とんかつ

ニューとん助 9月

月に一度はどうしても食べたくなる表記の店のトンカツとエビフライ。営業時間が昼間の3時間だけなのでいつも満席状態が続く。早めの時間帯の訪問がオススメ。店内は奥に長い造りになっていて客席は調理場に向かう形のL字型のカウンター席のみ。
カウンター席の背後はウェイティングスペースになってお待合い椅子が10個ほどずらりと並ぶ。高齢のご主人と若いコックさんと奥さんと手伝いの姉さんの4人で切り盛り。

店の横にパチンコ店のコインパーキングがある。ほとんどの客がすごいボリュームのトンカツのWを注文。その他ハンバーグやビフカツなども人気。

名物のポタージュ300円は悶絶するほど美味いマストメニューでほとんどの客が注文する。味はB級系でさらっとしているけど濃厚でパンチのあるワンパクなニンニク味。客の注文ごとに一杯づつ作るのがポイント。これをいただくと一日中、口がニンニクになる。

メインのエビフライ(大)1400円はニンニクたっぷりのドミグラスソースがたっぷりかかって神々しく光り輝くビジュアル。ブラックタイガーを使っており食べ応えも満点。2本いただくとお腹いっぱいになる。こちらのお店の細かい衣とラードを使って揚げられたエビフライは私の大好物の一つ。ごちそうさまでした・・・・

過去のニューとん助はこちら

大阪市住之江区中加賀屋3−1−22
電話 06-6685-4096
営業時間 10:51-13:50
定休日 日曜日・水曜日

 


カテゴリー 北加賀屋, とんかつ, 洋食 |

匠揚げ・ワイン・むつみ

西天満のアメリカ領事館の裏にある11月オープンの創作とんかつをコースでいただけるというお店。ピアノコンサートの後友人と訪問。

店に続く階段を上がって扉を開けると屋久杉を使ったカウンター6席とテーブル席が3卓。カウンターの席で犬鳴ポークを使ったコース料理5000円を所望する。

座付は鱈白子ポン酢と皮鯨、縮みほうれん草。。。

最初の揚げ物は魚介のクリームコロッケ。パネは固め。。中に蟹、烏賊、貝が入る。。

続いては鯛の身でポルチーニを巻き込んだものとレアに揚げられた帆立貝柱。。さっぱりとしたピノ・ノワールと合わせていただく。

犬鳴ポークのフィレを揚げたもの。一つはマスタードソース、もう一方はトリュフのソース。下に敷いた食パンに脂が染み込んでこれも秀逸。

続いて牛肉登場。和牛のひうち部分を山葵醤油と食塩で供される。

カリフラワーのポタージュスープ。

犬鳴ポークの脂を削ぎ落としたロース部分。。塩胡椒と鬼おろしで供される。火入れも完璧。。

強い旨みとコクのある味わいが特徴のリブロース。返し醤油と卵黄を合わせた特製ソースでいただく。細かいサシが入っていて噛みしめると肉汁があふれてくる。この後ご飯とデザートでフィニッシュ。。ご馳走様でした・・・

大阪市北区西天満2-9-7 与市ビル3階

 


カテゴリー 西天満, とんかつ |

ニューとん助

四ツ橋線北加賀屋駅を南東に進んで徒歩10分にある表記の洋食店を訪問。昼間の2時間だけの営業という奇跡のようなお店。地元では有名店なので当然のことながら昼間は満席。待合の席もあるので苦にはならない。

カウンターに案内いただきまずは名物のポタージュ300円。水を入れてニンニク、玉ねぎ海老少々、そこにベシャメルのようなものを入れて塩と味の素で出来上がり。。生ニンニクのパンチのある刺激が口内を駆け巡る。。。適度なとろみもあって風邪をひいている時に絶対にオススメの一品。

とんかつ800円は変わらぬ価格と美味しさに敬服。ラードでしっかりと揚げられた厚みのある国産豚はボリュームたっぷり。何日も時間をかけて作られるコクとパンチのあるソースにはニンニクがたっぷり。このソースを食べたくていつもこちらの店に通っている。。とんかつ以外にも何を食べても美味しい。。。ハンバーグは飲めるかと思うくらいスルスルと入るしエビフライも秀逸。いいお店です・・・・

過去のニューとん助はこちら

大阪市住之江区中加賀屋3-1-22
10:59~13:58
定休日 日曜日・水曜日


カテゴリー 北加賀屋, とんかつ |
1 / 1512...最後 »