堺市

生ホルモン処 おさむちゃん 2月

堺の鳳にある表記の焼肉店を友人と訪問。現在、大阪で最も予約が取れない店として知られる。店構えと内装はなかなかイケまくり。カウンター8席で一斉スタート。この日は4時半からの予約。

スタートは葛を入れたスープで冷えた身体を温める。

名物の自家製キムチは切り干し大根、アボガド、とうもろこし、苺、金柑、長芋。他店では食べることのできないようなものがずらりと並ぶ。

精肉のプレゼンテーションはこの日の主役のブランド牛のヒウチから。赤身肉なんだけど小さなサシが入り捲ってとても美味しそう。

丸ごとの米沢のタンを目の前でさばいてまずはタン刺し。噛み締めるとジュワッと甘い脂を感じることができる。

刺身にした後のタンは塊のままで焼きまくる。それをハサミでカットして梅ダレ、本山葵でいただく趣向。

薄くカットされたヒウチ部分を焼きしゃぶでいただく。

山葵とニンニクチップを挟んで表面だけをさっと焼き上げる。

続いてハラミのプレゼンテーション。なかなか原型をこうやって見ることはないのでとても興味深い。店主のおさむちゃんの軽妙なトークもご馳走の一つ。

切り分けられたハラミも新鮮なので表面をさっと炙っていただく。

オンザライスにしたら際限なく食べることができそうになる。

てっちゃんを玉ねぎと一緒に甘く炊き込んだもの。。これもご飯に汁ごとぶっかけていただく。

味噌ダレでいただくタン。。。美味しくないわけがない・・・・・

本日入荷したての巨大なレバーは美味しい先の部分を切り分けて表面をさっと炙って供される

焼肉の最後はウルテ。。

ピリ辛のスープで締め。。会計は一人約10000円。。。。寒かったのでこのあとは梅田のオイルマッサージで身体のメンテナンス。。

過去のおさむちゃんはこちら

堺市西区鳳北町8-33-4
080-5322-0036


カテゴリー 堺市, 焼肉 |

生ホルモン処 おさむちゃん 12月

大阪で今もっとも予約が取りにくいと言われる堺の表記の焼肉店を友人に誘っていただき訪問する。JR阪和線鳳駅から徒歩30分というかなり辺鄙な場所に位置する。なんとも言えないパンクな店構えが素敵。この日は16時半からの予約で明るいうちからの晩御飯。

メニューは毎回店主のおさむちゃんのお任せ。

キムチの盛り合わせはイチゴ、アボガド、玉蜀黍、トマト、胡瓜、白菜、クリームチーズ、胡桃など創意工夫に富んだものばかり。座付にはとろみのある生姜の効いたスープで身体を温める。

最初に米沢牛のヒウチ肉。A5のマーブリング12の最高級ランクのもの。これをまず最初はバーナーで丸ごと炙って叩きで食す。

続いての米沢牛のタンも固まりに包丁をして丸ごと焼き上げる。一切ずつ生、梅醤油、山葵、梅山葵と味変をしながら楽しむ。最後に出てきた味噌ダレ焼きも秀逸なり。

見ただけで上質とわかるフィレ肉も軽く表面を炙って醤油だれで供される。

和牛のツラミも噛めば噛むほど味が出る。おさむちゃんの繰り出すギャグを聞きながらずっと大笑いしながら肉を食す。

米沢牛のはらみ肉登場。。和牛のはらみでも入荷が困難であるのにこのレベルの仕入れは奇跡としか言いようがない。

炊きたてのご飯の上に乗せて供される。。美味くない訳が無い・・・・・

ヒウチ肉を軽く炙ったものを卵醤油の甘めのタレにくぐらせてご飯の上に乗せていただく。これは今まで経験した中ででいちばんご飯に合う焼肉であると確信する。。

超分厚い和牛のテッチャン。。口溶けも良くてあっさりと食べることができる。

最後にレバー焼き。。全く癖も感じない。。かなり新鮮と思われる。  

最後は辛口のたまごスープで締め。。まさにおさむちゃん劇場で2時間半があっという間に過ぎてしまう。膨満感もなく気持ちよく店を出る。細やかな気配りもあって人気の理由がよくわかる名店です。。会計は飲んで一人1万円くらい。。

1日3回転の超繁盛店なんだけど予約は半年待ちとのことです・・・

堺市西区鳳北町8-33-4
080-5322-0036


カテゴリー 堺市, 焼肉 |

ちく満

お盆に母親と父の墓参りをした後で表記のそば店を訪問。生前父親が好きな店でよく一緒に連れて行ってもらった子供心の記憶がある。ちなみに創業は1695年という驚くべき老舗。

建物の外観は蕎麦屋というよりは何かの工場のよう。大きな座敷が1階と2階にある。その横の厨房では若い職人さんが一心不乱に蕎麦を湯掻いている。食べ物メニューはせいろそばのみ。小さなちゃぶ台を囲んで客全員が蕎麦を食している姿は壮観なり。

初回注文時は1斤(いっきん)もしくは1斤半のみで、2斤以上食べたい場合はお代わりをする。この日はせいろそば1.5斤1000円を所望する。1斤と1斤半の違いは普通と大盛りの差。

しばらくしたら湯気の立つせいろに入ったそばが到着。全卵がついているのが特徴的。薬味と熱々の汁でいただく、小麦粉の割合がとても多くてそれをこれでもかというくらいしっかり湯掻いているので蕎麦の歯ごたえやコシは全く無くふわふわの食感。

界隈にある普通の蕎麦とは全く異なる食感と味。最後の蕎麦湯がなんとも言えず美味しい。客観的にみるとどうってことのない蕎麦なんだけどたまにどうしても食べたくなる大阪ならではの懐かしい味。父親を偲びながらのいい御斎になりました。

堺市堺区宿院町西1-1-16
TEL:072-232-0093


カテゴリー 堺市, 蕎麦 |
1 / 3412...20...最後 »