。

大阪市住吉区山之内1-27-17
06-6695-1268


カテゴリー 我孫子, 中華料理 |

貴じん

JR阪和線「我孫子町駅」から西側へ徒歩10分の南住吉小学校東側にある表記のお好み焼きの店を訪問。地元の後輩が是非私に食べてもらいたいお好み焼きがあるという事で一緒に同伴する。住宅街の何もない駅から10分の辺鄙な場所に位置する。すぐ近くにコインパーキングあり。

外観は昭和のお好み焼き店。 平日夕方6時なのに満席状態。予約していたのですんなり入店。店内は4人掛けテーブルが2つと奥に座敷があって畳に座ってお好み焼きを食べる事が出来る席が12席。家族連れや地元のシニアの方、学生風など客層は色々。店内も昭和の下町感満載。50才前後のご夫婦で運営。この日は人で不足という事で桃山高校在学中のご子息がお手伝い。

ビールを注文して友人お薦めのスジ塩焼き750円を注文。スジ肉、タマネギ、青ネギ、ピーマン、ニンニクを塩味で焼き上げたもの。ビールがよく進む・・・食べている間も予約の電話がずっと鳴りっ放し。

ゲソ塩焼き510円もどこにでもあるメニューだけど烏賊の鮮度がとてもいい。ボリュームも普通の1.5倍くらいあって食べ応え満点。

海鮮焼きそばも具沢山で嬉しい感じ。テレビの取材もなく、食べログで高評価でもない。しかしながら地元の客に愛され続けている超繁盛店である。注文は(小)で一玉なので大を頼めば3玉なので皆でシェア出来る。

お薦めの豚玉690円はジャンボサイズ。他店の3割位は大きい。生地は山芋がたっぷり入っている為にふわふわでかなり軽い。大きなサイズでもぺろりと食べてしまう事が出来る。キャベツの甘さと鰹出汁の効いた生地と少し甘めのOKソースがとてもいいバランスで「美味しいねえ〜」と言いながらパクパク食べまくる。。

ビールを思いっきり飲んで会計は一人2500円。いいお店です・・・近くの銭湯で汗を流して帰宅する。

大阪市住吉区南住吉3-6-11
06-6692-6628
定休日:木曜日


カテゴリー 我孫子, 沢ノ町, お好み焼き |

双琉/souryu

あびこにある表記の店をボランティア団体の友人6人で訪問。地下鉄の駅から徒歩7分で決していい立地ではないけど界隈では行列のできる人気店。突出しは自家農園でつくる生野菜の盛り合わせ。

前菜はよだれ鶏650円(写真は2人前)。柔らかく茹がいた鶏肉を冷やしてスライスしたものにゴマだれやピーナッツ、香辛料や薬味が入った甘くて辛いソースがかかる。下処理にひと手間かかっている為に高級店の味わい。

黒酢の酢豚700円(写真は2人前)も豚肉が丁寧に処理されているせいかとても味わい深い。使われている野菜の味わいが突き抜けていい。

水餃子(3つ270円)は醤油と八角を煮詰めた「黒ダレ」、中国の「紅酢」、酢醤油をつけて頂く。もっとモチモチしているかなと思ったがかなり普通。

空芯菜の炒めに海鮮を入れてもらったけどそれが冷凍物で残念な味わい。

甲烏賊の唐揚げ四川香味ソース700円(写真は2人前)で使用する烏賊はとてもいい味わい。火入れも完璧でレモンサワーにとても良くあう。

油淋鶏650円(写真は2人前)は甘酢ソースの塩梅がとてもいい。鶏肉もとても味わい深い。ありがちなブラジル産の水臭いものとの異なりは食せば判る。

こちらのお店のシグニチャーメニューの麻婆豆腐は日本人向け850円と本場四川仕様の極痺麻辣豆腐1280円の2種類がある。最初に登場が麻婆豆腐。辛さは5段階で2.5。痺れは5段階で2くらいと店内に表記されていた。豆腐は焼いたものを仕様。山椒は四川省から取り寄せらしい。豆板醤はもとより香辣醤の旨味とコクも強くていくらでも食せるバランスのいい食味。

麻辣豆腐はあとから花山椒がきりきりと効いてきて鼻の穴にばーんと刺激がきて下垂体を刺激する。辛さは5段階で5。痺れは5段階で4とのこと。豆腐と唐辛子に漬け込まれたオイルが分子間相互作用を起こして大脳に対比効果を植え付ける。舌の上の辛味受容体のTRPV1のチャンネルが音をたてて開くのが感じ取れ、同時に頭皮の汗腺がパチパチ開いて汗が滲み出るのも判る。

蟹と海鮮の贅沢焼き飯1080円は蟹のほぐし身がたくさん入ってとても豪華な感じ。

お店の方お薦めの黒焼き飯は中国のたまり醤油を使用した濃厚で塩っからい塩梅。こういった焼き飯が好きな人にはたまらないであろう商品。何を食してもワンランク上の仕上がりで大衆中華なんだけど味わい深い。

隣には同じ経営のイタリアンバルも併設しており中華とイタリアンのコラボも楽しめる希有なお店。今回はなんといっても麻婆豆腐が秀逸でした。

先日梅田の小劇場で見た仲代達矢さん主演の「海辺のリア」は登場人物わずか5人で舞台を見ているよう。84才で認知症の老人役の仲代達矢の長廻しのセリフで見せる演技に圧倒される。一切セリフのない小林薫は醸し出す雰囲気が強烈だったな。

大阪市住吉区苅田5-6-5
電話:06-6655-0616
定休日:月曜日


カテゴリー 我孫子, 中華料理 |
1 / 2312...20...最後 »