大阪府

La Table de Courage (ラターブル ド クラージュ)

阪急豊中駅から徒歩5分の表記のフレンチを訪問。友人が北海道で現在希少な国産子羊を半頭分仕入れてきたとのことでこちらのレストランで調理していただけることとなったとの事。

瀟洒なファザードのお店はビルの地下に位置する。カウンター席とテーブル席がいくつかあるだけの小体なお店でシェフ一人で運営。

前菜はイベリコ豚の生ハムとマスタードソースでいただく子羊のベーコン。子羊の腕部分のパテとフォワグラを混ぜたもの。

子羊のいちぼ部分が入ったポルチーニのスープ。上質なオリーブオイルとトリュフが添えられる。羊肉のコクと柔らかさにびっくり仰天。

メインのロースト登場。。

ロース部分と肩ロース部分を大きく贅沢にカット。。脂の甘さと肉の深い味わいに感激。潮風が当たる牧草を食べている子羊なので特に味がいいと言われる。ほとんど関東で消費されるので関西ではなかなか食すことはできないと聞き及ぶ。

ワインもしっかり頂いて大満足。。なかなかできない貴重な体験をさせていただきました。

お店のHPはこちら

大阪府豊中市本町7-1-28 ‐B1
06-6858-8008


カテゴリー 豊中市, フレンチ |

エッセ ディ ピュ

関西空港の連絡橋にほど近い、いずみさの関空マリーナ内にあるイタリアンレストラン。店内は石窯のピザ窯と窓から海が見える開放的な客席が特徴。

目の前には港に停泊する数々の大型ボートがずらり並んでテンションもアップ。

食材は岸和田魚港でとれる新鮮な魚介や有機・低農薬の地場野菜などを使用。
今回はランチタイムにナポリピザとパスタのコース2700円を所望

前菜の盛り合わせは岸和田港で揚がるヒイカのフリットと牛蒡、フォワグラのテリーヌ、蓮根のトマト煮と青海苔のフリット、イタリアン風の鰹のたたき、ヤリイカの煮込みなど

パスタは泉佐野港で水揚げされた鮮魚を使ったスパゲティー(写真)と春キャベツなどの野菜たっぷり煮込みソースのパスタを半分ずつ作っていただく

ピッツアはトマトソースと飛びあら海老のピッツアと水ナスの入ったのハーフハーフ。しっかりと焼き込まれた生地もとても美味しい。地元食材を使ったピザは他にもとうもろこしや焼き穴子なども・・・

ドルチェはティラミスとパンナコッタ、フルーツカクテル。。。景色も良くていい時間を過ごすことができました。

泉佐野市りんくう往来北6番地 いずみさの関空マリーナ内


カテゴリー 泉佐野市, イタリアン |

生ホルモン処 おさむちゃん 2月

堺の鳳にある表記の焼肉店を友人と訪問。現在、大阪で最も予約が取れない店として知られる。店構えと内装はなかなかイケまくり。カウンター8席で一斉スタート。この日は4時半からの予約。

スタートは葛を入れたスープで冷えた身体を温める。

名物の自家製キムチは切り干し大根、アボガド、とうもろこし、苺、金柑、長芋。他店では食べることのできないようなものがずらりと並ぶ。

精肉のプレゼンテーションはこの日の主役のブランド牛のヒウチから。赤身肉なんだけど小さなサシが入り捲ってとても美味しそう。

丸ごとの米沢のタンを目の前でさばいてまずはタン刺し。噛み締めるとジュワッと甘い脂を感じることができる。

刺身にした後のタンは塊のままで焼きまくる。それをハサミでカットして梅ダレ、本山葵でいただく趣向。

薄くカットされたヒウチ部分を焼きしゃぶでいただく。

山葵とニンニクチップを挟んで表面だけをさっと焼き上げる。

続いてハラミのプレゼンテーション。なかなか原型をこうやって見ることはないのでとても興味深い。店主のおさむちゃんの軽妙なトークもご馳走の一つ。

切り分けられたハラミも新鮮なので表面をさっと炙っていただく。

オンザライスにしたら際限なく食べることができそうになる。

てっちゃんを玉ねぎと一緒に甘く炊き込んだもの。。これもご飯に汁ごとぶっかけていただく。

味噌ダレでいただくタン。。。美味しくないわけがない・・・・・

本日入荷したての巨大なレバーは美味しい先の部分を切り分けて表面をさっと炙って供される

焼肉の最後はウルテ。。

ピリ辛のスープで締め。。会計は一人約10000円。。。。寒かったのでこのあとは梅田のオイルマッサージで身体のメンテナンス。。

過去のおさむちゃんはこちら

堺市西区鳳北町8-33-4
080-5322-0036


カテゴリー 堺市, 焼肉 |
1 / 6512...20...最後 »