その他料理

ホーチミン9月 ②

ホーチミンのトラディショナルな伝統的な料理を提供する「メコンキッチン」という店を訪問。

店内もおしゃれにデザインされていてサービスもとてもいい。グループで行って色々シェアするのがおすすめとのこと。

蓮の葉で包まれて蒸されたご飯は香りもよくて揚げた米の食感がとてもいい。日本のかき揚げのような揚げ物は数種類の野菜に巻いていただく趣向。串焼きのエビやイカも新鮮で美味しい。大きな壺に入った鶏は焼きたてを壷ごと見せるプレゼンテーションがとてもいい。鶏の味も深くてとても美味しい。

柔らかい米の粉で作った春巻きやくり抜いたパイナップルに入れた炒飯。パパイヤやバナナの葉の炒め物など郷土色あふれる料理なんだけど美しく盛り込まれていて美味しく楽しめました。

ホーチミンの中心部にあるganhというベトナム料理レストランを訪問。こちらは海鮮料理が有名。海老のすり身のグリルがお気に入りなのでこの店でも注文する。そのあと色々と海鮮料理を所望してメインに目の前でエビを海鮮スープで炊いていただく鍋のようなものをいただく。

米で作った手作りのどぶろくのような飲み物。米の発酵した風味がガツンと舌を刺激する。スイカやメロンのフレーバをつけたものもあってビジュアルがとても美しい。

海産物の展示会のエビコーナー。水揚げ量も多く養殖や加工も盛んなんだけどそんなに安くなかったな・・・・

今から日本帰ります。。。


カテゴリー 海外, その他料理 |

ホーチミン9月 ①

ベトナムホーチミンで行われていた魚貝の展示会を視察。ホーチミンに到着後、現地の知人がウエルカムパーティーをベトナム料理の名店のMur Vangで開催していただく。800人収容の大箱店なんだけど料理クオリティーも高くベトナム料理だけでなく刺身や寿司などの日本料理も提供される。

ベトナム式の火鍋。ベトナム人は鍋が大好き。新鮮な魚介や肉、練り物を2種類のスープで炊き込んでいただく。パクチーをはじめとする葉物をたくさん入れるのも特徴の一つ。

15品くらい続くコース料理の一つなんだけどボリュームもたっぷり。

巨大なスズキのような現地の魚。癖もなくて身離れもよく新鮮でとても滋味深い。あっさりとしているけどニンニクや生姜や唐辛子風味のコクのあるスープで蒸されている。日本の酒蒸しのような感じ。。

ホーチミンでいただく鳥料理は平飼いのものばかりなのでかなり筋肉質。噛めば噛むほど味が出る感じ。ブロイラーの食感とは全く異なる。

ホーチミン市内に12店舗展開する生春巻や揚げ春巻など、巻き・包み料理の専門店。生春巻に使用されるライスペーパーは自家製というこだわりで、つけダレの種類も豊富。

フォーに使う蒸したライスペーパーで包んだ生春巻きフォークオン(写真下)5万5000ドン(約300円)はもちもちした食感で絶品。その他にも揚げ春巻きや蓮サラダが人気。

サトウキビの芯にエビの練りものを巻いたグリル焼き(写真上) 6万ドン(約350円)はフォークで剝してたっぷりの野菜と巻いて食べるのがおすすめ。ダイエットフードとしても人気とのこと。

こちらの春巻きはベトナム北部、中部、南部のそれぞれの地方色あるものを全て取り揃えているとのこと。ベトナムの春巻きは「生」でも「蒸し」でも「揚げ」たのも肉も魚も野菜も麺も米も何でもあり状態でメニューは約40種類。春雨や豚ミンチを巻いて揚げた春巻きもびっくりするくらい美味しかった。

これらを現地の薄いチープなビールと一緒にいただくととてもいいマリアージュを感じる。一人でもグループでも楽しめるいいお店です。


カテゴリー 海外, その他料理 |

うしのしっぽ

西田辺交差点南東徒歩で3分の路地裏にある和牛料理の店をランニングの後のタンパク質補給に友人と訪問する。以前は「牛の玄」という店と同じ場所。厳選したA4和牛肉のステーキと店名にあるように牛テールの塩焼きとテールでとったスープを使ったモツ鍋が主力。店内はカウンターとテーブル席で構成。

お店のお勧めがステーキのコースとモツ鍋のコースでともに3500円税別というビックリ価格。この日はステーキのついたモツ鍋のコースを所望する。

座付は肉寿司。。どの部位かはわからなかったけど脂の融点が低くて口に入れて咀嚼するとジュワッと溶ける感がある。この一品でお店のレベルがわかる素晴らしいもの。シャリも硬質で寿司店と変わらないくらいのこだわりが感じられる。

ステーキは半分が小さしの入ったランプ肉、半分がヘレ肉の端を使用。。どちらもかなり上質。。最初は塩のみでいただく。続いてはあっさりとした専用ダレと自家製の白菜白キムチを肉に乗せていただく。かなりあっさりしてとても食べやすい。最後に本ワサビとガーリックを薬味にたまり醤油でいただく。味変があって最後まで飽きずに食せるのがあとても楽しい。

続いてテールの塩焼き登場。店名の「うしのしっぽ」の由来であると推察される。
よく煮込まれた大ぶりのテールを塩焼きにしたもの。骨からお肉がホロホロとほぐれる。
シンプルだけどかなり美味しく癖になる味。この商品は最近のスマッシュヒット。

最後に牛テールを使ったモツ鍋登場。ホルモンも新鮮でプリプリの食感。スープは思ったよりもあっさりしていていつまでも飲めそうな感じ。牛蒡や白菜、ニラ、豆腐などヘルシー素材満載。最後は麺か雑炊かチーズリゾットで締め。

デザートは茶碗蒸しの器に入った緩々の杏仁豆腐。。ここは再訪間違いなし。。コスパも良くて大満足でした。

大阪府大阪市阿倍野区西田辺町1-2-4
06-6690-5088
18:00〜24:00 LO23:00


カテゴリー 西田辺, , その他料理 |
1 / 5012...20...最後 »