やきとり

熊の焼き鳥

大阪で唯一の会員制焼き鳥店を訪問。

会員のみが持つカードキーを使って(この日は忘れたけど・・・)店内に入る。

コースは
おまかせ10串コース 2500円
おまかせ13串コース 3000円
熊の焼鳥スペシャルコース 10,000円(1日1組限定要予約)
の3種類。

いつも同様に「おまかせ10串コース」と「鳥刺し12種盛り2500円」を所望する。

最初にビールを注文してコースの扉は雲丹トロ(写真は2人前)。とろろに生雲丹を混ぜているのであろう。あっさりした胸肉ととろろ芋の相性はとても良い。癖や臭みは全くない。

 

鳥刺し12種盛りは部位の説明を見ながらいただく。いろんな食感と味の異なりがとても面白い。シャルドネと一緒にいただく。。

タレの焼き鳥はカベルネソービニオン。。どちらもスタッフのお任せで価格も手頃で良いお味なり。

串の始まりはねぎももから。肉の脂を炭に落としてその時に出る煙を肉に纏わせるという炙り焼きはこの店の店主が開発したと聞き及ぶ。続いて臭み等全く感じない丸ずり、完璧な火入れの丸ハツ、パリパリの食感が楽しいトロ皮、塩とタレを合わせたつくねと続く。

「やげん軟骨」に梅肉を乗せたものやハラミと呼ばれる部位、金針菜、バリッと焼かれた手羽先と続く。

〆には内臓卵(玉ひも)を使用した玉子かけ御飯。デザートもいただくとお腹いっぱい。ごちそうさまでした。。初めて伺う方はチケットぴあで前売り券が買えると言っていました。

大阪市北区天神橋6-3-26
06-6353-6330
16:00〜
過去の熊の焼き鳥はこちら


カテゴリー 天神橋筋六丁目, やきとり |

いし井

2018年ミシュラン一つ星の表記の焼き鳥店を訪問。大阪のJR東西線「新福島駅」から徒歩5分くらい。

明るめの木目のL字のカウンター10席と個室になっているテーブル席。寿司屋と見間違えるような内装。焼き鳥の煙も店内に全くないのでとても快適。焼き場の店主と若い男性で切り盛り。

メニューは4500円と6500円のコースのみ。この日はおまかせでいただく。

座付はかなりしっとりと仕上がった玉子カステラと味噌漬けのチーズを鋳込んだ百合根饅頭。これはもはや日本料理店の仕事。。。

最初にサラダが出て来るのもユニーク。雪塩がかかった野菜も上質・・・

続く前菜は燻製した熊野地鶏が入ったソーセージ入りポテトサラダ、骨抜きの手羽先の唐揚げ、柏の葉で包んで作った鶏ハム。

お酒も充実。。真野鶴(新潟)、HATOMASAMUNE(青森)、作 玄乃智(三重)、天遊琳(三重)、飛露喜(福島)をこの日は少しずつ料理に合わせて所望する。

串の扉はせせりから。プリンプリンで咥内で肉汁炸裂。コリコリのずりは当然癖や臭み全くない。横隔膜のハラミは山葵を乗せて・・・肝はレアな仕上がり。皮はパリパリかつ脂ドバーッ・・・滋味深く柔らかな河内鴨のもも肉と続く。どれもが食べ応えがあってしっかりと焼きこむタイプ。

口直しの鬼おろしと山芋の醤油漬け。。

熊野地鶏のモモ肉のネギソースがけ。。パクチーがとてもいい。

トリュフオイルのかかったふわふわの仕上がりの蒸しつくね。これも完全に和食の仕事なり。

希少部位の玉紐はビヨーンと伸びて咥内でぷちんと弾ける幾つでも食べたくなるお味。。

蒸しつくねのソースをご飯にかけたもの。半熟のうずら卵が添えられる。。焼き鳥店でこういうのをいただくのは初めて。。

焼いていただくチーズのカチョカバロも追加でいただく。。。日本酒との相性もいい。

後半はハツモト、ぼんじり、箸休めの自家製の柴漬け、百合の蕾の金野菜、手羽先、からすみを乗せた白子と続いてフィニッシュ。約2時間半店主の仕事ぶりを見ながら美味しい鶏料理を堪能しました。

大阪市福島区福島2-3-23
06-4797-1129
18:00~23:00


カテゴリー 福島, やきとり |

かしわや軍鶏(しゃも)

現在食べログの焼き鳥部門で大阪ナンバーワンの標記の店を友人と訪問する。グルメの友人が大阪で一番美味しい焼き鳥と太鼓判。

まず電話予約の際に言われるのが
・退店まで3時間かかるけどで大丈夫か
・携帯電話禁止
・大きな話声はだめ
・整髪料禁止
・香水禁止
・子供は入れません
・禁煙
・当日のキャンセルは5000円

18時半前に店の前で待ってからオンタイムに入店。カウンタ−とテーブル席で15席ほど。ご主人と奥さんと2人できりもり。BGMは渋めのジャズがかかる。

刺身は当然の事ながら焼き鳥もそのつどカットして串を刺す。鮮度にこだわりまくっているのだけどそのつど時間がかかる。退店まで3時間かかる理由はここにあった・・・・

ご主人が丁寧にお薦めの注文を教えて頂きその通りに頂く事にする。

【刺身盛り1500円】1名分
【焼き鳥7本コース1580円】2名分
【野菜焼き1260円】1名分

この日は以上を3時間半かけて頂いた・・・・

刺身盛りあわせはどれも見ただけで鮮度が素晴しいことがわかる。3日間熟成した胸肉はネットリした食感でとても味が濃い。たたきにしたソリレスはシコシコして香りも良くて旨味が凝縮。レバーも濃厚だけどさらりとした味わい。コリコリのハツも後味がとてもいい。

全員が刺身を食べ終わってから鶏を焼く準備をされる。目の前で丁寧に鶏をカットして串を打つ。ビジュアルも美しい笹身の梅紫蘇はかなりレアな火入れ具合で透明感のある味わい。巨大なレバーも柔らかでミディアムレアな仕上がりでとても濃厚な味。ミルで挽いた山椒がいい仕事をする。

炭の香りを纏ったせせりは繊維のほどけもよく、一口かじれば脂がブシャッと出てくる。その後で鶏の旨味と脂のコクが口一杯に広がる。開かずに丸のまま焼く粗挽き胡麻を掛けた心臓も鶏肉ならではの味わい。タレの美味しさも突き抜けていて火入れも完璧なり。。

野菜は豊岡の八代おくら、ズッキーニにトマトと茗荷をポートワインで煮込んだものを冷たく冷ましたソース掛け、金針菜、だだ茶豆をパルメサンチーズで和えたもの、北海道の山芋を大葉と生姜亜味噌で和えたものを添えたもの。(実際はすべて鶏肉と交互に提供されます)すべて独創的でセンスもよく、より美味しく提供出来るよう考えられている。

塩つくねは練ったタネに薄く細かいパン粉ををつけて焼かれる。軟骨や肝も一緒に入っていると思われる。胡麻、青海苔、山椒、ピンクペッパーなどを混ぜた自家製の七味的スパイスをつけて頂く。丸まると太った砂ずりはとてもジューシー。しっかりと焼き込まれて甘辛たれで仕上げた手羽先。

ご主人の焼き鳥に向き合う姿勢とその表現力、火入れの素晴しさと薬味等の使い分け、そして良心的な価格に心を奪われる。居こごちも良くて3時間半の食事時間もあっという間。。。来月再訪します。。。

大阪市福島区福島7-5-20
06-6452-4705
18時30分~24時
不定休
完全予約制


カテゴリー 福島, やきとり |
1 / 1112...最後 »