やきとり

一鳥一炭

キューズモールにいってきた。まさにイオンモールのような商業施設なんだけど中にイトーヨーカドー、ユニクロ、東急ハンズ、赤ちゃんホンポ、ミドリ電化、109があった。通路は広く、駐車場完備、ソファがあちこちに設置されていた。 あまり時間がなかったので簡単に食せる焼き鳥に行く。 私どものお店も出店要請があったがあまりにも家賃が高いのでお断りをさせていただいた。 その高額家賃の中での飲食業態に興味があった。 ittyouittann.JPG 揚げた手羽にタレをまぶして冷凍室に入れた「キンキンどり」はまあ御愛嬌。。ココロ、ネギま、ふわふわつくね。。全て作り置き。。。揚げものだけが唯一の出来たてである。。忙しいが故の省力オペレーションなんだけど実に悲しかった。。つくね匂いした・・・・ 残念なお店は基本掲載しないんだけど入り口でお兄ちゃん二人がぼんじりの端っこを炭の上で炙り、焼きたてをアピールするパフォーマンスが実に悲しかった。。。 これぞ繁盛飲食店が陥る罠であることが客立場で理解できたことが収穫であった。 一鳥一炭 あべのキューズモール店 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋一丁目6番1号 あべのキューズモール4F

一鳥一炭 あべのキューズモール店焼き鳥 / 阿倍野駅天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅


カテゴリー 天王寺/阿倍野, やきとり |

炭火地鶏 盛じゅん

谷町9丁目の交差点の地下にある昔からある居酒屋街の一角にある焼き鳥店。 串に刺した焼き鳥ではなく宮崎系の大きな網の上でいぶりながら仕上げる系。。。 バリ安で地元警察や自衛隊関係者、近畿大学相撲部の御用達らしい。 客層を聞いただけでええ感じのボリュームたっぷりハイコストパフォーマンスの店と理解できる。 何を注文しても一盛りが大きくて胡瓜の漬物は1人前で4~5本くらいだった。 セセリの焼き物や巨大な手羽先をいただいてささみと肝の作りを所望する。 sasami.JPG どちらも巨大で食べ応え満点。。。鮮度も抜群。。。 nanbanmorijun.JPG ご夫妻で切り盛りされていてまさに浪速の人情酒場って感じ。 お勧めの鶏南蛮もこの写真で1人前。。。 10人くらいで行ってしこたまお酒もいただいて一人2000円也。 食べログ等にも未掲載。。。 すごいよここは。。。 谷町9丁目交差点 ファミリーマートすぐの地下1階 (地下鉄①出口そば) 大阪市中央区谷町9丁目4-5 06-6761-5838 日・祝定休


カテゴリー 谷町九丁目/上本町, やきとり |

南蛮亭

前の歌舞伎座の裏にある焼鳥銀座の中の超繁盛焼き鳥店。 秘密はやっぱりコストパフォーマンス。5時半の開店とともにいつも満席。 土曜日は予約だけでで満席になるらしい。。親父の人柄もよく帰る客みんなに声をかけている。。。 tatakinanbantei.JPG 地鶏のたたきは玉ねぎスライスとネギがたっぷり揚げたガーリックとわかめと一緒にいただくと超うま。。 ポン酢でさっぱりいただける定番の逸品。。。。 negimananbantei.JPG 注文は紙に書いて渡すスタイル。全て3本からだが価格が安いので気にならない。 高島屋の前にある百貨店にも出店している焼鳥屋の半額以下。。。同じ並びにもある鳥○族よりも低価格でしっかりした商品を提供。。。そら流行るわな・・・・ ねぎまは1本110円なり kawananbantei.JPG 皮も110円也。。炭焼きなのでパリッとしていてあとから肉の味がじんわりとにじみ出てくる。。女性客も多くでもいま時の焼き鳥屋じゃない。おしゃれ感まったくなし。店の勢いが強烈。。。いい人情味もお店にあふれている。 tukunenanbantei.JPG つくねも110円也。。見た目以上にふんわり。。。タレの甘しょっぱさもナイスである。。。。 tebananbantei.JPG 手羽先は130円。。かなりでかい。。。旨い。。みんながワイワイとしながら食べまくっている。 nikudumesegimo.JPG 蓮根の肉詰めも蓮根がシャリシャリで糸をひいて超うま。。ピーマンはあっさりしてピーマンの甘みも相まってウマ×2。。。。 gyuuro-sunanbantei.JPG 牛ロースも所望。。多分モモ肉であろうが安いからそんなの関係ねえ。 kimonanbantei.JPG 肝も驚き価格の110円。。でかい・・・うまい・・・ kokoronanbantei.JPG ココロは130円。。。臭み全くなし。。。地鶏であろうとブロイラーであろうとそんな問題ではなく新鮮で肉質だしっかりしていて安い。。。これが必須条件であろう。 全体的に味が濃いのでお酒もよく進む。。私はこの店ではいつもチュウハイレモン。。。ああ青春がよみがえる。。。 jagananbantoridon.JPG 大ぶりのジャガイモを炭火でじんわり焼くと皮はパリッとしていてバターと相まってじゃが芋ホクホクの甘甘。。。名物の鳥丼は締めに必須。。。焼き鳥とつくねが入って締めにぴったり。。 待っている間に主人といつも世間話。。人柄がいいのがにじみ出ている。。。オープンドアの席で炭火を足元においていただくのも今の季節だけの醍醐味。。。。個人的にはお勧め。。。頭寒足熱をモロ実感できます。。。 大阪市中央区難波4-5-7 06-6631-6178 17:00~24:00、定休:無休


カテゴリー 難波, やきとり |
11 / 12« 先頭...1112