その他料理

ジャングルナンバ

日曜日の夜は南海難波駅の西およそ300メートルにある「元町2丁目交差点」の空き地にできた表記のバーベキュー施設でランニングチームの友人たちとパーティ。周囲を道路に囲まれている閉鎖立地なんだけど樹木をたくさん置いて無理やりジャングルのイメージを出している。テントに覆われた6人掛けテーブルが多数。グランピングのイメージで雰囲気は悪くない。

メニューは、シーフードを含まない「STANDARD BBQ」(4,500円、小学生2,000円)と、シーフードを含む「DELUXE BBQ」(5,500円、同2,500円)の2種類。いずれもセルフの生ビール、チューハイ、ハイボール、カクテル、ソフトドリンクなどの飲み放題(2時間制)が付く。

牛肉はUS産のリブロースでボリュームもあり思いの外美味しいのにびっくり。

この日はほぼ貸切状態だったので食べまくり遊びまくりでした。。。

詳しくはこちら
大阪府大阪市浪速区難波中1丁目12番
tel:07023285770


カテゴリー 難波, 焼肉, その他料理 |

ホーチミン2019 5月 ②

3日かけて繁盛高級和食店を片っ端から回って食べまくる。和食に飽きたらベトナム中で大ブレイク中の焼肉の「浦江亭」を訪問。大阪福島が創業地で2004年にホーチミン1号店を開業。100席から200席の大型店をホーチミンで5店舗、ダナンやプノンペンでも出店。

どこも大繁盛店でベトナム人客が50%以上とんこと。客単価は1800円くらいらしい。

注文は3カ国対応のタッチパネル方式なのでストレスがない。肉はアメリカからコンテナ調達しているUSビーフを使用。接客も小気味よくかなり教育されていることがうかがえる。

高島屋の6階ワンフロアを占めるピザの「4Ps」こちらも多店舗展開中で大躍進のお店。雰囲気も味も価格もとてもいい。生地も軽くて日本で食べるクオリティーがきちんと保たれていることにびっくり。

途中でナンバーワンコーヒーというカフェに立ち寄る。床が砂になっていて靴下を脱いで入る。ベトナムはブラジルに次ぐコーヒーの産地なのでカフェがあちこちにある。今回はジャコウネコのフンから取る「コピアルク」があったのでそれを所望する。価格はなんと2000円。登場したコピ・ルアクは苦みが少なくてハーブやメープルシロップなどの香りで砂糖は入っていないのに強い甘みが口のなかに余韻として残る。

大阪で店舗展開をする「まんまる」の居酒屋さんもホーチミンで2店舗展開。比較的リーズナブルな価格帯と庶民的な内装で大人気。串カツや寿司などを主力とする。こちらもほぼ日本と同じクオリティ。とても勉強になりました・・・

 


カテゴリー 海外, 和食, その他料理 |

ホーチミン2019 5月 ①

昨年度GDP経済成長率7.1%という発展を遂げているホーチミンの日本料理店を半年ぶりに視察。関西空港を午前中に出発し現地時間14時に到着(時差2時間)。その日の夜はレタントントいう日本人が多く進出している地域の超繁盛店の「わか葉」を訪問。カウンター席とテーブル席、個室からなる。

こちらのお店は日本各地から旬の魚を輸入して若きオーナー自らが包丁を握る。価格は日本と同じか少し高いくらい。客はほとんど日本人でベトナム人受けするデコレーションは全くない。メニューもかなり本格的。熟成させたクエや鯵、イワシの刺身はかなり新鮮。物流が不完全なホーチミンん中では秀逸。シマアジの焼き物、帆立貝柱の寿司、日本と全く同じ味わいの親子丼などをいただきそのあとは近くの超繁盛バーで飲み直しました。

翌日は午前中は商談と現地情報のヒアリングをして現地でもっとも繁盛しているという「hokkaido sachi」という店を訪問。店はたくさんのスタッフが忙しそうに動き回る。ホールスタッフの時間給は100円〜150円くらい。

現地の普通のランチは250円くらいで学生なら100円が平均。

今回訪問した店の中では最もメニュー数が多い。北海道料理というコンセプトなので毛蟹やタラバガニなどもある。店内は桜の造花など外国人受けする飾りが多い。着物姿のベトナム人がエントランスでお迎え。

冷奴にはアボガドとサーモンの刺身がトッピング。雲丹は日本から直送。穴子の寿司はイマイチ。鯵の薄造りは普通だけど場所を考えるとこんなものか・・・寿司の盛り合わせはビジュアルがとても美しい。海老やカンパチはベトナムで獲れるのでとても美味しい。

郊外のイオンモールのテナントの寿司店。カリフォルニアロールやサーモンロールなどロール系の寿司が多彩。天ぷらは油が悪く重たく感じる。。そのほかにもたくさんいただいたがどれもイマイチ。

昨年11月にオープンしたコンチネンタルホテルの裏にある高級日本料理の「kai-contemporary」。海外での経験豊かなキャリア40年の料理長を始めオープンキッチンの厨房内は日本人の調理師が5名くらいの本格派。高級ワインやシャンパーニュ、高級地酒なども揃えてジャズがかかるハイセンスな様相。95席の大箱店なんだけどあまり客はいない。

日本から火曜日と金曜日に魚が届くとサービススタッフが言っておられた。海老と鮪の寿司を所望したがかなりレヴェルが高い。ヒラメの刺身はエンガワも入る。トリ貝は地元産の白い物。ポテトサラダにはリンゴがトッピング。イカのポン酢焼き、鰻巻きも秀逸。海老の天ぷらは日本で食べるものとほとんど変わらない。こちらのお店はしばらく定点観測しようと思う。

高級和食が集積する高島屋にある日本料理店の「黒樽」ベトナム人女性板前が握る寿司と炭火で焼く魚、アンガス牛や和牛を使用したしゃぶしゃぶなどを提供。寿司のネタはどうってことないんだけど握る女性の所作がとても美しい。鯛の薄造りにはトリュフとトリュフオイルがトッピング。色々と勉強になりました。


カテゴリー 海外, 和食, その他料理 |
1 / 4812...20...最後 »