イタリアン

Giorco(ジョルコ)

奈良の大和八木にある自社の支店を視察したのちに一人で駅北口の裏路地にある表記のイタリアンで一人飯。

最近できたお店なんだけど界隈ではイケメンのオーナシェフが作るワンランク上のこだわりのイタリアンが大人気で時分どきはいつも満席。

白を基調とした店内はカウンター8席、テーブル16席。以前訪問した時のパスタの美味しさに悶絶したのをきっかけにたまに立ち寄る。

座付はラタテューユの上に生ハムを乗せたもの。

ダイエットを気にしながらの夜のパスタは名物のイカ墨が入ったモチモチのフィットチーネに生のコウイカカラスミと焼き茄子が入った冷製ジェノベーゼ1380円。コクのある手打ちパスタの美味しさはもちろん新鮮なイカと焼き茄子、甘すぎる千葉産のミニトマトの取り合わせは驚く美味しさ。この他にも手打ち麺がいろいろあるので全て制覇しようと思う。ワインの酔いもあって気持ちよく電車で帰阪。

 

奈良県橿原市内膳町4-4-3
0744-47-4722
営業時間
17:00〜翌0:00
第2月曜、日曜休み

過去のジョルコはこちら


カテゴリー 奈良県, イタリアン |

イルマーニ

長居でランニング塾の後で西田辺の入船温泉で汗を流してその前にある表記のイタリアンで一人ディナー。グラスワイン3杯としっかりと作り込んだ小皿料理2皿を選んで2000円のワインセットが世間の耳目を集め時分時はいつも満席。ワインセットは4人で行くと8皿注文出来るのでかなり楽しめる。

オーナーシェフのワンオペなんだけど手が早いのでそんなに待つことはない。

この日はバケットをお願いすると生ハムのヘタをペースト状にしたものを塗り込んだブルスケッタもサービスで提供いただく。

入船温泉の生ビール300円が大阪の銭湯で一番美味しいと言われていていつも帰り際に2杯いただいて帰るのを常としている。グラスの洗浄と入れ方にかなりのこだわりがあるとのこと。

大好きな小エビのサラダ800円を所望。プリプリのエビは湯がきたてで少し温かい・・

炭水化物は控えてるんだけど誘惑に負けてペンネのトマトソースをいただく。パスタとソースの絡み具合、塩梅、味のまとまりは完璧なり。。

大阪市阿倍野区西田辺町1丁目1-6
06-6608-2488
定休日:日曜日

過去のイルマーニはこちら


カテゴリー 西田辺, イタリアン, バル |

サンプーペー

大和郡山に美味しいピザ店があると聞き及び訪問する。近鉄郡山駅を降りた城下町商店街を通り過ぎてしばらく歩くと南欧風の表記のお店が現れる。

石壁のエントランスから入店するとシチリアにある古城のような内装にその正面に厨房と石のピザ窯が2つ。右側がピザ窯で左側は肉などを焼く為のものらしい。

コースの始まりはホタテのムース。。滑らかな舌触りと口の中で解け滋味だけが後味で残る。

奈良産の鹿肉を合わせた野菜サラダ。こだわりの野菜も奈良産とのこと。

この日のお酒はトスカーナのサッシカイヤ14年を持ち込みさせていただく。濃密な果実味と香りにびっくり。

よく肥えた佐世保産の牡蠣と桜海老のフリット。。

しっとりスッキリの蕪のポタージュ。。蕪の甘みに舌が喜ぶ。

金目鯛を石窯で焼き上げたもの。高温で一気に火入れするために皮はパリパリで身はしっとり。青海苔の入ったソースも秀逸。

メインは大和牛サーロインのタリアータ。。宇田牛蒡を揚げたものを添えて・・・

ここからピザの出番。。。。調理場との距離が近いのでご主人が目の前で作っている姿を見ることができる。生地を伸ばしてトッピングをして焼き上げは約2分間。

美味しそうなマルゲリータ登場。かなり大判で食べ応えあり。オリーブオイルをかけて食べるとさらに美味しい。

ここで店主がピザ作りの体験を私にさせてくれる。。麺棒で生地を圴一に伸ばしてトマトソースを薄く方円状に塗ってバジルとチーズを乗せて窯に入れたら出来上がり。

 

 

 

 

のはずがこんな感じに仕上がってしまう。。改めてプロの仕事に敬服致しました。今日もお腹いっぱいごちそうさまでした。

大和郡山市北大工町12
0743-52-2200


カテゴリー 奈良県, イタリアン |
1 / 4912...20...最後 »