やきとり

讃真

阿倍野にあるヘビーユースする表記の焼き鳥店を友人と訪問。阿倍野筋を天王寺から降って松虫交差点の南100mくらいの付近に位置する。電車では阪堺電軌上町線の東天下茶屋駅から徒歩3分。こちらのお店の特徴はお店の看板が2つあって入口も2つある。どっから入っていいのかわからんようになるんだけお店は2店舗が一軒のお店になっており、向かって左が大将、右が若いイケメン息子さんが切り盛りする。年季の入ったお店は会員制っぽくて雰囲気がありまくり。
今回は大将の店のカウンターを予約。

お店のシステムは同じで、セルフで七輪を使って焼鳥を焼いて食べるというスタイル。

いつも注文するオススメの「とりの盛り合せ¥780」(写真は2人前)は驚愕のボリューム。モモ、せせり、ヒザ軟骨、ズリ、心臓、つくね、肝、皮2種類、ささみなど10種以上の部位とキャベツ、茄子、シメジなどの野菜も山のように盛り込まれる。これらを塩や醤油、ポン酢、卓上の調味料を使って好きなようにいただく趣向。

山のように盛り込まれた具材も鶏肉なのであっさりといただける。「鶏肉はいくら食べても太らんからしっかり食べてね」と大将の弁。
最後に香川出身の大将が作る讃岐うどんが名物。親子丼も秀逸なり。

死ぬほど食べて飲んで一人3000円・・・・この値付けにもびっくり。。。

過去の讃真はこちら

大阪市阿倍野区王子町2-17-28
06-6621-1969
18:00〜翌3:00 月火休み


カテゴリー 東天下茶屋, やきとり |

焼き鳥とワイン カッシーワ 天王寺店

JR天王寺駅の「MIOプラザ館」の4階飲食店エリアにある表記の店を訪問。
エスカレーターを上がったすぐ目の前に位置する。外観もオシャレでグレーの壁面で統一され落ち着いた雰囲気。

カウンターもテーブルもボックス席もあって様々な客層の方が楽しまれていた。特に女性のグループ客率が多い感じ。

焼き鳥業態なんだけどメニューは幅広くて全てお手頃価格。赤・白ワインに合う様々な料理が並ぶ。

フォワグラを挟んだ最中が突き出しとなっている。お任せ串5種盛り980円がお勧めということでお願いする。最初にフリソデという部位から続いてココロ、砂肝、軟骨と続く。別注文のモモのクミン焼き280円はとてもジューシーで今日イチの美味しさ。

バジルをかけて焼き上げたせせり、レアに火入れしたトロトロの肝200円、大きな月見つくね350円は濃いオレンジの卵の黄身につけていただく。続いて手羽先180円、豆腐の味噌漬け300円、ワサビ乗せ260円、ねぎま200円でフィニッシュ。

ワインはこってりした味わいのナパのシャルドネをいただく。値付けも優しくてとても良心的。スタッフさんの気配りもよく活気もあって使いやすいいいお店です・・・

大阪市天王寺区悲田院町10-48MIOプラザ館4F
アクセス:天王寺駅直結(MIOプラザ館)
電話番号:050-5597-0430


カテゴリー 天王寺/阿倍野, やきとり |

鳥匠 いし井 (鳥傳囲)

2020/6に新福島から西天満にお店が移転した表記のミシュラン店を訪問。店の場所は、なにわ橋駅から徒歩4分ほどの大阪高等裁判所のすぐ近くに位置する。

2階建の一軒家で以前よりも少し大きくなった感じ。お店は2軒に分かれていて1階は焼鳥でいし井、2階は焼鳥と水炊きも食べられる鳥傳囲という名前での営業。

今回は黒い小さな扉をあけて2階のお店を訪問。2階のお店はカウンター数席と個室からなる。

最初の前菜はほろほろ鳥の燻製とハーブのサラダ、鳥肝のペーストの3種盛り。この後焼き鳥が数種類提供される。7割くらい火入れされたササミはワサビを添えて。たれと塩の2種類で供される軟骨が入ったつくね、ソリレス、ぼんじり、大きな砂ずりと続く。どれもレベルが高いものばかり。

続いての鍋は真っ黄色の脂がしっかりと入り込んだパイタンスープでいただく。最初にもも肉があらかじめ入っていて後から胸肉をさっと火入れしていただく趣向。

鶏肉は宮内庁御用達の青森のシャモロックを使用。煮込んだ鶏肉は好みで酢醤油につけたり、塩や柚子胡椒や七味、酢橘でいただく。

ミンチ肉も団子にしていただく。。ふわふわの食感がとてもいい。締めは雑炊か中華麺なんだけど糖質制限しているのでパスする。日本酒も特別なものばかりでとても美味しくいただきました。

大阪市北区西天満3-11-4
06-7708-7864

食事の後は大川で舟遊び・・・


カテゴリー 西天満, 串料理, , やきとり |
1 / 1712...最後 »