やきとり

讃真(さぬま )

阿倍野にある表記の焼き鳥店を友人と訪問。谷町筋、国道13号線(阿倍野筋)を天王寺から堺の方に向い、昭和町駅と岸里駅を結ぶ松虫通りを越え、さらに信号を一つ越えて左手に入った所に位置する。隣に老舗のすし豊がある。

電車では阪堺電軌上町線の東天下茶屋駅から徒歩3分。お店の看板が2つあって入口も2つある。初めての客は面食らうことが多い。中でつながっているお店は2店舗が一軒のお店になっており、向かって左が大将、右が若いイケメン店員さんが切り盛りする。

常連は左側の大将の方に行くので初めての場合は右側から入るのがオススメ。今回はテーブル席のある右側でいただく。

オススメの「とりの盛り合せ¥780」(写真は2人前)がおすすめ。圧巻のボリュームではモモ、せせり、軟骨、ヒザ軟骨、ズリ、心臓、つくね、肝、背きも、皮2種類、三角、手羽先、手羽元、ささみなど10種以上の部位とキャベツ、茄子、シメジなどの野菜も山のように盛り込まれる。

それらを炭火で焼いて醤油、塩、ポン酢、一味、黒胡椒、山椒などをつけて好きなように食べる。あっさりしているのでいくらでも食べ続けることができる。部位ごとの味わいの異なりを楽しみながら焼酎と一緒に暴食してしまう。

締めは名物のコシのある細うどん。こちらのお店ではマストメニュー。釜揚げやカレー、月見、刻み、昆布などラインアップは色々。今回はざる480円を所望する。お腹がはちきれそうになりながら店を出る。

大阪市阿倍野区王子町2-17-28
06-6621-1969
18:00〜翌3:00 月火休み

過去の讃真はこちら


カテゴリー 東天下茶屋, 松虫, やきとり |

宮崎地鶏炭火焼 車

南船場でジムに行った帰りに鰻谷にある表記の店を訪問。大箱の焼き鳥店で大阪と東京で15店舗くらい展開されている。

食材と焼きに関してはこだわりがあり・・・・・

肉厚で弾力のある肉質、噛めば噛むほど深まる味わいに感動していただくため、車は極上の地鶏にこだわりました。宮崎県日南市・串間市・西都市の3ヶ所に位置する専属養鶏場の協力の下、ビタミン、ミネラル、鶏の内臓機能を高める自然由来の栄養素を配合した、独自開発の無添加・無農薬飼料(化学物質完全不使用)を与え、南国・宮崎の太陽が降り注ぐのびのびとした飼育環境で、健康で安全な車オリジナル「神楽とり」を育成しています。雄120日、雌150日以上と、通常より長い飼育期間で“熟成”させることにより、神楽とりはさらに身が締まり、脂が乗り、歯ごたえと旨みが増しています。

車 の「焼師」は厳しい自社試験をくぐり抜けた炭火焼マイスター。
注文数ナンバーワンを誇る車名物「神楽とりもも炭火焼」も焼師の磨かれた職人技から生み出される逸品です。
旬の素材を使用したシンプルな炭火焼から、和洋折衷織り交ぜた創作料理まで、熟練の焼師にお任せ下さい。以上HPより抜粋

まずは肝煮350円。。。予想していたよりも美味しいことにびっくり・・・・

鶏とアボガドのわさび醤油650円。。タンパク質たっぷりの安定の美味しさ。。胸肉の鮮度もいい。

メインの神楽どりもも焼き小1050円。。ひね鶏のように硬くもなくとても味わい深い。。それなりの価格だけどまあまあ納得。。

最近昼ごはんの代わりに飲んでいるプロテインドリンク。。。

大阪市中央区心斎橋筋1-1-16 メリディアン心斎橋ビル 地下1階
TEL/06-6251-9601

 


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, やきとり |

焼き鳥 うら山

難波で三島由紀夫の映画を見て近くの路地にある表記の焼き鳥店を訪問。界隈は焼き鳥店だらけの激戦区。ビニールシートのドアを開けて中に入るとかなりこじんまりとした空間。カウンター3席と2人がけのテーブル席が2つのみ。

お通しは無しで1本から注文できるのが嬉しい。40歳くらいのご主人と奥さんで営まれる。常連率が高い感じ。炭は紀州備長炭を使用しているとのこと。メニューは焼き鳥と野菜串数種のみの潔さ。

最初にこころ150円は火入れ加減が素晴らしい。続いての極上肝200円はふわふわの食感。せせり150円はプリプリで脂たっぷり。砂ずり150円も秀逸。大山がいな鶏モモ肉180円は思ったより柔らかいけど火入れも良くて普通に美味しい。ネギマ200円も最高!!!

つくね200円はハンバーグのようでとても味わい深い。。。サクサクの歯ごたえにびっくり。せせりの炙りポン酢420円でフィニッシュ。。ご馳走様でした・・・

三島由紀夫かっこよかった。全共闘の学生が手玉状態。自決してから早50年・・・・

大阪市中央区難波千日前3−7
06-6633-3006
18:00~24:00


カテゴリー 難波, やきとり |
1 / 1612...最後 »