やきとり

心斎橋 かわぐち

心斎橋の表記の焼き鳥店を訪問。心斎橋の焼き鳥では20年くらい前からある有名店。心斎橋駅から徒歩5分くらい。白い提灯が目印。小さな階段を上がると高級感のあるカウンターとテーブル席が見える。当然のことながら時分時は満席でカップルと女性客率がかなり多い。焼き場の前の特等席に案内いただき、コース料理でなくアラカルトでいただくことにする。この日は大将は留守。。

まずは定番のお造り盛り合わせ。むね、もも、ささみ、ずり、きもの5種盛り。少しずつだけど山葵醤油と生姜醤油、塩を使い分けていただく。鮮度は抜群で味も濃くてかなり美味しい。お店はかなり忙しくて焼き場のスタッフさんも予約の電話をとりながら鶏を焼きまくっている。

鶏肉は伊勢赤鶏,大和肉鶏,丹波地鶏などを使用。日によって変わるらしくこの日は三重県の限定された生産者が作る75日の長期飼育の希少な伊勢赤鶏とのこと。

焼き物は最初にレア気味に火入れしたフィレ肉のあぶり焼きからスタート。フィレ肉というだけあってかなり柔らかい。続いて味の濃い肩肉、しっかりした食感の薩摩シャモ、パリパリに焼いた皮、つくねでフィニッシュ。

最後にクリームチーズをバーナーで炙ったクリームブリュレで締め。。安定感のある美味しさはさすがでした。。

大阪市中央区東心斎橋1丁目19-11
月曜定休


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, やきとり |

山はしる 4月

天神橋筋6丁目にある表記の鶏料理店を訪問。天満駅、天神橋筋六丁目駅から徒歩約5分。天五中崎通商店街の入口の「うまい屋」のたこ焼き店の前あたりに位置する。看板などは全く出ていない完全紹介制のお店。

1階はカウンター8席のみで焼き鳥主体の献立、2階は一見さんOKの鶏鍋料理のお店になっている。1日2回転のみで店主のワンオペ。。料理はコース8000円のみ。

座付は芽甘草の入った玉子雑炊にサマートリュフをかけたもの。続いてこの日は1日脱水した胸肉と砂ずりの刺身。これが驚くほどの美味しさ・・・続いて塩とごま油で調味したレバー。口直しの鬼おろしと生姜の漬物。

焼き物はぼんじりにサマートリュフをかけたものからスタート。すべての焼き物が塩焼きで供される。続いてしっとりと焼き上げた心臓、大きなやげん軟骨、17分かけて火入れする腿肉はこちらのお店のスペシャリティ。皮部分は外して身だけをしっとりと焼き上げる。地鶏でこの食感と味わいはなかなかない。。

続いて醤油ダレをつけて焼いた玉ねぎ、せせり、椎茸とトリュフ、親鳥ならではの大きな白子、動脈と続く。

手打ちの蕎麦には自分で摘んできたという蕗の薹の天ぷらが載せられる。地鶏の水炊きはポン酢で供される。食事は貝塚産の筍ご飯。大きないちごでフィニッシュ。お腹もいっぱいになって大満足。界隈にあるお店とは一線を画したかなりレベルの高い焼き鳥店です。。。

過去の山はしるはこちら

 

大阪市北区浪花町5-2


カテゴリー 天神橋筋六丁目, やきとり |

焼鳥 ボトルバード

天王寺ミオプラザ館にある表記の店を訪問。焼き鳥店というよりはどちらかといえば焼き鳥バルのような雰囲気。大阪市内で8店舗焼き鳥店を展開している会社の経営と聞き及ぶキッチンを囲むようにカウンター席がありその周囲にスタンディングスタイルのテーブルがる。客は比較的若いカップルやグループ客が多い。メニューはドリンク含めどれも廉価。

お通しは生ピーマン。ハイボール200円を所望する。

最初にかしわ3本190円を所望。昔は1本30円だったと隣の若い女性客が教えてくれる。かなりのローポーションだけど炭火を使って焼いていると言っていた。鶏はひねどりを使用していてかなり固い。。ゴリゴリの食感で塩胡椒たっぷりなのであまり味はわからない。

続いては月見つくね528円を注文する。これも隣の女性客が勧めてくれた。。濃厚な黄身と醤油ダレが相まってとてもパンチのある味わい。。

トロトロ半熟卵385円をいただいてフィニッシュ。。財布にとても優しいいいお店です。。

大阪市天王寺区悲田院町10-48
天王寺ミオ 天王寺ミオ プラザ館M2F

 


カテゴリー 天王寺/阿倍野, やきとり |
1 / 2012...20...最後 »