やきとり

CURURU 心斎橋店

東心斎橋にある表記の焼き鳥店を訪問。中に入ると焼肉店のようにテーブルの真ん中にロースターが埋め込まれていてその鉄板で自分で鶏を焼くという仕組み。

最初に刺身の盛り合わせを所望。白肝をテリーヌ状にしたもの、砂ズリ、胸肉の湯引き、ハツ、ささみ。。どれも高タンパク低カロリーなので糖質制限中の私にぴったり。。麦焼酎と一緒にいただく。

焼き鳥は1人前で串3本くらいの量とのこと。まずはオススメの上モモ(写真は2人前)を所望する。鳥は兵庫県のブランド鳥の親鳥を使用とのこと。身は赤くて脂もたっぷりとついている。

これを鉄板で好きなように焼いて「昆布塩・だし醤油・塩」で上品にいただくという趣向。タレ焼きではないのでとてもあっさりといただける。また鶏の味がとてもよくわかる。。噛めば噛むほど味わいが深くなる。。


このあと普通のモモ肉、せせり、セギモ、キンカンなどを所望する。キンカンと一緒に出てくる腸管が印象的だった。思いの外美味しくいただけたし後味もスッキリ。。

お腹いっぱいになりました・・・

大阪市中央区東心斎橋2-1-18 八木ビル1F


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, やきとり |

鳥匠 いし井

表記のミシュラン一つ星の表記の焼き鳥店を友人が貸し切りしたので相伴させていただく。大阪のJR東西線「新福島駅」阪神電車の「福島駅」から徒歩5分くらいの場所に位置する。

路地を入るとキレイ目のファザード。中に入ると明るめの木目のL字のカウンター10席と4人がけの個室になっているテーブル席のみ。寿司屋と見間違えるような内装もとても綺麗。焼き鳥の煙もほとんど感じさせない。

焼き場の店主と若い男性2人で切り盛り。。。メニューは4500円と6500円のコースのみ。この日もおまかせでいただく。。

胡麻豆腐を白煎粉をつけて揚げて餡を掛けたものからスタート。すね肉のたたきはとても味が濃く噛むほどに味わい深い。造りは胸肉のきずし、ささみ、白肝の3種盛り。白醤油と肝はごま油でいただく。

だきみ(抱き身)は胸肉を使用。カリッと焼いた皮と相反的に身はミディアムにしっとりと火入れされる。噛めばジュースがほとばしる。ズリ、ぎっしりと肉の詰まったせせりは身の弾力が素晴らしい。

鶏とポルチーニ茸イカスミの飯蒸しはリゾット風の仕上がり、白子ソース、炙ったホタルイカが添えられお酒が進みまくる。せぎもも絶妙なる火入れなり。

もも肉を使ったねぎまは安定の美味しさ。カチョカバロと自家製、鶏入りポテトサラダの海苔巻きもお酒が進む逸品

なんこつ、銀杏、チキンカツと胸肉の磯辺揚げと続く。お腹がいっぱいなんだけど美味しすぎて次の串が待ちどうしくて仕方がない

ホロホロ鳥の白肝とフォアグラ、生肉から焼き上げ、口の中で解けるでつくねと続く。
最後のちょうちんは口の中で爆発する玉ひもと柔らかいお肉が一体となってなんとも言えない美味しさ。

ダイエット中なので締めの食事はパスさせていただく。。麦焼酎と白ワインを合わせながらとても美味しくいただきました。

過去のいし井はこちら

大阪市福島区福島2-3-23
06-4797-1129
18:00~23:00


カテゴリー 福島, 串料理, やきとり |

二尺七輪 鳥玖

JR難波駅すぐ近くの表記の店を訪問。
四ツ橋難波駅30番出口からすぐ。こちらは串に刺さった焼き鳥じゃなくて炭火炙りのお店。

阿波尾鶏 肝のお造り 480円は見ただけで新鮮とわかるもの。生臭さや癖は皆無。ごま油と甘い醤油とネギを叩いたペースト状のものでいただく。
プルプルでコリコリの食感と独特の甘みがとてもいい。

炭火炙り地鶏たたき(もも肉・胸肉) 各480円
もも肉は食感がいい。炙られた皮目も香ばしくてしっかりと締まった身の弾力が奥歯を押し返す。その度に旨味が口内に溢れまくる。ポン酢との相性もとてもいい。

看板メニューの炭火炙りもも焼き 580円
宮崎で食べるものほどゴリゴリした身ではない。しかしながらしっかりと身は締まっていて炭の香りとともに独特の風味と旨味が口いっぱいに広がる。美味しすぎて無言になる・・・・

この他にも冷やしアメーラトマト 350円が口直しに秀逸。

手羽煮込み250円は箸で触れるだけでホロホロと身が崩れ出す手品のような料理。脂分たっぷりのスープもあっさりしてとても美味。この手羽先煮込みも必食なり。。

久しぶりに本当に美味しい鶏料理を食べた気がしました。店のスタッフさんもイケメンでいい接遇をされます。早い時間の訪問がオススメです。

大阪市浪速区元町1-2-22
営業:17:30~翌1:00


カテゴリー 難波, やきとり |
1 / 1312...最後 »