その他料理

イケダヤバーベキュースタイル

阪堺電車「東天下茶屋」駅横の常設マルシェ『THE MARKET』内にある『Ikedaya BBQ style』にディナー訪問。駅から徒歩0分の利便性の良さ。

本格BBQ料理の店なんだけど業態は席数30席のフードコート形式。。大阪の下町の中にある昭和40年代の施設をリノベーションした明るく開放的に仕上げられたとてもかっこいい空間となっていて横を通る阪堺線のチン電の音を聴きながら食事やカフェが楽しめるお店。

コースメニューやアラカルト、テイクアウトメニューなど色々あるけどお店のオススメは淡路島、丹波、南河内、能勢町で採れた産地直送の無農薬野菜と、じっくり時間をかけて仕込んだ色々な肉を炭火で豪快に調理したBBQ SET。

まずはお酒と前菜を所望する。無農薬の生姜汁を使ったジンジャーハイボールが美味しすぎてびっくり。アラカルトもいろいろあるけどオススメの前菜盛り合わせ990円(2人盛り)を所望する。色々な前菜から3つ選ぶことができるという趣向。

バケットとともにいただく明太マスカルポーネ、ベシャメルソースの美味しさが秀逸のホタテとキノコのグラタン、とても濃い味わいの原木椎茸サラダをチョイスする。

その他にもアンチョビポテト、鶏ハム、人参ラペとナッツ、ヤーコンとリンゴとブラッドオレンジなどがある。

オススメのBBQセット(肉料理3種と野菜)990円(写真は2人前なので1980円)の内容は食べ応え満点の極太ソーセージ、酸味のあるヨーグルトソースでいただくレモンチキンステーキ、しっかりマリネされたスペアリブなど。。無農薬の人参、椎茸もびっくりするくらい美味しい。

別のパターンで BBQセットを所望する。続いては牛肉を包丁で叩いて作る牛100%のハンバーグ、軽く燻した自家製ベーコン、特製チャーシューがさらに所狭しと野趣いっぱいに盛り付けられる。オーガニックワインをいただきながら楽しい時間を過ごすことができました。

*コロナでビジネス大変だけど品性を保ちながら頑張ります。

店舗のHPはこちら

大阪市阿倍野区阿倍野元町6-25
月,水~日 11:30~22:00
火曜日定休


カテゴリー 東天下茶屋, その他料理 |

大阪イギー

十三駅の東口を出て商店街を抜けて国道を左に向かって歩いた区役所の横のところにある変わった名前のミシュランたこ焼き店を訪問。

メニューはたこ焼きとすじ焼きのみ。価格は8個380円、12個550円。半々でのオーダーも可能。イートインスペースはカウンター5席でビールや焼酎、ワインなどお酒も提供。

品書きの説明を読むと蛸は天草産の生ダコを山地から仕入れているとのこと。、牛すじ肉は兵庫県産黒毛和牛A5、A4ランクを使用。塩、出汁のウルメ・鯖も天草産、小麦粉は北海道産、卵は島根県産、葱は九条葱、器は熊本の余宮隆の作とのこと。

提供されるたこ焼きは標準では「鰹節」だけがかけられて提供される。
まずはそのままいただいて、次に味変を楽しむ。
店内カウンターには以下の調味料が常備。

・カレー粉
・ハーブソルト
・マヨネーズ
・ソース
・醤油
・塩
・唐辛子
・ブラックペッパー

この日は出来立てだったのでフワトロ状態。8個でたこ焼きとすじ焼き半々でオーダー。最初は店主のオススメに従いマヨネーズだけで食べてみる。続いて黒胡椒やカレー粉なども相性良し。他店に比べると生地の中にすっきりした出汁の味わいが感じられる。特にすじ焼きは旨味がたっぷりでビールとの相性もとてもいい。食後感もすっきりで大満足。。ご馳走様でした・・・

大阪市淀川区十三東2-3-10


カテゴリー 十三, その他料理 |

しおさい市場

坂越の牡蠣小屋を休日に訪問。毎年楽しみの恒例行事。

牡蠣の名産地は日生、相生、的矢など関西圏にたくさんあるけど個人的に大好きで一番美味しいと思っている牡蠣の生産地がこちら。

大阪からJRで姫路まで行って赤穂の手前の坂越駅で下車約90分の小旅行。駅からタクシーで約10分1000円くらいの海の駅の一角に位置する。日曜日は早い時間帯から客でいっぱい。。

海沿いに牡蠣の加工場があり7社くらいが共同で営業所を同場所に構える。坂越の牡蠣は千種川や揖保川から森の栄養分が流れ込む養殖にとてもいい自然条件で通常2~3年かかる養殖期間が約1年で成長するもので焼いても縮まない牡蠣として知られる。

施設の中にある有名なレストランは「くいどうらく」という名前で焼きガキの他にも酢牡蠣やカキフライなどいろいろなセットメニューがあるお店なんだけど私が目指すのはその横の掘っ建て小屋でやっている自分でバケツに牡蠣を入れまくって目の前の網で焼くという趣向の食べ放題70分3000円のお店。この日は運よく10分待ちで済んだ。

数年前の訪問の際は美味しさのあまり焼き牡蠣を50個食べた記憶がある。アルコール以外はなんでも持ち込みOKなので毎回調味料や薬味を揃えまくっての訪問なり。持ち込んだものはカットレモン、タルタルソースにガーリックタバスコ、オリーブオイル、サルサソース、七味唐辛子、ポン酢、ワインなど・・・醤油とレモン果汁は常備。しかしながら熱々のプリプリをデフォルトで潮の香りと海水の塩分のみでいただくのが一番シンプルで美味しい気がした。

焼いている途中で殻が「ポン!」と爆発したりするのもエキサイティングでご愛嬌。小さなへらで貝柱を切って貝のジュと一緒に殻に口を付けていただく。軽く焼いて牡蠣のスープとともにレアで食べるもよし、しっかり焼き込んで貝柱の旨みを味わうもよし。。当然のことながらくせや臭みも全くなし。牡蠣が今まで苦手な人も絶対に好きになる透明感のある味わい。

癖や臭みの全くなく、熱々でプリプリの身はいくらでも食することができる。低カロリーで栄養豊富でまさに海のミルク。
焼いて食べて、何度もバケツを持って牡蠣を取りに行って、また焼いて食べて飲む・・・

相席なので他の客とも仲良くなること間違いなし。。ワイワイガヤガヤとグループで行っても楽しいと思う。今回は40個でギブアップ。食べ過ぎて夜までずっと苦しかった。4月上旬まで営業しているようです。。

兵庫県赤穂市坂越290-7
0791-46-8600
営業時間 10:00~14:30(受付終了14:00)
定休日 冬期は無休

過去のしおさい市場はこちら


カテゴリー 兵庫県, その他料理 |
1 / 5312...20...最後 »