その他料理

アメリカ合衆国独立記念日レセプション

表記の会が7月4日にUSJのステージ33を貸し切って盛大に行われアメリカ領事館からご招待をいただいた。数年前までは毎年参加していたが今回は久しぶり。。。

厳重なセキュリティーチェックのあと米国総領事パトリックリネハンにお出迎えいただく。オープニングは両国の国歌斉唱。。。黒人シンガー4人が高らかに歌う。君が代は静々と実にええ声。。そのあとのアメリカ国歌はバックの演奏も派手派手のノリノリ。。最初から全開で踊りだしそう。。。

今回のレセプションのテーマは「友達」。昨年の東日本大震災の時に、真っ先に駆けつけてまた献身的に救援活動をしてくれたアメリカの「トモダチ作戦」に対し来賓挨拶で私が敬愛する陸上自衛隊第3師団長 番匠幸一郎陸将は軍人としての立場から米軍とともにこの国をともに守っていることに対する謝意と自衛官としての矜持を日本語と英語の一人同時通訳で見事にご挨拶をされた。

Mr.番匠の名は2004年からの自衛隊イラク派遣で第一次復興支援群長をつとめられたことで世界中にその名を轟かしている。横にいるアメリカ人もそのスピーチを聴いて「ワンダフル!!」と絶賛されていた。

乾杯のあとはパーティータイム。。写真はローストポーク、ローストチキン。。。野菜は全くなし。。ディスイズアメリカンフードばかりなり。。

ビールは瓶のままラッパ飲み。。。この飲み方は早く酔っぱらう。。。

この日はオバマ大統領も来られていたので記念写真。。夫妻ともにあまりに気さくなのに驚く。。身長は私より少し高い。。。聞けば185.4㎝らしい。ミシェル夫人も180㎝以上である。

ペンネアラビアータもアメリカンな味付けだった。。。この日の招待は450名。。。かなり広いステージ33も狭く感じた。

我が日本からは「小浜のフラガール」が華麗なるダンスを披露して頂きました。。。

食事は在日本のアメリカ企業から寄付がほとんどらしい。ケンタッキーフライドチキンも久しぶりにいただいた。。

ホットドックもかなり美味しい。。。ビールと食すとホント最高。。。

生ハムやソーセージ様々なアメリカンフードが立ち並ぶ。。。

会場はこんな感じ。。。久しぶりにお会いする方も多く。。私も久しぶりに話しまくりちえこ。。

サーモンや魚介、肉やジャンクフード。。。この場所でショーやパフォーマンスを見ながらいただくので何でも美味しく感じる。

 

 

ステージはジャグリングからスティービーワンダーやマイケルジャクソンもどきなどホットでマーベラスな内容の連続。。。最後は皆でダンスタイム。。

このような会に参加するとアングロサクソンのパワーにいつも驚く。。日本の記念日はいつだったかふと考える。神武天皇が即位され大日本帝国憲法が発布された2月11日の建国記念日に我が国も世界中の日本大使館、領事館で税金を入れて最大級の祭りを行うべきと考える夏の夕暮れ。


カテゴリー 大阪市, その他, その他料理 |

えぽっく

東心斎橋に貝料理専門店がオープンしたということで貝好きの私は勇んで潜入。たくさんの種類の貝を様々な食べ方で愉しませていただけるお店で、ありそうでなかった業態。南警察の横。店内に入るとレストランというよりBARのような落ち着いたおしゃれな大人の空間と言った感じか。

大きなL字型のカウンターと奥には個室が2つ。ビールはマイナス五度の瓶ビール。ひとまず乾杯。グラスもよく磨かれていて行き届き感がよくわかる。

料理はこちらのお店のすべてを味わえる6300円のお任せコース。

まず最初は貝のクラムティー。いわゆる貝出し汁のスープ。貝の深い旨味がしっかり出ていてしみじみ美味しい。すだちの酸味が実に心地いい。よく出来ている。。。

オニオンスライスのサラダは卵と魚粉が乗ったものに、貝出汁醤油をかけていただく。卵黄がコクを出していい仕事をしている。こういった料理のうまさが最近よくわかる。

お造りは信楽の大皿にミル貝、ホタテ、白バイ貝、トリ貝。。すべて新鮮なのでとっても美味しい。貝ばかりのお造りは 珍しい。貝の肝も大好物。

前菜盛合せは信楽の大皿で登場。貝のスープで作った冷たいだし巻き。貝の肝煮、あさりのニンニクしょうゆ漬け。あさりと分葱のぬたあえ、イタヤ貝の入ったポテトサラダ、アヤボラ貝の自家製チャンジャ、冷や奴自家製貝醤油掛け。。日本酒の山口県の獺祭とともにいただく。。どれも日本酒にぴったりで美味しすぎる。飲み過ぎてしまうこと必至。。かなり危険な料理である。

カウンター席の前にはセラミックの砂が敷き詰められていて、そこに炭を置いて焼きものを調理するというシズル感満載の演出。

最初は岩牡蠣の昆布焼。昆布の上で巨大な岩ガキを焼くと次第に昆布が焼けるいい香りが立ち昇る。牡蠣の旨味に昆布の旨味がしっかり染みてアホほどうまい。昆布の上には牡蠣のエキス満載。。行儀悪いが口を付けてスープをいただく。

白バイ貝はトマトソースで。。。ベーコンがいいコクを出す。。網の上でパンも同時に焼いてくれ。、貝のスープをパンに浸して頂く。この辺りで日本酒からコクのあるシャルドネを所望する。。この料理はワインとドンピシャ。。。

カウンタの中には若手の調理人の方が2人。聞けば和食出身ということ。。いろんな話をする。。これも又ごちそうのうち。炭のかおりが移った焼き野菜は水なすなど。。。

サザエのうに焼はサザエのツボ焼きにうにが乗ってとても豪華。感動するくらい美味しい。。この料理は必食の価値あり。

網でパンも焼いてくれてそのパンで貝のスープをすくって頂く。。シズル感満載の素晴らしい趣向である。

貝焼きえぽっく風。イカ焼きの具が貝なので、貝焼きだそう。普通に美味しい。。ワインがすすみまくる。。

ほたて貝柱のフライは自家製のタルタルソースが添えられていて焼いたパンに挟んでカツサンドにして食べると激ウマ。

〆は貝汁を使ったラーメン。しんみりしたスープは上品で旨味満載の完成度の高い塩スープと細麺。お腹いっぱいだけどいただいた。。店員さんのサービスも目配りも抜群。。

最後のデザートは柚子シャーベット。最後まで手を抜かない洗練されたコース。この店は必ずブレイクすること必至。

大阪市中央区東心斎橋1-6-4

06-6252-1540
営業時間:18:00~2:00

食後は近くのバーでウイスキーの飲み比べ。。ああ贅沢。。。

ゑぽっく魚介・海鮮料理 / 長堀橋駅心斎橋駅日本橋駅


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 長堀橋, 和食, その他料理 |

奈良の里山料理 ほうらんや 6月

奈良県橿原の万葉ホール内にある私どもが経営する地産地消レストランが6月下旬に夏のメニューに変わるということで試作品をいくつか試食する。

ハンバーグはチーズフォンデュのソースが追加。。どうして夏場にチーズフォンデュか理解できないがハンバーグが以前より改善されており肉汁がしっかりあってふんわりしたハンバーグ生地とドミソースとチーズの相性が秀逸である。

この他の夏の新作は地元のトマトのスライスした物をグリルしてハンバーグに乗せたもの。。。

分厚くカットされたカツ丼も温泉卵がいいアクセントになって食べ応えあり。。見ただけで美味しそうと言うモノを作れという指示のもと担当調理長が必死で作った物である。写真はカツ200グラムのボリュームバージョン。1100円なんだけどほとんど利益なし。

ディナータイムは地元産のヤマトポークバラ肉のしゃぶしゃぶ食べ放題1800円や生ビール198円などお得な献立が満載。。。この店は場所はへんぴなんだけど今や客数もドンドン増えてランチタイムは少しお待ち頂くこと恐縮である。

自家製のシュークリームもカスタードに地元の大和撫子玉子を使用し仕上げにきな粉をかけた逸品。。これが税込み150円。。。一定量しか作らないので売り切れ必至。。

詳しくはこちら

 


カテゴリー 奈良県, どんぶり, 洋食, 和食, その他料理, レストラン |
20 / 42« 先頭...2021...40...最後 »