その他料理

ヤンゴン食遊記

大阪マラソンを走ったあとすぐに飛行機に飛び乗りミヤンマーの首都ヤンゴンに視察旅行。

今アジアでもっとも熱いと言われる国であるミヤンマーに出発。韓国インチョン経由で韓国から6時間くらい。夜遅くに到着したのでその日は早く寝て翌日から観光。午前中はガイドと共にミヤンマーの人たちの心のよりどころの金ぴかのお寺を見学「シュエダゴンパゴダ」というモスク風の建物はすべてミヤンマーの人たちの寄進で建てられる。

約2500年前に建てられたというヤンゴン最大のお寺シュエダゴンパゴダは、高さ98メートルで全体を金箔に身を包み、シングッタヤの丘にそびえ立つ。パゴダ上部には6000個を越えるルビーやダイヤモンドなどの宝石が散りばめられ、ダイヤは総合計2000カラットを越えると言われている。

ミャンマー人にとってはまさに聖地で市民だけでなく地方から来た人々でいつもにぎわっているらしい。過去に巨大台風でその宝石が剥がれたときもすべて届けられて一つも紛失していなかったと聞き及ぶ。携帯電話なども落とした場合も必ず届けられるらしい。

ミャンマーの人々は信心深く、お参りする人の姿が絶えない。。この日は祝日だったそうで10万人がお参りに来るらしい。5戒というものがあり「嘘をつかない」「人のものを盗まない」「酒を飲まない」「生き物を殺さない」「不倫しない」。。

昼ご飯はミヤンマー料理。現地の人が行く食堂で6人でいろいろ食べる。

ミャンマー料理は脂っこく、味も濃いので、体調を崩しやすいと聞く。メニューは、揚げ物、煮込みもの、和え物、麺類、炒め物、スープなどが中心。ご飯といろんなおかずを混ぜて食べる(ご飯の上にのせる)のが一般的のようです。 テーブルに並べられてたおかずを自分の好みでご飯の上にのせて混ぜて食べることで辛さも和らぐ。

写真はロブスターのカレー。。。そんなに辛くはない。身はプリプリ。。。こんなの大好き。

野菜や豆や海藻を炊き込んだもの。。。そんなにクセはないが食べつけないのと油分であんまり食は進まない。これでビールを入れて一人120円くらいの予算。

夜はまずはお酒が飲めるインド人街で屋台の食事。いわゆるファーストフード。。って感じか。蟹を揚げたものや野菜のかき揚げみたいなもの。。片っ端から食すがかなりイケル。

フルーツもたくさん並ぶ。この時期は西瓜が旬と聞き及ぶ。この国は野菜などすべての畑や田んぼに農薬を使う習慣がない。だから野菜やフルーツの形がとても悪い。。

食すとバリ旨。。。こんな美味しいフルーツは食べたことがない。しかも激安。初日の朝ランニングをする。走り終わって屋台で西瓜を食す。気がつくとお金を持って来るのを忘れる。西瓜売りの兄さん代金をただにしてくれる。しかもその上記念撮影。

この国の人の良さは世界最高レベルである。国民全員に仏が宿る。旅行中に民族衣装のスカートを買って着ていると多くの人が着付けを直しにきてくれる。敬虔な仏教とが多いため控えめだがとても優しい。数えきれないくらい親切にされた。道で騒ぐ人は全くいない。。。まるで明治時代の日本人のよう。

ガイドの説明も超丁寧。。。。

一見不衛生に見えるかき揚げもビールにぴったり。。。バリバリ食してしまう。。。

衣をつけない串カツみたいなもの。かなり油ギッシュ。。。これはさすがに手が出なかった。。

巨大なシャコも素揚げにして食す。写真ではわかんないが30センチはゆうにある。屋台に座ると皆がかまってくれる。あれ食べろこれだどうだととっても親切。。グラスも何度もペーパータオルで拭いてくれる。

ヤンゴンウイスキーは小さい瓶のサイズで80円くらい。。驚愕の価格。。味はわからん。。

店前に魚介や鶏肉や豚肉、すり身やウズラの玉子が串に刺されていてそれをいろいろ選んで焼いてもらう。鮮度も悪くなくリーズナブルで楽しくてかなりいい感じである。焼き方も国民気質を表していて丁寧である。

道行く車やバスは数十年前の日本の中古車が中心。公用語はビルマ語だけど初等教育から英語は必須科目となっていてよく通じる。教育水準が高く、日本語を学ぶ学生も多いと聞く。

その後はガイドおすすめの北朝鮮国営レストラン「平壌」

生まれて初めて食す平壌ビール。。焼き肉とキャベツが思いっきり入った風月のお好みのようなチジミ、オーストラリア牛をつかった巨大ユッケなどその他キムチや見たことのないような料理が並ぶ。料理は撮影禁止とのこと。あまり旨くはない。。客は韓国人の団体が中心。

かなり奇麗なウエイトレスが服を着替えてショーに出演。これは写真をとってもいいと言われた。日本語の曲からアメリカのロックまでエレキを弾きながら歌い踊りまくりの美女軍団。。この店は飲み物込みで一人2500円くらいの高級店なり。

この後はマッサージで旅の疲れを癒す。。

 


カテゴリー 海外, その他料理 |

番外編 *結婚披露宴2次会パーティー

普段私どもの会社でメニュー開発などでお世話になっている美人フードコーディネーターの山本弘美先生が華燭の典をあげられ今回はその二次会をお手伝いさせていただく。最近はフードコーディネートのみならずコンサル業、そして今では予約の取れない大人気のお料理教室もされ業界では超売れっ子状態となっている。

「ラブキッチン」というコンセプトで彼氏や亭主に作る愛情あふれる食事を旨とした料理教室はアッパーな空気感と上質で丁寧な指導、彼女の朗らかで楽しい性格が評判を呼び京阪神の若い女性の垂涎の的となっている。今回のパーティーは堂島の 川縁のデッキで特設に会場を作る。彼女の結婚を祝う人で一杯。おつきあいと顔の広さを物語る。。

北浜のフレンチの名店ラペティ・ロアブッシュからはオードブル数種。。。。個人的にこちらのお店は大好きで私もたまに訪問する。。野菜をふんだんに使った料理が秀逸。

結婚式の披露宴でも同席させていただいた樋口農園さんは京野菜を徹底的にこだわって作られこの日の為に種をまいて収穫が天候によってずれたときのことをも考えて保険で別の品種も植えられたという念の入れよう。京都のミシェランの星のついたお店はみんなこちらで野菜を仕入れていると言う伝説の農家。

北浜のラペティーさんも樋口農園さんから野菜を仕入れているというのは前から伺っていた。野菜の味がしっかりして甘くて滋味深い。加熱しているのにより自然な味わいが引き立つ。このオードブルだけでワインが3杯くらいいただける内容である。

蕎麦の屋台は豊中で11月にオープンする鼓道さん。名店である宗右衛門町の田舎蕎麦のご子息様でこの日も湯がきたての鴨蕎麦を提供。。多くのスタッフがこだわりの仕事をされておられた。気合いも充分。。。

この日のぴか一はビーフステーキ。。A5の脂が透き通ったかつ濃厚な上質なボルドーワインのような味わいの肉質。高温の分厚い鉄板を用意して表面を高熱でかりっと焼き上げ新婦の作ったレシピをもとに酸味のある軽めのソースで味わう。脂がくどくないのでいくらでも食せる。

生バンドも登場。。。軽めのスイングジャズはこの季節にぴったり。。。

私がヘビーユースする住之江の中国家庭料理の名店「邯鄲小吃館・ハンダンショウチュカン」この日は土曜日なのにお店を締めてスタッフ全員で彼女の為に駆けつけ名物の水餃子を作りまくる。。皮からすべて手作りなので不味い訳がない。。。ご主人ニコニコしながら餃子包みまくり。。

私どもの寿司事業部(出張屋台寿司徳太郎)のエース。。ベテラン職人の小松が握る明石の昼網の魚。鯛・つばす・タコ・サワラもちろんすべて天然。改めて彼は奇麗で、いい寿司握るのを確認。やっぱ寿司はネタやね。。

先ほどのステーキと樋口農園さんの野菜を焼くシェフ。これも私どものケータリング事業部(パーティーパーティ)肉は山本新婦の持ち込み。厳選の黒毛和牛。

大東のインド料理店のMIRANさんはタンドリーチキンとマトンとチキンのカレー。。もちろんナンが添えられている。。何十種類のスパイスが添えられていると聞く。

スイーツは芦屋の甘空からミニキッシュとマカロン。このマカロンはフランボワーズとパッションフルーツの2種類。。とてもラブリー・・・

お酒は本町のレッドバー。泡やワイン、焼酎、カクテルなど何でもござい状態。

途中でサンバチームも出てきて会は大盛り上がり。。こんな大人のパーティーが出来たらいいなというものをきっちりと具現化。。参加いただいた方も大喜び。新婦のやりたいことと私どものプロデュースが渾然となり実にいい空間と美味しい食事を提供することが出来た。

久しぶりにいい仕事ができて、私もスタッフも大満足。。。楽しい一日である。。


カテゴリー その他, 未分類, その他料理 |

仙台駐屯地

連休は仙台に出張。

陸上自衛隊仙台駐屯地で隊員の方々と共に昼食をいただく。

献立はカレーうどんにシーザーサラダ(クルトンに粉チーズがかかっていて温泉玉子をかけてかき回して食す)大学芋は食後のデザート。お約束の牛乳もある。

カレーうどんのカレーはしっかりと出汁が効いていてとても美味なり。ご飯は少しだけ麦が入っている感じ。この駐屯地は東日本の震災のときにヘッドクオーターとなり多くの被災者を助け出し復旧活動の核心となった場所である。

その際に隊員が数ヶ月の間食したレトルトのご飯と缶詰も味見をさせていただく。柔らかく炊かれた鯖のトマトソース煮込み。何とも微妙な味。。。美味しいものではないことは確か。。このような食事だけで何ヶ月もの間ずっと救助活動から遺体捜索、復旧活動までされた自衛官に心から感謝と敬意を表す。

 


カテゴリー 東北地区, その他, その他料理 |
20 / 44« 先頭...2021...40...最後 »